転職実践記

転職は運ゲーだが攻略法がある|27歳で5回転職してわかったこと

相談者
相談者

転職したいけど、ブラック企業に入社したくないなぁ。

でも入社してみないと、ブラック企業かどうかなんてわからないしなぁ…。

やっぱり転職は運ゲーだよね…。

このようなお悩みにお答えしていきます。

この記事を書いた人

ともや

警察官として約2年勤務するも適応障害で退職し、1年間の引きこもりと2年間のニートを経験。

ニート,フリーター,契約社員,派遣、すべての業種を経験。

メンタルが弱く、逃げ癖があるため26歳で転職を5回経験。

しかし現在は転職エージェントのおかげで、念願のホワイト企業へ転職を成功。

【2022年10月5日現在】このサイトからの転職成功者は100名を超えており、アクセス数は1万を超える。

今回はこのような経歴のボクが、転職が運ゲーである理由について語っていきます。

あわせて転職という運ゲーを攻略する方法についても語っていきます。

この記事を読むことで

転職という運ゲーを攻略することができます。

転職は運ゲーである3つの理由

転職は運ゲーである3つの理由

まずは転職が運ゲーである理由について説明していきます。

転職が運ゲーである3つの理由
  1. 人間関係は入社してみないとわからない。
  2. 上司がクソな可能性がある。
  3. 社風によっては馴染めない可能性がある。

それぞれ説明していきますね。

人間関係は入社してみないとわからない。

転職が運ゲーである理由の1つ目は『人間関係は入社してみないとわからない』です。

例えば、求人票に『アットホームな職場です』と書いてあっても、実際に入社してみると体育会系の組織だったりします。

というのも、人によって『アットホーム』の考え方が違うからです。

一言でアットホームとは言っても、優しく見守るアットホームもあれば、キビシイ指導をするアットホームもあります。

このように、同じ言葉でも人によって意味が変わるので、入社したあとに何かしらのギャップが生まれます。

だから、転職は運ゲーだと言えます。

上司がクソである可能性がある

転職が運ゲーである理由の2つ目は『上司がクソな可能性がある』です。

なぜなら求人票を見ただけでは、会社の上司がクソかどうか判断できないからです。

例えばあなたが英語ペラペラでも、あなたの上司が『英語なんて必要ない』という考えの持ち主だった場合、あなたの英語スキルは宝のもち腐れです。

会社の社長がクソ上司を指導してくれれば良いのですが、直属の上司がクソだと、社長でも把握しきれない小さなストレスがあなたに襲いかかります。

たとえば細かいミスをしつこく指摘されたりです。

ともや
ともや
実際ボクは上司からいじめられて仕事を退職した経験があります。

このように上司がクソだと、どんな仕事でもブラック企業になります。

だから転職は運ゲーです。

社風によっては馴染めない可能性がある

転職が運ゲーである理由の3つ目は『社風によっては馴染めない可能性がある』です。

なぜかというと、会社によっては、

  • おとなしい人が多い職場
  • 明るい人が多い職場

など、いろいろな雰囲気があるからですね。

なので大人しい人が、明るい人が多い職場に行くと浮いてしまいます。

一方で明るい人が、おとなしい人の多い職場に行ってしまっても浮きます。

ようするに自分の性格に合わない会社に入社すると、シンドイってことです。

ともや
ともや
『学校のいじめ』は、クラスの平均性格から外れている人がターゲットになりやすいと言われています。

つまり陽キャでも、陰キャの多い職場に行けばいじめられる可能性があるということ。

例えるなら陰キャは図書館が好きですが、陽キャは図書館よりもクラブでワイワイしているほうが楽しいのと同じです。

だから転職は運ゲーです。

27歳で5回転職してわかったこと

27歳で5回転職してわかったこと

ここからは、ボクが27歳で5回転職してわかったことを説明していきます。

27歳で5回転職してわかったこと
  1. 退職したいと思ったらすぐ辞めるべき
  2. 人間関係をゼロから作るのがシンドイ
  3. 5回転職しても転職できる
  4. 会社が変われば評価が変わる
  5. 結局仕事はツラい
  6. 世渡りがうまくなる
  7. 転職は人生を変える

