都道府県別の転職サイト

《47都道府県別》ニート・フリーターの転職に強いサイト一覧【厳選】

ともや

地方に住んでいると、転職サイトを使っても満足のいくサポートを受けられないことがあります。

ここでは、都道県別におすすめの転職サイトを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

《都道府県別》給料、求人倍率、おすすめ転職サイト

このページでは、都道県別に以下の3つの情報をまとめています。

①給料

②求人倍率

③おすすめ転職サイト

なお、平均年収のデータに関しては、厚生労働省の発表している令和2年賃金構造基本統計調査を参考にさせていただきました。

全国計(307.7万円)よりも賃金が高かったのは5都府県(東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府)となっており、最も高かったのは、東京都(373.6 千円)となっています。

2023年1月29日

ニート・フリーター転職の最新情報 

12月の転職はチャンスです。なぜなら年末に向けて仕事が忙しくなり転職活動に使える時間が短くなるからです。

さらに12月は人事異動が終わるタイミングなので、人間関係も構築しやすいメリットがあります。

ぜひこの機会に転職活動をスタートさせることをオススメします。

ちなみにボクが実際に利用した就職支援サービスは『JAIC(ジェイック)』と『第二新卒エージェントneoです。

『JAIC(ジェイック)』では書類選考なしで優良企業と面談ができる合同説明会が定期的に開催されており、『第二新卒エージェントneo』では担当者が手厚いサポートをしてくれます。

元ニート・フリーターのクズ人間のボクでも就職成功させることができたのは、間違いなくJAIC(ジェイック)』と『第二新卒エージェントneo』のおかげです。


JAIC(ジェイック)
就職支援のJAIC(ジェイック)全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者

正社員求人100%

両学長がオススメしたエージェント。



第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo スタッフは全員第二新卒。

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る!

取引企業は約1万社




北海道・東北エリア(札幌、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)の平均年収

都道府県名平均年収
北海道272.8万円
青森県240.5万円
岩手県245.9万円
宮城県281.9万円
秋田県246.7万円
山形県251.9万円
福島県267.3万円

北海道・東北エリアで最も平均年収が高いのは宮城県の281,9万円という結果でした。

一方、平均年収が低いのはの240.5万円で青森県という結果でした。

しっかりと計画を立てて転職活動をすれば、平均年収を下回る可能性は低いのでぜひチェックしてみてください。

関東エリア(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)

都道府県名平均年収
東京都373.6万円
神奈川県335.2万円
千葉県302.0万円
埼玉県301.5万円
茨城県301.0万円
栃木県291.5万円
群馬県286.2万円

関東エリアの年収は高いです。

最も高いのが東京都で373.6万円となっています。

そのほかの地域も東京に次いで、神奈川県、千葉県、埼玉県といった具合に高年収エリアになっています。

ただし、都内は家賃が高いです。

ですので、家賃の低いエリアで暮らしつつ、都内で働くという戦略がおすすめです。

甲信越・北陸エリア(山梨、長野、新潟、富山、石川、福井)

都道府県名平均年収
山梨県287.4万円
長野県283.5万円
新潟県259.4万円
富山県287.9万円
石川県285.2万円
福井県274.2万円

甲信越・北陸エリアは地域によって平均年収のバラツキがあります。

最も平均年収が高いエリアは山梨県の287.4万円ですが、最も低いエリアは新潟県で259.4万円という結果です。

そのため、甲信越・北陸エリアで転職活動をする際は、エリアによって平均年収が大きく変わってしまうことを頭にいれておきましょう。

東海エリア(愛知、岐阜、三重、静岡)

愛知県314.1万円
岐阜県289.1万円
三重県294.4万円
静岡県290.4万円

東海エリアは平均年収が高いエリアの1つです。

『どんな職種の平均年収が高いのか?』を考えながら転職活動をすることでさらなる年収アップが期待できます。

関西エリア(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)

都道府県名平均年収
大阪府320.4万円
兵庫県301.5万円
京都府310.8万円
滋賀県301.5万円
奈良県296.0万円
和歌山県277.6万円

関西エリアの平均年収は高めです。

最も高いのが、大阪府の320.4万円となっており、最も低い和歌山県が277.6万円となっています。

転職活動をする際は、『どの職種の平均年収が高いのか』を意識することで、さらなる年収アップを期待できます。

中国・四国エリア(広島、岡山、鳥取、島根、山口、香川、徳島、愛媛、高知)

都道府県名平均年収
広島県294.5万円
岡山県277.4万円
鳥取県257.9万円
島根県257.3万円
山口県279.7万円
香川県281.5万円
徳島県270.3万円
愛媛県260.5万円
高知県254.5万円

中国・四国エリアは地域によって平均年収のバラツキがあります。

最も平均年収が高いエリアは13位の山口県の391万円ですが、最も低いエリアは36位の高知県で370万円という結果です。

そのため、中国・四国エリアで転職活動をする際は、エリアによって平均年収が大きく変わってしまうことを頭にいれておく必要があります。

九州・沖縄エリア(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

都道府県名平均年収
福岡県282.9万円
佐賀県255.0万円
長崎県255.2万円
熊本県262.4万円
大分県262.1万円
宮崎県248.5万円
鹿児島県256.3万円
沖縄県252.5万円

九州・沖縄エリアの平均年収は低めです。

最も低いのは46位の沖縄県で348万円という結果です。

どうすれば平均年収をアップさせることができるのか、確認しながら転職活動することが大切になるでしょう。

ABOUT ME
ともや
ともや
社会不適合者ブロガー
北海道出身の20代。
大卒フリーター▶︎警察官(適応障害になり2年で退職)
1年間引きこもりニート▶︎元ホームレス▶︎ネットカフェ難民▶︎転職5回(短期離職3回)▶︎面接20連敗
ブログが恋人❤︎
47都道府県別

エリア別おすすめ転職サイト

記事URLをコピーしました