ニート・フリーター時代

【20代】転職しまくり転職回数5回になった男の末路【なんとかなる】

相談者
相談者

20代で転職しまくり、気がついたら転職回数が5回になってしまった。

そのせいで次の就職先が決まらない。

自分はどんな末路を辿ってしまうんだろう。もう人生オワコンかな??

過去のぼくはこのように悩んでいました。

ともや
ともや

はじめまして、ともやです。

この記事を書いているボクは26歳で既に5回の転職をしてきた社会不適合者ですが、現在は正社員として働くことができています。

ですので、この記事の結論を先に申し上げると、”20代で転職をしまくっても転職することは可能”ということになります。

本記事では、”20代で転職をしまくっても転職することは可能である理由”をボクの実体験をまじえつつ解説していきます。

この記事を読むことで、20代で転職をしまくってもなんとかなる理由を知ることができます。

もしあなたが20代で転職をしまくっており、今後のキャリアに不安を抱えているのなら、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

この記事を読み終えるころ、あなたは転職を成功させるためのノウハウを手に入れることができるでしょう。

もくじ
  1. 20代転職しまくり転職回数5回になった男の末路
    1. 20社から不採用になる
  2. 転職しまくりの20代でも就職できる理由
    1. 理由①:2019年転職者数が過去最高の約351万人
    2. 理由②某ウイルスのおかげで転職する言い訳がしやすくなった
    3. 理由③少子高齢化による労働力不足
    4. 理由④20代はポテンシャル採用をしてもらえる
  3. 20代で転職しまくり失敗する人の特徴3つ
    1. 特徴①:失敗を他人のせいにする
    2. 特徴②:理想が高い
    3. 特徴③:とりあえず内定をもらった会社に入社しがち
  4. 20代で転職をしまくっても大丈夫な人の特徴
    1. 特徴①:メタ認知能力が高い
    2. 特徴②:転職回数を気にしない会社を受けている
    3. 特徴③:コミュ力・チャレンジ精神が高くて、社会常識がある
  5. 転職しまくりの人生に終止符を打つには?
    1. ①ずっと求人が出ている会社
    2. ②『やりがい』『情熱』『チームワーク』などをアピる会社
    3. ③面接官が疲れている
    4. ④経歴への質問がほとんどない
    5. ⑤定時が過ぎても会社の電気がついている
  6. 転職しまくりの20代でも転職できた理由
    1. 【朗報】転職者の70%が転職準備をしていない
  7. 20代で転職しまくりの人が内定をもらうには?【4ステップで解説する】
    1. ステップ①:転職理由をポジティブな内容にする
    2. ステップ②:もう転職しまくらない意志を見せる
    3. ステップ③:面接で逆質問を5個以上する
    4. ステップ④:即戦力であることをアピールする
  8. 転職しまくり20代のボクが就職成功できたワケとは?
    1. 転職エージェントのサポートを受ける
  9. 参考:ボクが使った転職エージェント

20代転職しまくり転職回数5回になった男の末路

【結論】転職しまくり、20代で転職回数5回になった男の末路

スミマセン、まず初めに自分語りをさせてください。

ボクは20代で転職をしまくったら20社から不採用になりました。

20社から不採用になる

冒頭にも言ったとおり、ぼくは転職をしまくった結果、20社から不採用になりました。

不採用になった理由は、20代(25歳)で転職回数が5回だったからです。

じっさい、厚生労働省が発表している『平成 26 年版 労働経済の分析』によると20代で”2回以上”の転職をしている人はかなり少ないみたいです。

下記の統計を見たカンジだと、転職回数は多くても2回くらいです。

男性の転職回数
女性の転職回数

なので、採用担当者からすると、転職しまっている人間は『採用してもすぐに辞めるんじゃないか?』と不安になるのです。

それに、採用担当者は、ヘンなヤツを採用したら上司から怒られてしまいます。

じっさい、あなたが採用担当者だとして、転職しまくっている20代を採用したいと思うでしょうか?

