親から離れた方がいい人の特徴!親のために自分を犠牲にする必要はない

当サイトのリンクにはプロモーションを含む場合がありますが、私が責任を持ってリサーチしています。
親から離れた方がいい人・離れない方がいい人の特徴
悩む人

親から離れて生活したいな…。

このようなお悩みにお答えしていきます。

はじめまして、ゆうやです。

この記事を書いているボクはボロボロの家庭環境で育ち、高校生のときから祖母と2人で暮らしていました。

今回はこのような背景のボクが、親から離れた方がいい人の特徴を解説していきます。

結論

親から離れたいと思ったら今すぐ離れた方がいいです。

なぜなら人生は1度きりで、失った時間は2度と取り戻せないからです。

親を大切に思う気持ちは大切ですが、親のために自分を犠牲にする必要はありません。

金銭的に不安で親から離れられないなら、リゾートバイトのように寮費や水道高熱費、食費が無料の働き方をすればいいです。

もしくはジェイック第二新卒エージェントneoウズキャリのようにニートやフリーターの就職に強いサービスを使えばOKです。

いずれにせよ親から離れる方法はたくさんあるので、あきらめちゃダメです。

1度しかない人生、好きなように生きましょう!

仕事を見つけて親から離れよう!!

僕の推しエージェント

  • JAIC(ジェイック)書類選考なしで優良企業約20社と面談できる!全国に約40社しかない職業紹介優良事業者
  • 第二新卒エージェントneo:手厚いサポートが売りで最短6日で内定獲得!約34,000人の求職者を支援した実績あり
  • ウズキャリ:内定率86%以上!離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設けブラック企業を徹底排除
目次

