転職ノウハウ

【コロナで無職】仕事も決まらないし疲れた人が転職する方法

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約557

 

コロナで無職になってから、仕事がなかなか決まらない。貯金を切り崩す生活もそろそろ限界だ。減っていく貯金を見るだけで心が痛い、、、。
これは今から一年前のぼくが考えていたことです。

 

ともや
ともや

どうもトモヤです。ぼくは今から1年前に失業してニートとなり、北海道から東京に上京してきました。

失業したあとはUber Eatsの配達員やテレアポのしごとで食いつないでいました。

この当時は生活がギリギリでメンタルがヘラヘラでした。

ぼくは転職歴が4回もあるし、このまま人生終了かと思っていました。ですが、今ではなんとか正社員として働くことができています。

今回はそんなぼくの実体験を踏まえて記事を書きました。

今回の内容は、いま無職で仕事が決まらなくて困っている人の参考になるはずです。

 

この記事はこんなあなたにオススメ

・転職活動がうまくいかない20代のニートやフリーター

・今の仕事をやめたいけど転職が決まらない人

【コロナで無職】仕事も決まらないし疲れた人が転職する方法

まず結論から。

コロナで無職になったぼくが転職をすることができた方法は

転職エージェントを使い倒したから

という理由に尽きます。

どういうことなのか、もう少し掘り下げて解説していきますね。

結論:転職エージェントを使い倒す

転職エージェントを使い倒すべき理由は、転職エージェントは求職者を就職させないと、儲けが出ないからです。

わかりやすく言うと、転職エージェントは求職者を就職させないと潰れるということです。

つまり、転職エージェントはうまく利用すれば転職活動をうまく進めるための強力なサポートアイテムになります。

転職エージェントはどこも同じ?

ただし、どこの転職エージェントを使っても良いのか?というと、そういうわけではありません。

なぜなら転職エージェントの中には、求職者をテキトーな会社に就職させて、あとは一切サポートなし、なんてエージェントもあるからです。

なので、転職エージェントを選ぶときはしっかりと考えて選ぶ必要があります。

転職エージェントはどうやって選べばいいの?

では、どのように転職エージェントを選べばいいのかといいますと。

これに関しては1つの正解はありません。

答えはありませんが、ぼくと同じように20代でニートまたはフリーターであれば下記の5つのエージェントを使うことをおすすめします。

JAIC(ジェイック):僕は最終的にジェイックの紹介企業で就職を決定しました。マンツーマンの親身なサポート。紹介される企業の質の高い。

第二新卒エージェントneo:仮に不採用でも、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ます。悪い点を改善し続ければ、勝手に結果は付いてきます。

DODA:取り扱っている求人は、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。自分では見つけられなかった求人をエージェントサービスに登録するだけで見つけることができます。

マイナビエージェント:人事&採用担当との太いパイプがあるので、内定率が非常に高いです。各企業の人事担当者と直接会って、求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気情報を入手しています。

ともや
ともや

この4つのエージェントに関しては、ぼくがじっさいに使ってみてよかったものだけを紹介しています。

なので、ぼくと同じように20代でニートまたはフリーターの人はぜひ参考にしていただければと思います。

べつにエージェント使わなくてもよくない?

ここまで読んでくれた人の中には、べつにエージェントを使わなくても転職活動できるじゃん。と思われる人もいるかもしれません。

そして、その意見はそのとおりです。

さらに言うと、この記事を書いているぼくも転職活動をしているときは、わざわざ転職エージェントを使う意味あるの?と思いながら転職活動をしていました。

しかも、電話面談とかZOOMを使った面談とか「めんどくせー」って思ってました。

でも、いまになって振り返ってみると、「面談めんどくせー」と思いながらも転職エージェントを活用しておいてよかった、と心の底から思っています。

なぜなら、いちど転職のコツを身に着けてしまえば、これからずっと転職活動をうまく進めていくことができるからです。

「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」ということわざがありますが、まさにコレです。

 

