転職ノウハウ

【ステップ6】内定から入社までの流れ《ニート・フリーター転職成功マップ》

ついに最後のステップです。

内定をもらったあとは、給料などの採用条件を確認し、納得した上で、内定を受理し、正式に採用という流れになります。

もし、複数の企業から内定をもらった場合、内定を受理するまでに期間をもらったり、内定を断ったりする必要があります。

また、最初に聞いていた給料と話が違うということが起こってしまったときには、交渉をしなくてはいけません。

というわけで、ここでは内定をもらってから入社するまでの流れを解説していきます。

 

この記事を読むことで

内定をもらってから入社するまでにすべきことを理解できます。

 

はなちゃん
はなちゃん
転職エージェントなら面倒な内定辞退の連絡から、労働条件の交渉まで、あなたの代わりにやってくれます!

▼転職は人生がかかってる!だからこそプロに相談して必ず成功させよう!▼

 

手順内容
ステップ1転職すべきか、しないべきか
ステップ2転職活動スタート
ステップ3希望の職種・条件をさがす
ステップ4履歴書・職務経歴書をつくる
ステップ5面接対策をする
ステップ6内定GET・今のしごとをやめる現在地

2022年5月25日

ニート・フリーター転職の最新情報 

5月は転職活動のライバルが少ないのでチャンスです。なぜなら、日本の会社の採用活動は2〜3月、8〜9月に活発になるからです。

 

また、5月の求人というのは、新卒採用で補いきれなかった人員不足を補うために出している求人が多いです。

 

つまり5月は企業が中途採用に熱心な時期ということです。

 

また、この時期は就職活動が落ち着いているので、ライバルが少ないです。

 

なので、ここで動き出すことでスムーズに転職活動が進むかもしれません。

 

実際にぼくが利用した転職サイトでオススメなのが『JAIC(ジェイック)』と『第二新卒エージェントneo』です。

 

ぼくは東京に暮らしているので一番やくに立ったのが『JAIC(ジェイック)』でした。

 

東京以外にお住まいの方におすすめなのは『第二新卒エージェントneo』です。第二新卒エージェントneoは、全国に対応した転職サイトです。

 

『第二新卒エージェントneo』『JAIC(ジェイック)』は求人サイトでは見ることができない“非公開求人”もあります。

 

転職を考えている方はもちろん、今は転職できない方も登録だけしておいて最新の情報を見逃さないようにしておくことをオススメします。

JAIC(ジェイック)

就職支援のJAIC(ジェイック)全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者

正社員求人100%

両学長がオススメしたエージェント。

第二新卒エージェントneo


第二新卒エージェントneo
スタッフは全員第二新卒。

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る!

取引企業は約1万社

複数の内定をもらったとき、いつまでに断ればいい?

内定をもらったときに、返事を待ってもらうことができる期間は最大で一週間となっています。

ですので、内定をもらってから1週間以内に、断るのか受理するのかを判断しましょう。

ちなみに、面接が終わったあと、結果が来るまでには1週間かかるのが一般的です。

そのため、面接の日程を組むときは、スケジュール管理をしっかりしないと、複数の企業を比べながら、より条件の良いほうの企業を選ぶという戦略的な転職活動ができなくなってしまいます。

内定を断るのはシンドい…。無視してOK??

無視はNGです。

なぜなら、ほかの会社にあなたの噂が出回ってしまう可能性があるからです。

『火のないところに煙は立たない』とも言いますから、もし内定を断るつもりであれば、正直に断りの電話かメールを入れましょう。

とはいえ、たしかに、滑り止めのつもりで受けた興味のない企業から内定をもらっても嬉しくないし、むしろ断るのが面倒というきもちはわかります。

そういう方は転職エージェントを使うといいですよ。

なぜなら、転職エージェントであれば、内定辞退の連絡をエージェントのスタッフが代わりにやってくれるからです。

ですので、内定辞退の文章を考えるというムダな労力を使わずに済みます。

それに、転職エージェントは面接のスケジュール管理調整もしてくれます。

そのため、転職エージェントのスタッフに”どの企業が第一志望なのか”を事前につたえておくことで、効率的に転職活動を進めることができます。

給料や労働条件が最初に言ってる内容と違ったらどうすればいいの?

自分で交渉するか、転職エージェントに交渉してもらう方法の2つがあります。

このうちオススメなのが転職エージェントに交渉をしてもらうことです。

なぜなら、自分で交渉してしまうと、入社したあとに働きにくくなってしまうからです。

『こいつは入社前からゴネてきて面倒なヤツだな』と、会社の人に思われてしまうと、働きにくいですよね。

ですので、自分で交渉するのではなくて、転職エージェントに交渉してもらうことを強くオススメします。

このように転職エージェントは、内定辞退から入社前の条件交渉まで、転職活動にかんする面倒なことをすべて代わりにやってくれる頼もしいパートナーです。

これだけのサービスがすべて無料です。

なので、ぼく個人的には転職活動をホンキで成功させたいのであれば、転職エージェントを使うことを強くオススメします。

今の仕事、アルバイトを辞めるタイミングはいつがベスト?

ベストなのは2、3ヶ月前に退職することを伝えることです。

遅くても、1ヶ月前には退職の意志を伝えておきましょう。

ただし、法律的には2週間前からでもOKですので、もし今の仕事でメンタルがおかしくなりそうとか、特別な事情をかかえているのであれば、2週間前に退職することを伝えても大丈夫です。

じっさい、民法第627条で、次のように規定されています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

 

ですので、もし、2週間前に退職することを伝えても、あなたの会社やアルバイト先が認めてくれないのであれば、労働基準監督署に相談あるいは転職エージェントのスタッフに相談しましょう。

ただし、雇用期間が決められている人は、やむを得ない限りは退職できないので注意が必要です。

ともや
ともや
ぼくは、とある会社を退職しようとしたら損害賠償100万円を請求されたことがありますが、無視して辞めました。
はなちゃん
はなちゃん
もし金銭を要求されたら弁護士や労働基準監督署に相談しようね!

転職で少しでも悩んだら一人で抱え込まずに転職エージェントに相談しよう!

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

まとめ

ここまでおつかれさまでした。

内定をもらうと、辛かった転職活動すら、よい思い出になっているかと思います。

ですが、ここで気を抜いてはいけません。

なぜなら、あたらしい職場での労働条件の交渉や、退職手続きなど、最後までやることがあるからです。

ひとつずつ落ち着いてクリアしていくことで、変なトラブルにも巻き込まれずに、晴れてあたらしい職場での生活が始まります。

最後までやり抜きましょうね!

手順内容
ステップ1転職すべきか、しないべきか
ステップ2転職活動スタート
ステップ3希望の職種・条件をさがす
ステップ4履歴書・職務経歴書をつくる
ステップ5面接対策をする
ステップ6内定GET・今のしごとをやめる現在地

 

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

リクルートが運営するフリーター向けサービス!

就職shpは『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染み、 リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。

《書類選考なし 》人柄や意欲を評価する企業が集まっているため、履歴書で落とされることはありません。 営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数!

おすすめ度
名前就職Shop
ポイント《書類選考なし》履歴書で落とされることはありません。 学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。
対応エリア関東・関西(地方在住でもZOOMやSkypeで対応可能)
ともやからコメント利用者の4人に3人は正社員未経験!企業は100%取材しており職場の雰囲気や具体的な働き方などを知ったうえで就職可能!

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。