思わないですよね・・・。

以上の理由から、20代で転職をしまくると、就職が決まりにくくなります。

相談者
相談者

じゃあ20代(25歳)で転職回数5回目だと、一生フリーターなの?

もう就職できないの?

と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

じっさい、転職しまくりのボクですが2022年6月27日現在、正社員として働いています。

なので、少なくともボクより転職回数が少ない人は就職することが可能です。

では、20代で転職をしまくったボクが、どうして就職を成功させることができたのか、その理由を以下の内容で説明していきますね。

転職しまくりの20代でも就職できる理由

転職しまくりの20代でも就職できる理由

先ほどお伝えしたとおり、20代で転職しまくると、採用担当者から『採用してもすぐ辞める人間』と思われてしまいます。

そのため、転職をしまくる20代は就職が決まりにくくなります。

ですが、それは昔の話です。

令和になってからは、転職が当たり前の時代になりつつあるため、転職しまくりの20代でも正社員になることができます。

この詳しい理由を、この章で解説していきます。

理由①:2019年転職者数が過去最高の約351万人

厚労省が発表したデータによると、2019年に転職した人は約351万人となっています。

転職者数は年々増加している

2020年はコロナの影響で転職者数が減っているものの、過去10年間でみると転職者数が右肩上がりで増加していることがわかります。

もちろん、これからコロナがどうなるかわからないので、むやみに転職をオススメするわけではありません。

しかし、あなたのお父さん・お母さんの時代とはちがい、今は転職が当たり前の時代になりつつあるのは確実です。

なので、転職をしまくっていても負い目を感じることはありませんし、就職活動で不利になる可能性はかなり低いです。

ともや
ともや
何度も言いますが、ボクは26歳で5回の転職をしていますからね。

理由②某ウイルスのおかげで転職する言い訳がしやすくなった

20代で転職しまくりのボクでしたが、某ウイルスのおかげで転職する言い訳をつくることができました。

もちろん、某ウイルスのせいで大変な思いをしている人がいるので、手放しで喜べることではありません。

しかし『ウイルスが流行して、会社の業績が悪くなりクビになった』などの言い訳をすれば、ネガティブな印象を与えずに済みます。

逆に、『前の会社の、人間関係がイヤだったから転職します』などの言い訳だと、ネガティブな印象を与えてしまいますよね。

ともや
ともや
じっさい、ボクが5回目の転職をしたときはコロナが流行していましたが、上記の言い訳を使うことでスムーズに転職することができました。

理由③少子高齢化による労働力不足

総務省統計局によると日本の人口は去年とくらべて51万人減少しているとのこと。(2021年9月15日時点の調査)

一方で、65歳以上の高齢者は22万人増加し、過去最多となっています。

この結果、日本は29.1%が65歳以上の高齢者となりました。つまり今の日本は”約3人に1人”が65歳以上の高齢者ということです。

この数字は世界1位となっており、詳しいランキングは以下のとおりです。

高齢者の割合が高い国TOP4
  1. 日本(29.1%)
  2. イタリア(23.6%)
  3. ポルトガル(23.1%)
  4. フィンランド(23.0%)

以上のことからわかるように、日本は少子高齢化が世界でいちばん進んでいる国です。

つまり、”日本は若い人の労働力が不足している”と言いかえることもできます。

ですので、転職をしまくっているボクのような人間でも、日本なら正社員になれるというワケです。

理由④20代はポテンシャル採用をしてもらえる

平成29年版「職業構造基本調査」にこんなデータがあります。

(年齢別)非正規から正社員になった割合
  • 15〜19歳 =29.9%
  • 20〜24歳 =32.7%
  • 25〜29歳 =25.5%
  • 30〜34歳 =18.1%
  • 35〜39歳 =15.5%

