【令和】ガチでおすすめの転職エージェント10選

【ステップ3】人間関係?残業?給料?求人探し編《ニート・フリーター転職成功マップ》

求人を選ぶときは時間をかけてじっくりと選びましょう。

なぜなら、面接までたどりつくにはお金がかかるし、履歴書の作成やスーツのサイズ合わせ、髪型を整えたり…色々とやることがあるからです。

せっかくお金と時間をかけて転職活動をするのですから、しっかりと求人を選び、悔いのない選択をできるようにしましょう。

ここでは、転職活動における求人選びについてお話していきます。

スクロールできます
ステップ内容現在地
転職するorしない
転職活動スタート
希望の職種・条件をさがす
履歴書・職務経歴書をつくる
面接対策をする
内定GET・今のしごとをやめる
2024年4月24日最新の転職情報

2024年4月24日は就職しやすい時期です。

なぜなら12月は冬のボーナスをもらってから退職する人が多く、中途採用の求人が増加するからです。

ちなみにボクが実際に利用した就職支援サービスは『JAIC(ジェイック)』と『第二新卒エージェントneo』です。

『JAIC(ジェイック)』では書類選考なしで優良企業と面談ができる合同説明会が定期的に開催されており、『第二新卒エージェントneo』『第二新卒の窓口』では担当者が手厚いサポートをしてくれます。

元ニート・フリーターのクズ人間のボクでも就職成功させることができたのは、間違いなくJAIC(ジェイック)』と『第二新卒エージェントneo』のおかげです。

スクロールできます
サービス名特徴対象年齢対象エリア評価

JAIC(ジェイック)
正社員求人100%
非公開求人アリ
書類選考無し
18~35歳全国

第二新卒エージェントneo
平均10時間の手厚いサポート
最短6日で内定獲得
約12,000の求人を保有
18~28歳全国
おすすめエージェントの比較
目次

理想の労働環境を考えてみる

まずはあなたの理想の労働環境について考えてみましょう。

理想の労働環境を考えるときに使える3ステップ

  1. あなたの現状への不満
  2. 未来のあなたがなりたい姿
  3. あなたが譲れないこと

この3ステップに沿って理想の労働環境を考えていきましょう。

現状への不満

そもそも転職を考えるのは現状に不満があるからです。

  • 収入を増やしたい
  • 家族や恋人を安心させたい
  • プライベートを充実させたい
  • 世間体が気になる
  • 人間関係がしんどい
  • 通勤時間が長すぎる

こんな感じで、ザックリで良いので紙にかき出すなどして、目に見えるカタチにしましょう。

くるしい状況を変えるためには、まずはじめに現状を把握する必要があります。

たとえばダイエットも、自分の体重を知らなければ何キロ痩せるのか?という目標を立てられませんよね。

転職もこれと全く同じです。

ですので面倒くさがらず、まずはあなたが現在かかえている不満をすべて書き出しましょう。

未来のあなたがなりたい姿

次に、さきほどリストアップした、現状への不満を具体的にどのように解決するのか?を考えていきましょう。

たとえば先ほどリストアップした不満だと、つぎのようにかんがえます。

  • 収入を増やしたい→月収25万円欲しい
  • プライベートを充実させたい→年間休日120日以上
  • 世間体が気になる→人に誇れる仕事をしたい
  • 人間関係がしんどい→事前に検索サイトやSNSで会社の評判を調べる
  • 通勤時間が長すぎる→最低でも30分以内にしたい

このように、不満をどのように解決するのかを、さらに掘り下げていきます。

掘り下げていく作業がうまくできない、、、

という人は下記のような転職サイトでよく見る検索条件を参考にしてみるといいですよ。

画像出典:DODA「こだわり条件」より引用

これは転職サイトDODAの「こだわり条件」という機能で、だれでも無料で使えます。

DODAは国内最大級の就職サイト・エージェントなので、この機会に登録しみることをオススメします。

\ 10万件以上の求人を保有 /

ゆずれないこと

ここまでの作業で、あなたの仕事でゆずれないことがわかってきたハズ。

次にピックアップした内容で、とくにゆずれないものを厳選してみてください。

厳選できたら、それがあなたにとっての「転職の軸」です。

「転職の軸」をつくっておくことはとても大切です。

なぜなら転職の軸がない人は、テキトーな理由で転職先を決めるからです。

だから「転職の軸」をリストアップしておく作業はとても大切なことです。

よくある意見:仕事なんてツライもの、転職にあまり期待しないほうがいい

6回転職した経験から言わせると、しっかりとリサーチをし、正しい行動をすれば転職は必ず成功します。

逆に、必ず失敗する転職も存在します。

たとえば転職初心者が、求人サイトから自分で求人を選ぶと高確率で失敗します。

理由は、求人サイトは広告料を支払うことで上位ページに自社求人を表示できるからです。

つまり求人サイトは、ブラック企業でも上位ページに求人を表示できるんです。

ですので転職初心者は、まずは転職エージェントに相談をし、プロのサポートを受けた方が良いです。

よくある意見:職場の人間関係なんて入社しないとわからないのでは?

