上京ノウハウ

【実話】就活が泣くほど嫌だった時の話をしよう【黒歴史】

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約753

 

ともこ
ともこ
就活が泣くほど嫌です。

やりたいこともないのに、生活のためにガマンして仕事をする。

オトナなら仕方ないことかもしれない。

でも、こんな人生嫌だ。

自分はなんのために生まれてきたんだろう。

文句を言いながら、仕事をするような大人になんてなりたくない。

 

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

 

ともや
ともや
どうも、トモヤです。

いつもブログを読んでくれて本当にありがとうございます。

はじめましての人は、はじめまして。

 

私は、大学卒業後に就職をしませんでした。

就職しなかった理由は、まわりの就活生と同じことをするのが嫌だったからです。

 

就活の、なにが嫌だったのかというと、大きく以下の3つのポイントです。

 

① 学生時代に頑張ったことを盛大に盛ること

② 「メモを取ってますアピール」と過剰なうなづき

③ おなじ服を着て、おなじ髪型で周りと同じ行動をすること

 

以上にあげた、この3つのポイントが嫌だったので、私は就活をしませんでした。

 

では、就活をしなかった私の人生は、どうなってしまったのでしょうか?

今回の内容では、この部分にフォーカスしていきます。

 

 

この記事を読むことで、

・就活をしなかった私の人生を知ることができます。

・あせって就活しなくても、生きていけることを知ることができます。

 

【実話】就活が泣くほど嫌だった時の話をしよう【黒歴史】

まず結論から話します。

4年前、わたしは就活をせずに、アフィリエイトに力を入れました。

アフィリエイトに力を入れた理由は、好きな場所で働きたかったからです。

 

うわー、完全に意識高い系じゃん。

Twitterでよく見る怪しいビジネスアカウントと一緒じゃんw

 

と、あなたは思ったかもしれませんね。笑

 

まあ、じっさい、あなたの思った通りです。

ただし、私は、この記事の中で、あなたを変なビジネスに勧誘したり、無料メルマガに誘導したりしないので安心して、つづきの内容を読んでくださいね。笑

 

ちなみに、私が、具体的にどのように稼いでいたのかというと、内訳は下記のとおりです。

ブログの広告収益:約15万円

コンサル料金;約16万円

合計:31万円

だいだい、31万円を大学生のうちに稼いでいました。

 

それほど大金ではありませんが、生活するには困らなかったです。

なので、わたしは就活する意味がわからなかったんです。

就活する意味がわからなかったので、けっきょく就活をしませんでした。

 

【黒歴史】なんのために生きてるのか、わからなくなってきた。

ここまでのお話では、わたしが就活をしなかった理由をお話してきました。

 

就活をせず、アフィリエイトで生活をすると決めた私ですが、だんだん、なんのために生きているのか、わからなくなってきました。

なんのために生きているのか、わからなくなってきた理由は、アフィリエイトがまったく楽しくなかったからです。

 

具体的に、私にとって、アフィリエイトが楽しくなかった理由は3つあります。

・お金を稼いでも使うところがなかったこと。

・大学の同期が会社の話を楽しそうにしてること。

・周りが仕事をしているので、遊ぶ相手がいなかったこと。

この3つの理由があったので、私にとってアフィリエイトは楽しくありませんでした。

もちろん、お金を稼げることは、嬉しかったです。

いま思えば、すごく、ぜいたくな悩みだったな〜と、思います。

 

ただ、アフィリエイトを本業としてやっていた頃のわたしは、遊び相手もいないし、恋人もいないし、暇さえあればアフィリエイトをしてました。

1日中アフィリエイトをしていたので、だんだん、感情も表情も失いました。

 

笑ったり、泣いたり、怒ったりする相手がいないので、表情がなくなっていくんです。

それと、普通に1ヶ月くらい人と会話をしないので、声の出し方も忘れました。

 

たまに、声を出すタイミングといえば、コンビニぐらいですね。

「あ、レシートいりません」

1日の会話が、たったのコレだけ、なんてことザラでした。笑

 

こんな感じの生活を続けていた結果、なんのために生きてるのか、わからなくなってしまいました。

 

アフィリエイトを辞めて、公務員になりました。

ここまでのお話では。

就活をせずに、アフィリエイトで生活をしていくと決めた私が、メンタルを病んだお話をしました。

 

メンタルを病んだ私は、公務員試験を受験することにしました。

 

わたしが公務員になろうと思った理由は3つあります。

・親や親戚がよろこぶから。

・世間体が良いから。

・安定しているから。

今思えば、あまりにも、たんじゅんな3つの理由です。

でも、この3つの理由でわたしは公務員試験を受けることにしました。

そして、運良く、公務員試験に合格しました。

なので、アフィリエイトサイトもすべて削除しました。

 

ちなみに、アフィリエイトサイトをすべて削除した理由は下記のとおりです。

公務員の「副業」と「兼業」は、国家公務員法(第103条、第104条)

または地方公務員法(第38条)で禁止されているから。

 

公務員を2年で鬱になって退職しました。

ここまでの内容では、アフィリエイトで精神を病んだ私が、公務員試験を受験し、公務員になったお話をしました。
せっかく公務員になった私ですが、仕事で体調を崩し、メンタルを壊し、わずか2年で退職しました。

