転職を繰り返すとクズ扱いされる?クズになる人・ならない人の違い

転職繰り返す人の末路【クズになる人・ならない人】

転職を繰り返すとクズ扱いされちゃうかな??

このようなお悩みにお答えしていきます。

はじめまして、転職を繰り返すクズです。

僕は20代で6度も転職をしています。

今回はこのような背景の僕が、転職を繰り返す人はクズなのか?という疑問にお答えします。

この記事を書いた人

【プロフィール】

  • 29歳時点で6度の転職を経験
  • 鬱になった経験アリ
  • ニート歴1年、フリーター歴2年
  • 偏差値40の国公立大学卒
  • 元警察官
ゆうや

この記事を読めば、転職を繰り返すクズから卒業できますよ〜!!

目次

転職を繰り返す=クズではない

結論:転職を繰り返す人はクズではありません。

理由は以下のとおりです。

  • 失敗は成功の母だから
  • 実績をアピールできれば転職できるから
  • 今は転職が当たり前の時代だから

それぞれ説明していきますね。

失敗は成功の母だから

転職を繰り返したとしても、同じことを繰り返さなければ結果オーライです。

たとえばブラック企業に就職した経験のおかげで、今の仕事が楽に感じるメリットがあります。

ほかにも合わない仕事をして鬱になった経験がある人は、次の転職を慎重にするでしょう。

このように失敗を次に活かせれば、失敗は失敗ではなくなります。

なので転職を繰り返す=クズと考えるのは間違っています。

実績をアピールできれば転職できるから

転職回数が多くても、実績やスキルをアピールできれば問題ありません。

逆に転職回数の少ない人でも、実績やスキルがなければ転職できません。

“ものは言いよう”です。

これまでの実績を言語化できれば、転職を繰り返してもクズになりませんよ。

今は転職が当たり前の時代だから

今の日本は転職が当たり前の時代といわれています。

たとえば大企業のサントリーですら『45歳を定年にしたい』旨の発言をしました。

このことからもわかるように、今の日本は終身雇用が崩壊しています。

つまり1つの企業に定年まで働き続けるという考えは終わっているんです。

なので転職を繰り返す=クズという考え方も古いですよ。

とはいえ何も考えずに転職を繰り返すとクズになります。

ではどんな人は転職を繰り返すことでクズ化するのか?特徴を解説します。

転職を繰り返すことでクズになる人の特徴

転職を繰り返す=クズとは限りませんが、人によってはクズになります。

たとえば以下の特徴を満たす人は、転職を繰り返すことでクズになりやすいです。

  • やりたいことが明確ではない人
  • 数ヶ月で転職を繰り返す人
  • 失敗を活かせない人
  • 金銭面に不安を抱えている人
  • スキルや実績が何もない人
  • 転職が癖になっている人

