リゾートバイト

【実体験】次を決めずに退職した20代のボクの話【なんとかなる】

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約814

 

 

今の仕事がつらすぎる。

今すぐやめたいけど、次の仕事が決まっていない。でも辞めたい。

 

こういったお悩みにお答えします。

 

この記事の内容

・結論、次を決めずに退職してもなんとかなります。【ボクの実体験】

・仕事を辞めたいけど、次が決まっていない人がやるべきこと

・ぶっちゃけ仕事を辞めた当初は不安でした。【でもなんとなかる】

この記事を書いている私は現在26歳。

公務員として2年間働いていました。

 

現在はブログを書いて活動をしてますが、2年勤めた公務員を辞めるときは、次の仕事が決まっていない状態で辞めました。こういった背景から、”次の仕事を決めていない”けど”仕事を辞めても大丈夫”と思っています。

次の仕事が決まっていないけど、仕事を辞めて生き延びたボクから”今の仕事が辞めたくて仕方ない”と考えているあなたへメッセージを書きました。

【2021年現在】20代で短期離職を3回し転職を繰り返した結果 上記はボクの経歴です。 少しでも不安な気持ちが和らいでくれると嬉しいです。 経歴ボロボロでも正社員になる...

 

※令和3年6月に5回目の転職に成功しました。

【保存版】転職があっさり決まる人の特徴5つ【1ヶ月で決める!】 このようなお悩みにお答えしていきます。 こんな感じで転職を5回してきたワケですが、ぼくが仕事を辞めたあとに...

・結論、次を決めずに退職してもなんとかなります。【ボクの実体験】

まず結論から。

次を決めずに退職してもなんとかなります。安心してください。

 

なぜなら、日本は仕事さえ選ばなければ、いくらでも仕事があるからです。

 

もちろん、いくらでも仕事があるとはいえ、過酷な仕事をしろ、と言うつもりはないので安心してください。

 

じゃあ、この記事を書いているボクはどんな仕事をして生き延びたのか?

実体験を交えながら、順番に解説しますね。

 

リゾートバイトをしました。

 

リゾートバイトをすることで、家賃と食費をほぼ0円にすることができます。

たとえば、ボクが実際に使ったアルファリゾートの求人情報を確認してみます。

下記の画像をご覧ください。

画像出典:アルファリゾート

この画像をみてもらうとわかると思うのですが、こちらの求人では、寮費がたったの3000円で個室の部屋に暮らせます。

こういったことって、リゾートバイトをしている人なら誰でも知っていますが、リゾートバイト未経験の人だとわからないですよね。

当たり前ですが、仕事を辞めたあとって、できるだけムダなお金を使いたくないですよね。

だから、仕事を辞めたあと、”食いつなぐ手段”として、リゾートバイトはうってつけだと思うんですよね。

また、リゾートバイトの中には、温泉入り放題だったりと、嬉しい条件付きの求人もあります。

なので、仕事で消耗しきった心をケアすることもできます。

 

リゾートバイト以外の手段はある?

 

次にリゾートバイト以外の方法を考えてみましょう。

リゾートバイト以外の方法としては、”アルバイトで食いつないだり”、”実家に帰ったり…”、といった方法がありますが、今回はそれ以外の方法で考えてみます。

あまり知られていないですが、仕事を辞めても生き延びる手段ってたくさんありまして、情報さえ知っていれば、生活に困ることはないです。

じゃあ、どんな方法があるのかというと、”職業訓練をうける”とか”上京支援サービス”を使うという感じです。

ちょっと何言っているかわかんないかもしれませんが、要するに下記のようなことを言ってます。

職業訓練をうける

国が、再就職を目指す人に向けて行っている訓練。

月に10万円の給付をもらいながらスキルを身につけられる。

この訓練って、意外と知らない人が多いんですけど、プログラミングスクールに大金をつぎ込むくらいなら、職業訓練でプログラミングを学んだほうがコスパいいですよ。

ちなみに、ボクはプログラミングスクールを受講したこともあるし、職業訓練を受けたこともあります。

【無料】職業訓練を受講するための申し込み方法と流れ【怪しい?】 今回はこのような疑問にお答えしていきます。 この記事を読むことで ・職業訓練校を受講するにはどう...
【注意】契約社員はクビになりやすい【実際コロナで首になった話】 このようなお悩みにお答えしていきます。 この記事を最後まで読むことで以下の知識を手に入れることができます。...

 

上京支援サービスをつかう

 

これも意外と知られていないですが、20代であれば上京支援サービスを使えば、ほぼ0円で上京できます。

なぜかというと、さいきんは少子高齢化の影響で、どの会社も人材の確保に苦しんでいるから。

ぼくのブログからも現時点で5名が、上京支援サービスを使って、東京に進出しています。

 

ほぼ0円で上京するならオススメなサービス

というわけで、上京に興味があるなら、まずはどんな上京支援サービスがあるのか見てみると良いですよ。

サービスによって、対象の年齢が違うので(31歳まで受けられたり、24歳までだったり…)、それぞれのサービスをみつつ、サービスの担当者と話すほうがいいと思います。

【職/食/住】無償提供のヤンキーインターン:17~24歳までが使えるサービス。親会社はDMM.comなので安心かつ、就職は強制でない。個人的にイチバンオススメ。

ネットビジョンアカデミー(NVA):ITエンジニアになることができるが、毎月20名限定なので、受けたくても受けられない可能性アリ。ITエンジニアに特化したサービス。

