転職エージェント

【必見】転職エージェントの電話面談がめんどくさいと思うあなたへ

 

ともこ
ともこ
転職エージェントを使おうと思ったんだけど、電話面談がめんどくさい、、、。わざわざ電話で面談する必要ある?メールで良くない?

このようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

どうもトモヤです。この記事を書いている僕は、公務員として約2年勤務、民間3ヶ月、派遣社員4ヶ月、契約社員を2ヶ月、、、(ついでにニート1年)という感じでかなりフラフラした人生を送ってきたクズです。

そんな僕でも転職エージェントを使い倒して転職を成功させることができたので、今回は転職エージェントを使い倒すためのコツをまとめました。

転職エージェントの電話面談がめんどくさいと思っている、そんなあなたに特に必見の内容となっております。ぜひ最後まで読むことをオススメします。

【実体験】僕が契約社員から正社員転職を難しいと感じなかったワケ このようなお悩みにお答えしていきます。 【実体験】僕が契約社員から正社員転職を難しいと感じなかったワケ ...

転職エージェントの電話面談がめんどくさいと思うあなたへ伝える3つのこと

 

転職エージェントの電話面談がめんどくさいと思うあなたへ伝える3つのことは次のとおり。

・一人で転職するのはもっとめんどう

・エージェントと信頼関係を作っておけば転職成功したも同然

・話すことで自分の経歴を振り返ることができる

この3つについて解説していきます。

・一人で転職するのはもっとめんどくさい

転職エージェントの電話面談は1時間くらいかかりますから、ほんとうに面倒です。

ただ、1人で転職をするのはもっと面倒です。なぜなら、ブラックな企業を自分の目で選定する必要があるし、面接対策も自己分析も全部自分ひとりでやらなくてはいけません。

ただし例外があります。あなたが既に優秀な経歴を持っていて、自己分析も企業研究も完璧だぜ!!という人間であれば1人で転職活動をしても大丈夫でしょう。

むしろ、こういった人は、転職エージェントを使うことでムダな時間が発生すると言っても過言ではないです。

ですので、まとめると、以下のようになります。

優秀な経歴を持っていて、転職なれしている→1人で転職活動すべき。

転職活動が初めてで、経歴にも不安(フリーター、中退など…)→エージェントを使うべき

最初の面談がめんどくさい気持は痛いほどわかります。ただ、この1回の面談をめんどくさがって、仕事をテキトーに選んでしまうと、この先何度も転職を繰り返してしまうことになります。(僕がそう)

「めんどくせー」って気持が生まれたら、この面倒は一生続くことではない。と、違った目線で物事を捉えてみるといいですよ。そうすれば先延ばしにしてしまう悪い癖も亡くなっていくハズです。

 

・エージェントと信頼関係を作っておけば転職成功したも同然

エージェントも人間なので、頑張っていればすごく親身になってくれます。

じっさい、私は JAIC(ジェイック)というエージェントを使って転職活動をしていたのですが、夜23時に連絡をしても即レスで、面接対策に付き合ってくれました。

どんな分野でもそうですが、やっぱり人は恩を感じると、その恩に応えたいと思ってしまうものです。(私は転職活動の終盤からは、この人の期待に応えたい!!という気持で転職活動をしていました)

それに、エージェントの面談がめんどくさい気持は、エージェント側も理解しています。その中であなたが熱心にエージェントとの面談に取り組めば、エージェントの人も嬉しくなること間違いないです。

たまに、エージェントの方を雑に扱う人も居ますが、それは絶対にしてはいけないことです。相手がいくら仕事であなたをサポートしているとはいえ、相手も人間です。あなたと同じように、エージェントの人も、嫌なことをされたら不快になります。