それぞれ説明していきますね。

退職したいと思ったらすぐ辞めるべき

27歳で5回転職をしてわかったことの1つ目は『退職したいと思ったらすぐ辞めるべき』です。

というのも、今までのボクは、

『仕事を辞めると会社に迷惑がかかるから』

という理由で退職を先延ばしにしていました。

ともや
ともや
ですが実際にボクが退職しても、会社が潰れることはありませんでした。

もちろん、退職してから数日の間は引き継ぎなどでバタバタします。

でも時間がたてば別の人間が退職した代わりをします。なので自分がいなくても会社はノーダメージです。

ボクはこの経験から、

『仕事を辞めると会社に迷惑がかかるから』という考えは、自意識過剰だと気がつかされました。

だから仕事を辞めたいと思ったら、さっさと辞めてしまってOKです。

信頼関係をゼロから積み上げるのがシンドイ

27歳で5回転職をしてわかったことの2つ目は『信頼関係をゼロから積み上げるのがシンドイ』です。

なぜなら転職をすると新入社員になるので、前の会社で立派な仕事をしていても関係ないからです。

ともや
ともや
学校のクラス替えをしたときも、イチから人間関係を作らないといけないのでストレスがかかりますよね。

これと同じで転職をするとイチから人間関係を作る必要がありますし、場合によっては馴染めないこともあります。

ともや
ともや
もちろん、これはデメリットばかりではありません。

なぜなら転職をすることで、良くも悪くも人間関係をリセットできるからです。

なので「転職して新しい人間関係を作る苦労」「転職して人間関係をリセットするメリット」を比較して、メリットの方が大きいと感じるのであれば、転職をすることで幸せになれます。

5回転職しても転職できる

27歳で5回転職をしてわかったことの3つ目は『5回転職しても転職できる』です。

ともや
ともや
なぜなら27歳で5回転職したボクでも2022年10月5日現在、正社員として働くことができているからです。

でも転職をくり返すと

  • 『だらしない』
  • 『根性がない』
  • 『社会不適合者』

と思われてしまい、転職に不利になるんじゃないですか?

ともや
ともや

もちろん転職回数が多いと、面接官からは『なんで転職したんですか?』と聞かれたり、良い印象を与えません。

でもこの質問に対して、しっかりとした受け答えができれば、転職をくり返しても問題ありません

それができないから困ってるんです・・・
ともや
ともや

そう思のであれば、転職エージェントを使ってみるといいですよ。

実際にボクは

 

という3つのエージェントを使って、転職という運ゲーを攻略しました。

転職エージェントを使うと、ホワイト企業に転職しやすいと言われています。

転職エージェントの利用方法は【完全版】転職エージェントの使い方【正社員になるための極意】をご覧くださいね。

会社が変われば評価が変わる

27歳で5回転職をしてわかったことの4つ目は『会社が変われば評価が変わる』です。

少し自分語りをしますが、ボクは新卒で入った会社でイジメられていました。

ともや
ともや
具体的には

  • 挨拶を無視
  • すれ違う時に舌打ち
  • モノを隠される

といういじめを受けていました。

これらのイジメを受けたボクは『適応障害』という病気になって、転職することになりました。

でも転職してからは全然イジメられませんでした。むしろ今の会社では楽しく働くことができています。

この経験から、転職をすれば自分への評価も180度変わることを体感しました。

ともや
ともや
ボクのように職場でいじめを受けている人は、職場いじめの乗り越え方【耐えることができず退職した実体験】を読むことで職場いじめから抜け出せるハズです。
パワハラを受けて退職したときの話は【実話】働くのが怖い|パワハラで適応障害になりましたからどうぞ。

仕事はツラい

27歳で5回転職をしてわかったことの5つ目は『仕事はツラい』です。

なぜならボクは5回転職して色々な職種を経験しましたが、どの仕事もツラかったからです。

ともや
ともや
もちろん仕事が楽しいと感じる瞬間もありますが、どんな仕事も家でゴロゴロしている時間には勝てないという結論にたどり着きました。

この結論を手に入れたことで仕事に期待しなくなったので、いい意味でメンタルが安定しました。

人生は諦めることでラクになることもあります。

世渡りがうまくなる

27歳で5回転職をしてわかったことの6つ目は『世渡りがうまくなる』です。

なぜなら転職を繰り返したおかげで、人とちょうど良い距離感を作れるようになったからです。

例えば新卒時代のボクは会社の飲み会に100%出席していました。

ともや
ともや
しかし今は飲み会に参加しませんし、ランチに誘われても行きたくなければ行きません。
そんなんじゃ付き合いの悪いヤツだと思われるのでは?

