ステップ4|転職で有利になる実績の作り方(社内MVPは目指さない)

  • 仕事で実績を作って転職を有利に進めよう!
  • 市場価値を上げて転職を有利にしましょう。

これらの言葉を目にしたり、聞いたことのある人も多いかと思います。

しかし具体的に何をすればいいのか、説明している人は多くありません。

『社内で圧倒的な成果を出せ』みたいな、ぼんやりした根性論が語られているだけ。

このせいで、やる気のある人ほど「実績作り」を勘違いしているケースが目立ちます。

その最たる例が「社内MVP」や「営業成績1位」のような実績です。

もちろん、これらの実績は素晴らしいですし、否定するつもりはありません。

しかし転職において、「社内MVP」のような輝かしい実績はあまり重要ではありません。

しかもこの記事を読んでいる人は、僕と同じように学歴やスペックが低い人だと思います。

そんな人たちが社内MVPのような実績を追い求めても時間がかかるし、苦しいだけです。

では転職を有利に進めるための実績はどのように作ればいいのか?

Fランから大企業に転職した僕の実体験をもとに解説していきます。

訳あり転職を成功させる5ステップ

STEP
  • 学歴やスキルのない人が転職を成功させるには?
  • ブラック企業を見抜く方法
  • 伸びている業界リスト
STEP
  • 「成果」や「実績」より大切なのは「再現性」
  • 大企業出身者に勝つ方法
STEP
  • 転職エージェントが支援したくなる人の特徴
  • 転職エージェントを味方につけるテクニック
STEP
  • 転職市場で求められる人材になる実績の作り方
  • 社内MVPよりも目指すべきもの
STEP
  • ブサメンの僕が垢抜けた方法
目次

転職を有利にする実績の作り方

冒頭にも言った通り、転職でアピール実績を作るために「社内MVP」を目指す必要はありません。

では、どうすれば転職でアピールできる実績を作れるのか。

以下で解説していきます。

利益を意識して働く

企業の目的は「利益を生み出すこと」ですよね。

では利益とは、どのように生み出されるのでしょうか?

売り上げを伸ばし、経費を削減することで、利益が最大化されますよね。

たとえば売り上げが100万円でも、90万円の経費をかけていたら、手元に残る利益は10万円です。

一方で、売り上げ50万円でも、経費が5万円なら利益は45万円です。

つまり僕たちに求められるのは、社内MVPではなく、多くの売り上げを生み出し、経費を削り、利益を最大化すること。

当たり前のことですが、若い社会人は目の前の仕事をこなすことに必死で、会社の利益を意識できていない人が多いです。

どれだけ素晴らしい実績を残しても、会社に利益をもたらさなければ「趣味」です。

以上を踏まえて、具体的な実績の作り方を解説していきます。

「地味な仕事」に工夫を加える

ステップ2でもお伝えしましたが、企業は「実績」よりも「再現性」を重視しています。

すばらしい実績の持ち主でも、転職後に同じ結果を出せるとは限らないからです。

このため『実績』よりも『何を考えて(思考)どう行動したのか(行動)』を語れる人の方がポイントが高いです。

たとえば僕は工場の管理職をしていたのですが、工場の残業代(経費)が多いことが問題でした。

そこで工場の仕事を1日体験することにしました。

すると『製品の品質を記録した紙を手書きで記入したあと、Excelに転記する』という作業に時間を取られていることが判明。

なので紙の書類を、FAXあるいは複合機でスキャンしたデータを僕のアドレス宛に送信してもらうよう指示。

こうしてムダな書類仕事を1つずつ省いていき、月の残業時間を20時間から10時間にまで削減できました。

『物はいいよう』です。見方を変えれば地味な仕事でも、十分アピール材料になりますよ!