下のグラフは上記の数字をデータ化したものです。

年代別の非正規から正社員になった割合

このグラフを見ると、正社員になることができるピークの年齢は10代〜20代だとわかります。

もちろん、30代からでも正社員転職をすることは可能ですが、このデータでは30代の就職成功率は20%を切っており、かなりキビシイ状況だとわかるはずです。

実際、ボクが5回も転職できたのは、20代という年齢だったからです。

もし30代になってから『20代の時のように転職をしろ』と言われても、絶対にできません。

以上のことから、転職をしまくると再就職が不利になるのは事実ですが、20代ならいくらでもやり直すことが可能だと断言します。

20代で転職しまくり失敗する人の特徴3つ

20代で転職しまくり失敗する人の特徴3つ

ここまでは20代で転職しまくりの人でも、再就職できる理由について解説しました。

とはいえ、日本では転職回数が多くなるほど再就職しずらくなります。なので、できるだけ少ない転職回数で、良い職場に出会う必要があります。

そこで、この章では20代で転職しまくり失敗する人の特徴について解説します。

これから紹介する特徴に当てはまっていないかチェックすることで、転職の失敗を防ぐことができるでしょう。

特徴①:失敗を他人のせいにする

例えば『残業が多い』『同僚・上司がバカ』など、自分の仕事がうまくいかない理由を他人のせいにしてしまう人は、いつまでたっても転職をしまくるので失敗します。

もちろん、本当に上司がバカで、ムダな残業が多い会社もあります。

しかし、どれだけバカな上司で残業が多い会社でも、そこに入社すると決めたのはあなた自身ですし、毎日出勤すると決めているのもあなたです。

なので、自分の失敗を他人のせいにするのではなく、今の職場を選んでしまった自分の選択を反省すべきです。

反省することで、職場を選ぶときに同じミスをせずに済みます。

特徴②:理想が高い

断言しますが、この世界にカンペキな職場は存在しません。

なぜなら、給料が高い会社はハードワークで、高いスキルを求められるため、休日でも勉強をする必要があるからです。じっさいボクの友人のエンジニアは、土日も勉強をしています。

その他にも、やりがいのある仕事でも人間関係がビミョーだったり、転勤があったりします。

逆に、人間関係はサイコーでも、仕事にやりがいを感じないパターンもあります。

もちろん、あなたの理想の職場を見つけることは可能です。しかし、かなりの時間がかかりますし、確率が低いです。

しかも、最終的には見つからない可能性すらあります。

これは例えるなら、理想の結婚相手を探しつづけて婚期を逃すようなものです。

理想の結婚相手を探すのは良いですが、どんな美人・イケメンでもいつかは結婚相手に妥協しなくてはいけないタイミングがきます。なぜなら、どんな美人・イケメンでも歳をとって老化するからです。