それぞれ説明しますね。

やりたいことが明確ではない人

やりたいことがなくて転職を繰り返す人はクズになりやすいです。

やりたくない仕事を続けられるほど、人間は強くないですからね。

たとえば高校球児がキツい練習を耐えられるのは、野球が好きで甲子園に出たいという目標があるからです。

仕事もこれと同じです。好きでもない仕事を続けられるほど、人間は強くありません。

なので、やりたいことが明確ではない人は、転職を繰り返すことでクズ化しやすいです。

解決策は後述します。

数ヶ月で転職を繰り返す人

数ヶ月で転職を繰り返す人もクズになりやすいです。

なぜなら数ヶ月で転職してしまうと、何もスキルが身につかず、転職活動でアピールできる材料が何もないからです。

また、数ヶ月で転職を繰り返すと、「短期離職」とみなされてしまい、面接官からの印象が悪いです。

1回くらいの短期離職なら問題ありませんが、何度も繰り返してしまうと「人間性に問題のある人」と思われてしまい、転職のハードルが上がってしまいます。

なので数ヶ月で転職を繰り返す人はクズになりやすいです。

参考:短期離職している方が転職を成功させる方法

失敗を活かせない人

  • 人間関係がしんどい
  • 仕事内容があわない

こうした理由で転職するのは仕方ないことです。

配属ガチャや上司ガチャに外れることは、誰しも経験することですからね。

しかし何度も繰り返しているなら、あなたの危機管理能力が不足しているサインです。

一旦立ち止まって原因を分析しないと、これから先も転職を繰り返してしまい、クズ化します。

金銭面に不安を抱えている人

金銭面に不安を抱えていると、焦って転職先を決めてしまうため、転職を失敗しやすいです。

焦る→ブラック企業に就職→すぐ辞める

このサイクルを繰り返してしまいクズ化しやすいです。

なので金銭面に不安を抱えている人は、休職や失業保険などの制度を活用しながら転職活動することをおすすめします。

金銭面に不安を抱えている人におすすめの記事

スキルや実績が何もない人

スキルや実績が何もない状態で転職活動しても、給料が下がったり待遇が悪化しやすいです。

ゆうや

いわゆるジョブホッパーってやつです。

転職が癖になっている人

嫌な仕事を無理して続ける必要はありません。

無理して働くと鬱や適応障害になってしまいますからね。

しかし転職が癖になってしまうと、ちょっとしたことでも辞めたくなります。

一度ついた癖は治りにくいので、転職する前に休職などの手段も検討してみるといいですよ。

転職を繰り返す人はクズ?経験者20人の末路をチェック!

ここでは当サイトがクラウドワークスで、転職を繰り返した人に向けて実施したアンケート結果を紹介します。

当サイトがクラウドワークスが実施したアンケート

上記の項目を20名の男女にアンケートし、まとめると以下のような結果を得られました。

メリットデメリット
自分に合う仕事がわかる
給料がアップする
スキルアップできた
人間関係をリセットできた
心身が楽になった
ブラック企業を見抜けるようになった
転職するたび年収が下がった
有給の日数がリセットされる
応募書類の作成が大変
面接で嫌な思いをした
人間関係の構築がメンドウ
昇給や昇格で不利

以下で20名の回答をくわしくチェックしてみましょう。

①知識が増えたが、人間関係の構築が大変

転職を繰り返す人

転職回数3回の30代女性です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

色々な職場に行くことで、知識が増えたことです。
こういうやり方、考え方もあるのだなと視野が広がりました。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

人間関係を1から築くのがしんどいことです。
また、仕事も新たに覚えないといけないので大変な部分がありました。

②前職の経験を活かせたが、もう少し我慢していればよかった

転職を繰り返す人

転職回数5回の50代女性です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

井の中の蛙にならずに済んだり、前職の経験を現在の仕事に生かすことができることですね。

あとは色々な職場を経験することで、現在の職場を客観的にみることができるのが良かったことです。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

最初の職場で我慢して頑張っていれば、給料や社会的地位は今よりよかったことですね。

今思えば、もう少し我慢して働いていれば良かったと思うこともあります。

色々な職種を経験できてよかったが、もう少し我慢していればよかった

転職を繰り返す人

50代女性で転職回数は3回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

若いうちに色々な職種を経験できたことは、50代になった今でも良い経験だったと思います。

若いうちは就きたい仕事ができるので、転職を繰り返して良かったと思います。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

ひとつの職種を極める前に辞めてしまったこともあるので、もう少し我慢して働いていれば良かったと思うことがあります。

応用力がアップしたが、正社員として転職を繰り返すのはおすすめしない

転職を繰り返す人

40代女性で転職回数は5回以上です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

たくさんの職場を経験することで、色々な人との出会いがあること、色々な業務の経験値があがること。

対人、対仕事、様々な場面を経験することで対応力、処理能力、応用力がスキルアップしたと思います。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

わたしは結婚後、派遣社員として転職を繰り返しました。

(結婚前は、大学卒業後に就職し正社員として長く勤めていました。)


