ニート・フリーター時代

25歳でフリーターってどのくらいヤバイの?おかしいってマジ?

ともや

25歳でフリーターっておかしいことなのかな?

家族や親戚からは25歳でフリーターをしているなんておかしいと言われるけど、そんなことないよね?

周りの友人もほとんどフリーターだし、、、。

実際のところ、25歳でフリーターってどのくらいヤバイの?

こんな悩みを抱えていませんか?

ともや
ともや

こんにちは、ともやです。

この記事を書いている僕は25〜26歳の1年間、フリーターをしていました。

それだけでなく、1年間のニートや引きこもりも経験しており、26歳のときすでに5度の転職を経験しました。

ようするに僕は社会不適合者です。

今回はこのような背景のある僕が、25歳でフリーターってどのくらいヤバいの?という疑問にお答えしていきます。

本記事を読むことで、25歳のフリーターがそれほどヤバくないことを理解することができるでしょう。

本記事の終盤には、僕が25歳のフリーターから正社員になった話もしているので、興味のある方は最後まで読んでみてください。

それでは本題に入っていきます。

あわせて読みたい
25歳で『人生このままでいいのか』不安だった僕がやって良かったこと
25歳で『人生このままでいいのか』不安だった僕がやって良かったこと

25歳でフリーターってどのくらいヤバイの?

25歳でフリーターってどのくらいヤバイの?

結論:25歳のフリーターは全然ヤバくないです。

理由を説明していきますね。

20代のうち約30%が正社員ではない

平成30年若年者雇用実態調査の概況によると20代のうち非正規雇用として働いている割合は、全体の約30%とのこと。

 正社員正社員以外不明
15〜19歳62.736.31
20〜24歳71.8280.1
25〜29歳73.226.80
30〜34歳6435.70.2

※グラフは平成30年若年者雇用実態調査の概況を参考に作成しました。

つまり、30人いれば10人は正社員ではないということです。

だから25歳でフリーターという生き方は、そこまでおかしい生き方ではありません。

もちろんモテたいとか、家族を作りたいと考えているのであれば、正社員になったほうがいいです。

ですがモテ願望や結婚願望がないのであれば、ムリに正社員になる必要はありません。

では次に男女別の正社員割合をチェックしていきましょう。

男性のフリーター割合

 正社員正社員以外不明
15〜19歳66.533.5
20〜24歳73.526.40.1
25〜29歳82.417.60
30〜34歳81.917.70.4

男性の場合は、年齢が上がるにつれて正社員の割合が増加する傾向があります。

女性のフリーター割合

 正社員正社員以外不明
15〜19歳58.639.32.1
20〜24歳70.429.40.2
25〜29歳64.335.70
30〜34歳45.854.10.1

いっぽう、女性の場合は年齢が上がるにつれて、正社員の割合が減少しています。

正社員として働きたい若者は約40%しかいない

正社員以外の在学していない若年労働者の今後の働き方の希望によると、正社員として働きたい若者の割合は以下のとおりになっています。

正社員として働きたい若者の割合
  1. 「正社員として働きたい」が 41.8%
  2. 「正社員以外の労働者として働きたい」が 30.9%
  3. 「独立して事業を始めたい」 が 4.7%

とのことから、正社員として働きたい若者は半分にも満たないということがわかります。

だから、25歳でフリーターはおかしくありません。

若者が正社員として働く理由

平成30年若年者雇用実態調査の概況には、若者が正社員として働く理由についても紹介されていましたので報告します。

若者が正社員として働く理由
  • 主たる稼ぎ手※として生活を維持するため」が 49.9%
  • 「自分の学費や娯楽費を稼ぐため」が 46.6%
  • 「主たる稼ぎ手ではないが生活を維持するためには不可欠であるため」が 32.3%

※『主たる稼ぎ手』というのは、家族での中で、お父さん的なポジションのことです。

お父さんが働かないと、ご飯を食べれませんよね?だからお父さんは、主たる稼ぎ手です。

以上3つが、若者が働く理由です。

ようするに生きるために働いている人が大半ってことだよ!

