うつ病ライフ

【もう嫌…】閉鎖的な田舎を脱出したい!【脱出方法4つ】

 

ともこ
ともこ

田舎って、なんでこんなに閉鎖的なんだろう。

外に出たら知り合いに会うし。

なんか自分のプライベートな空間がなくて疲れる…。

脱出したいけど、そんな簡単に引っ越しなんてできないし…。

 

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

どうも、トモヤです!

この記事を書いている私は、北海道出身です。

そして、北海道のなかでも田舎の町に暮らしていました。

どれくらい田舎だったのかというと、人口が2万人の町でした。

そして、2万人の人口の中でも、40年後には5人に1人が高齢者となる田舎町です。

そんな田舎出身のわたしですが、今は田舎から脱出して、東京で生活をしています。

こんかいは、そんな私から、田舎から脱出したいと思っているあなたへ向けて記事を書いていきます。

 

この記事を読むことで、

・田舎から脱出する方法を知ることができます。

・田舎から脱出する方法を知ることで心に余裕が生まれます。

【もう嫌…】閉鎖的な田舎を脱出したい!【脱出方法4つ】

ではさっそくですが、閉鎖的な田舎を脱出する方法をお伝えしていきますね。

閉鎖的な田舎を脱出する方法は下記の4とおりです。

・リゾートバイト(全年齢)

・上京支援サービス(10〜30代向け)

・とりあえず住み込みの仕事をする(コミュ障にオススメ)

・友人の家に泊めてもらう

以上4つが閉鎖的な田舎から脱出する方法です。

では、ここからは、この4つについて1つずつ解説していきますね。

リゾートバイト(全年齢)

閉鎖的な田舎を脱出する方法の1つ目はリゾートバイトをすることです。

リゾートバイトとは、リゾート施設(ホテル、旅館)などで働くお仕事です。

なぜ、わたしがリゾートバイトを、閉鎖的な田舎を脱出する方法としてオススメしているのかというと、理由は以下の2つです。

リゾートバイトをオススメする理由2つ

・家賃がタダで、食事もまかないが提供されるから。

・貯金をしやすいから。

 

以上2つの理由から、わたしはリゾートバイトを閉鎖的な田舎を脱出する方法としてオススメしています。

 

じっさい、わたしも4ヶ月、リゾートバイトをした経験があります。

リゾートバイトを経験してみて、わかったことは3つあります。

その3つとは下記の3つです。

・お金が貯まる

・ごはんが美味しい

・リゾート地で生活できることの幸せ

以上3つが、わたしがリゾートバイトを経験して、わかったことです。

ともこ
ともこ
リゾートバイトはどんな人にオススメですか?

リゾートバイトは短期的にお金を貯めたい人にオススメです。

たとえば、留学とか、やりたいことにお金が必要な人はオススメです。

じっさい、わたしがリゾートバイトをしていたときも、声優を目指している女性がいました。

ともこ
ともこ
リゾートバイトを始めるにはどうすればいいんですか?

リゾートバイトを始めるには、リゾートバイトの求人を取り扱っている、サイトに登録する必要があります。

じっさいに、わたしが使っていたサイトを下記にリンクで貼っておきますね。

よかったら参考にしてみてください。

上京支援サービス(10〜30代向け)

閉鎖的な田舎を脱出する方法の2つ目は上京支援サービスを利用することです。

上京支援サービスとは、10代〜30代の人向けのサービスです。

上京支援サービスは、具体的にどのようなサービスなのかというと、大まかに下記のようなサービスです。

・地方から東京に上京するための資金をサポート

・東京で暮らすための家賃をサポート

・就職するために必要なスキルを身につけられる。

・就職をサポートしてくれる。

このようなサービスを提供するのが上京支援サービスです。

なので、閉鎖的な田舎を脱出する方法として、上京支援サービスをオススメさせていただきました。

ともこ
ともこ
上京支援サービスを受けるにはどうすればいいんですか?