なので、転職を繰り返して悪かったことはありません。

派遣社員なので、様々な職を転職できたと思います。

転職を繰り返して就職することのデメリットとして、正職員として何回も転職するのは日本では難しいと思います。

何回も転職している人は、「なぜ前の会社を辞めたのか」聞かれるので、よほどの理由がない限り、この人は辞めやすい人だと見受けられ採用されにくい思います。

正職員は長く勤めてもらうことを期待して採用すると思うので。

(よほど高いスキルを持っていれば別だと思いますが・・・)

自分に合った職種と出会えたが、賃金が低くなった

転職を繰り返す人

40代男性で転職回数は4回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

自分に合った職種に出会えたことです。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

転職を繰り返すことで年齢を重ねてからの就職になったので、会社内の同年代の人達より賃金が低いところです。

1つの職場で長く勤めていたら、今よりも待遇や年収が良かったのかと思います。

様々な経験ができてよかったが、慣れるまで大変だった

転職を繰り返す人

40代女性で転職回数は5回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

さまざまな業務や会社を経験することができたのがよかったです。

ソフトウェアエンジニア経験を活かし、異なる分野へ転職をしたので、経験を生かすことができて、違う環境や業種を経験でき、刺激がありました。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

新しい環境で働くのはおもしろい反面、慣れるまで覚えることが多くあったり、職場での人に慣れるのは大変でした。

面接のときに、転職で異なる業種を選んでいることで一貫性がないと面接官から見られたことがあります。

ブラック企業を見分けられるようになったが、慣れるまで大変

転職を繰り返す人

40代女性で転職回数は5回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

いろいろな会社での就業を経験することで視野が広がり、比較対象ができるのでブラック企業かどうか判断がつきやすくなりました。

異なる業種を経験することで世の中の仕組みに新しい発見もあります。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

毎回ゼロから人間関係を作る必要があり、同じ職種であっても仕事のやり方、システムの使い方は会社ごとで全然違うので、最初から覚える大変さはありますね。

自分に合った働き方がわかるが、職位や給料に問題が出る

転職を繰り返す人

30代男性で転職回数は3回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

転職するたびに本当に自分に合った働き方が何なのか分かるようになってくる。

1度だけだと転職活動も分からないことだらけだが、回数を重ねると慣れるので、より適切に行動できる。

今働いている職場の環境がヒドい場合、嫌々仕事を続けてストレスを抱えなくても、気軽に転職という選択ができる。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

転職先で軽く見られてしまったり、同じ職場でキャリアを積み重ねられないため職位や給料に問題が出ますね。

新鮮で楽しかったが、転職するたびに緊張する

転職を繰り返す人

30代男性で転職回数は3回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

新鮮で毎回仕事を覚えるのが楽しかったことと、色んな方と知り合いになれるところですね。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

毎回緊張するし、年齢的に『その歳で転職って前の会社でなにかやらかしたのかな?』と思われてないかな…と気になったりします(汗)

キャリアアップできるが、人間関係が希薄になるのが寂しい

転職を繰り返す人

30代女性で転職回数は3回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

転職を繰り返すことで、キャリアアップできたり希望の条件に近いところで働けるのが良いとこですね。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

人間関係が1からになり希薄になってしまうのは寂しいし、転職するたび仕事を覚えるのが手間ですね・・・。

自分に合う仕事がわかったけど、昇給や退職金のメリットが少なくなる

転職を繰り返す人

40代女性で転職回数は4回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

自分に合った仕事内容や働き方がよくわかりました。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

長く勤めてこその恩恵(昇給や、退職金の増額)がいまいち受けられないことでしょうか。

人間関係をリセットできたが、給与が悪くなった

転職を繰り返す人

30代女性で転職回数は3回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

人間関係など、隔離したいと思うような状況から逃避できることです。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

転職を繰り返すたびに給与が悪くなっていったことです。

見識が広がったが、前職の話を聞いて後悔した

転職を繰り返す人

30代女性で転職回数は2回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

業種・職種の違う複数社で働くことで、様々な業界の知識が広く身に付いたと思うし、見識が広がりました。

1つの会社しか知らなければ、社内で学んだことが一般的な事なのか、その会社独自の事なのかが分からない事があります。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