つまりフリーターでも生活できる人は、ムリして働かなくても良いってことです。

だから25歳でフリーターでも生きていけるのであれば、おかしいことではありません。

25歳でフリーターになった理由ランキング

平成30年若年者雇用実態調査の概況の報告によると、若者がフリーターになった理由は以下の通りになっています。

若者がフリーターになった理由
  1. 「正社員求人に応募したが採用されなかった」が 23.4%
  2. 「元々、正社員を希望していなかった」が 18.8%
  3. 「自分の希望する会社で正社員の募集がなかった」 が 11.2%
  4. 「正社員として働くことが、精神的・体力的にしんどい」が5.6%
  5. 「家庭の事情」が7.0%
  6. 「資格・試験の勉強をしたかった」が9.1%
  7. 「試用期間だった」が5.3%
  8. 「その他」7.9%
  9. 「不明」1%

となっています。

このなかに、あなたがフリーターをしている理由があったでしょうか?

もし同じ理由が見つかったのなら、あなたは1人ではないので安心して大丈夫です。

ちなみにボクが25歳でフリーターをしていた理由は

  1. 「正社員求人に応募したが採用されなかった」が 23.4%
  2. 「自分の希望する会社で正社員の募集がなかった」 が 11.2%
  3. 「正社員として働くことが、精神的・体力的にしんどい」が5.6%

という3つの理由からです。

転職したいと思っている若者の正社員は約30%もいる

平成30年若年者雇用実態調査の概況によると、現在正社員として働いている若者のうち、転職したいと思っている割合は以下の通りです。

  • 「転職したいと思っている」若手正社員の割合は 27.6%
  • 「転職したいと思っていない」人の割合は 33.2%

正社員として働いている若者の3人に1人は転職をしたいと考えているんだね!

なお転職したいと思っている人たちの理由は以下の通りです。

若者が転職したい理由
  • 「賃金の条件がよい会社にかわりたい」が 56.4%
  • 「労働時間・休日・休暇の条件がよい会社にかわりたい」が46.1%

このことからわかるのは、25歳のフリーターだろうが、正社員だろうが悩みを抱えて生きているということですね。

だから周りの「25歳のフリーターはおかしい」と言われても、焦って就職しなくてOKです。

人から言われて就職すると、ミスった時に他人のせいにしちゃうからです。

なので就職するなら、自分のやる気スイッチが入ったときにしましょう。

もし家族や親戚から『25歳でフリーターはおかしい』などの嫌味を言われても、ここで紹介したデータを使って反論しちゃいましょう。

あわせて読みたい
25歳フリーター実家暮らしは最強?メリットとデメリットを解説
25歳フリーター実家暮らしは最強?メリットとデメリットを解説

25歳のフリーターは正社員になれない?

25歳のフリーターは正社員になれない?

結論:25歳のフリーターでも正社員になれます。

70%の企業がフリーターであることを気にしていない

安心してください。25歳のフリーターでも正社員になることは可能です。

なぜなら厚労省のフリーターであったことへの評価調査によると、70%の企業がフリーターという経歴を気にしていないことが判明しているからです。

以下が詳しい調査結果です。

  • 15~34 歳のフリーターを「プラスに評価する」事業所が 3.1%
  • 「マイナスに評価する」事業所が13.5%
  • 「評価にほとんど影響しない」事業所が 68.1%

