はじめに「キャリアサバイバー」とは?

当サイトは、高卒や中退、Fラン大学、就職に失敗した人、元ニート・フリーターなど経歴に傷がある人に役立つ就職情報サイトです。

僕は地元の公立高校を卒業後、偏差値40の大学に進学。

大学在学中に就職先が見つからず、半年間フリーターをしていました。

しかし現在は、6度の転職を経て29歳で年収750万円になることができました。

当サイトは、ここに至るまでに僕がやったことを、誰でも再現できるようにまとめました。

つまり当サイトで学習すれば、誰でも理想の就職先を見つけることができます。

Fラン出身の元フリーターが29歳で年収750万円になった。

僕がこの事実を人に話すと、必ず言われることがあります。

  • 仕事できるタイプなんですね。
  • もともと地頭がよかったんですね。

しかし、僕がフリーターから29歳で年収750万円までステップアップできたのは、上記の理由からではありません。

僕がFランから這い上がれたのは、転職のメリットを最大限に利用したからです。

目次

高学歴や大企業で働いている人は当サイトは必要ない

もしあなたが高学歴で、東京一工や早慶、GMARCHの出身で大企業で働いているなら、当サイトは必要ありません。

ですが親ガチャ、環境ガチャに外れたせいで、理想のキャリアを歩めていないなら、ぜひ当サイトを活用してください。

新卒は「学歴」、転職は「実績」を見られる

新卒一括採用では、学歴フィルターによって、学歴の低い人は、希望する会社の選考すら受けられません。

しかし転職活動になった途端、学歴ではなく実績が見られます。

ただし、社内MVPのような輝かしい実績は必要ありません。

地味な仕事でもアピール材料になります。

僕の年収推移

スクロールできます
年月2017年4月~9月2017年10月~2019年7月2019年8月~10月2019年11月~3月2020年4月~2022年6月2021年6月〜2024年5月2024年5月
年齢22歳22歳〜24歳25歳25歳26歳26歳〜29歳29歳
職種フリーター警察官工場勤務接客業
リゾートバイト
無職営業営業
年収102万円400万円240万円300万円0円330万円→600万円750万円
仕事内容カラオケまねきねこ交番勤務配管工事など
転職理由公務員試験に受かった激務で体調を壊した上京資金を貯めたい上京したい年収を上げたい
僕の年収推移

こんな感じです。

見てわかるように、早期退職や無職、フリーターを経験しており、キレイな経歴ではありません。

しかし着実に年収をアップさせることに成功ました。

では、僕がどのような転職活動をしてきたのか。

包み隠さずお伝えしていきます。

「訳あり転職」を成功させるための5ステップ

当サイトでは僕のように低学歴、低スペックの転職を「訳あり転職」と呼びます。

そして訳あり転職を成功させる方法は、以下5つのステップに分解されます。

訳あり転職を成功させる5ステップ

STEP
  • 学歴やスキルのない人が転職を成功させるには?
  • ブラック企業を見抜く方法
  • 伸びている業界リスト
STEP
  • 「成果」や「実績」より大切なのは「再現性」
  • 大企業出身者に勝つ方法
STEP
  • 転職エージェントが支援したくなる人の特徴
  • 転職エージェントを味方につけるテクニック
STEP
  • 転職市場で求められる人材になる実績の作り方
  • 社内MVPよりも目指すべきもの
STEP
  • ブサメンの僕が垢抜けた方法