転職のたびに有給休暇付与数がリセットされてしまい、転職直後は有給が少なくなるのが悪かったことです。

また、自分が在職中は業績が低迷していた時期だったのですが、転職した後に転職元の業績が好転し、後で元同僚にボーナスの話などを聞いて後悔したことはあります。

年収が上がったが、転職回数が多いことがネックになっている

転職を繰り返す人

30代男性で転職回数は3回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

面接で向こうからの提示金額が思ったより高く年収が上がったこと。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

退職理由を聞かれ、そのことがネックになっているように面接時に感じますね。

心身ともに楽になったが、人間関係に疲れる

転職を繰り返す人

40代女性で転職回数は3回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

自分の時間に余裕ができるシフト仕事に変更できたので、心身共に楽になりました。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?
  • 人間関係を1から築かないといけない。
  • 途中から入るので上下関係に疲れる。

この2つが転職を繰り返して悪かったことですね。

年収が上がるけど、応募書類の作成が大変

転職を繰り返す人

30代女性で転職回数は3回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。
  • いろんな企業や業界の人と知り合え働ける。
  • 様々な経験やスキルが身に付く。
  • 年収が上がる場合がある。
  • 自分の向き不向きがわかるようになる。
転職を繰り返して悪かったことはありますか?
  • 年収が下がる場合がある。
  • 転職活動が大変。
  • 履歴書や職務履歴書を書くのが大変。
  • 仕事が長続きしないなど、マイナスの印象を与える。

自分のやりたい仕事をできたが、面接で不愉快な思いをした

転職を繰り返す人

40代女性で転職回数は4回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

自分のやりたい仕事に近づけたことです。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

転職をする度に面接で不愉快な思いをしたことです。

ゆうや

僕も面接で不愉快な思いをしたことがあるよ。

スキルアップできたが、職務経歴書の作成が大変

転職を繰り返す人

30代男性で転職回数は4回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

様々な業務のやり方、人付き合いの仕方を経験したので、自分のスキルアップになっていると感じます。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

まず職務経歴書を書くのが大変ですね。あとは人から忍耐力が無いなどと見られがちになることです。

どんな仕事が向いているかわかったけど、面接で嫌な思いをする

転職を繰り返す人

40代男性で転職回数は5回です。

転職を繰り返して良かったことを教えてください。

どんな仕事が向いているかわかることです。

転職を繰り返して悪かったことはありますか?

履歴書の経歴が多くて毎回面接の時に嫌味を言われることです。

転職を繰り返すクズから抜け出す方法を5ステップで解説

転職を繰り返すクズから抜け出す方法は以下のとおりです。

STEP
自分の強みを知る
STEP
強みを活かせる会社に就職
STEP
最低でも1年は働いて実績を作る

1年以上、働いたことのない人はジェイック第二新卒エージェントneoウズキャリに相談してみよう!

STEP
実績を武器に転職活動
STEP
①〜④を繰り返す

詳しく説明していきます。

①自分の強みを知る

兎にも角にも、自分の強みを知らなければ何も始まりません。

楽しいと感じる仕事は人それぞれですからね。

僕の場合は、とにかく高年収を稼ぎたいと思うタイプなので、営業職がフィットしていました。

実際にVIEWという診断アプリで、自分の特性を調べると「独立性」だけが突出していることが判明。

こんな感じで、自分の強み・特性を知ったうえで仕事を選べば、向いている仕事と出会えて、転職を繰り返さなくなりますよ。

史上初のAIによる適職診断

完全無料で利用できます

②強みを活かせる会社に就職

ステップ①で自分の強み・特性がわかったら、それを活かせる会社を探しましょう。

どんな業界で働きたいのか決まっていない人は、保有求人の多いリクルートエージェントdodaエージェントサービスを使うといいです。

あなたの経歴や特性に合わせて、向いてる業界・職種を提案してくれるので。

すでに働きたい業界が決まっている人は、業界ごとに特化したエージェントを使うと内定を取りやすいです。

たとえば今1番勢いのあるSaaS業界ならマーキャリさんを使う感じですね。

とにかくオススメの業界で働きたい!!