となっており、13.5%のマイナス評価はありますが、約70%の事業所がフリーターという経歴を気にしていないことが判明しました。

これは例えるなら、前髪を気にしている思春期の男子みたいなものです。

フリーターのあなたが勝手に、フリーターであることを気にしているだけで、ほとんど企業はフリーターであることを気にしていません。

だから、25歳のフリーターでもおかしくないです。

25歳フリーターが知っておくべき悲惨な事実

25歳フリーターが知っておくべき悲惨な事実
25歳フリーターが知っておくべき悲惨な事実

25歳から、正社員になれる確率がガクンと下がります。

25歳からは正社員になれる可能性が下がる

平成29年版「職業構造基本調査」によると、過去1年間に非正規から正社員になった人の割合は以下のとおり。

過去1年間に非正規から正社員になった人の割合
  • 15〜19歳 =29.9%
  • 20〜24歳 =32.7%
  • 25〜29歳 =25.5%
  • 30〜34歳 =18.1%
  • 35〜39歳 =15.5%

このデータをみると、25歳からグラフが下がっているのがわかりますね。さらに30代は、大きくグラフが下がっています。

またフリーターの正社員への採用状況によると、フリーターを正社員として「採用した」事業所の割合は 18.5%となっております。

そして、この18.5%の内訳を年齢別にみると

「15~34 歳のみ」(10.0%)

「35~44 歳のみ」(2.1%)、

「15~34 歳及び 35~44 歳の両方」(6.4%)

となっていることからも、歳を取ると正社員になりにくいということがわかります。

とはいえ、フリーターを正社員として「採用した」事業所の割合は 18.5%って数字、あまりにも低すぎると思いませんか?

実はフリーターが正社員になれないのは理由があるんです。

というわけで、フリーターが正社員になれない原因を説明していきますね。

25歳フリーターがやっている間違った就職方法3選

25歳フリーターがやっている間違った就職方法3選
25歳フリーターがやっている間違った就職方法3選

マイナビが行ったフリーターの意識・就労実態調査によると、25歳〜34歳のフリーター629名の就職活動の方法は以下の通りになっています。

25歳〜34歳のフリーター629名の就職活動の方法

インターネットの求人情報サービスサイト63.9%

ハローワーク40.5%

フリーペーパー39.6%

これらの就職活動をした結果、フリーターを正社員として「採用した」事業所の割合は 18.5%という低い数字になっているのです。

では、これらの就職活動の方法の何が悪いのか説明していきますね。

インターネットの求人情報サービスサイト

求人情報サービスサイトの求人は、基本的に経歴がキレイな人をターゲットにしています。

なので、25歳のフリーターがエントリーをしたところで、書類選考すら通りません。

もちろん、運良く書類選考が受かって、面接をさせてもらえることがあるのですが、その場合は、大量採用をしたいブラック企業の場合がほとんどです。

ともや
ともや

僕は26歳のときにブラック企業に入社して2ヶ月で退職したよ!

だから25歳のフリーターは、求人情報サービスサイトを使って就職活動をしてはいけません。

あわせて読みたい
《47都道府県別》ニート・フリーターの転職に強いサイト一覧【厳選】
《47都道府県別》ニート・フリーターの転職に強いサイト一覧【厳選】

ハローワーク

ハローワークの求人は無料で出すことがでるので、お金に余裕のない企業が求人を出していることが多いです。

だからハローワークを使って就職活動するのはNGです。

フリーペーパー

フリーペーパーの求人に関してもハローワーク同様です。

求人の掲載が無料or安くできるので、ブラック求人が集まりやすいです。

だからフリーペーパーを使って就職活動するのはNGです。

相談者
相談者
じゃあ25歳のフリーターはどうやって就職活動をすればいいの?

