23歳『人生詰んだ』『人生終わった』と感じる人に伝えたいこと

内容に広告・プロモーションを含む場合があります
23歳『人生詰んだ』『人生終わった』と感じる人に伝えたいこと
悩む人

23歳なんだけど、人生終わった…。

働くやる気がでない…。

人生詰んだかも。

このようなお悩みにお答えしていきます。

どうも、ゆうやです。

この記事を書いているボクはニート歴は2年ほどあります。

正社員になってからも5度の転職を経験し、ボロボロの人生を歩んできました。

こんな経歴のボクから言わせてもらうと、23歳は人生詰んでません。

終わってもいないです。

むしろ23歳は人生スタートすらしていません。

スタートしてない人生に終わりもクソもありません。

本記事を読めば23歳の人生が詰んでない理由と、人生終わっていない理由がわかります。

23歳から人生をやり直す方法も解説していきます。

ぜひ参考になさってください。

それでは本題に入っていきます。

2024年7月13日最新の転職情報

2024年7月13日は秋採用をする企業が増えるので就職しやすい時期です。

またボーナスをもらってから辞める人が増えるため、欠員を補充するために求人を出す企業も多いです。

さらに新入社員が退職した会社は、空いたポストを埋めるための採用を行います。

この場合、企業は教育コストのかからない第二新卒や社会人経験者を採用したがる傾向にあります。

僕がホワイト企業に転職を成功させたのもこの時期で、以下2つのエージェントを利用しました。

以下2つのエージェントを利用すれば、非公開求人も紹介してもらえるので話だけでも聞いてみるといいですよ!

スクロールできます
サービス名特徴対象年齢対象エリア評価

JAIC(ジェイック)
正社員求人100%
非公開求人アリ
書類選考無し
18~35歳全国

第二新卒エージェントneo
平均10時間の手厚いサポート
最短6日で内定獲得
約12,000の求人を保有
18~28歳全国
おすすめエージェントの比較
目次

23歳『人生詰んだ』『人生終わった』と感じる人に伝えたいこと

23歳『人生詰んだ』『人生終わった』と感じる人に伝えたいこと

冒頭でも言いましたが、23歳は人生詰んでないし終わってないです。

理由を解説していきます。

23歳は就職成功率が高い

20〜24歳の正社員割合は71.8%。つまり23歳はその気になれば就職なんて簡単

参照;厚生労働省が平成30年に発表した「若年者雇用実態調査

しかし23歳なのに就職できずにいる人も約30%います。

この人たちは、同年代が就職しているのに自分だけ就職できないので、人生詰んだ・終わったような感覚になるのです。

ですが安心してください。

23歳で就職できない人は就職活動のやり方を間違えているだけ

正しい方法で就活すれば23歳から正社員になることは簡単です。

その方法は本記事の後半で解説します。

ポテンシャル採用してもらえる

「ポテンシャル採用」とはスキルや経験ではなく人柄など潜在的な能力を重視した採用方法のことを言います。

ポテンシャル採用にハッキリとした年齢制限はありませんが、20〜30代を目安に募集している企業が多いです。

23歳はポテンシャル採用が使えるので、未経験の業界にも挑戦できます。

なので23歳で就職先が決まらずに人生が終わることはありません。

23歳で就職先が決まらない人は、就活のやり方を間違えているだけです。

約8割の企業が経歴を気にしていない

フリーターだった経歴をマイナス評価する企業はわずか13.5%です。

(参照:厚労省が行ったフリーターであったことへの評価』という調査)

つまり約80%の企業は、フリーターでも気にせずに採用するのです。

なので23歳のフリーターから正社員になることは可能です。

ただしフリーターが就職を成功させるためには、ちょっとしたコツが必要です。

フリーター就職のコツは本記事の後半で解説します。

少子高齢化で若い人材が不足している

今の日本は少子高齢化によって若い人材が不足しています。

なので多くの企業が20代を採用しようと必死になっています。

人気企業へ就職するのは難しいですが、中小企業なら簡単に就職できます。

ホワイトな中小企業に就職する方法は以下で解説しています。

23歳で詰んだ人生を挽回する方法3選

23歳で詰んだ人生を挽回する方法3選

ニート・フリーターの就職に強いエージェントを活用する

23歳でニート・フリーターの人は社会人経験がないので、普通に就職活動しても他のライバルに勝てません。

なのでニート・フリーターを専門にサポートしているエージェントを活用するのがオススメ。

ボクがニート時代にお世話になったエージェントは以下の3つです。

これらのエージェントは完全無料ですが、有料級のサポートをしてくれます。

僕が使って良かった転職エージェント3選

フリーター・既卒からの就職成功率は48.9%(※)と言われています。

しかしJAIC(ジェイック)を利用すると81.1%まで就職成功率をアップさせることが可能です。

(※既卒からの就職成功率(市場平均)市場平均:48.9%(2017年卒マイナビ大学生内定率調査より))

JAIC(ジェイック)以外の2つも就職成功率が高く、親身にサポートしてくれます。

ボクは3つのエージェントを利用し合計5つ内定をらいました。

ニート・フリーターから正社員を目指すなら、この3つのエージェントを使っておけば間違いありません。

あなたの好みに合うエージェントを利用してみてくださいね。

中小企業で社会人経験を積む

就職しやすい中小企業に入社するのも1つの手です。

なぜなら中小企業で活躍して実績やスキルを身につければ、大企業へ転職できるからです。

実績やスキルを身につけられなくても、とりあえず社会人経験がさえあれば転職で有利になります。

中小企業の求人を見つけるには、先ほども紹介した3つのエージェントを活用すると良いです。

フリーター就職に強いエージェント

JAIC(ジェイック)書類選考なしで優良企業約20社と面談できる(18~35歳が対象)

