25歳で『仕事・人生このままでいいのか』と悩むあなたへ

内容に広告・プロモーションを含む場合があります
25歳で『仕事・人生このままでいいのか?』と悩むあなたへ
僕の人生このままでいいのかな?

今の仕事は嫌いじゃないけど、このまま今の仕事を続けるのは不安。

25歳だし、そろそろ人生のこと考えないとな…

このようなお悩みにお答えしていきます。

ゆうや

はじめまして、ゆうやです。

この記事を書いている僕は25歳で5度の転職を経験しました。

僕が転職を5回した理由は『自分には、もっと向いている仕事があるんじゃないか?』と思っていたからです。

今回はこのような背景のある僕が、仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩む25歳へ向けて解決策をお伝えしていきます。

本記事を読むことで、仕事や人生に対する悩みが少しずつクリアになっていくでしょう。

目次

25歳が仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩む理由

25歳が仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩む理由

25歳が仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩むのは当たり前です。

なぜなら25歳は人生のターニングポイントだからです。

例えば25歳からアイドルを目指すのは難しいし、スポーツ選手を目指すのも難しいです。

もちろん25歳でもアイドルやスポーツ選手になるのは無理ではありませんが、20代前半よりも難しいです。

つまり25歳は少しずつ人生の選択肢が減っていくということ。

なので25歳は人生のターニングポイントと言えます。

じゃあ仕事や人生に対して『このままでいいのか?』と悩んだ時は何をすれば良いの?

具体的な解決方法を以下で解説していきます。

仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩む25歳がすべき4つのこと

仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩む25歳がすべき4つのこと

ここでは、仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩む25歳がすべき3つのことを解説していきます。

①スキルを身につける

1つ目は「スキルを身につける」ことです。

スキルを身につければ会社をクビになったり、倒産しても転職しやすくなります。

例えばプログラミングスキルを身につけている人は、会社に雇われるだけでなく、フリーランスで働くこともできるので、人生の選択肢が増えます。

あるいは僕のように文章を書いてお金を稼ぐ方法もあります。

このように何かしらのスキルを身につけると、人生がかなり楽になります。

なので、仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩むのであれば、休日を利用してスキルを身につけることをオススメします。

0円スクールネットビジョンアカデミーなら無料でITスキルを身につけることができるよ!

②価値観マップを作る

2つ目は「価値観マップ(※)を作る」ことです。

※価値観マップとは、あなたが人生で大切にしていることを明確にする地図のことです。

たとえば僕の場合は「お金」「健康」「自由」を重視しているので、行きたくない飲み会には参加しません。

なぜなら行きたくない飲み会に行くと、「お金」「健康」「自由」の3つを失ってしまうからからです。

このように自分の価値観を明確にしておくことで、人生に対する迷いが消えます。

なので仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩むのであれば、一度立ち止まって、あなただけの価値観マップを作ることをオススメします。

ゆうや
価値観マップの作り方は以下の動画が参考になるよ!

③転職のプロに相談する

3つ目は「転職のプロに相談する」ことです。

なぜなら転職のプロに相談することで「自分で気が付かない自分の強み」を知ることができるからです。

ゆうや
例えばボクは転職回数の多さをデメリットだと思っていました。

しかし転職エージェントに相談したら、転職回数が多くても気にしない企業があることを教えてもらい、無事に転職することができました。

なので仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩むのであれば、一度転職エージェントの話を聞いてみることをオススメします。

転職エージェントに相談することで視野が広くなり、人生や仕事に対して抱えているモヤモヤがスッキリするはずです。

ゆうや
オススメの転職エージェント・サイトは以下の記事でまとめているよ!

④環境を変える

4つ目は「環境を変える」ことです。

なぜならカリフォルニア大学バークレー校教授エンリコ・モレッティ氏によって『人の年収は住む場所で決まる』と言われているからです。

また環境を変えることで生活習慣が変わり、人生が変わります。

なので、もし今の自分の人生や仕事に不満があるなら、思い切って環境を変えてみることをオススメします。

ゆうや
ボクは上京して人生が好転したよ!
上京に興味ある人は以下の記事を参考にしてみてね!

