『マジで仕事したくない』と感じる原因と解決策を徹底解説

『マジで仕事したくない』と感じる原因と解決策

仕事をしていると、『マジで仕事したくない』という気持ちになり、転職や休職、ズル休みしようと思う時ってありますよね。

でも働かないと食べていけないので「マジで仕事したくない」という感情だけで退職するわけにもいきません。

そんなことすると社会不適合者扱いされて、就職先が見つからなくなります。

ですが嫌な仕事を続けていると、ストレスで病気になり、最悪の場合死んでしまいます。

なので「マジで仕事したくない」と感じる原因を知り、対処することは自分の命を守ることにもつながります。

そこで本記事では「マジで仕事したくない」と感じる原因と対処法をまとめました。

「マジで仕事したくない」

「一生働きたくない」

このような感情を抱いている人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

『マジで仕事したくない』と感じる原因と解決策

『マジで仕事したくない』と感じる原因と解決策

「マジで仕事したくない」と感じる原因がわからないと、

「仕事に行きたくないのは甘え?」

「働きたくないのはクズだから?」

と自分を責めてしまう人もいます。

なので「マジで仕事したくない」と感じる理由を、理解しておくことは大切です。

理由がわかれば対処法がわかるので、今よりも気持ちが楽になるはずです。

というわけで「マジで仕事したくない」と感じる原因をチェックしていきましょう。

順番に解説していきます。

仕事で成長を感じられない

毎日同じことの繰り返しで、仕事内容もアルバイトができるようなことばかりだと、成長を実感できず、仕事へのモチベーションが下がるでしょう。

この場合は、上司に相談してもっと大きな仕事を任せてもらったり、部署異動を申し出てみると良いです。

それでも解決しなければ、転職をするのもアリです。

労働環境が悪い

仕事量が多い、残業が多い、昼休みもまともに取れないような職場だと、「仕事したくない」と思ってしまいますよね。

忙しいと体力を回復させることもできず、疲れがどんどん溜まってしまいます。最悪の場合はメンタルを病み、しばらく働けない身体になります。

この場合の解決策としては、

  • 休みを取る
  • 上司や先輩、同僚に相談する
  • 労基に相談する
  • 転職する

などがあります。

休みを取って、仕事から一時的に距離を置ければ、仕事へのモチベーションが回復するかもしれません。

あるいは上司や先輩、同僚に相談することで労働環境が改善するケースもあります。それでもダメなら、労基に相談してみましょう。

ここまでやってダメなら、転職を検討すべきです。

職場の人間関係が悪い

人間なら誰しも、苦手な人や合わないと感じる人はいますよね。

プライベートなら嫌いな人とは関わらなければいいですが、仕事だとそうはいきません。

とはいえ我慢して嫌な人との仕事を続けた結果、自分でも気付かないうちにストレスを溜め込むと「仕事したくない」と感じてしまうもの。

このような場合は、以下の解決策があります。

  • 人事部に相談
  • 転職を検討

人間関係の悪さが原因で転職する人は多いですが、転職は人事部に相談してからにしましょう。

人事部に相談すると、部署移動をさせてくれる場合があるので、わざわざリスクを取って転職しなくても済む場合があります。

人事部に相談しにくかったり、人事部がない会社は、上司など権力のある人へ相談してみると良いです。

それでも改善されない場合は、転職を検討してみましょう。

プライベートで悩みがある

「恋人と別れたばかり」

「夫婦仲が悪い」

「金銭トラブルを抱えている」

このような悩みを抱えていると、仕事に集中できず、モチベーションも下がりがちです。

普段しないようなミスもするので、上司から叱られ、ますますモチベーションが下がり「仕事したくない」と感じてしまいます。

このような場合は、以下の解決策があります。

  • 抱えている問題を整理する
  • 仕事に集中できる環境を作る

プライベートの問題をすぐ解決するのは難しいですが、「解決できる問題」と「そうでない問題」を区別すれば気持ちが楽になります。

例えば「恋人と別れた」という悩みは自分では解決できません。次の恋に進むか、時間が解決してくれるのを待つしかありません。

逆に「夫婦仲が悪い」といった問題は、自分の努力で解決できる問題です。

また、紙に感情を書き出す「エクスプレッシブライティング」もオススメです。紙に思っていることを書き出すことで、思考が整理され、仕事に集中しやすくなります。

身体の調子が悪い

不健康だと何をしても幸せを感じにくいです。

仕事も同じで、どれだけ楽しい仕事をしていても、体調が悪いと仕事に集中できず、楽しさを感じることができません。

風邪やケガのように、表面的に出る症状なら病院で治療できますが、睡眠不足やダルさは病院に行きにくく、放置してしまう人も多いです。

この場合の解決策は以下のとおりです。

  • 睡眠・食事・運動を見直す
  • 病院を受診する

まずは睡眠、食事、運動の3つを見直し、体調を整えます。それでも体調が悪いなら病院を受診することをオススメします。

身体の不調を放置すると、気付いた時には手遅れ…なんてことになりかねないので、なるべく早めに対処しておきましょう。

[jinr_fukidashi3]

健康第一だね!

