転職エージェント

【ニートがジェイックに参加してきた!】バックレる人の特徴3選

 

ともこ
ともこ
転職を考えていて、ジェイックを使おうか迷っているけど、いろいろな評判があって不安、、、。バックレる人もいるみたいだし、実際に体験した人の口コミが聞きたい。

このような疑問にお答えしていきます。

ともや
ともや
どうもトモヤです。ボクは実際にジェイックに参加しており、無事に転職を成功させました。そこで今回はじっさいに参加していたボクだからこそわかる「ジェイックをバックレる人の特徴」について語ります。

なお、本記事の内容につきましてはジェイックから報酬を一切いただいておりませんし、内容も非公式となっております。

(つまり、ボクが勝手に趣味で書いているだけです。)

そのため、本記事におけるいかなる損失についても負いかねるので予めご了承ください。

【ニートがジェイックに参加してきた!】バックレる人の特徴3選

結論からお話しますね。ボクが実際にジェイックに参加してみて、バックレた人は大まかに次の3つ特徴を持っていました。(完全に主観です。異論は認めます。)

・日頃から早寝早起きができていない人

・会話のキャッチボールができない人

・ジェイックに参加すればOKでしょ?って考えている人

では1つずつ解説しますね。

ふだんから早寝早起きができていない人

ジェイックは講義が9時30分から開始します。(令和3年5月30日現在はオンライン)

なので、ふだんから夜ふかしをしている人は遅刻をして、フェードアウトしていきました。

あと、これ実際にあった話なんですけど、夜ふかししているメンバーが「自分、昨日夜ふかししちゃって頭が働かないんですよね。」と言って、そのメンバーがグループーワークにほとんど参加しなかったという出来事がありました。

何が言いたいのかっていうと、早寝早起きはもちろん。体調管理ができない人はバックレる傾向があるのかと推測してます。

会話のキャッチボールができない人

ジェイックではペアになって面接対策をするシーンがあります。その際に、会話のキャッチボールができないと、お互いに気まずい思いをします。

もちろん、ボクのトーク力不足のせいで、相手のキャッチボール能力を引き出せなかったということもあります。

ただ、ハナっからキャッチボールをする気もない人がいるのも事実。そして、そういった人はジェイックに合わずにバックレる傾向が高いと感じました。

ジェイックに参加すればOKでしょ?って考えている人

ジェイックは非公開の正社員求人を紹介してくれる優良エージェントであることは間違いありません。じっさい、東証一部上場もしているし、信頼のおける企業であることは紛れもない事実。

しかし、参加すれば誰でも正社員になれるワケではないので注意です。

んなこと知ってるよ!誰もそんなラクしようと思ってません!

と思うかもしれませんが、想像以上にハードスケジュールですよ。

ともや
ともや
少なくともボクの場合は、5日間のセミナーに参加して2日間の合同企業説明会、4日間の企業との個別面談(対面の面接)をしていたので、合わせて11日間は趣味とか、友人と遊ぶ時間はなかったです。

あと、休日も、履歴書作ったり、自己PR・志望動機を作ったり、、、ってな感じなので言われなくても自主的に活動しないと時間足りないです。

逆に言えば、今のボクの話を聞いて「そんなもん?」「別にそれくらい当たり前じゃない?」「ニートで暇だし余裕です」と感じたのであればジェイックは超オススメです。

少なくともボクは、ジェイックに参加したことで人生変わったし、好きな女の子に積極的にアプローチかけられるようになりました。←(関係ないですねスミマセン)

正直めんどうだけど、短期集中でやったほうがラク

ここまで読んでくれたあなたには正直に話しますが、ボクはジェイックに参加するのが面倒だと感じていました。

でも、転職活動の対策って、いつかは必ずやらなくちゃいけないことだし、これをサボってズルズル先延ばしをしていたら、それこそ面倒くさい結果につながってしまうと考えたので、ジェイックに本気でコミットしました。

ボクが本気で取り組んでたら、担当の人もそれ以上に熱く接してくれるし、悩んだら親身になって聞いてくれるし、本当にオススメのエージェントですよ。

とはいっても、結局のところ、どこのエージェントを使おうが大切なのは「自分と相性の良い担当者がつくか?」という1点に尽きるとは思います。

とはいっても、ぼくらの側からエージェントに歩み寄る姿勢はわすれてはいけません。

(ジェイックの人たちに限らずですが)相手は仕事でエージェントをやっているとはいっても、一人の人間です。怒ったり、喜んだり、泣いたりします。

なので、エージェントを使うときは「優しくしてもらって当然」「就職先を紹介してもらって当然」という考えは一切捨てることが大切です。

すこし熱く語りましたが、ジェイックに限らず、転職エージェントを使うときの心構えとして参考にしてもらえればと思います^^

 

それでは!

 

ボクがリアルで使った転職エージェント一覧

JAIC(ジェイック):厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定されています。(※ついでに東証一部上場企業です)

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

※全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。72項目に及ぶ国の審査基準に合格しないともらえない証。

 

就職Shop:書類選考がないので、履歴書で落とされることはありません。 学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。

 

第二新卒エージェントneo:10時間ほどの手厚いサポートをしてもらいました。

ボクは経歴に不安があったのですが、10時間もサポートしてもらっていると、自然と自信がつくし、人と話すことにも慣れて、自分に自信が持てるようになりました。

また、第二新卒エージェントneoでは、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ました。(普通は教えてくれない

そして、スタッフは全員第二新卒なので、ボクの気持に寄り添ってくれたのが本当に嬉しかった。転職は孤独な戦いでツライけど、第二新卒エージェントneoの担当者のおかげでくじけずに頑張れました。

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

2021年9月29日

ニート・フリーター転職の最新情報 

 

 

今月は転職活動をするのにバッチリなタイミングです。なぜなら、日本の会社は4月を年度始まりとしている企業が多く、10月は下期の始まりになります。

そのため、10月は会社の経営方針に沿って「中途採用でどんな人材が必要か」が明確になっています。

つまり10月は企業が中途採用に熱心な時期ということです。

実際にぼくが利用した転職サイトでオススメなのが『第二新卒エージェントneo』と『DYM就職』です。

ぼくは東京に暮らしているので一番やくに立ったのが『第二新卒エージェントneo』でした。

東京以外にお住まいの方におすすめなのは『DYM就職』です。DYM就職は、全国に対応した転職サイトです。

『第二新卒エージェントneo』『DYM就職』は求人サイトでは見ることができない“非公開求人”もあります。

転職を考えている方はもちろん、今は転職できない方も登録だけしておいて最新の情報を見逃さないようにしておくことをオススメします。

第二新卒エージェントneo


スタッフは全員第二新卒。

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る!

取引企業は約1万社

DYM就職

求人は全国32箇所に対応

正社員求人100%

書類選考なしなので履歴書で落ちない

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です