親から離れた方がいい人

親から離れた方がいい人の特徴は以下のとおりです。

毒親と暮らしている

毒親とは、子どもを支配したり、傷つけたりする親のことをいいます。

育ててくれた親のことを毒親と認めるのは苦しいかもしれませんが、毒親と暮らしていても百害あって一利なし。

自分らしい人生を歩むためには、毒親とは離れた方がいいです。

自立心が強い

自立心の強い人は、親から離れた方がいいです。

自立心とは他者からの指示ではなく、自分から主体性を持って行動する心をいいます。

たとえば夢や目標に向かって、自分の意思で努力できる人のことです。

自分を犠牲にしている人

親のことを大切にするがあまり、自分のことを犠牲にしているなら親から離れた方がいいです。

たとえば親の介護が大変で、自分のメンタルがボロボロなら老人ホームに預けるのも1つの手です。

親は大切ですが、自分の人生はもっと大切です。

親の言いなりで生きてきた人

進学や就職、恋愛において親の言いなりで生きてきた人は、親と離れた方がいいです。

なぜなら親の言いなりで生きて失敗しても、親は責任をとってくれないからです。

あなたの人生ですから、あなたの意思で生きるべきです。

親の前でいい子を演じてきた人

親の前でいい子を演じてきた人は、親から離れた方がいいです。

なぜなら親の前でいい子を演じてきた人が、親と暮らしていると自分らしく生きられないからです。

進学や就職、恋愛を自分らしくできないのは控えめに言っても地獄ですよ。

依存傾向のある親と暮らしている人

たとえば親があなたに父や母の悪口ばかり言ってきたり、生活費を要求してくるなら、そんな親とは離れた方がいいです。

なぜなら今はガマンできても、あなたも歳をとった時に耐えられなくなるからです。

親を大切に思う気持ちは素晴らしいですが、自分の人生なんだから好きに生きるべきです。

親を優先に生きてきた人

親を優先に生きてきた人も、親から離れた方がいいです。

たとえば親の顔色が気になって、自分のやりたいことにチャレンジできなかった人とかです。

人生1度きりなので親を優先に生きる必要はありません。死ぬ間際に後悔しても時間は取り戻せませんからね。

親から離れない方がいい人

親が好きな人

親のことが好きなら無理に親から離れる必要はありません。

1度きりの人生ですから、あなたの信じた道を進むべきです。

『良い歳して実家暮らしなんてダサい』とか言われるかもですが、無視でOK。

自分の人生なんですから、好きなように生きましょう。

親の面倒を見なくてはならない人

施設に預けたり、親族のサポートを受けられないなど、あなた以外に親の面倒を見る人がいないなら、親から離れない方がいいでしょう。

ただし無理は禁物です。少しでも負担を減らすためにベネッセのおうちごはんのような高齢者向けの宅配弁当を使ってみるのもいいかもしれません。

親との生活がストレスで、あなたの人生が崩壊したら元も子もありませんからね。

少しでもラクできるなら迷わずラクをしましょう。

貯金したい人

貯金したい人も親から離れない方がいいでしょう。

言うまでもなく親と一緒に生活すれば家賃や食費、水道光熱費、消耗品をせっぱんできるからです。

ただし毒親ではない普通の親に限ります…。

ただしお金のことを気にするあまり、親との生活がストレスなのに一緒に暮らすのはやめた方がいいです。

別に親と一緒に暮らさなくても、工夫次第で貯金できますからね。

たとえばリゾートバイトなら寮費や水道光熱費が基本的にタダなので、給料のほとんどを貯金できます。

僕はリゾートバイトを3ヶ月して50万円貯金しました。

親のために自分を犠牲にする必要はない理由

人生は1度きりだから

人生は1度きりなので、あなたが親のために生きることを選ぶなら、それを否定するつもりはありません。

しかし親のために自分を犠牲にして生きて、本当に後悔しませんか?

本当はやりたかったことを我慢してないですか?

もし胸を張ってYESと答えられないなら、親から離れた方がいいです。

人生は1度きりなので、あなたの好きなように生きるべきです。

親とはいえ他人

ドライな考え方と思われるかもですが、親とはいえ他人です。

あなたに嫌なことをしてきたり、無理なお願いをしてくるなら縁を切ることも検討したほうがいいです。

家族を大切にする気持ちは大切ですが、自分を犠牲にしてまで家族に尽くす必要はありませんよ。

時間は取り戻せない

お金は稼げば取り戻せますが、時間だけは何をしても取り戻せません。

あなたが自ら進んで、親のために自分を犠牲にしているなら良いです。

しかし少しでも苦痛やストレスを感じているなら、今日から自分のために生きることをオススメします。

親から離れた方がいい理由

遅かれ早かれ1人暮らしすることになる

人は誰でも、遅かれ早かれ1人暮らしすることになります。

いつまでも親が元気でいるわけじゃないですからね。

なので早いうちに1人暮らしを経験した方がいいです。

若いうちの1人暮らしなら親のサポートや会社の先輩がメシを奢ってくれることもありますからね。

自立できない大人になる

親と暮らしていると、親が何かと世話を焼いてくれるので自立しにくいです。

10代ならまだしも、20代で自立してないのはダサいです。

世間体が悪い

親と暮らしている人は世間体が悪いです。

たとえばマッチングアプリでは、実家暮らしの異性はNGとしている人は多いです。

また僕の経験上、親と暮らしている人は仕事をすぐ辞める傾向があります。

おそらく親と暮らしている安心感から、嫌な仕事を我慢しようという気にならないのでしょう。

婚期を逃す

親と暮らしていると婚期を逃します。

なぜなら気軽に異性を家に呼べないし、先述したように親と暮らしている異性は印象がよくないからです。

実際、僕の周りにいる女性は親と暮らしている男性とは付き合えないと言っている人が多いです。

逆に男性も親と暮らしている女性とは付き合えないと言っている人が多いです。

親から離れる方法

リゾートバイトをする

リゾートバイトをすれば親と物理的に距離を置けます。

リゾートバイトで全国の温泉やビーチ、スキー場など、観光地にあるホテルや旅館などの施設で「住み込みで働く仕事」です。

なのでリゾートバイトをすれば、親と物理的に距離を置けます。

また基本的に、寮費や水道光熱費、食費がタダなので、お金のない人でも今すぐ親元を離れられます。

僕もリゾートバイトをして親元を離れました。

リゾートバイトが気になる方は以下の記事をチェックしてみてくださいね。

就職する

ニートやフリーターの人は、就職して親から離れるのも1つの手です。

ニートやフリーターでもジェイック第二新卒エージェントneoウズキャリを使えば正社員になれるので利用してみるといいですよ。

すでに正社員として働いている人は、スモッカのようにキャッシュバックがもらえる不動産アプリを利用して引越しするといいですよ。

上京支援サポートを受ける

ネットビジョンアカデミー(NVA)のように賃貸を3ヶ月無料で貸してくれるサービスを利用するのも1つの手です。

賃貸が3ヶ月無料なんて怪しいと思う人もいるでしょう。

しかしネットビジョンアカデミーは経産省のリスキリングを通じたキャリアアップ支援事業の認定を受けている信頼できるサービスなので安心してくださいね。

まとめ:親から離れた方がいい人の特徴!親のために自分を犠牲にする必要はない

今回は親から離れた方がいい人の特徴を解説しました。

親のために自分を犠牲にする必要はないので、この記事がきっかけで1人でも多くの方が自分らしく生きられるようになってくれたら嬉しいです。

というわけで今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
就職成功に欠かせない3つのサービス

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

    • 土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

    • 残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。




転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なときに、すぐ行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

タップできるよ

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道〜東北地方

北陸〜甲信越地方

関西〜近畿地方

東海地方

四国地方

中国地方

九州〜沖縄地方

目次