[/speech_balloon]

仕事を適当に決めた

「なんとなく今の会社に入社した」という人は仕事に対するモチベーションが低くなりがちです。

この場合の解決策は以下のとおりです。

  • やりたいことを明確にする
  • 転職を検討する

適当に会社を選んでしまうと、転職先でも「働きたくない」と思ってしまい、また転職したくなります。

とはいえ、やりたいことは簡単には見つかりません。簡単に見つかったら全ての社会人が楽しそうに仕事しているはずです。

自分が本当にやりたいことを見つけるには、ポジウィルキャリアのようなキャリアコーチングを受講するのもオススメです。

または転職エージェントに転職相談するのも一つの手です。

いずれにせよ、自分のやりたいことが見つからない人は、自分に力だけで解決しようとせず、第三者の力を借りてみると良いですよ。

通勤時間がキツイ

通勤時間をストレスに感じる人も多いでしょう。

2011年にスウェーデンで発表された論文によると、旦那の通勤時間が45分を超える夫婦は離婚率が40%上昇したとされています。

他にもカリフォルニア州立大学の研究では、通勤時間が長いと肥満になりやすいという報告もあります。

この場合の解決策は以下のとおり。

  • いつもより早い電車に乗る
  • 通勤時間を有効活用する
  • 会社の近くに引っ越す
  • リモーワークできるようお願いする

通勤時間が苦痛なら、いつもよりも30分早い電車に乗って、好きな音楽を聴いたりゲームをすれば快適な通勤時間を過ごせます。

または会社の近くに引越しをして、通勤時間そのものを減らしたり、リモートワークができるようにお願いしてみるのも1つの手です。

【状況別】マジで仕事したくない人へのアドバイス

【状況別】マジで仕事したくない人へのアドバイス

「マジで仕事したくない」と思っても、人それぞれ状況が違います。

20代が「仕事したくない」と思うのと、50代が「仕事したくない」と思うのでは対処法が変わってきますよね。

そこでこの章では「マジで仕事したくない」と思っている方に向けて、状況別のアドバイスをまとめました。

【状況別】マジで仕事したくない人へのアドバイス

ニート/フリーター

ニート・フリーターで「マジで仕事したくない」と感じている人もいるでしょう。

今は親が生きているから、ちゃんと働かなくても生活できますが、親がいなくなったら生活できません。

なので親がいるうちに、就職活動を始めておくと良いです。

しかし「就職活動は何から始めたらいいのかわからない」と思う人がほとんどでしょう。

そのような方は、就職支援サービスに登録することをオススメします。

就職支援サービスでは、あなたの経歴や特性をヒアリングした上でオススメの求人を無料で紹介してくれます。

なので1人で就職活動するより効率的に求人を探すことができます。

実際に僕がニートだった時は、JAIC(ジェイック)第二新卒エージェントneoウズキャリ第二新卒の3つのサービスに登録して就職活動していました。

その結果、1ヶ月で5個の内定を獲得し、無事にニートを脱出できました。

  • 「ニート・フリーターから脱出したい」
  • 「就職活動で何をすれば良いのかわからない

という人は、ぜひ利用してみてください。

20代

20代は30-40代とは違い、未経験分野に挑戦しやすい年齢です。

そんな貴重な20代の時間を「マジで仕事したくない」と思いながら過ごすのはもったいないです。

だから20代で「マジで仕事したくない」という気持ちが強いなら、積極的に他社の求人をチェックすることをオススメします。

実際に転職するかは別として、他社の求人を見ることで多くの発見や学びがあるはずです。

とはいえ、働きながら他社の求人をチェックするのは大変なので、就職支援サービスを活用すると良いです。

第二新卒エージェントneoウズキャリ第二新卒なら、働きながらでも利用しやすいのでオススメですよ。

30代

30代は仕事にも慣れており、人よっては役職に就き、部下の育成やチームリーダーを任されている人もいるはず。

しかし

[jinr_simple_iconbox1]
  • 仕事量が増えるだけで、給料が上がらない
  • このまま今の職場でいいのか
[/jinr_simple_iconbox1]