当サイトのポリシー

当サイトのボリシーは原体験に基づく1次情報を発信することです。

今の時代、情報だけならネットや書籍で簡単に手に入ります。

だからこそ、実際に行動したことで得られた知見を発信するこには大きな価値があると思っています。

本を読んで実践した結果を発信している

僕はこれまでキャリアに関する書籍を30冊ほど読んできました。

その中でも以下5つの書籍は、僕のキャリア形成に大きな影響を与えています。

参考書籍

本の要約は、ネットで検索すれば見れますし、YouTubeで解説しているチャンネルも多くあります。

ですが本を読んで、実践した結果を発信しているメディアは少ないですよね。

本を読むことは、誰でもできますが、行動に移せる人は少ないです。

だからこそ、当サイトで発信する情報には価値があると考えています。

当サイトを設立した背景

過去の僕と同じように、「親ガチャ」や「環境ガチャ」に外れた人でも、理想のキャリアを歩めることを伝えたかったからです。

自分の不幸自慢をしたいわけではありませんが、少しだけ自分語りをさせてください。

僕は人口1万人の田舎で生まれ育ち、両親は僕が幼いときに離婚したので、裕福とは言えない生活をしていました。

また僕の田舎では、高卒で働くのが当たり前で、大学進学する人は少数派でした。

こんな環境で育ったので、勉強していたら「ガリ勉」と言われて、バカにされたことも数え切れません。

中学時代は野球部の先輩にイジメられて、不登校になりかけたこともあります。

こんな僕でも本を読んで実践したら、理想のキャリアを手にすることができました。

この経験から、僕と同じように「親ガチャ」「環境ガチャ」に外れた人に向けて情報を発信したいと考えるようになりました。

おわりに

書籍「ゼロストレス転職」のよれば、日本で転職を希望している人は年間約800万人いると言われています。

このうち、実際に転職する人は約300万人。残りの約500万人は転職を希望しているのに転職しません。

転職活動を途中でやめたり、最初から転職をあきらめてしまいます。

なぜ転職希望者のうち、大半の人が転職をしないのか?

その理由は次のとおりです。

  • アピールできるスキルがない
  • なかなか内定をもらえない
  • 時間、体力、精神的にストレスが大きい

せっかく時間をかけて応募書類や面接対策をしたのに不採用が続いたら、転職をあきらめてしまうのは当然。

転職活動を始めたての頃は「最高の職場を見つけよう」と思っていたのに「入社できればどこでもいい」に変わります。

人によっては「自分には価値がないんだ…」と自己肯定感が下がり、転職をあきらめてしまいます。

こうした「転職活動の失敗」はよくある話です。

内定が出ない人の特徴

内定が出ない人は、次のような勘違いをしていることが多いです。

  • たくさん応募して数で勝負する
  • すごい「強み」や「実績」をアピールしなくてはいけない
  • 書類選考は「履歴書」と「職務経歴書」で決まる
  • 面接はコミュ力で決まる

たくさん応募すると、対策を十分にできず、かえって内定率が下がります。なので数社に絞るべきです。

すごい強みや実績も不要です。必要なのは「再現性」です。

書類選考も「履歴書」と「職務経歴書」だけで勝負する必要はありません。

補足資料を提出すれば、さらに書類通過率を高められます。

面接はコミュ力ではなく、応募書類にツッコミどころを残しておき、面接官を誘導するのがポイントです。

これらのポイントを押さえれば、僕のように「短期離職」「無職」「低学歴」といった訳ありの人でも、転職を成功させられます。

  • 転職したいけど、何をすればいいのかわからない。
  • 転職活動したけど失敗した。
  • 実績やスキルがないから転職できない

このような悩みを抱えている人は、ぜひ当サイトを活用してみてください。

以下の各ステップでお待ちしています。

訳あり転職を成功させる5ステップ

STEP
  • 学歴やスキルのない人が転職を成功させるには?
  • ブラック企業を見抜く方法
  • 伸びている業界リスト
STEP
  • 「成果」や「実績」より大切なのは「再現性」
  • 大企業出身者に勝つ方法
STEP
  • 転職エージェントが支援したくなる人の特徴
  • 転職エージェントを味方につけるテクニック
STEP
  • 転職市場で求められる人材になる実績の作り方
  • 社内MVPよりも目指すべきもの
STEP
  • ブサメンの僕が垢抜けた方法
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

正しい行動をすれば、
誰でも理想の職場に転職できます。

僕はFラン卒で、過去には短期離職を2度経験しています。
にもかかわらず大手企業に転職できたのは、正しいノウハウを実践してきたからです。
僕が公開しているノウハウを駆使すれば、学歴や職歴に不安のある人でも、理想の職場に転職できます。

①正しいサポートを受ける

僕のように経歴がボロボロだと、普通に就活しても良い結果は得られません。ジェイック第二新卒エージェントneoのように手厚いサポートが評判のエージェントを活用することで就職成功率を格段に高めることができます。

僕が実際に利用した最高のエージェント

②自分のやりたいことを知る

やりたいことがわからない状態で転職活動するのは「地図を持たずに旅に出るようなもの」です。過去の僕もポジウィルキャリアに出会うまではこの状態で苦しんでいました。

人生の目標・ゴールを明確にしたい方へ

③自分のことを知る

ワークライフバランス、高年収、人間関係…。仕事に何を求めるかは100人いれば100通りの答えがあります。つまり何をホワイト企業と感じるのかも人それぞれ。VIEWを使えば3分で自分の特性がわかるので利用してみるといいですよ。

わずか3分でAIがあなたの特性を解析

タップできるよ

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道〜東北地方

北陸〜甲信越地方

関西〜近畿地方

東海地方

四国地方

中国地方

九州〜沖縄地方

目次