どんな仕事でも実績は作れる

自分はルーティン業務が中心だからアピールできる実績がない…。

このような悩みを抱えている人は多いですが、ルーティンワークからでも実績を作れます。

たとえば経理部の人が、給与明細を紙から電子に切り替えたらこれも立派な実績です。

紙から電子に切り替えることで、人件費と時間が浮き、別の作業にリソースを割くことができれば、会社の利益がアップしますからね。

このように、どんな仕事からでも実績は作れます。

早く実績を積むなら「中小企業」「ベンチャー」「スタートアップ」

早く実績を作りたい人は「中小企業」「ベンチャー」「スタートアップ」で働くといいです。

社員が少なく、ポジションも流動的なので色々な経験ができるからです。

学歴もコネもスキルもない僕が20代で管理職を経験できたのも、中小企業で働いていたからです。

大手企業のような安定感や、福利厚生が充実していない会社も多いですが、実績を積むという点では最高の環境です。

タグを意識して働く

「中小企業」「ベンチャー」「スタートアップ」で働くうえで意識してほしいのが、タグを意識して働くことです。

ここでいうタグとは「#営業職、#管理職、#新規開拓」のように、自分のスキルを一言で表したものを指します。

僕自身、中小企業で4年働いたおかげで#法人営業#採用担当#新規開拓#既存顧客との関係づくりなど、色々なタグを手に入れることができました。

このタグが増えるほど、市場価値も上がっていき、年収も右肩上がりにアップしていきました。

3年働く必要はない

「中小企業」「ベンチャー」「スタートアップ」で働くうえで注意してほしいのが、無理に3年働く必要はないということ。

  • 1年で新規事業の立ち上げメンバーに抜擢されたAさん
  • とりあえず3年働いたものの、簡単な事務処理しかやってないBさん

どちらが市場価値の高い人材かは、言うまでもありませんよね。

大切なのは勤務年数ではなく、何を「思考」してどのような「行動」をしてきたかです。

まとめ『ナンバーワン』より『オンリーワン』を目指そう!

ステップ4では、転職でアピールできる実績の作り方を解説しました。

本記事の内容を参考にしていただければ、誰でも実績を作ることができます。

大切なのは、社内MVPのような実績ではなく、どこでも通用する「再現性」です。

ステップ1〜4の内容を実践したら、最後に身だしなみを整えていきます。

なんで最後に身だしなみ?と思うかもしれませんが、身だしなみが良くて損することはありません。

たとえば同じレベルの求職者、AさんとBさんがいたとします。

Aさんには清潔感がありますが、Bさんは髪がボサボサ。この場合、企業はAさんに内定を出すでしょう。

というわけで最後の仕上げとして、ステップ5では身だしなみの整え方を解説しました。

それではステップ5でお会いしましょう!

訳あり転職を成功させる5ステップ

STEP
  • 学歴やスキルのない人が転職を成功させるには?
  • ブラック企業を見抜く方法
  • 伸びている業界リスト
STEP
  • 「成果」や「実績」より大切なのは「再現性」
  • 大企業出身者に勝つ方法
STEP
  • 転職エージェントが支援したくなる人の特徴
  • 転職エージェントを味方につけるテクニック
STEP
  • 転職市場で求められる人材になる実績の作り方
  • 社内MVPよりも目指すべきもの
STEP
  • ブサメンの僕が垢抜けた方法
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

正しい行動をすれば、
誰でも理想の職場に転職できます。

僕はFラン卒で、過去には短期離職を2度経験しています。
にもかかわらず大手企業に転職できたのは、正しいノウハウを実践してきたからです。
僕が公開しているノウハウを駆使すれば、学歴や職歴に不安のある人でも、理想の職場に転職できます。

①正しいサポートを受ける

僕のように経歴がボロボロだと、普通に就活しても良い結果は得られません。ジェイック第二新卒エージェントneoのように手厚いサポートが評判のエージェントを活用することで就職成功率を格段に高めることができます。

僕が実際に利用した最高のエージェント

②自分のやりたいことを知る

やりたいことがわからない状態で転職活動するのは「地図を持たずに旅に出るようなもの」です。過去の僕もポジウィルキャリアに出会うまではこの状態で苦しんでいました。

人生の目標・ゴールを明確にしたい方へ

③自分のことを知る

ワークライフバランス、高年収、人間関係…。仕事に何を求めるかは100人いれば100通りの答えがあります。つまり何をホワイト企業と感じるのかも人それぞれ。VIEWを使えば3分で自分の特性がわかるので利用してみるといいですよ。

わずか3分でAIがあなたの特性を解析

タップできるよ

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道〜東北地方

北陸〜甲信越地方

関西〜近畿地方

東海地方

四国地方

中国地方

九州〜沖縄地方

目次