MIYACO TICKET:東京でのシゴト探しと、住居探しを全部サポートしてくれる。賃貸の初期費用もタダなので、お金に余裕がない人にオススメです。

仕事を辞めたいけど、次が決まっていない人がやるべきこと

ここからは「仕事を辞めたいけど、次が決まっていない人がやるべきこと」をお話しますね。

結論:最低限のお金を稼ぎつつ、自分のやりたいことを探すこと

ここまで紹介した、リゾートバイト、職業訓練、上京支援サービスのいずれかを使えば、最低限の生活はできます。

・リゾートバイト → 家賃ほぼ0円で生活できます。

・職業訓練 → 毎月10万円をもらいながら勉強できます。

・上京支援サービス → 家賃タダ+仕事探しができます。

こういった感じで、最低限の生活を維持しながら生活することができます。

仕事選びで1番、大切なこと

たのしいと思う仕事を選ぶこと。

仕事は週5日、毎日8時間使いますので、できるだけ楽しい仕事を選ぶべきです。

”仕事=苦しい”という考え方は捨てるべき。

キレイごとに聞こえるかもですが、好きなことを仕事にすると、ホントに毎日が楽しくなります。

好きなことをして、お金を稼げる、これってホントに幸せです。

もちろん、好きなことをしていても、面倒なこととか、嫌なことがあったりましますが、総合的に考えると、楽しさのほうが勝ちます。

好きな仕事をして、社会や会社から評価されて、お金をもらええる。これほど素晴らしいことはないですね。

いまなら26歳のニート生活に終わりを告げられますぼくは今26歳でニートをしている。もう人生終わりだ、、、。 と、思っていたぼくが人生を変えたキッカケとは。...

どんな仕事が向いているか、わからないならフットワーク軽くしてみよう。

どんな仕事が向いているのか、わからないなら、とりあえず求人をテキトーに見てみればOKです。

 

テキトーに求人を見ていると、ビビっとくる求人があるはずなので、あまり難しく考えずに、暇な時に求人をサクッと眺めてみるといいですよ。

 

未経験ナビ:学歴が低く、大手人材紹介会社の転職サービスを登録したとしても、手厚いサポートは受けられず、サービス利用満足度が低い方向け。

パソナキャリア:はじめての転職・はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、 丁寧にサポートしてくれます。(各種ランキングにもランクインしてます。)

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職:DYM就職では、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。 経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。

ウズキャリ:10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした就職エージェント。全ての企業に訪問して労働環境を確認しています。ウズキャリから入社された方の定着率は93%以上。

まずは求人を眺めてみることから始めてみてください。

意外と、ぼーっと眺めているだけでも、興味のある分野は見つかりますよ\(^o^)/

・ぶっちゃけ仕事を辞めた当初は不安でした。【でもなんとなかる】

 

仕事を辞めたばかりの時は不安だらけかもしれません…。でも1ヶ月くらいで慣れてきます。

というか、仕事やめたとしても、ちゃんとハローワークに通ったり、求人サイトを使って行動していれば、すぐに仕事は見つかりますよ。

一番ダメなのは、会社を辞めてしまった自分は負け犬だ‥。みたいにネガティブになって、自分の殻に閉じこもってしまうことです。

いまは昔と違って、転職は当たり前なので、仕事を辞めることに対して、あんまりネガティブにならなくて大丈夫ですよ。

【決定版】男が一生派遣で生きていく方法3つ【難易度高すぎw】 これは1年前のボクが実際に抱えていた悩みです。 どうも、トモヤです。 ボクはこれまでニート1年、引きこもり1年、...

2019年の転職者数は351万人

 

”転職=逃げ”というイメージを持っている人がいるかもですが、、、そんなことはありません。

国の調査によると、2019年の転職者は351万人となっており、2002年以降、過去最多になっているとのこと。

参考:https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00675/

なので、転職することに対して、負い目を感じる必要はありません。

 

というわけで、今回は以上です。

次を決めずに退職しても、20代ならいくらでもやり直せます(*^^*)

向いてる仕事がわからない20代が人生を失敗せずに済む方法3つ このようなお悩みにお答えしていきます。 今回はそんなボクの実体験をベースに、過去の自分と同じように苦しんで...

 

リゾートバイトをしたい人向けのリンク

 

第二新卒、フリーター、ニートにおすすめの転職サイト

未経験ナビ:学歴が低く、大手人材紹介会社の転職サービスを登録したとしても、手厚いサポートは受けられず、サービス利用満足度が低い方向け。

パソナキャリア:はじめての転職・はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、 丁寧にサポートしてくれます。(各種ランキングにもランクインしてます。)

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職:DYM就職では、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。 経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。

ウズキャリ:10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした就職エージェント。全ての企業に訪問して労働環境を確認しています。ウズキャリから入社された方の定着率は93%以上。

 

上京して、環境をリセットしたい人向けのリンク

【職/食/住】無償提供のヤンキーインターン:17~24歳までが使えるサービス。親会社はDMM.comなので安心かつ、就職は強制でない。個人的にイチバンオススメ。

ネットビジョンアカデミー(NVA):ITエンジニアになることができるが、毎月20名限定なので、受けたくても受けられない可能性アリ。ITエンジニアに特化したサービス。

MIYACO TICKET:東京でのシゴト探しと、住居探しを全部サポートしてくれる。賃貸の初期費用もタダなので、お金に余裕がない人にオススメです。

どうやって20代後半のニート生活を抜け出すことができたのか? このようなお悩みにお答えしていきます。 この記事を読むことで、20代後半からでもニート生活を抜け出すこ...

 

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です