だから、エージェントを利用するときは、人としてのコミュニケーションは忘れずに行いましょう。

あなたが真剣に転職活動に取り組んでいれば、企業にもあなたを熱心に売り込んでくれます。そうすればあなたの転職は絶対に成功します。

・話すことで自分の経歴を振り返ることができる

自分の経歴を包み隠さず相手に話すことで思考が整理されます。じっさい、科学的に人に話すことでのストレスが発散されるということは証明されています。

いや、わざわざ人に話さなくても、自分のことは自分が一番わかってます。

と、思われるかもしれません。そして実はボクがそう思っていました。

公務員として約2年勤務、民間3ヶ月、派遣社員4ヶ月、契約社員を2ヶ月、、、(ついでにニート1年)

こんなクソみたいな経歴。いまさら人に話しても恥ずかしいだけで、できれば向き合いたくない経歴です。

でも、エージェントの人は、このマイナスな経歴をどうやって企業に対して前向きにアピールすることができるか?ということを一緒になって考えてくれました。

もちろん、エージェントの人は仕事でやっていることなので、当たり前といえば当たり前です。しかし、ボクにとって、この黒歴史と向き合うことは苦痛でしかない作業です。そんな苦しい作業を親身になってやってくれた担当者の方には本当に感謝しています。

【2021年現在】20代で短期離職を3回し転職を繰り返した結果 上記はボクの経歴です。 少しでも不安な気持ちが和らいでくれると嬉しいです。 経歴ボロボロでも正社員になる...

向き合いたくない過去と向き合うことで得られるモノ

自信がつきます。

起きてしまった出来事は何一つ変えられません。でも、過去に対する考え方は変えることができます。

例えば、私の場合であれば、26歳にして転職回数が4回という散々な過去ですが、捉え方を変えれば、変化に柔軟に対応できる、目標に向かって具体的なアクションを起こせる、、、などのようにプラスの面も見つけることができます。

でも、この作業は慣れていないと、1人では難しいです。なぜなら、1人だとどうしてもネガティブな気持になってしまうからです。

しかし、他の人のサポートを受ければ驚くほどかんたんに、過去の自分と前向きに向き合うことができます。もちろん、過去の自分と向き合うことは、本当にシンドイ作業です。でも、未来に進むためには、過去の自分とケリを付けないといけません。

なぜなら、過去への暗い気持を持ったままだと、あなたの未来への挑戦する気持をいつまでも引っ張り続けるからです。だから過去とは絶対に向き合わなくてはいけません。

 

ともや
ともや
あ、ちなみにボクが実際に使っていたエージェントはJAIC(ジェイック)というエージェントです。

なぜJAICを選んだのかというと、リベ大の両学長がおすすめしていたからです。

 

▼下記の動画で紹介されています。

 

 JAIC(ジェイック):厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定されています。(ちなみに東証一部上場企業です

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

※全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。72項目に及ぶ国の審査基準に合格。

 

参考までにどうぞ(^O^)

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

2021年9月29日

ニート・フリーター転職の最新情報 

 

 

今月は転職活動をするのにバッチリなタイミングです。なぜなら、日本の会社は4月を年度始まりとしている企業が多く、10月は下期の始まりになります。

そのため、10月は会社の経営方針に沿って「中途採用でどんな人材が必要か」が明確になっています。

つまり10月は企業が中途採用に熱心な時期ということです。

実際にぼくが利用した転職サイトでオススメなのが『第二新卒エージェントneo』と『DYM就職』です。

ぼくは東京に暮らしているので一番やくに立ったのが『第二新卒エージェントneo』でした。

東京以外にお住まいの方におすすめなのは『DYM就職』です。DYM就職は、全国に対応した転職サイトです。

『第二新卒エージェントneo』『DYM就職』は求人サイトでは見ることができない“非公開求人”もあります。

転職を考えている方はもちろん、今は転職できない方も登録だけしておいて最新の情報を見逃さないようにしておくことをオススメします。

第二新卒エージェントneo


スタッフは全員第二新卒。

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る!

取引企業は約1万社

DYM就職

求人は全国32箇所に対応

正社員求人100%

書類選考なしなので履歴書で落ちない

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です