これと同じように、仕事さがしも、どこかで妥協するべきタイミングが必ずきます。

30代になっても『理想の職場があるはず』なんて考えていたら、転職がキビシイ年齢になり、ブラック企業にしか入社できない、、、なんてことになりかねません。

なので、理想の職場を探すのは良いですが、『◯日までに見つけられなかったら諦める』など、期間を決めるようにしましょう。

特徴③:とりあえず内定をもらった会社に入社しがち

たとえば、”とりあえず内定をもらった会社に入社する”というスタンスで転職活動をする人は、転職をしまくります。

なぜなら、転職する理由があいまいだからです。

じっさい、ボクが転職をしまくった理由がコレでして、いざ入社してみると仕事が合わないことに気がつく、というパターンを5回くり返しました。

ですので、これから転職をしようと思っているあなたは、

  • 希望年収
  • 希望の職種・業界
  • 自分の強みと弱み

最低でもこの3つのポイントだけハッキリさせておきましょう。

例えば、ボクの場合だと以下のような感じです。

  • 希望年収:300万円〜
  • 希望の職種・業界:営業職あるいは事務職
  • 自分の強みと弱み:コツコツと物事を継続できる。コミュ障。

といった感じです。ぼんやりでも自分の希望をハッキリさせておくことで、転職しまくるリスクを減らすことができます。

20代で転職をしまくっても大丈夫な人の特徴

20代で転職をしまくっても大丈夫な人の特徴

ここまでは20代で転職をしまくって失敗する3つのパターンを解説しましたが、転職しまくることで充実した人生を送ることができるパターンもあります。

というわけで、この章では20代で転職をしまくりでも大丈夫な人について解説していきます。

この章を読むことで、転職成功率をアップさせることができるはずです。

特徴①:メタ認知能力が高い

『メタ認知能力』とは、自分を客観的に見る力のことです。

たとえばイライラしているとき、感情に任せて行動してしまう人はメタ認知能力が低いです。

このメタ認知能力が高いと、自分の経歴、強み・弱み』を冷静に分析することができるため、転職先に高望みしなくなります。

わかりやすくいうと、ブサイクなのに芸能人と付き合おうとするようなムチャをしなくなるということです。

このように、メタ認知能力が高い人は自分の実力にあった企業の選考を受けるため転職成功率が高いです。

特徴②:転職回数を気にしない会社を受けている

厚生労働省の調査(フリーターであったことへの評価)によると、70%の企業がフリーターという経歴を気にしていません。

つまり、転職回数が多く、フリーター期間のある人でも就職しやすい企業がたくさんあるということです。

例えば、中小企業は転職回数が多い人でも入社しやすいです。

ともや
ともや
じっさいボクが今はたらいている会社も中小企業(従業員60名ほど)です。

中小企業とは反対に、大企業は転職回数が多いことをマイナスに評価するので、就職しにくいです。

以上のことから、転職しまくりの人は、大企業ではなく中小企業をメインに選考を受けると成功確率をアップさせることができるでしょう。

特徴③:コミュ力・チャレンジ精神が高くて、社会常識がある

厚生労働省の調査(正社員の採用選考にあたり重視した点)によると『企業がフリーター採用時に重視しているポイント』は以下のとおりです。

企業が中途採用に求めるモノ
  1. 学歴・経歴:23.1%
  2. 職業意識・就労意欲・チャレンジ精神:76%
  3. 柔軟な発想:17.7%
  4. マナー・社会常識:60.1%
  5. 組織への適応性:47.8%
  6. 業務に役立つスキル:35.9%
  7. 業務経験:40.6%
  8. コミュニケーション能力:62.9%
  9. 従順さ:17.6%
  10. 体力・ストレス耐性:31%
  11. その他:4.4%
  12. 採用選考をしていない:3%
  13. 不明:3.0%

上記のようになっており、

  1. 職業意識・就労意欲・チャレンジ精神:76%
  2. コミュニケーション能力:62.9%
  3. マナー・社会常識:60.1%

がトップ3となっています。

ぶっちゃけ『こんな人材だったら転職しまくってねえよ』ってカンジですが、企業はこのような人材を求めているようです。

とはいえ、この記事を書いているボクはコミュ障ですし、マナーも社会常識もありません。ですが、5回の転職を成功させることができました。

なので、もしあなたが、現時点で上記の特徴をもっていなくても気にする必要はありません。

なぜなら、しつこいようですが、ボクのような転職しまくり(5回)の人間でも転職を成功させることができたからです。

※ボクが転職できた理由は本記事の後半でお伝えしていきます。

転職しまくりの人生に終止符を打つには?

転職しまくりの人生に終止符を打つには?