って人は、こちらの動画がめっちゃ参考になります。

僕はこの動画を見て、SaaS業界への転職を決意しました。

③最低でも1年は働いて実績を作る

ステップ②で強みを活かせる業界に転職できたら、最低でも1年は働いてほしいです。

1年経たずに退職すると以下のデメリットがあるからです。

  • 短期離職とみなされ面接で不利になる
  • スキルが身につかない
  • 向き不向きを判断できない

できれば3年以上はたらくのがベストです。

関連記事

④実績を武器に転職活動

ステップ③で実績を作ったら、実績を武器に転職活動をします。

このとき意識してほしいのが、軸をずらしながら転職することです。

たとえば保険の営業をしていた人は、営業という職種はそのままで、働く業界だけ変えるイメージです。

保険の営業→ITの営業

こんな感じですね。

こうすることで、前職のスキルや経験を活かしながら転職できるため、年収や待遇が良くなりやすいです。

①〜④を繰り返す

ここまで説明した①〜④のステップを繰り返すことで、転職を繰り返しながらキャリアアップできます。

例えるなら「わらしべ長者」のようなイメージですね。

この転職手法は「わらしべ転職」とも言われており、こちらの本で詳しく解説されています。

著者の山下さんは偏差値40以下の高校を卒業後に、年収250万円の会社に就職。

それから複数回の転職を繰り返して、30代で年収1,000万円を達成しています。

転職を繰り返してしまう人は、このような成功例を真似てみるといいですよ。

僕もこの本の内容を実践して、年収300万円から600万円までアップさせることに成功しました。

まとめ:転職を繰り返す=クズとは限らない

転職を繰り返す=クズではありません。

本記事で紹介したように、年収250万円の高卒から、年収1,000万円の企業に転職した例もあります。

なので、しっかり戦略を立てて転職すれば、転職を繰り返してもクズになりません。

まずは1つの企業で土台を作って、そこから転職を繰り返せば、右肩上がりに年収がアップします。

まだ1つの企業で長く働いた経験のない人は、ジェイック第二新卒エージェントneoウズキャリなど、ホワイト企業の求人を紹介してくれるエージェントを利用するといいですよ。

1つの企業で長く働いて、実績や経験を積めたら、あとは「わらしべ長者」のように転職を繰り返せばOKです。

終身雇用が崩壊した現代において、転職を繰り返すことは悪いことではありませんよ^- ^

というわけで今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

正しい行動をすれば、
誰でも理想の職場に転職できます。

僕はFラン卒で、過去には短期離職を2度経験しています。
にもかかわらず大手企業に転職できたのは、正しいノウハウを実践してきたからです。
僕が公開しているノウハウを駆使すれば、学歴や職歴に不安のある人でも、理想の職場に転職できます。

①正しいサポートを受ける

僕のように経歴がボロボロだと、普通に就活しても良い結果は得られません。ジェイック第二新卒エージェントneoのように手厚いサポートが評判のエージェントを活用することで就職成功率を格段に高めることができます。

僕が実際に利用した最高のエージェント

②自分のやりたいことを知る

やりたいことがわからない状態で転職活動するのは「地図を持たずに旅に出るようなもの」です。過去の僕もポジウィルキャリアに出会うまではこの状態で苦しんでいました。

人生の目標・ゴールを明確にしたい方へ

③自分のことを知る

ワークライフバランス、高年収、人間関係…。仕事に何を求めるかは100人いれば100通りの答えがあります。つまり何をホワイト企業と感じるのかも人それぞれ。VIEWを使えば3分で自分の特性がわかるので利用してみるといいですよ。

わずか3分でAIがあなたの特性を解析

タップできるよ

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道〜東北地方

北陸〜甲信越地方

関西〜近畿地方

東海地方

四国地方

中国地方

九州〜沖縄地方

目次