職場の人間関係なんて入社してみないとわからない、、、

という意見はごもっともです。

なぜなら、どの会社も求人には「アットホームな職場です」とか聞こえの良い言葉を並べますからね。

ですが、転職エージェントを使えば、入社する前に人間感をチェックすることができます。

たとえばJAIC(ジェイック)では紹介する企業すべてに足を運んでいますので、入社する前から会社の雰囲気や人間関係をチェックできます。

JAIC(ジェイック)公式サイト

ニート・フリーター必見!!求人の探し方

ニート・フリーター、3年以内に仕事をやめてしまった人はニート・フリーター・第二新卒専門の転職サイトを使うのが一般的です。

ニート・フリーター・第二新卒専門の転職サイトとは、ニート・フリーター・第二新卒の人を対象にした求人だけが集められたサイトのことです。

このサイトには2つのタイプがあります。

まずひとつが、リクナビNEXTのような自分で求人を探すタイプ。

もうひとつが第二新卒エージェントneoのような転職のプロのサポートを受けながら転職をするタイプです。

ほとんどのサイトが後者の第二新卒エージェントneoのようなプロのサポートを受けながら転職をするタイプです。

そしてプロのサポートを受けながら転職をするタイプのほうが、転職成功率が高いので、おおくの転職者がプロのサポートを受けるタイプを選んでいます。

なお、転職エージェントは、「転職するか悩んでいる」という人が相談をするだけでもOKですし、「今のところ転職の予定がない」という人が相談をする場としても使うことができます。

もちろん、完全無料で、しつこい勧誘も一切ありません。

一般には公開されていないレア求人を見つけるには?

転職エージェントを利用すると、一般には公開されていないレア求人を紹介してもらうことができます。

じっさい、転職エージェントが保有している求人の80〜90%は非公開求人だとされています。

ですので、あなたが自分で求人検索サイトで仕事を探してみて、

「いまいち自分の理想にマッチする仕事がないなあ・・・」

と思ったとしても、転職エージェントを利用すれば理想の仕事が見つかるかもしれません。

どの転職サイトを使うのがいいのか?ポイントや特徴から考えてみよう!

転職サイトによってサービスの内容が違います。

この違いを理解することであなたにピッタリの転職エージェントに出会うことができます。

転職サイトの選び方は以下のとおりです。

  • ポイント①あなたの住んでいる地域はサポート対象か?
  • ポイント②どんなサービスを強みにしているのか?

サイトを選ぶときはこの2つだけ意識すればOKです。

あなたの住んでいる地域はサポート対象か?


たとえば地方に住んでいる人は、せっかく転職サイトに登録したものの、

自分の住んでいる地域の求人が少ししかない…

ということが起こりやすいです。

ですので、あなたの住んでいる地域の求人情報を事前にチェックしておくか、転職サイトに相談してみることをおすすめします。

どんなサービスを強みにしているのか?

転職サイトによってサービスの内容は違います。

たとえば以下のような感じです。

どの転職サイトが一番おすすめなの??

と疑問に思うかもしれませんが、あなたの状況によります。

ですので、転職サイトをえらぶときは世間の評判に騙されることなく、自分に合うかどうかに注目して選ぶようにしましょう。

転職サイトの詳しい情報は当ブログで紹介していますので、よろしければ参考にしてみてください。

ひとりで転職活動することは可能?

可能ですが、かなり難易度は高いです。

なぜなら、

高収入で残業なし

人間関係も良くて働きやすい職場

といった誰もがうらやむレア求人をひとりで探すのは、砂漠でコンタクトレンズを見つけるくらい難しいからです。

そして、仮にに運良くレア求人を見つけたとしても、そのようなレア求人には応募者が多いです。

ですので

せっかく時間をかけて、苦労して求人を探したのに採用されなかった

なんて悲しい結末を迎えてしまう可能性が高いです。

しかし、転職エージェントを利用すれば、自分で時間をかけて求人を探す必要がありません。

それに、転職エージェントはあなたの転職活動がうまくいくように徹底的にサポートをしてくれます。

しかも無料なので、転職エージェントを使わない理由は1つもありません。

あまりにも転職エージェントをほめすぎて

ウソっぽい、怪しい

と思われるかもしれませんが、まず試しに登録をしてみてください。

登録してみれば、

もっとはやく転職エージェントを使って転職活動をしておけばよかった…

と思うはずです。

就職成功に欠かせない3つのサービス

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

  • 土日祝日が休みで年間休日がおおい職場
  • 残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なときに、すぐ行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

まとめ

求人を探しはじめる前に、あなたの理想の職場とは?という問いにすぐ答えられるようにしておきましょう。

この答えは、現実的かどうかなんて気にせずに、あなたのワガママでOK。

なぜなら、転職エージェントを使えば、あなたの理想の職場が見つかる可能性が高いからです。

ですので、理想の職場を思い描くときには

こんな理想かなうわけないよな…

と、あきらめずに、あなたのありのままの欲望をさらけだしてください。

そして理想の職場のイメージができあがったら、どの転職サイトを使うのか決めていきます。

どのサイトを使うのかは、それぞれのサイトの特徴からあなたにマッチするサイトを選びましょう。

スクロールできます
ステップ内容現在地
転職するorしない
転職活動スタート
希望の職種・条件をさがす
履歴書・職務経歴書をつくる
面接対策をする
内定GET・今のしごとをやめる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
就職成功に欠かせない3つのサービス

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

    • 土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

    • 残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。




転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なときに、すぐ行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

運営者

ブロガー【経歴】大卒ニート ▶︎警察官2年で退職 ▶︎20代で転職6回 ▶︎ 短期離職3回 ▶︎ 2020年4月に上京 ▶︎ 当サイト設立 ● 社会不適合者 ● 北海道出身の29歳

タップできるよ

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道〜東北地方

北陸〜甲信越地方

関西〜近畿地方

東海地方

四国地方

中国地方

九州〜沖縄地方

目次