わたしは、公務員をわずか2年で退職して、とても情けない気持ちでいっぱいでした。

それに、家族や親戚は、公務員になった私を、とても喜んでくれていました。

せっかく家族や、親戚が喜んでくれたのに、それを裏切るような行動をしてしまって、私は自分が情けなくてたまりませんでした。

自分のことが、われながら情けなくて、今回ばかりはさすがに「生きるのを辞めよう」と、何度も思いました。

でも、私は2年で仕事を辞めるような、ヘタレなので、生きるのを辞める勇気も度胸も、根性もありませんでした。

 

鬱でたった2年で公務員を辞めたあとは…

 

鬱でたった2年で公務員を辞めたあとは、実家で少しだけ引きこもりました。

ですが、いつまでも引きこもっていてはダメだと思っていました。

だって、さすがに働かないと、生活ができないですからね。

なので、イヤイヤ仕事を探しました。

 

引きこもりだった私が仕事に求めていた条件は以下の通りです。

・大金はいらない。生活ができるくらいの収入でOK。

・人間関係が良い職場

この条件で仕事を探して、結果的に、わたしは旅館ではたらくことにしました。

 

旅館ではたらくことを選んが理由は下記の3つの理由からです。

・食事が提供される(食費の節約)

・社員アパートの家賃と水道光熱費がタダ

・落ち着いた雰囲気で仕事をしたかった。

以上、この3つの理由があったので、私は旅館ではたらくことに決めました。

 

いま思えば、旅館ではたらいて本当によかったです。

職場の雰囲気もよかったですし、旅館の周りは山だらけで、遊ぶ場所もなかったので、

ラクに貯金ができました。

ちなみに、貯金した額は、3ヶ月で60万円くらいです。

そして、旅館で貯めた60万円を使って、私は北海道から東京に引っ越しをしました。

 

このような流れで、今の私が居ます。

 

就活が泣くほど嫌なら、とりあえず最低限の生活を維持しよう!

 

就活が泣くほど嫌なら、とりあえず最低限の生活を維持することをオススメします。

理由はやりたくもない仕事を、ずっと続けるなんてムリだからです。

もちろん、根性がある人なら、嫌なこともガマンして続けられるかもしれません。

でも、少なくとも私は嫌な仕事を続けるのはムリでした。(社会不適合者かもですスミマセン)

だから、やりたいことがないなら、とりあえず、最低限の生活を維持しながら、やりたいことを探すという方法がオススメです。

ともこ
ともこ
でも、正社員として働かないと、周りの目が気になります。
ともや
ともや
ですよね、その気持ちは痛いほどわかります。

周りの人とはできるだけ、仲良くしておくことに越したことはありません。

それに、わざわざ周りに嫌われたり、敵をつくる必要なんてないですからね。

ただ、周りの目が気になるのはわかるのですが、誰かの意見で人生を決めても、いざというとき、誰もあなたの人生を助けてくれません。

それに、誰かに言われて決めたゴールって、心のどこかで、モヤモヤが残っちゃうんですよね。

なので、最終的には、あなたの納得いくカタチで人生を選んでほしいと、わたしは思っています。

納得いくカタチで、人生を選んだら、あとから後悔することも少ないハズです。

人間の後悔は、やった後悔よりも、やらなかった後悔のほうが大きいと言われています。

なので、ぜひ、後悔のない選択をしてもらえればと思います。

ともこ
ともこ
でも、後悔の選択をしてほしいって言われても、どうすれば良いかわかんないですよ…。

けっきょく働かないと、生きていけないし…。

ともや
ともや
たしかにそうですよね。

キレイゴトを言ったところで、わたしたちは働かないと生活することができません。

ですが、上京支援サービスを使えば、最低限の生活を維持しながら、しごとを探すことができますよ。

ともこ
ともこ
上京支援サービスってなんですか?
ともや
ともや
上京支援サービスっていうのは、若者のチャレンジを応援するサービスです。

上京支援サービスのサポート内容は下記のとおりです。

・食事と住居をサポート

・就活をサポート(希望就職100%)

このようなサポート内容です。

 

つまり、無料で食べ物と住む場所をサポートしてくれるということです。

 

なので、本当にやりたいことを探しながら、最低限の生活を続けることが可能になります。

ともこ
ともこ
え、スゴイ!

サービスとしてもDMM.comが親会社みたいだし、安心して使えそうですね。

ともや
ともや
ですね。

親会社がDMM.comという大きな会社なのは安心ですね。

 

ただ、1つ注意点があるので気をつけてください。

上京支援サービスを、受けることができるのは、下記の人たちだけです。

・中卒

・高卒

・専門卒

・17〜24歳

ともこ
ともこ
わかりました。

ありがとうございます。

就活が泣くほど嫌だったのですが、今回のお話しで、今すぐ就活しない選択肢を知ることができだので、少しだけ、心がなんだかラクになりました。

ともや
ともや
とんでもないです。

今は、ほんとうに辛いと思います。

でも、みんな経験してきたことです。

もちろん、わたしも経験してきました。

なので、わたしで良ければいつでも話を聞きますからね^^

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です