お悩み相談

やばい、短期離職して人生詰んだ…。と思った人へ【解決策アリ】

 

やばい、短期離職してしまった…。

次の仕事を探そうとしているけど、面接官にどう説明したらいいんだろう…。

短期離職をすると面接で必ずツッコまれます。

何を隠そう、この記事を書いている僕が26歳にして2度の短期離職(3ヶ月以内に辞める)を繰り返してきたからです。

こんな僕ですが、今は定時上がりのホワイト企業に転職を成功させています。

今回は僕の実体験をもとに、短期離職をしてしまった人に向けて転職を成功させる方法をお伝えしていきます。

この記事を書いた人

ともや

公務員として約2年勤務するも適応障害で退職し1年間引きこもりを経験。 ニート,フリーター,契約社員,派遣。

すべての業種を経験。 これまでに転職5回経験したが、転職エージェントのおかげで念願のホワイト企業へ転職を成功させた。

【2021年12月8日現在】このサイトからの転職成功者は二桁を超えており、アクセス数は1万を超える。

この記事を読むことで、

短期離職をしてしまったときの解決策を手に入れることができます。

やばい、短期離職して人生詰んだ…。と思った人への解決策とは?

短期離職をしてしまった人への解決策は以下のとおりです。

短期離職をしてしまった人への解決策

短期離職をしてしまった理由を『前向きな理由』にする。

短期離職をしてしまった理由を『他人のせい』にしない。

短期離職を『もう繰り返さない』と思われる根拠を伝える。

この3ステップに沿えば、面接官に短期離職をした理由をツッコまれても大丈夫です。

それでは、この3つのステップについてもう少し具体的に解説していきますね。

短期離職をしてしまった理由を『前向きな理由』にする。

短期離職をしたあなたは、おそらく前の会社に対してネガティブな気持ちがあったのでしょう。

ですが、面接の場面でネガティブな退職理由を伝えたら、その時点で不採用になると思ってください。

なぜなら、ネガティブな人間と一緒に働きたいとおもうような変態はごく少数の人間だからです。

とはいえ、ネガティブな退職理由をポジティブに変換するのは難しいですよね。

というわけで、実際の例を紹介するので、こちらを参考にして退職理由をネガティブからポジティブに変換してみてください。

例:人間関係が悪い職場だった

『人間関係が悪い職場だった』というありがちな退職理由ですが、以下のように変換することができます。

・社内の連携を強めて働きたい。

・皆で協力して会社を成長させたい。

これを踏まえて、例文をつくってみます。

退職理由

前の会社では個人の成果が重視されていたので、個人での行動が多かったです。ですが、私はチームの中で連携を取りながら仕事をすすめるのが得意です。

仕事を続けるにつれて、チームで協力して仕事をしたいという気持ちが日に日に強くなっていったため、今回退職を決意しました。

短期離職をしてしまった理由を『他人のせい』にしない。

短期離職をしてしまった理由を『他人のせい』にしてしまうと、企業の採用担当は『このひとうちに入社しても同じことを言いそうだな…』と思います。

もちろん、退職した原因としては、あなた自身はぜんぜん悪くなくて、むしろ相手から一方的な嫌がらせや、パワハラまがいのことをされたということもあるでしょう。

ですが、面接では本当のことを言う必要はありません。

面接はあくまでも自分をよく見せる場所です。なので、自分から不利になるようなことを言う必要はありません。

話を盛りすぎるのはよくありませんが、バカ正直になんでも話すこともよくありません。

面接は相手に自分を売り込む場所であることを忘れないようにしましょうね。

短期離職を『もう繰り返さない』と思われる根拠を伝える。

企業はあなたを採用すると100万円ほどの費用が発生すると言われています。

ですので、採用したあとすぐに辞められてしまうと、100万円分の赤字が発生してしまいます。

そのため、短期離職を『もう繰り返さない』と相手に思わせる文章を考える必要があります。

短期離職を『もう繰り返さない』と相手に思わせる文章を作るためには下記の3ステップで文章を考えると良いです。

①短期離職した原因を理解する。

②原因を解決する方法を理解する。

③過去の失敗を生かし、もう二度と同じ失敗をしないことを伝える。

この3つの手順に沿って文章を作ることで、『短期離職をもうしない』と相手に伝えやすくなります。

では、例文を見てみましょう。

例文

私が短期離職をしてしまった理由は『準備不足』です。

私は就職活動を早く終わらせたいと思うあまり、業界研究をあまりせずに就職活動をしておりました。なので、あまり深く考えず、とりあえず内定をもらった企業に入社を決めました。

当時の私は早く就職を決めてラクになりたいという気持ちから、ラクな道へと逃げていました。

この失敗を踏まえて、これからは、3年後、5年後、10年後と将来のことをしっかりと考えて人生の選択をしていくつもりです。

ホンネ;志望動機とか、退職理由とかゴチャゴチャ考えるのってダルいですよね。

ぶっちゃけ志望動機とか、退職理由を考えるのってダルいんですよね。

だから僕は転職エージェントを活用しました。

転職エージェントを使えば、履歴書や面接で聞かれやすい質問を教えてくれるので、転職活動がめちゃくちゃラクになります。

具体的な転職エージェントの名前を挙げさせてもらうと、第二新卒エージェントneoでは初回の面談を最大2時間してくれるので、安心して就職活動ができました。

他にもリクルートが運営する就職Shopだと、そもそも履歴書で落とされないので、短期離職をしていようが何も気にせずに就職活動をすることができました。

あと、すごく親身になって相談に乗ってくれるのはウズキャリ第二新卒ですね。

日本で唯一、キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒なので、僕たちの悩みに真剣に向き合ってくれます。もちろんエントリーや入社を強要するような行為は一切されないので、本当に良いエージェントだと思います。

とりあえず、短期離職をしてしまった人におすすめのエージェントは、いま紹介した3つです。参考までに。

まとめ

細かいことをゴチャゴチャ言ってきましたが、ザックリまとめると『短期離職をしても人生は積まない』ということです。

人間は生きていたら1度や2度ミスしたり、後悔するような出来事があるもんです。

大切なのは、1度や2度の失敗でへこたれずに、何度でも立ち上がることです。

失敗すれば傷つくし、立ち直れないくらい凹んだりしますけど、その失敗って、何年か経ったあとに振り返ってみたら、『良い思い出だったな』とか『あの経験があったから今がある』って思えたりします。

もちろん、今まさに苦しい状況にいる人は、今の苦しい状況を抜け出すことで精一杯だと思います。でも、出口のないトンネルがないのと一緒で、ツライことや苦しいことも永遠に続くわけではありません。

なので、今は苦しいかもですが、この苦しさはいつか報われるはずだと信じて、突き進んでください。

たった一度の失敗で終わるほど、人生は厳しくないです。

ともや
ともや
それでは以上で今回の内容を終わります。

この記事があなたの仕事選びの参考になったら嬉しいです。

はなちゃん
はなちゃん
この記事を読んでくれたあなたの就職活動を心から応援しています!!

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

最短1週間のスピード入社ができる!

DYM就職では、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。

経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。

スタッフがあなたとの個別相談で希望にマッチした求人を紹介してくれます。

おすすめ度
名前DYM就職
ポイント最短1週間でのスピード入社も可能です。
対応エリア全国
ともやからコメント経歴や学歴に不安があっても正社員になれるのはDYM転職ならでは

詳細ページ公式ページ

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です