結論:ブラック企業に入社しないことです。

とはいえ、ブラック企業を見抜ければ苦労しないですよね。

じっさい、ボクは求人票に騙されてブラック企業に入社し、わずが2ヶ月で退職した経験があります。

ですが、この経験のおかげでブラック企業を見抜くスキルを手に入れることができました。

というわけで、この章ではブラック企業を見抜く方法をお伝えしていきます。

①ずっと求人が出ている会社

求人サイトや転職エージェントにいつも求人を出している企業はブラック企業の可能性が高いです。

なぜなら、入社した人間がすぐ辞めてしまうため、ずっと求人を出していることが多いからです。

もちろん、業績が良くてずっと求人を出している場合もありますが、レアケースです。

なので、求人サイトや転職エージェントにいつも求人を出している企業は避けておきましょkk。

また、『就職四季報』では”3年後離職率”という数字を見ることができるのですが、この数字が30%よりも高い場合はブラック企業である可能性が高いです。

なぜなら、大卒の3年後離職率の平均が30%だからです。

ですので、余裕があれば『就職四季報』を読んで、3年後離職率を調べておくと良いでしょう。

②『やりがい』『情熱』『チームワーク』などをアピる会社

『やりがい』『情熱』『チームワーク』などをアピールする会社はブラック企業の可能性が高いです。

なぜなら、具体的な福利厚生や仕事内容のアピールができないので、このような精神論しか言えないからです。

③面接官が疲れている

ともや
ともや
過去にボクが入社したブラック企業の採用担当は、目のクマがすごくて『この人寝てるのか?』って感じでした。

もちろん、もともとの顔にクマがあるタイプの人なのかもですが、働いている人の雰囲気や顔色は要チェックです。

面接は、僕たちが会社を見極めるシーンでもあるということを忘れてはいけません。

この他にも、会社に訪問したときは以下のポイントを確認しておくと良いです。

  • 会社の雰囲気は明るいか
  • すれ違ったときの挨拶の有無
  • 社員の服装や髪型はどうか
  • 自分に似ている人はいるか

これらのポイントを確認しておけば、ブラック企業に入社するリスクは減らせます。

ともや
ともや
例えば、あなたが大人しいタイプなのに、社員の髪色が明るかったり、服装が派手ならば、その職場はあなたに合っていない可能性が高いです。

④経歴への質問がほとんどない

ともや
ともや
転職しまくりの人からすると、経歴への質問がなかったら『ラッキー』と思うかもですが、実はブラック企業のサインです。

なぜかというと、『経歴とかどうでもいいから、とにかく人が欲しい』と、考えている可能性が高いからです。

これを恋愛で例えるなら、ヤリチンが”誰でもいいからヤリたい”と考えているのと同じです。

ちゃんとした会社であれば、あなたの経歴をきちんと質問します。恋愛でも長く付き合いたいと思う相手は大切に扱いますよね。

なので、経歴への質問が少ない会社へ入社するのはやめておきましょう。

⑤定時が過ぎても会社の電気がついている

定時を過ぎているのに電気がついている会社は、残業が多い可能性が高いです。

なので、平日に会社の近くまで行ってみて、会社の電気がついているなら、入社するのはやめておきましょう。

もちろん、たまたま残業をしていたり、会社で雑談をしているケースもあるので、何度か様子をみてみると良いです。

具体的には、定時を2時間すぎても電気がついているなら、残業が多い会社である可能性が高いです。

転職しまくりの20代でも転職できた理由

転職しまくりの20代(25歳)でも転職できた理由

結論;しっかりと転職準備をしたからです。

相談者
相談者
当たり前のこと言ってんじゃねえよ。

と思うかもですが、あなたは転職をするときにキチンと準備をしているでしょうか?

もし、この答えにYESと言えないのであれば、あなたはこれからも転職しまくりの人生を歩むことになります。

【朗報】転職者の70%が転職準備をしていない

厚生労働省が令和3年11月8日に発表した令和2年転職者実態調査の概況によると、転職するときに準備をしていたか?という質問に対し66.1%が『特に何もしていない』と答えたんだそう。