たった一瞬のめんどくさいという気持ちに流されて、一生ダラダラと生きていくのか。

今がんばって、これからの未来を自分の手で切り開いていくのか。

どっちが正解かは人それぞれですが、ぼくは今がんばって未来を楽しくしたいと思いました。

なので、めんどくさいし、ダルいと思いつつ、転職エージェントを利用して転職活動をしました。

Q:なぜ転職エージェントを使おうと思ったのか

ひとりで転職活動をしているとブラック企業に引っかかる可能性があるからです。そして、ぼくはじっさいにブラック企業に引っかかってメンタルを消耗しました。

ブラック企業で消耗して疲れたから

ぼくは転職エージェントを使う前はひとりで転職活動をしていました。

そして、ひとりで転職活動をしているときも内定をもらうことはできました。

しかし、入社してみると雇用保険は未加入だし、求人票に書いていることとまったく違うテレアポの仕事をすることになりました。

なので、2ヶ月で退職しました。その結果として、ぼくの履歴書にはキズがつきました。

 

ぼくは26歳なので、そろそろ、ちゃんとした仕事をしないといけない。とは思ってはいました。

ですが、転職活動のやり方も、求人の探し方もレベルが低かったので、ブラック企業からしか内定をもらうことができませんでした。

当時のぼくはこのままひとりで転職活動をしていたら、ズルズルと30代になって、取り返しがつかなくなると思いました。

だからぼくは恥もプライドも捨てて転職エージェントをフル活用することを決意しました。

仕事が決まらなくて無職になってしまう理由とは?

転職のしかたを知らないからです。

転職にはコツがあって、そのコツさえ掴めばコミュ力がなくても大丈夫。イケメンや美女でなくても大丈夫です。

じっさいぼくは転職エージェントを使う前は5社連続で面接に落ち続けてきました。

ですが、転職エージェントで転職のコツを教えてもらって、面接の練習をしてからは、わずか21日で転職を成功させることができました。

だから、仕事が決まらなくて無職になってしまうのは、あなたのせいではないです。

ただ単純に転職のしかたを知らないだけです。

転職はどうして疲れるの?

答えのないテストをやっているからです。

転職は、学校のテストとは違って、明確な答えが用意されていません。

なので、なにをどう頑張ったらいいのかわからなくなります。そのため、ムダな体力を使ってしまいます。

その結果、メンタルがボロボロになってしまい、結果的にラクな道に進んでしまいがちです。

人間はいちどラクな道に進んでしまうと、なかなか復活することはムズカシイです。(じっさい、ぼくは1年引きこもりをしていた経験があるのでよ〜くわかります。)

まとめ

 

まとめ

転職が決まらないのはあなたのせいじゃない。

転職のやり方さえ知ってしまえば一生困らない。

ひとりで転職活動をするとブラック企業に引っかかる可能性が高い。

転職エージェントの電話面談はダルいけど少し我慢しよう。

 

以上が今回のまとめです。

なお、ぼくがじっさいに利用したエージェントのおすすめ4つは以下のとおり。(すべて無料です)

JAIC(ジェイック):僕は最終的にジェイックの紹介企業で就職を決定しました。マンツーマンの親身なサポート。紹介される企業の質の高い。

第二新卒エージェントneo:仮に不採用でも、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ます。悪い点を改善し続ければ、勝手に結果は付いてきます。

DODA:取り扱っている求人は、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。自分では見つけられなかった求人をエージェントサービスに登録するだけで見つけることができます。

マイナビエージェント:人事&採用担当との太いパイプがあるので、内定率が非常に高いです。各企業の人事担当者と直接会って、求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気情報を入手しています。

 

それでは終わります。

あなたの転職の成功を祈っています。

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール
\転職回数5回のぼくのおすすめエージェント/
⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約042

 

1位: JAIC(ジェイック)僕は最終的にジェイックの紹介企業で就職を決定しました。マンツーマンの親身なサポート。紹介される企業の質の高い。

2位:DYM就職 DYM就職では、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。 経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。

3位:第二新卒エージェントneo 仮に不採用でも、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ます。悪い点を改善し続ければ、勝手に結果は付いてきます。

4位:未経験ナビ:学歴が低く、大手人材紹介会社の転職サービスを登録したとしても、手厚いサポートは受けられず、サービス利用満足度が低い方向け。

5位:DODA 取り扱っている求人は、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。自分では見つけられなかった求人をエージェントサービスに登録するだけで見つけることができます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です