第二新卒エージェントneo:手厚いサポートが売り。(18〜28歳が対象)

第二新卒の窓口:最短1週間で内定。(東京・神奈川・埼玉・千葉に勤務できる20〜29歳が対象)

市場価値の高いスキルを身につける

市場価値の高いスキルを身につけてから就職活動するのも1つの手です。

たとえばITエンジニアは2030年に41万人不足すると言われています。

なのでITスキルを身につければ仕事に困りません。

ボクも2020年にプログラミングスクールを受講し、IT係の仕事に就けました。

おかげで年収が600万円までアップしています。

以下3つのサービスなら未経験からIT業界に就職できます。

興味のある方はチェックしてみてください。

仕事探しは若いほど有利【23歳なら余裕】

仕事探しは若いほど有利【23歳なら余裕】

23歳が人生詰んでないし、終わってない理由として、仕事探しは若いほど有利であることが挙げられます。

以下では仕事探しが若いほど有利な理由を解説していきます。

第二新卒として扱ってもらえる

第二新卒とは、企業へ入社してから3年以内に退職または転職をする人のことを指します。

最近だと第二新卒を採用しようとする企業も増えています。

第二新卒を専門にサポートするエージェントもあるくらいです。

第二新卒は基本的なビジネスマナーが身についており、教育コストをかけずに済みます。

なので企業は第二新卒を採用したがります。

ただし第二新卒になるためには、1度就職していることが必須条件。

なので社会人経験のない人は、先に紹介したニート・フリーターに強いエージェントを活用して、社会人経験を積む必要があります。

関連記事:一生正社員になれないクズの特徴【元ニートのワイが徹底解説】

若い方が教育しやすい

30代の人を採用して教育するより、23歳を採用して教育したほうが長く活躍してくれるし、教育しやすいです。

もし教育担当者が自分より年下だったら仕事しにくいですよね。

ですが23歳なら先輩社員が年下になる可能性は低いので、企業も23歳なら採用しやすいと感じるのです。

だから仕事探しは若いほど有利です。

30代になると正社員になれる確率がガクンと下がる

過去1年以内に非正規雇用から正社員になった人の割合は以下の通り。

若いほど正社員になりやすいことがわかります。

  • 15〜19歳 =29.9%
  • 20〜24歳 =32.7%
  • 25〜29歳 =25.5%
  • 30〜34歳 =18.1%
  • 35〜39歳 =15.5%

30代から正社員になれる割合が10%台になっていることがわかります。

30代になるとポテンシャル採用してくれる企業も減り、スキルや実績が重視されることが原因だと考えられます。

なかでも大きな原因は、就職エージェントのサポートを受けられないことです。

エージェントの多くは20代のサポートをメインとしています。

このような背景から、30代になると正社員になれる確率が下がり、人生が詰んでしまうのです。

だからエージェントのサポートを受けられる20代のうちに、正社員を目指すべきです。

【まとめ】29歳までなら人生なんとかなる

【まとめ】29歳までなら人生なんとかなる

今回は、23歳で『人生詰んだ』『人生終わった』と感じている人に向けて、以下のメッセージを送りました。

  • 23歳は就職成功率が高い
  • ポテンシャル採用してもらえる
  • 約8割の企業が経歴を気にしていない
  • 少子高齢化で若い人材が不足している

このような理由から、23歳の人生は詰んでないし終わってもいないです。

30代から就職先を見つけようとすると、スキルや実績が求められますが、23歳はちがいます。

やる気と将来性をアピールできれば、未経験でも採用してくれる企業がたくさんあります。

ですが

『人生詰んだ・終わった』

と思い込んでいると、このような事実に気づかず、自分からチャンスを潰してしまうのです。

本記事をここまで読んだあなたはもう大丈夫です。

23歳が就職しやすい年齢であることを理解しました。

あとは行動するだけです。

行動してすぐに結果が出るわけではありませんが、行動しなければ何も起こりません。

「行動しなきゃ良かった」

と思うこともあるかもしれませんが、何もしないより100倍マシです。

23歳ならこれからの努力次第でいくらでも人生を変えられます。

この記事を読み終えたらエージェントに登録するなどの行動を起こしましょう!

というわけで今回は以上です。

僕が使って良かった転職エージェント3選

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

正しい行動をすれば、
誰でも理想の職場に転職できます。

僕はFラン卒で、過去には短期離職を2度経験しています。
にもかかわらず大手企業に転職できたのは、正しいノウハウを実践してきたからです。
僕が公開しているノウハウを駆使すれば、学歴や職歴に不安のある人でも、理想の職場に転職できます。

①正しいサポートを受ける

僕のように経歴がボロボロだと、普通に就活しても良い結果は得られません。ジェイック第二新卒エージェントneoのように手厚いサポートが評判のエージェントを活用することで就職成功率を格段に高めることができます。

僕が実際に利用した最高のエージェント

②自分のやりたいことを知る

やりたいことがわからない状態で転職活動するのは「地図を持たずに旅に出るようなもの」です。過去の僕もポジウィルキャリアに出会うまではこの状態で苦しんでいました。

人生の目標・ゴールを明確にしたい方へ

③環境を変える

自分のやりたいことを知り、正しいサポートを受けても数日経てば元通り…。こうした失敗を繰り返さないためにも、環境を変えることをお勧めします。

おすすめなのは上京です。上京を成功させる方法はこちらで完全解説しています。

上京ノウハウを完全解説

タップできるよ

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道〜東北地方

北陸〜甲信越地方

関西〜近畿地方

東海地方

四国地方

中国地方

九州〜沖縄地方

目次