転職実践記

転職失敗=人生終わり•どん底ではない理由(40代•50代でも)

  • 転職に失敗して人生終わりだ。
  • 転職に失敗したら人生どん底だ。

このように考えている人は多いです。

たしかに、転職に失敗すると、金銭的なダメージだけでなくメンタルにも大きなダメージをくらいます。

じっさい本記事を書いているボクは26歳で5回の転職を経験しているので、転職失敗によるダメージの大きさをイヤと言うほど経験してきました。

ボクの具体的な職歴は以下のとおりです。

  • STEP1
    1回目の就職
    大卒でニートになったのち、警察官になるも2年で退職。
  • STEP2
    2回目の転職
    3ヶ月で設備会社をバックレ。
  • STEP3
    3回目の転職
    派遣社員を3ヶ月でクビになる。
  • STEP4
    4回目の転職
    契約社員を2ヶ月で退職
  • STEP5
    5回目の転職
    2022年10月4日現在、正社員として勤務中

上記のほかにも、1年間の引きこもり、フリーター生活、無職、ネットカフェ難民なども経験してきました。

今回は、このような経歴のボクが『転職失敗=人生終わり・どん底』ではない理由について語っていきます。

転職失敗=人生終わり•どん底ではない理由(40代•50代でも)

転職失敗=人生終わり•どん底ではない理由(40代•50代でも)

 

転職に失敗すると、人生終わり・どん底と感じる人が多いですが、実際はそんなことありません。

この章では、その理由を年齢別(20代〜50代)にわけて解説していきます。

【20代】転職失敗=人生終わり・どん底ではない理由

ボクは3社目の会社をクビになったあと、1年間無職でしたが、就職することができました。

この経験から、転職に失敗しても人生終わり・どん底ではないと断言します。

ですが、これはボクの個人的な経験でしかないので、具体的なデータもご紹介します。

平成29年版「職業構造基本調査」にこんなデータがあります。

年代別の非正規から正社員になった割合
  • 15〜19歳 =29.9%
  • 20〜24歳 =32.7%
  • 25〜29歳 =25.5%
  • 30〜34歳 =18.1%
  • 35〜39歳 =15.5%

このデータを見てわかるのは、20代なら非正規から正社員になれる確率は高いということです。

また、20代であれば第二新卒エージェントneoJAIC(ジェイック)ウズキャリ第二新卒といった転職エージェントを使うことができるため、就職成功率をさらに高めることができます。

ともや
ともや
じっさい、ボクは5回目の転職のとき、上記3つの転職エージェントをつかうことで転職を成功させています。

【30代】転職失敗=人生終わり・どん底ではない理由

20代ならまだしも、30代で転職失敗したら人生終わりでしょ…。

と思うかもですが、そんなことはありません。

なぜなら、dodaエージェントサービス『30代 未経験可能』というキーワードで求人検索をすると4,963件(2022/06/26時点)の求人がヒットするからです。

それに、ボクの30代の知人2名はJAIC(ジェイック)というエージェントを利用して、30代から未経験分野への就職を成功させています。

もちろん、30代は20代の時よりも転職のハードルが高くなっているのは事実です。

しかし、今の日本の人口は30%が高齢者です。なので多くの企業、特に中小企業は30代でも就職しやすいです。

ですので、30代で転職失敗したからといって、人生終わり・どん底と落ち込む必要はありません。

【40代・50代】転職失敗=人生終わり・どん底ではない理由

40代・50代で転職失敗しても人生終わり・どん底ではありません。

なぜなら大手の転職エージェント、たとえばdodaエージェントサービスリクルートエージェントには40代・50代でも応募可能な求人を取り扱っているからです。

もちろん、20代・30代と比べると転職のハードルは上がっています。

しかし、ケンタッキーフライドチキン産みの親であるカーネル・サンダースは60代で無一文になり、その状態から起業を成功させています。

その他にも、

  • 安藤百福:48歳でインスタントラーメンを開発。
  • 伊能忠敬:55歳から日本地図を作り始める。
  • ウォルトディズニー:9度の自己破産を経験
  • 元アメリカ大統領リンカーン:自己破産経験者