と感じるかもしれませんが、付き合いの悪いヤツと思われた方がラッキーです。

なぜなら誘いを断るにはムダなエネルギーを使うからです。

ともや
ともや
もちろん、会社の人と仲良くするに越したことはありません。ムダに敵を作ると会社で働きにくくなってしまいますからね。

でも会社は仲良しごっこをする場所ではなく、金を稼ぐための場所です。

なのでイヤな誘いは必ず断るべきです。

そんなこと言っても、誘いを断ったら嫌われちゃうよ〜・・・。
ともや
ともや
そうですよね。実はボクがイヤな誘いを全部断ることができるようになったのは、転職回数が4回目になったあたりからです。

なぜ転職4回目あたりからイヤな誘いを断れるようになったのかというと、転職すれば人間関係なんて簡単にリセットできることを知ったからです。

ようするに転職を繰り返すたび人間関係がラクになるということですね。

転職で人生が変わる

27歳で5回転職をしてわかったことの7つ目は『転職で人生が変わる』です。

なぜならボクが転職をするたびに成長したからです。

例えば1社目の会社を辞めた時は『2度と同じ失敗をしないようにしよう』と思って、2回目の会社に入社しました。

この流れを2〜4社目まで繰り返しました。

ともや
ともや
なかでも印象に残っているのは、4社目の会社を辞めたときですね。

なぜなら4社目を退職してから目の二重整形をしたからです。

ともや
ともや
転職すると過去の自分を知っている人がいないので、整形をしてもバレません。

まあ整形はやりすぎかもしれませんが、転職をすれば簡単に人生を変えることできます。

転職という運ゲーの攻略法

転職という運ゲーの攻略法

転職という運ゲーを攻略するには、以下の4つのステップをクリアしていくと良いですよ。

転職という運ゲーの攻略法
  1. 自分のイヤなことを明確にする
  2. 自分の性格を理解する
  3. 今までの失敗パターンを分析する
  4. 転職エージェントを使う

順番に説明していきますね。

①自分のイヤなことを明確にする

まず初めにやってほしいのは「自分のイヤなことを明確にする」ことです。

なぜなら自分の好きなことを見つけるのはムズカシイけど、イヤなことなら簡単に見つけることができるからです。

ともや
ともや
たとえばボクが転職する時は、以下のイヤなことをリストアップしました。
  • 飲み会がイヤ
  • 残業がイヤ
  • 人と話すのが苦手
  • チームワークが苦手

こんな感じで、イヤなことを明確にしておけば転職するときの軸が決まります。

ともや
ともや
もちろん全ての条件を満たす職場を見つけるのはムズカシイです。

ですが夢を持たないと叶えることができないのと一緒で、転職も自分の希望を持たなければ絶対に成功させることができません。

自分の性格を理解する

転職という運ゲーを攻略する2つ目の方法は『自分の性格を理解する』です。

なぜなら、どれだけ良い職場でも自分の性格に合わなければキツイからです。

ともや
ともや
例えばあなたが陰キャなのに、毎週飲み会がある会社に入社したら、仕事が楽しくても、会社に行くのがシンドイですよね。
飲み会の誘いを断ることができれば問題ありませんが、新人で誘いを断るのはムズカシイですよね。

なので転職をするときは、自分の性格を理解し自分に合った転職先を見つけるのが転職の攻略法です。

ともや
ともや
とはいえ自分の性格を理解しても、どのように自分に合った転職先を見つければいいのかわからないですよね。
それなら転職エージェントのサポートを受けてみると良いですよ。

