転職エージェント

【やばい?】ジェイックの紹介企業や就職先について

ともこ
ともこ

ジェイックをつかって転職をしようと思うけど、紹介企業はどんなところなんだろう。

就職先がブラックだったらイヤだなあ。

このようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

どうもトモヤです。この記事を書いているぼくは、ジェイックをじっさいに利用して転職をしたことがあり、現在もジェイックから紹介された企業ではたらいています。

というわけで、じっさいにジェイックを利用したぼくだからこそ書くことができる内容を書きました。

※ぼくがジェイックを利用したのは2021年5月で、わりと新しい情報をもっているので、この記事の内容はあなたの参考になるはずです。

ちなみに当時、ぼくがジェイックから紹介された求人票は、まだ手元にあります。

といわけで前置きはこのあたりにして、さっそく本題に入っていきましょう。

【最悪?】ジェイックは怪しいからやめとけ!と評判の3つの理由 こんかいはこのようなお悩みにお答えしていきます。 どうもトモヤです。ぼくは26歳の...

【やばい?】ジェイックの紹介企業や就職先について【14個を紹介】

ではさっさくジェイックの紹介企業や就職先についておはなししていきます。

なお、ここでは具体的な企業名はだしません。

なぜなら、ジェイックでしか紹介されていない未公開求人もあるからです。

というわけで、以上のことをふまえた上で紹介していきます。

ジェイックの紹介企業や就職先

①人材紹介業

②工具の販売

③商社

④携帯電話の販売

⑤ソーラーパネルの訪問販売

⑥税理士事務所

⑦住宅のリフォーム

⑧ガス会社

⑨塗料の営業

⑩介護用品の営業

⑪施工管理

⑫システムエンジニア

⑬電力会社

⑭インフラエンジニア

以上14個がぼくがじっさいにジェイックで紹介された就職先です。

やばい就職先はある?

ぼく個人的には「ここはやばい」とおもった就職先はいくつかありました。

どういう就職先が「やばい」と思ったのかというと、ジェイックのほかの求人サイトにも求人をだしているところです。

なぜならジェイックの売りは、非公開求人を紹介してくれるところだからです。

もちろん、気にならない人なら大丈夫ですが、ぼくこじんてきには、いろんなサイトで求人を出している会社は、テキトーに大量採用して、何人かは辞める計算をしているハズだと考えています。

なので、ぼく個人的には、ジェイックいがいでも求人を出している会社は「ヤバい」と思います。

ジェイックのダメなところ

3日〜5日の研修をうけないと求人を紹介してもらえないところです。

この研修では、社会人の基本的なマナーや面接対策をします。

なので、学生時代にしっかり練習をしてきた人にとっては「いまさらこんなことするのめんどくさい」と感じる可能性があります。

ともや
ともや
そして、なにを隠そうぼくは「なんで、いまさこんなことするんだろう…」と感じていました。

なぜならぼくは、大学卒業したあと2年間公務員としてはたらいていたからです。

そして公務員のときすでに、新人研修をうけていました。

なので、ジェイックで面接対策やマナー研修を受けるのはハッキリいってめんどうでした。

ともや
ともや
めんどうなのに、どうしてぼくがジェイックを利用したのかというと、ジェイックの紹介してくれる求人が目当てだったからです。

ジェイックはやめておいたほうがいい?【向いていない人とは】

じぶんのやりたい仕事や分野がハッキリしている人はジェイックを使うのは、やめておいたほうがいいです。

ジェイックのいいところは、担当者が面接の対策〜履歴書の作成までぜんぶ面倒をみてくれるところです。

いっぽう、わるいところは、自分で求人をえらんで面接を受けられないところです。

なので、じぶんのやりたいことが明確な人にはジェイックはむいていないです。

ジェイックに向いている人

ジェイックに向いている人は以下のとおり

じぶんが何をしたいのかわからない

将来このままダラダラ過ごしていたらヤバいな

正社員になって彼女や家族を安心させたい

と考えているひとにとって、ジェイックはおすすめです。

なぜならジェイックは正社員の求人しか紹介していないからです。

なので「正社員になりたい」と考えている人はジェイックがおすすめです。

【ニートがジェイックに参加してきた!】バックレる人の特徴3選 このような疑問にお答えしていきます。 なお、本記事の内容につきましてはジェイックから報酬を一切いただい...

【本音】ジェイック使ってみてどうだった?

ぼくはジェイックをつかってほんとうによかったです。

しょうじき最初は、社会人のマナーを勉強するなんて「めんどうだなー」って感じていました。

ですが、学んでみると、意外とわすれてしまっていることや、実践できていないことがわかってきました。

だから、いままでの自分は、ちしきだけ頭にはいっていて、なにも実践できてなかったんだと気付かされました。

このことに気がつけただけでも、大きな収穫だったとかんじています。

だから、ジェイックをつかって転職活動をしてほんとうによかったです。

とはいえ、転職エージェントの性質上、人それぞれ合う・合わないがあります。

ですので、ジェイックが合わないと感じる人もかならずいるでしょう。

これは例えるなら、好きな芸能人ランキング1位のキムタクのことを、必ずしも日本国民全員が好きな芸能人ではないことからもわかるかと思います。

なので、転職エージェントは1つに絞るのではなくて、いくつかのエージェントを使ってみることをおすすめします。

じっさいにぼくも5つほど転職エージェントをつかっていましたので。

そして、その5つのなかで、たまたまジェイックがよかっただけです

 

ってな感じで今回の内容はこれで終わりたいと思います。

最後までよんでいただきありがとうございました。

 

また次回の記事でおあいしましょう!

【コロナで無職】仕事も決まらないし疲れた人が転職する方法 【コロナで無職】仕事も決まらないし疲れた人が転職する方法 まず結論から。 ...
ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です