といった人たちが、挫折や苦労を経験して、大きな成功をおさめています。

ですので、転職失敗したくらいで人生終わり・どん底と決めつけるのは早すぎます。

転職失敗して人生終わり・どん底になりやすい人の特徴

転職失敗して人生終わり・どん底になりやすい人の特徴

ここまでは年齢別に、転職に失敗しても人生終わり・どん底ではない理由について解説しました。

とはいえ、人それぞれ置かれた状況が違うので、人によっては転職失敗が致命傷になるケーズもあります。

そこでこの章では、転職失敗によって人生終わり・どん底になりやすい人の特徴について解説していきます。

家族がいる

家族がいる人は、転職に失敗すると、人生終わり・どん底になりやすいです。

なぜなら、独身のときとは違い、一つの失敗が家族の人生を左右するからです。

たとえば、独身なら自分だけ節約生活をガマンすれば、転職に失敗して無職になっても乗り切ることができます。

しかし、家族がいると、自分だけがガマンすれば良いという話にはなりません。

そのため、家族がいる人が転職に失敗してしまうと、人生終わり・どん底と感じてしまいやすいと言えます。

もちろん、家族がいることで苦しみを分かち合うことができ、苦しいときでも頑張れるという人もいるでしょう。

しかし、現実的に考えて、家族がいると生活費が多くかかるため、転職失敗によるダメージは独身のときよりも大きいと言えます。

不運が続いている

たとえば、

  • 彼女にフラれた
  • ケガをした

といったようにプライベートで不運続きだと、転職に失敗したことを事実以上に重く受け止めてしまい、『人生終わり・どん底』と感じやすいです。

この場合、冷静になれば必要以上に落ち込まずに済みます。

具体的な解決策としては”ディフュージョン”という心理学テクニックを使うと良いです。

ディフュージョンとは感情と行動を切り離すテクニックのことです。

たとえば『仕事でミスをした』という事実に対して、

  • 最悪だ、自分はなんてダメな人間なんだ…。

と感じる人もいれば、

  • 次は同じミスをしないように気をつけよう。

と感じる人もいます。

このように、1つの出来事に対してどのような感情を感じるのかは、人それぞれ違います。

そして、『転職失敗して人生終わった・どん底』と感じてしまう人は、ディフュージョンがニガテです。

そのため『転職失敗』という事実に対して、必要以上にネガティブになってしまうわけです。

ですので、『転職失敗して人生終わった・どん底』と感じてしまう人は、ディフュージョンを心がけて生活してみると、生きるのがラクになるはずです。

視野がせまい

厚生労働省が発表した新規学卒者離職状況によると、令和2年は約3人に1人が仕事を退職しています。

下記が詳しいデータです。

新規学卒就職者の3年以内離職率
  • 中学:55.0%
  • 高校:36.9%
  • 短大など:41.4%
  • 大学:31.2%

以上となっており、約3人に1人が新卒で入社した会社を3年以内に退職しています。

また、Twitterでアンケートをとったところ、転職に失敗したことのある人は約3いることが判明しました。

以上のことから、転職あるいは就職に失敗した人は3人に1人いることがわかります。

ですので、転職失敗したからといって、人生終わり・どん底と感じるのは視野がせまくなっている状態だと言えます。

転職失敗して人生終わり・どん底と感じている人がすべき3つのこと

転職失敗して人生終わり・どん底と感じている人がすべき3つのこと

先の内容では、転職失敗して人生終わり・どん底になりやすい人の特徴を紹介しました。

ここから先の内容では、転職失敗して人生終わり・どん底と感じている人がすべき行動を3つご紹介していきます。

①転職のプロのアドバイスを受ける

転職失敗しやすい人は、情報不足であることが多いです。

何を隠そう、ボクは26歳という若さで5回の転職失敗を経験しています。

その理由が”情報不足”でした。

情報が不足していると、入社するまでどんな会社かわからない状態、いわゆる転職ガチャをすることになります。

ですので、転職失敗によって人生終わり・どん底と感じている人は、転職のプロ(転職エージェント)のアドバイスを受けることをオススメします。

じっさい、ボクが5度目の転職を成功させることができたのは、転職エージェントのアドバイスを取り入れたからです。

転職エージェントは、求人票だけではわからない裏情報(職場の雰囲気など)を知っているので、転職失敗のリスクを限りなくゼロにすることができます。

なので、転職失敗が続いている人や、次こそ良い職場に出会いたいという人はぜひ利用してみてください。

ともや
ともや
下記にボクのオススメ転職エージェントを紹介しておくので参考になさってください。
オススメ転職エージェント

②転職市場について勉強する

勉強とはいってもムズカシイことをする必要はありません。

たとえば以下のことを勉強しておけば、転職するうえで困ることはありません。

  • あなたの住んでいるエリアの有効求人倍率
  • 年度別の転職者数

などです。

じっさい、下記のデータなんかを知っておくと、転職をするとき役に立ちます。

このグラフは年度別の転職者数を示したグラフでして、2010年〜2020年まで右肩あがりで転職者が増えていることがわかりますね。

このようなデータを知っておくことで、転職で不安を抱えているときにもメンタルを安定させてくれます。

なので、転職をするつもりなら、転職市場について勉強しておくといいですよ。

とはいえ、転職なんて、ただでさえ大変なのに、勉強なんてしている暇ないですよね。

何を隠そうボクがそうでした。

転職市場について勉強するヒマがあるなら、履歴書作成や面接対策をしたいと思っていました。

なので①で紹介した転職エージェントのサポートを受け、効率よく転職活動をしました。

転職エージェントを使えば、自分で勉強をせずとも、担当者が転職業界についての知識をレクチャーしてくれます。