など、今の仕事に対して不満やストレスを抱えている人も多いはず。

30代で「仕事したくない」と感じた場合、以下の行動をするのがオススメです。

  • 副業を始める
  • 「TOEIC」や「プログラミング」などのスキルを身につける
  • 転職エージェントに相談し、転職の準備をしておく

30代の転職は20代とは違い、スキルや実績が求められるため、上記のアクションを起こし、何かしらの実績を作ると良いです。

たとえば僕は現在28歳ですが、このブログきっかけで、企業から採用のお誘いを受けることも多いです。

また30代の転職は、未経験分野への転職が難しくなるので、計画的に転職活動する必要があります。

勢いや思いつきで転職するのではなく、エージェントに相談するなどし、計画的に転職活動しましょう。

30代の転職にオススメのエージェント

40代

40代は社会人経験も豊富で、仕事のやり方・コツも熟知しているでしょう。

しかしその分、仕事のストレスが大きいと感じている人も多いはず。

仕事だけでなく親の介護や子供の世話など、様々なストレスを抱えているのが40代の特徴です。

なので「仕事したくない」と感じる原因が、実はプライベートの悩みから来ている可能性があります。

なので時間をとって1人になれる時間を作り、自分の悩みと向き合ってみましょう。

それでも「仕事したくない」と感じるなら、転職を検討すべきですが、40代の転職は20-30代よりもハードルが高いです。

例えば40代の転職活動では、以下のような壁にぶつかることが考えられます。

[jinr_simple_iconbox1]
  • そもそも書類選考すら通らない
  • 年齢制限にひっかかって応募すらできない
[/jinr_simple_iconbox1]

また40代は勤続年数が長く、給料も高いので転職して給料が下がるリスクもあります。

なので安易に転職するのではなく、転職エージェントに相談するなどして、計画的に転職活動すべきです。

40代の転職にオススメのエージェント

マジで仕事したくない時のNG行動

マジで仕事したくない時にやってはいけないこと

ここでは「仕事したくない」と感じた時にやってはいけないNG行動を解説していきます。

気合いで乗り越えようとする

「仕事したくない」と思いながら仕事をし続けると、いつか身体や精神がぶっ壊れます。

たとえば僕は、20代前半まで警察官だったのですが、無理に働き続けた結果、うつ病になり、1年間休職せざるを得なくなりました。

うつ病になる前の僕は、以下のような症状が出ていましたが、気合いで出社し続けていました。

  • 出勤前の腹痛と吐き気
  • 仕事のことを考えると眠れなくなる
  • 軽い怪我をして仕事を休もうとする
  • 趣味を楽しめなくなる
  • 過度な飲酒/喫煙
  • 死のうとする

このような症状は、仕事のストレスによる身体のSOSです。無視し続けると身体だけでなく、心も壊れてしまい働けなくなります。

少しでも身体の不調を感じたら、他人に相談したり、病院に行き治療を受けるなど、適切な行動をとりましょう。

勢いで退職する

長い人生、一度くらいは仕事を辞めたいと考えたことがある人も多いはず。

しかし「仕事したくない」という一時的な感情で退職するのは間違った判断です。

疲れてる時や気持ちが落ち込んでいるときは、つい物事をネガティブに考えてしまいます。

特に夜中に考え事をすると、ネガティブ思考になり間違った決断をしやすいです。

また勢いで退職すると、次の仕事が決まるまで無収入になります。貯金を切り崩す生活をしていると、金銭的な不安から、焦って就職を決めるリスクもあります。

なので今の仕事がどれだけ嫌でも、勢いで退職するのはNGです。

とはいえ今の仕事が辛くてどうしようもないときは、今すぐ退職したいですよね。

そのような場合は、転職エージェントを利用してアドバイスを受けるのも1つの方法です。あるいは退職代行を利用して、即日退職する方法もあります。

どちらにせよ、勢いで退職したいと思ったら一度立ち止まり、自分以外の第三者からアドバイスを受け冷静になりましょう。

無断欠勤

どうしても仕事に行きたくないとき、無断で仕事を休んで、どこか遠くに逃げたいと思うこともあるでしょう。

しかし無断欠勤をすると、後日仕事に行きづらくなるだけでなく、退職の手続きが面倒なことになります。

また同業他社に転職する場合、無断欠勤した噂が流れてしまい、転職で不利になるリスクもあります。

とはいえ無断欠勤したくなるほど、シンドイ仕事を続けるのも良くありません。もし無断欠勤したいなら、退職代行を利用するのも1つの手です。

退職代行を利用すれば、即日退職できることが多いので、無断欠勤をするくらいなら退職代行を利用すると良いです。

マジで仕事したくない人にオススメの転職エージェント

マジで仕事したくない人にオススメの転職エージェント

自分なりに考えた結果、転職を決意した人もいるでしょう。

そこでオススメなのが、転職エージェントを使うこと。

エージェントによってサービス内容は異なりますが、アドバイザーのアドバイスやサポートを受けることができ、希望条件に合った求人紹介を受けられるメリットがあります。

また転職活動では、企業との面談スケジュールの調整などやることが多いです。

しかしエージェントに登録すると、スケジュール調整などの細かい作業を代行してくれます。

なので僕たちは就活だけに集中でき、効率良く就職活動を進めることができます。

以下に僕のおすすめエージェントを紹介するので、参考になさってください。

スマホでご覧の方はスクロールできます)