25歳が仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩めるのは贅沢なこと

仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩めることは贅沢なことです。

だからガンガン悩みましょう。詳しい理由を以下で説明していきます。

悩めるのは20代の特権

30代・40代は自分の仕事や人生がイヤになっても、ガマンしなければなりません。

なぜなら30代、40代になると家族ができたり、仕事で責任のあるポジションを任せられることが多いからです。

なので30代、40代は「仕事がつまらない」「人生が嫌になった」という理由だけで嫌なことから逃げたり、自分の好きなことに挑戦することが難しいです。

いっぽう20代は、仕事で責任あるポジションの人も少ないし、転職しようと思えばできる年齢です。

だからこそ20代は、仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩んでしまうわけです。

ゆうや
ようするに選択肢が多すぎるから悩んでしまうってことだね!

『人生・仕事このままでいいのか』という悩みを消す方法

『人生・仕事このままでいいのか』という悩みを消す方法

結論、行動あるのみです。

なぜなら頭の中でゴチャゴチャ考えていても、現実は何も変わらないからです。

もちろん無計画に行動するのはダメです。

しかし『百聞は一見にしかず』という言葉にもあるように、100回聞くよりも、一回の体験したほうが手っ取り早いです。

それに25歳なら、もし失敗してもリカバリーできます。

ゆうや
実際にボクは貯金がなくなってホームレス生活をしたことがありますが、今は普通の生活ができているよ!

なので25歳で人生・仕事に対して『このままでいいのか』と悩んだら、とにかく行動すべきです。

行動が大事なのはわかってるけど、どう行動すれば良いのかわかんないんだよおお!
ゆうや
という方は、先ほども説明した仕事や人生に『このままでいいのか?』と悩む25歳がすべき3つのことをもう一度読んでみてね!

『人生・仕事このままでいいのか』と悩む人の特徴

『人生・仕事このままでいいのか』と悩む人の特徴

『人生・仕事このままでいいのか』と悩む人の特徴は「やらない理由を探す」ということ。

例えば『やらない理由』を探す人は、25歳で転職しようとするとき「もうアラサーだし…」と言って転職しない理由を探します。

このような人は、20代前半のときは「まだ20代前半だし…」という言い訳をしていることが多いです。

ようするに「やらない理由を探す人」はどんな状況になっても、やらない理由を探すってことだね!
じゃあ「やらない理由を探す人」を卒業するにはどうすればいいの?
ゆうや
では「やらない理由を探す人」を卒業する方法を以下で解説していくね!

『やらない理由を探す人』を卒業する方法5つ

「やらない理由を探す人」を卒業する方法は5つあります。

人はラクな方に流される生き物であることを知る

1つ目は『人はラクな方に流される生き物であることを知る』こと。

例えば昔の人は木をこすって火を起こしていましたが、現代人はガスを使って料理をしますよね?