なので、ボクは自分のやるべきこと(面接対策など)に集中することができました。

ですので、もし勉強がキライな人は、転職エージェントを使って転職活動してみることをオススメします。

ともや
ともや
先ほども紹介しましたが、以下3つがボクのオススメ転職エージェントです。

参考にしてみてください。

オススメ転職エージェント

③ブログを書いてみる

転職に失敗した経験は財産になります。

じっさい、あなたがこの記事を読んでくれているのも、ボクが転職を5回しているという経験に価値を感じてくれているからのハズです。

それに、先ほども紹介したTwitterのアンケート結果では、多くの方が『転職したことがない』あるいは『転職に失敗した経験がある』と答えています。

ですので、あなたが転職に失敗した経験は必ず誰かの役に立ちます。

そして、誰かの役に立つ記事を書けるようになると、ブログを通じて副収入を得ることも可能です。

じっさい、ボクは転職で苦労した経験を発信することで、月に20万円ほど稼ぐことができ、会社員として働きつつフリーランスとして活動できるようになりました。

このように、転職に失敗した経験は、使い方次第で、協力な武器になります。

なので、転職に失敗した経験のある人は、ブログを始めてみることをオススメします。

ブログの始め方と稼ぎ方については、ボクの別ブログで解説しています。ブログに興味を持ってくれた方は下記の記事を参考にしてみてください。

ともや
ともや
ブログ初心者でもわかりやすく書いています。

転職失敗=人生終わり•どん底ではない理由(40代•50代でも)【まとめ】

転職失敗=人生終わり•どん底ではない理由(40代•50代でも)【まとめ】

今回は転職失敗しても人生終わり・どん底ではない理由を解説しました。

記事の中でも説明しましたが、今の時代、転職は当たり前になりつつあります。

さらに、2019年5月にトヨタの社長が『終身雇用を維持するのが難しい』と発言し、大きな話題になりましたね。

また、国が企業に対して行った調査(フリーターであったことへの評価)によると、約70%の企業が『フリーターという経歴があっても採用したい』と回答しています。

つまり、転職失敗してフリーター期間が長引いても、転職活動に影響を与える可能性は低いということです。

もちろん、転職に失敗した人が大企業に就職するのはムズカシイですが、日本には約400万もの会社があります。

なので、転職失敗したからって、『人生終わり・どん底』と決めつけるのは早すぎます。

じっさい、ボクは26歳で5回転職して、たくさんの失敗をしてきましたが、現在は正社員として働くことができています。

だから、何度転職に失敗しても人生をやり直すことは可能です。

『人生終わり・どん底』と感じているときは、何をやってもうまくいかないような気がしますが、実際はそんなことありません。

本記事で紹介した転職エージェントを利用したり、転職業界について勉強すれば、どん底から抜け出すキッカケをつかめます。

もちろん、転職活動はツラいことも多いですが、この苦しみが永遠に続くわけではありません。

なので、もう少しだけ歯を食いしばって、頑張ってみませんか?

人生で一番若いのは今です。

ボクはあなたのチャレンジを心から応援しています。

ともや
ともや
それでは以上で今回の内容を終わります。
この記事があなたのお役に立てたら嬉しいです。
はなちゃん
はなちゃん
この記事を読んでくれたあなたの人生に幸あれ!
本記事で紹介したリンクまとめ

第二新卒エージェントneoスタッフが訪問済みの企業のみを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

初回の面談を最大2時間してくれる充実のサポートが売りであり、1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

 

JAIC(ジェイック)全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、現在人気急上昇の優良転職サイトです。

 

リクルートエージェント:2022年10月4日現在31万件以上の求人を保有しており、業界No.1。転職者の8割が使っている。

求人数は業界トップクラスなので、とりあえず登録しておけば世間にどんな仕事があるのかを理解できる。

転職サイト選びに迷ったらとりあえず登録しておくべきエージェント。

 

dodaエージェントサービス保有求人数は2022年10月4日現在、業界最大級の約13万件で非公開求人が多い。

リクルートエージェントと並んで、国内No.2の求人保有数を誇る。

履歴書添削や面接対策に対する評価が高く、利用者満足度No.1

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

リクルートが運営するフリーター向けサービス!

就職shpは『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染み、 リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。

《書類選考なし 》人柄や意欲を評価する企業が集まっているため、履歴書で落とされることはありません。 営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数!

おすすめ度
名前就職Shop
ポイント《書類選考なし》履歴書で落とされることはありません。 学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。
対応エリア関東・関西(地方在住でもZOOMやSkypeで対応可能)
ともやからコメント利用者の4人に3人は正社員未経験!企業は100%取材しており職場の雰囲気や具体的な働き方などを知ったうえで就職可能!

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。