それでは、25歳のフリーターが正社員になるためにすべきことを解説していきますね。

僕が25歳フリーターから正社員になるためにやった3つのこと

25歳のフリーターが正社員になるためにすべきこと。
25歳のフリーターが正社員になるためにすべきこと。

僕が25歳のフリーターから正社員になるためしたことは以下の3つ。

  1. 転職エージェントに登録する
  2. キャリアコーチングを受ける
  3. ITスキルを身につける

1つずつ説明していきます。

転職エージェントに登録する

25歳のフリーターは、転職エージェントに登録するといいです。

なぜかというと、ボクが実際に転職エージェントを使って就職することができたからです。

恥ずかしながら、転職エージェントを使う前のボクは、書類選考すら受からず、面接では20連敗していました。

ですが転職エージェントを使ってからは、1ヶ月かからず内定を5つもらうことができました。

なので、25歳のフリーターが正社員になるのであれば、転職エージェントを使うことを強くおすすめします。

正社員への就職成功率 81.1%まで爆上げするテクニック

ニート・フリーターの就職に強いエージェントを使うといいです。

実際ボクはニート・フリーターの転職に強いと言われているJAICというエージェントを使って就職を成功させました。

JAIC就職成功率は81.1%(2018/2/1~2018/7/31)なので、フリーターの正社員への採用状況で発表されていた、フリーターの就職率18.5%より4倍以上も就職成功率が高いです。

ちなみに、JAICは両学長の動画でもオススメされているので、評判もバッチリです。(下にリンク貼っておきます。)

キャリアコーチングを受ける

25歳フリーターから正社員になる方法の1つ目では「転職エージェントに登録する」と言いましたが、やりたいことがない人もいるでしょう。

そういう人はキャリアコーチングを受けることをオススメします。

キャリアコーチングとは簡単に言うと、人生相談ができるサービスのことです。

相談できる相手は国家資格を持った人たちなので、的確なアドバイスをくれます。

僕はキャリアコーチングを受けてから、自分のやりたいことが明確になり、今の仕事に就職できました。

しかも今の職場は、今までの僕のキャリアで1番長い期間、働くことができています。

控え目に言っても、キャリアコーチングは人生を変えてくれるサービスです。

もし、あなたが今の人生にぼんやりとした不満や不安を感じているなら、絶対に利用してほしいです。

おすすめのキャリアコーチングはこちらの記事でまとめているよ!

あわせて読みたい
20代で人生に悩んでいた僕がおすすめするキャリアコーチング7選
20代で人生に悩んでいた僕がおすすめするキャリアコーチング7選

ITスキルを身につける

なぜITスキルを身につけるのかというと、一度身につければ食いっぱぐれない資格だし、リモートワークできるからです。

僕はプログラミングスクールと、WEBデザインのスクールに通ったおかげで、ブログ運営に活かすことができ、転職にも有利になりました。

プログラミングスクールってお金かかるからな〜

と思うかもですが、そんなことはありません。

今は少子高齢化が進んでおり、IT業界も人手不足です。そのため無料でプログラミングを学べるスクールも増えています。

僕も無料でプログラミングを学び、IT業界から内定をもらっています。

無料のプログラミングスクールについては以下の記事でまとめているので、興味のある方は参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【無料アリ】未経験でも受講可能なプログラミングスクール
【無料アリ】未経験でも受講可能なプログラミングスクール
あわせて読みたい
【未経験可】副業でwebデザインを学べるおすすめスクール8選
【未経験可】副業でwebデザインを学べるおすすめスクール8選

おわりに:25歳のフリーターのやばい末路について

おわりに:25歳のフリーターのやばい末路について
おわりに:25歳のフリーターのやばい末路について

最後に少しだけ、フリーターの末路についてお話しさせてください。

NHKのクローズアップ現代によると、横須賀市の56歳引きこもり男性が、栄養失調で衰弱死したとのこと。

もちろん日本の制度を理解していれば、餓死する可能性などほとんどありません。

しかし餓死までは行かずとも、生活が苦しくなるのは確実です。

ひろゆきさんに影響されて『正社員にならなくても生活保護をもらえばいいじゃん』と考える人もいるかもですが、そんなに甘い世界ではありません。

なぜなら、もし生活保護をもらってもクレジットカードが作れなかったり、定期的にケースワーカと面談をしたりと、メンドウな手続きがたくさんあるからです。

だから歳を取ってから苦しい生活をしたくないのであれば、”人生のやり直しができる”25歳のうちに就職活動をすべきです。

本記事で何度も説明しているとおり、歳を取ってから就職活動したいと思っても、採用してくれる企業はガクンと減ってしまいますからね。

25歳フリーターが正社員になるために必要なモノとは?