JAIC第二新卒エージェントneododaリクルートエージェント
特徴書類選考なしで約20社と面談できる20代の就職に強く、サポートが手厚い。利用者満足度No. 1転職者支援実績No. 1
求人数非公開約1万約14万件約24万件
対応エリア全国全国全国全国
対象年齢18歳〜35歳18歳~28歳全年齢全年齢
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

マジで仕事したくないなら誰かに相談してみよう

マジで仕事したくないなら誰かに相談してみよう

仕事したくないと感じる理由は人それぞれです。

しかし共通して言えるのは、原因を解明しなければ問題は解決しないということ。

原因を解明するために大切なのは、自分の抱えている悩みを明確にすることです。

他人に悩みを話しているうちに、頭の中がスッキリした経験がある人も多いはず。

このように自分1人で悩むのではなく、他人に話すだけで気持ちが楽になることもあります。

身近に相談できる相手がいない人は、キャリアコーチングを利用するのも一つの手です。

キャリアコーチングは有料のサービスですが、初回は無料で利用できるものが多いです。

下記におすすめのキャリアコーチングをまとめたので、参考にしてみてください。

キャリアコーチング比較表
REEEDきづく。転職相談マジキャリポジウィルキャリアキャリート
プランA対面220,000円
オンライン198,000円
(サポート期間3ヶ月
コーチングセッション6回)
自己分析・転職サポート
187,000円(月額9,038円)
回数:4回(35日)
自己分析・キャリア設計
275,000円(月額13,301円〜)
回数:5回(35日)
自己分析・キャリア設計
385,000円
回数:5回(35日)
自己分析・キャリア設計
105,000円(月額9,700円)
回数:3回(35日)
プランB対面420,000円
オンライン350,000円(サポート期間6ヶ月
コーチングセッション12回)
自己分析・転職サポート
396,000円(月額19,153円〜)
回数:10回(120日)
自己分析・キャリア設計+転職サポート
495,000円
回数:10回(75日)
自己分析・キャリア設計+転職サポート
594,000円
回数:10回(75日)
自己分析・キャリア設計+転職サポート
189,000円(月額17,480円)
回数:6回(90日)
プランC対面600,000円
オンライン480,000円
(サポート期間12ヶ月
コーチングセッション18回)
自己分析・転職サポート
396,000円(月額19,153円〜)
回数:10回(120日)
自己分析・キャリア設計・転職サポート+定期メンタリング
660,000円(月額31,922円〜)
回数:15回(75日+3ヶ月)
自己分析・キャリア設計・転職サポート+定期メンタリング
880,000円
回数:12回(75日+1年)
自己分析・キャリア設計・転職サポート+定期メンタリング
278,000円(月額25,700円)
回数:10回(180日)
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
キャリアコーチング比較表

まとめ

今回は「マジで仕事したくない」と感じる原因と解決策をお伝えしました。

他にも当サイトでは

といった記事も書いています。

今の仕事を続けるか迷っている方はぜひ、他の記事も参考にしてみてください。

それでは今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

正しい行動をすれば、
誰でも理想の職場に転職できます。

僕はFラン卒で、過去には短期離職を2度経験しています。
にもかかわらず大手企業に転職できたのは、正しいノウハウを実践してきたからです。
僕が公開しているノウハウを駆使すれば、学歴や職歴に不安のある人でも、理想の職場に転職できます。

①正しいサポートを受ける

僕のように経歴がボロボロだと、普通に就活しても良い結果は得られません。ジェイック第二新卒エージェントneoのように手厚いサポートが評判のエージェントを活用することで就職成功率を格段に高めることができます。

僕が実際に利用した最高のエージェント

②自分のやりたいことを知る

やりたいことがわからない状態で転職活動するのは「地図を持たずに旅に出るようなもの」です。過去の僕もポジウィルキャリアに出会うまではこの状態で苦しんでいました。

人生の目標・ゴールを明確にしたい方へ

③自分のことを知る

ワークライフバランス、高年収、人間関係…。仕事に何を求めるかは100人いれば100通りの答えがあります。つまり何をホワイト企業と感じるのかも人それぞれ。VIEWを使えば3分で自分の特性がわかるので利用してみるといいですよ。

わずか3分でAIがあなたの特性を解析

タップできるよ

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道〜東北地方

北陸〜甲信越地方

関西〜近畿地方

東海地方

四国地方

中国地方

九州〜沖縄地方

目次