つまり、転職の準備さえすれば上位30%に入れるということです。

じっさい、転職しまくりのボクが5回も転職できたのはしっかりと準備をしてきたからです。

なので、どれだけ転職をしまくろうが、しっかりと準備をすれば正社員になることは可能です。

とはいえ、転職なんて何度もするものではないので、準備の方法なんてわからないという人も多いはず。

というわけで、以下の内容で20代で転職しまくりの人が内定をもらうための方法について解説していきます。

20代で転職しまくりの人が内定をもらうには?【4ステップで解説する】

20代で転職しまくりの人が内定をもらうには?【4ステップで解説する】

何度も言いますが、20代で転職をしまくると内定をもらいにくくなります。

そのため、転職しまくりの人が転職活動をするときは、普通の人と同じ方法でアピールしても内定をもらうことができません。

というわけで、以下の内容で転職しまくりの20代が内定をもらう手順を4ステップで説明していきます。

ステップ①:転職理由をポジティブな内容にする

転職理由はポジティブな内容にしましょう。

なぜなら、前の会社のグチや悪いところを面接で話すと、面接官に『うちに入社したあとも同じこと言いそうだな…』というイメージを与えてしまうからです。

たとえば、恋愛で前に付き合っていた人のグチばかり話す異性とは付き合いたくないですよね?

面接もこれと同じです。なので、ネガティブな転職理由は以下のように変換しましょう。

  • 前職で得たスキルを他社で活かしたい
  • 業界について勉強して知見を深めたい
  • 色々な職種を経験し、経験を積みたたい

こんなカンジですね。このように転職しまくっている理由を前向きに話せば、面接官からのイメージも良くなり、内定をもらえる可能性をグッとアップさせることができますよ。

ステップ②:もう転職しまくらない意志を見せる

ステップ①で転職しまっている理由を前向きに説明できたら、ステップ②では『これが最後の転職です』とハッキリと伝えましょう。

なぜなら、企業は人を採用すると数100万円のコストをかけているため、すぐに退職されると赤字になってしまうからです。

ですので、面接で『転職回数が多いけど大丈夫ですか?』と聞かれたら、自信がなくても『大丈夫です』と即答しましょう。

ここで自信なさげに答えてしまうと、面接官を不安にさせてしまうので選考に通りにくくなります。

だから、ハッタリでも良いので自信ありげに回答するようにしましょう。

ステップ③:面接で逆質問を5個以上する

ステップ②で、これが最後の転職であることをアピールできたら、次は逆質問をします。

逆質問とは、『何か質問ありますか?』という問いに対して、こちらから質問をすることです。

ともや
ともや
この逆質問で『特にありません』と答えてしまうと、ほぼ確実に不採用になります。

ですので『何か質問ありますか?』と聞かれたら、最低でも5個の質問をしましょう。

どのような質問をすれば良いのかというと、具体的には下記の3つのテンプレートをアレンジすればOKです。

  • 会社で活躍している人の特徴について
  • 会社の製品・サービスの特徴について
  • 会社の経営理念について

具体例をいくつか作ってみますね。

質問①

『御社で活躍するには休日でも勉強をする必要があると思うのですが、社員の方々は土日はどのように過ごしているのでしょうか?』

こんなカンジです。”自分の意見+質問”という形にすると、質問をつくりやすいです。

あるいは、”自分のスキル・実績+質問”という形の質問でも良いでしょう。

例えば以下のような感じです。

質問②

私は英語が得意なのですが、御社は今後海外への進出を考えておりますか?

こんな感じですね。事前に企業研究をしておき、最低でも5つ用意しておきましょう。

ステップ④:即戦力であることをアピールする

ステップ③に補足して即戦力であることをアピールできると、さらに好印象をアピールできます。

即戦力であることをアピールするには、受け答えをハキハキし、話し言葉をていねいにすると良いです。

とはいえ、受け答えをハキハキしたり、話し言葉をていねいにするのは自分の意識だけではどうにもならない部分が多いです。

何を隠そう、ボクはコミュ障なので面接がとてもニガテでした。

にもかかわらず転職を5回成功させることができたのは理由があります。最後にこの理由を解説して、本記事を終わりたいと思います。

転職しまくり20代のボクが就職成功できたワケとは?