転職エージェントを使う企業にはホワイト企業が多いと言われているので、運ゲーと言われている転職を、高い確率で成功させることができます。

オススメの転職エージェントについては《47都道府県別》ニート・フリーターの転職に強いサイト一覧【厳選】にまとめているので参考になさってください。

今までの失敗パターンを分析する

転職という運ゲーを攻略する3つ目の方法は『今までの失敗パターンを分析する』です。

なぜならミスした原因を理解して対策すれば同じミスをしなくなるからです。

ともや
ともや
たとえば発明家のトーマス・エジソンは、たくさんの失敗をしていますが、こんな言葉を残しています。

『失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ』

これは転職にも同じことが言えます。なぜならボクは26歳で4度転職を失敗し、5度目の転職で理想の職場に出会えたからです。

ともや
ともや
ちなみにボクがこれまで転職で失敗してきたことは以下の通りです。
転職で失敗したこと
  • 上司に反抗的な態度をとった
  • 飲み会を断れずにストレスを溜めた
  • 適当に入社した企業がブラックだった
  • 体育会系の組織で消耗した
ともや
ともや
以上の通りです。このように失敗をくり返すことで、自分が職場に求めるものが少しずつハッキリしていきます。
そうは言っても転職活動は疲れるので、できるなら一発で成功させたいです…。
ともや
ともや
そんな人にオススメしたいのが、転職エージェントを使うことです。

何を隠そう、ボクが5度目の転職を成功させることができたのは、転職エージェントを使ったからです。

ボクが実際に利用したエージェントの中で特にオススメなのが

以上3つでして、とても親身なサポートを受けることができました。

ともや
ともや
おかげで転職エージェントを使う前は20社から不採用だったボクが、5個の内定をもらうことができました。

なので転職を成功させたい人は、ゼッタイに転職エージェントを使うべきです。

転職エージェントを使うべき理由は、続きで説明していきますね。

転職エージェントを使う

転職という運ゲーを攻略する4つ目の方法は『転職エージェントを使う』です。

理由は転職エージェントを使う企業にはホワイト企業が多いからです。

なぜ転職エージェントを使う企業にホワイト企業が多いのかというと、企業はエージェントを使って人を採用すると100万円のコストが発生するからです。

ともや
ともや
なので金のない企業は転職エージェントを使うことができません。

なので無料で求人を出せるハローワークに求人を出します。

もちろんハローワークの求人がすべてブラックとは言いません。

ですがボクの友人は、ハローワークに紹介してもらった会社に入社して、わずか3ヶ月で退職しています。

ともや
ともや
なので確実に転職を成功させたいのであれば、転職エージェントを使った方が安全です。

ただし、転職エージェントにもデメリットがあります。

それは、面談がめんどくさいことです。これに関してはガマンするしかありません。

ただ、転職エージェントの電話面談がめんどくさいあなたが知るべき3つの事実という記事で解決策を紹介しているので参考にしてみてください。

転職エージェントって種類が多すぎて、どれを使えば良いのかわからないです。
という人は自分に合った転職サイトがわかる診断ツールを使えば、1分で自分にピッタリの転職エージェントがわかりますよ。

まとめ:転職は攻略できる運ゲーである

転職は攻略できる運ゲーである

今回は転職が運ゲーである理由と攻略法について解説してきました。

転職が運ゲーであることは事実ですが、運を少しでも良くするためにできることは必ずあります。

本記事で紹介した運ゲー攻略法を実践すれば、就職成功率をアップさせることができます。

ともや
ともや
転職という運ゲーを攻略するうえで1番のNG行動は『転職したいな』と思いつつ、ダラダラ年齢を重ねてしまうことです。
年齢を重ねると、転職という運ゲーをプレイしたくてもプレイできませんからね。
ともや
ともや
その通りです。転職しやすいのは20〜30代です。

なので少しでも転職を迷ったら、まずは転職エージェントに相談だけでもしてみることをオススメします。

ともや
ともや
それでは以上で今回の内容を終わります。
この記事があなたのお役に立てたら嬉しいです。
この記事を読んでくれたあなたの人生に幸あれ!
この記事で紹介したリンクまとめ

JAIC(ジェイック):全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者

YouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』がオススメし、人気急上昇の優良転職サイト。

第二新卒エージェントneoスタッフが訪問済みの企業のみを紹介している。

初回の面談を最大2時間してくれる充実のサポートが売りであり、1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

ウズキャリ第二新卒日本で唯一キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒。

離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで、きびしい基準を設けており全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認している。

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

リクルートが運営するフリーター向けサービス!

就職shpは『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染み、 リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。

《書類選考なし 》人柄や意欲を評価する企業が集まっているため、履歴書で落とされることはありません。 営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数!

おすすめ度
名前就職Shop
ポイント《書類選考なし》履歴書で落とされることはありません。 学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。
対応エリア関東・関西(地方在住でもZOOMやSkypeで対応可能)
ともやからコメント利用者の4人に3人は正社員未経験!企業は100%取材しており職場の雰囲気や具体的な働き方などを知ったうえで就職可能!

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。