上京支援サービスを受けるには、サイトで申込みをして、かんたんな面談を受ける必要があります。

なので、希望をすれば誰でもサービスを受けられるというわけではありません。

ともこ
ともこ
そうなんですね。

ちなみに、上京支援サービスでオススメはありますか?

 

上京支援サービスは以下の3つがオススメです。

 

ヤンキーインターン

17歳〜24歳向け

 

ネットビジョンアカデミー(NVA)

18〜31歳向け

 

MIYACO TICKET

年齢制限なし

 

それぞれのサービスには違いはありますが、どのサービスも田舎を抜け出すにはオススメのサービスです。

お好みに合わせて、好きなサービスを利用してくださいね。

 

住み込みの仕事をする(コミュ障にオススメ)

閉鎖的な田舎を脱出する方法の3つ目は、住み込みの仕事をすることです。

住み込みの仕事には、工場・製造系でのお仕事が多いです。

工場・製造系の具体的な仕事内容は下記のとおりです。

・自動車関係・検品・検査・調整、仕分け・梱包・ピッキングなどの軽作業。

・フォークリフトやクレーンなどの機械操作。

・クリーンルーム作業や食品加工(女性に人気)

これが、工場・製造系の具体的な仕事内容です。

ともこ
ともこ
住み込みで、提供してもらえる家は、どんな感じなんですか?

住み込みで、提供してもらえる家のスペックは下記のようなスペックです。

・ワンルームで個室の寮

・寮費/光熱費無料

・家具家電付き

カバン1つで即入寮可能なお仕事もあるので、今すぐに田舎から抜け出すことも可能です。

ともこ
ともこ
工場・製造系でのお仕事なら、接客がニガテな方にもオススメですね!
ともや
ともや
そうですね。

自分がコミュ障だと思っている人にはオススメですね。

 

友人の家に泊めてもらう

閉鎖的な田舎を脱出する方法の4つ目は、友人の家に泊めてもらう。です。

まあ、これは説明するまでもないですね…。

じっさい、わたしは、東京で新しい家を探しているあいだ、友人の家に1週間、寝泊まりさせてもらった経験があります。

ただ、私の場合は、たまたま東京に知り合いが居たので良かったですが、すべての人に使える方法ではないですね。

なので、この方法は参考までにしていただければと思います。

 

でも、閉鎖的な田舎を脱出するのは、迷いますよね。

 

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

今回の内容では、閉鎖的な田舎を脱出する方法を4つお伝えしてきました。

 

でも、なんだかんだ言っても、閉鎖的な田舎を脱出するのは、迷いますよね。

だって、慣れた土地から、全く知らない世界に飛び込むわけですからね。

でも、じつは新しいことに挑戦する時に感じる恐怖って、人間なら誰でも感じるものなんです。

たとえば、あなたが学生だとします。

新学期のクラス替えって、とてもドキドキしますよね。

でも、ドキドキした感情も、3ヶ月も経つと、すっかり慣れてしまって、何も感じなくなりますよね。

これと、おなじで新しいことに対する不安とか、恐怖って、3ヶ月もしたら何も感じなくなります。

 

じっさい、わたしの場合も、2020年の4月にカバン1つで東京に来たときは、すごく不安でした。

でも、今はあの頃の不安とか恐怖はなくなりました。

 

もちろん、わたしが大丈夫だったからといって、あなたにも上京することをオススメするわけではありません。

ですが、この記事を、ここまで読んでくれたということは、あなたは少なからず、今の自分の生活に満足していないハズです。

今の生活を変えたいと思っているからこそ、ここまで読んでくれたハズです。

 

もし、少しでも今の生活に不満があるのであれば、何らかの行動を起こすことをオススメします。

東京は大変なこともたくさんありますが、それ以上にたのしいこともたくさんあります。

それに、若いうちの失敗であれば、いくらでも取り戻せます!

この記事がきっかけで、あなたが新しい挑戦をしてくれると、ほんとうに嬉しいです。

 

 

それでは、今回の内容はこれで終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

また次回の記事か、Twitterでお会いしましょう!

 

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です