転職しまくり20代のボクが就職成功できたワケとは?

上記では、転職しまくりの20代が内定をもらう方法として以下の4つを解説しました。

内定をもらう4ステップ
  • ステップ①:転職理由をポジティブな内容にする
  • ステップ②:もう転職しまくらない意志を見せる
  • ステップ③:面接で逆質問を5個以上する
  • ステップ④:即戦力であることをアピールする

しかし、言われてすぐ実践できるなら、誰も苦労しないですよね。

何を隠そう、ボクもそうでした。面接にニガテ意識がありコミュ力もないので、5回目の転職活動では20社から不採用になりました。

この章では、こんなボクでも内定をもらうことができた理由について解説します。

転職エージェントのサポートを受ける

結論:転職しまくりのボクが転職を成功させることができたのは、転職エージェントを使ったからです。

なぜ転職サイトでもハローワークでもなく転職エージェントなのかというと、サポートの質が高いからです。

というのも、転職エージェントはボクたちを就職させなければ報酬をもらうことができないんビジネスモデルになっています。

転職エージェントのビジネスモデルを、わかりやすく図にすると以下のようなイメージです。

転職エージェントのビジネスモデル(クリックで拡大)

 

ようするに、転職エージェントはボクたちを就職させなければ、潰れます。そのため、転職サイトやハローワークよりも親身にサポートしてくれるというワケです。

ですので、転職活動に不安があり、サポートを受けたいと人は転職エージェントを使ってみると良いですよ。

転職しまくり(5回目)のボクでも転職エージェントを使って転職できたので、ボクより転職回数が少ない人はきっと大丈夫ですよ。応援しています。

参考:ボクが使った転職エージェント

参考:ボクが使った転職エージェント

日本には約17,000の転職エージェントがあると言われています。

ですので、どのエージェントを使えばいいのか迷っているうちに、時間をムダにしてしまうリスクがあります。

転職活動では、良い企業ほどすぐ定員が埋まってしまうため、なるべく早くスタートダッシュを切るのが成功のコツです。

なので、どの転職エージェントを使おうか迷っている時間はムダです。

そこで最後に、ボクが実際に利用してオススメできる転職エージェントを3つ紹介するので、参考にしてみてください。

ボクが使ったエージェントでオススメなのは

この3つです。

この3つのエージェントは、ボクのように転職しまくりの人間でも親身にサポートしてくれました。

なので、もしあなたが転職活動につまずいているのであれば、これら3つのエージェントのサポートを受けてみることをオススメします。

転職活動は大変で苦しいですが、365日あるうちの数日頑張るだけです。

だから、くじけずに頑張ってくださいね。ボクは転職しまくり代表としてあなたのチャレンジを応援しています。

ともや
ともや
それでは以上で今回の内容を終わります。
この記事があなたのお役に立てたら嬉しいです。
はなちゃん
はなちゃん
この記事を読んでくれたあなたの人生に幸あれ!
この記事で紹介したリンクまとめ

第二新卒エージェントneoスタッフが訪問済みの企業のみを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

初回の面談を最大2時間してくれる充実のサポートが売りであり、1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

 

JAIC(ジェイック)全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、現在人気急上昇の優良転職サイトです。

 

ウズキャリ第二新卒:日本で唯一キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒。

エントリーや入社を強要するような行為は一切ナシ!

離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設けており、全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認している。

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

リクルートが運営するフリーター向けサービス!

就職shpは『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染み、 リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。

《書類選考なし 》人柄や意欲を評価する企業が集まっているため、履歴書で落とされることはありません。 営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数!

おすすめ度
名前就職Shop
ポイント《書類選考なし》履歴書で落とされることはありません。 学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。
対応エリア関東・関西(地方在住でもZOOMやSkypeで対応可能)
ともやからコメント利用者の4人に3人は正社員未経験!企業は100%取材しており職場の雰囲気や具体的な働き方などを知ったうえで就職可能!

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。