このように僕たちの先祖たちは『ラクをしたい』という感情によって、文明を発展させてきました。

つまりラクをしたいと思って生きてきた先祖のDNAを受け継いだボクたちも、ラクをしたいという感情がアタマにきざみ込まれているわけです。

だから、あなたがやらない理由を探してラクな道に進もうとするのは、あなたが悪いわけではありません。

『行動した未来』と『行動しない未来』を比較する

2つ目は『行動した未来』と『行動しない未来』を比較することです。

例えばダイエットをしていて目の前にケーキがあったとします。

このとき『ケーキを食べる』という行動したら、ダイエットには悪影響ですよね。

しかし目の前の『ケーキを我慢する』という行動ができれば、ダイエット成功にグッと近づきます。

このように判断を迷ったときは、『行動した未来』と『行動しない未来』を比較すれば正しい判断ができるようになります。

人は『目の前にある利益を優先する生き物』だと知る

人は目の前にある利益を優先する生き物です。

だからダイエットをしているのに、目の前にある美味しい食べ物を我慢できず、つい食べてしまいます。

これは昔の時代は食べ物が少なく、いつ食事ができるかわからない状態だったからです。

なので目の前に食べ物があったら、すぐに食べて栄養を補給しなければなりませんでした。

そして、そんな先祖のDNAを受け継いだボクたちは、目の前の利益ばかりを優先し、将来のことを考えるのが苦手になりました。

このため転職をすれば年収がアップするかもしれないのに、目先の手間や費用といったデメリットに目を向けてしまうのです。

自分の可能性をあきらめないこと

やらない理由を探す人は、自分の可能性を自分自身であきらめていることが多いです。

例えば自分では、自分のことをコミュ障だと思っている人が、本当は相手の気持ちを考えられる優しい人間というパターンが結構あります。

これは例えるなら動物園のゾウと同じです。

動物園のゾウは、小さいころから鎖でつながれているので、成長して鎖を壊せるパワーがあるのに、動物園から抜け出そうとしません。

これと同じで、やらない理由を探す人は自分の能力を低く考えがちです。なので新しいことに挑戦する勇気が湧いてきません。

もちろん自分に自信を持つことは難しいことです。そもそも日本人には謙虚な人が多いし、自分に自信のない人のほうが多いです。

ですが誰でも自信を持つことはできます。その方法を以下で解説していきます。

自分に自信を持つ

自信を持つには方法は以下の2つです。

①自分の強みを知る

自分に自信を持つためには、自分の強みを知る必要があります。

そして自分の強みを知るためには、家族や友人から頼まれごとをするのがオススメです。

なぜかというと、家族や友人から頼まれごとをする内容が、あなたの得意なことや強みだからです。

例えば家族から『スマホの使い方を教えて欲しい』とお願いをされる人は、スマホの操作が得意だと言えます。

このように家族や友人から頼まれごとをすると、自分の強みや得意なことがわかります。

そして強みや得意なことを伸ばしていけば、自分に自信が持てるようになっていきます。

②1ヶ月だけ好きなものを我慢する

次にオススメなのが、1ヶ月だけ好きなものを我慢すること。

なぜなら『1ヶ月好きなものを我慢した』という行動によって、『自分はやればできる』という感覚を身につけることができるからです。

例えば僕はエッチな動画を1ヶ月我慢したり、大好物を我慢しています。

やってみるとわかるのですが、『自分はやればできる』という気持ちになり、少しずつ自分に自信が持てるようになってきます。

まとめ:人生で1番若い日は今この瞬間。

今回は仕事や人生に対して『このままでいいのか?』と悩む25歳に向けて記事を書きました。

仕事や人生に対して『このままでいいのか?』と悩むことは素晴らしいことです。

なぜなら向上心がない人間は、悩むことすらせず今の生活に満足してしまうからです。

ただし頭の中でゴチャゴチャ考えていても行動しなければ、今の生活に満足している人間と何も変わりません。

だから、やりたいこと・興味のあることが見つかったら、少しでも良いからやってみると良いです。

25歳なら多少ミスってもやり直せます。むしろ失敗した経験のおかげで今より成長できるはずです。

人生は成功よりも失敗することの方が多いです。

だから若いうちから失敗に慣れておけば、あとは勝手に人生がうまくいきます。

信じられないかもしれませんが、失敗なんて慣れてしまえばノーダメージです。

ゆうや
海外の研究ではナンパで振られた回数の多い人は、ナンパが誰よりもうまくなったという研究があるよ!笑

だからガンガン行動して失敗しましょう!

失敗は成功のもと!!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

正しい行動をすれば、
誰でも理想の職場に転職できます。

僕はFラン卒で、過去には短期離職を2度経験しています。
にもかかわらず大手企業に転職できたのは、正しいノウハウを実践してきたからです。
僕が公開しているノウハウを駆使すれば、学歴や職歴に不安のある人でも、理想の職場に転職できます。

①正しいサポートを受ける

僕のように経歴がボロボロだと、普通に就活しても良い結果は得られません。ジェイック第二新卒エージェントneoのように手厚いサポートが評判のエージェントを活用することで就職成功率を格段に高めることができます。

僕が実際に利用した最高のエージェント

②自分のやりたいことを知る

やりたいことがわからない状態で転職活動するのは「地図を持たずに旅に出るようなもの」です。過去の僕もポジウィルキャリアに出会うまではこの状態で苦しんでいました。

人生の目標・ゴールを明確にしたい方へ

③環境を変える

自分のやりたいことを知り、正しいサポートを受けても数日経てば元通り…。こうした失敗を繰り返さないためにも、環境を変えることをお勧めします。

おすすめなのは上京です。上京を成功させる方法はこちらで完全解説しています。

上京ノウハウを完全解説

タップできるよ

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道〜東北地方

北陸〜甲信越地方

関西〜近畿地方

東海地方

四国地方

中国地方

九州〜沖縄地方

目次