企業が25歳のフリーターを採用するときに重視しているポイントの調査結果があるので紹介します。(参照:正社員の採用選考にあたり重視した点

  • 学歴・経歴:23.1%
  • 職業意識・就労意欲・チャレンジ精神:76%
  • 柔軟な発想:17.7%
  • マナー・社会常識:60.1%
  • 組織への適応性:47.8%
  • 業務に役立つスキル:35.9%
  • 業務経験:40.6%
  • コミュニケーション能力:62.9%
  • 従順さ:17.6%
  • 体力・ストレス耐性:31%
  • その他:4.4%
  • 採用選考をしていない:3%
  • 不明:3.0%

以上の結果となっており、最も重視されているポイントは以下3つでした。

職業意識・就労意欲・チャレンジ精神:76%

コミュニケーション能力:62.9%

マナー・社会常識:60.1%

ようするに、マジメで仕事にやる気があって、コミュ力があるヤツってことですね。

まあ、そんな人間だったら25歳でフリーターになってねえよってカンジですよね(笑)

それに、この記事を書いているボクだって、コミュ障です。

それでも25歳のフリーターから就職できたのは、先ほども紹介したJAIC(ジェイック)を使ったからです。

まあ、あまりJAIC(ジェイック)をゴリ押しすると怪しいので、オススメするのはここまでにしておきます。

ですが、いずれにせ25歳のフリーターはひとりで就職活動するのではなく、転職エージェントのサポートを受けることで、効率的に就職を成功させることができるのは本当です。

なので25歳のフリーターが就職するときは、ぜひ転職エージェントを使ってみてください。

あわせて読みたい
《47都道府県別》ニート・フリーターの転職に強いサイト一覧【厳選】
《47都道府県別》ニート・フリーターの転職に強いサイト一覧【厳選】
ともや
ともや

それでは以上で今回の内容を終わります。
この記事があなたのお役に立てたら嬉しいです。
はなちゃん
はなちゃん
この記事を読んでくれたあなたの人生に幸あれ!
この記事で紹介したリンク

JAIC(ジェイック)全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、現在人気急上昇の優良転職サイトです。

ABOUT ME
ともや
ともや
社会不適合者ブロガー
北海道出身の20代。
大卒フリーター▶︎警察官(適応障害になり2年で退職)
1年間引きこもりニート▶︎元ホームレス▶︎ネットカフェ難民▶︎転職5回(短期離職3回)▶︎面接20連敗
ブログが恋人❤︎
ニート・フリーターおすすめ転職エージェント 1位
JAIC(ジェイック)
遼学長もおすすめの転職エージェント

JAICはフリーター・未経験の就職成功率81.1%で、書類選考なしで優良企業20社(全て正社員求人)と面接できるのが強み。最短約2週間で内定ゲットできるスピード感も魅力。

ニート・フリーターおすすめ転職エージェント 2位
第二新卒エージェント
手厚いサポートが売り

第二新卒エージェントneoは手厚いサポートが売りのエージェント。1人あたり平均8時間のサポートをしているので、就活での悩みや不安をすぐに解消できるのがポイント。転職回数5回のボクに対しても親身になってくれたアットホームなエージェント。

ニート・フリーターおすすめ転職エージェント ランキング 3位
Re就活エージェント

累計180万人が利用した20代専門実績No.1の転職サイト

20代登録比率No.1の転職エージェント(東京商工リサーチ調べ調査機関2022.01~03)で年間5000名以上の20代就職・転職サポート実績あり
ただし中卒・高卒は利用できないデメリットあり

47都道府県別

エリア別おすすめ転職サイト

記事URLをコピーしました