警察官にならない方がいい人の特徴7つ【元警察官が解説】

当サイトのリンクにはプロモーションを含む場合がありますが、私が責任を持ってリサーチしています。
悩む人

警察官になりたいけど大変そう。

自分が警察官に向いているのか知りたい。

警察官になるコツってあるのかな?

このような疑問にお答えしていきます。

ゆうや

はじめまして、ゆうやです。

僕は北海道で2年間警察官をしていましたが、適応障害になり退職しています。

今回はこのような経歴の僕が、警察官にならない方がいい人・なったほうがいい人の特徴をまとめました。

本記事を読めば、警察官にならない方がいい人の特徴がわかりますよ。

目次

警察官にならない方がいい人の特徴7つ【元警察官が解説】

【元警察官が語る】警察官にならない方がいい人

それではさっそく、警察官にならない方がいい人を解説していきます。

警察官にならない方がいい人は以下のとおりです。

警察官にならない方がいい人

1つずつ解説していきますね。

①警察はラクな仕事だと思っている。

警察の仕事はキツイです。

警察学校(大卒6ヶ月、高卒10ヶ月)のうちはまだマシですが、学校を卒業したあとの実務がキツイです。

個人的に一番きつかったのは眠れないこと

学校を卒業したあとは交番勤務をすることになるのですが、交番の警察官は当直勤務という、24時間勤務をします。

交番勤務員の睡眠時間は最大4時間(地域によって異なります)です。

しかし事件・事故が発生したら眠る時間などありません。

僕の場合は繁華街の交番に勤務していたこともあり、眠れない日が続きました。

そして睡眠不足とストレスによりめまい・吐き気・不眠症を発症。

心療内科で適応障害と診断を受け、約半年の休職期間のあとに自主退職しました。

田舎などの事件や事故が少ない地域の警察官ならしっかり寝れますが、忙しいエリアに配属されたら寝る暇がないほど忙しいです。

②人と関わるのが好きではない人

警察官は人と関わるのが好きでないと続かないです。

なぜなら、交番勤務では市民と会話する機会が多いからです。

例えば

  • 自転車の防犯登録
  • 迷子の捜索
  • 男女のもめごと
  • 落とし物の処理
  • 交通整理
  • 違反者の取締
  • 巡回連絡

など、警察の仕事はひとりで完結しないものばかりです。

また交番という密室で上司と24時間過ごすので、コミュニケーションスキルが求められます。

ゆうや
上司が良い人ならいいですが、人間には相性があります。

もし、あなたと上司の相性が最悪だとしたら、24時間ニガテな人と密室で過ごすことになるので、生き地獄です。

なので人と関わるのが好きではない人は警察官にならない方がいいです。

警察に憧れを持ちすぎている人

警察組織の人間関係は無茶苦茶ブラックです。

出世するために他人の揚げ足を取る人がたくさんいますし、パワハラ上司もたくさんいます。

ハッキリ言って、警察組織では仕事を頑張ろうが、周りに嫌われていたら出世できません。

市民のために犯罪や違反を捕まえるというより、上司の顔色を伺うことが大切です。

なので警察に憧れを持ちすぎている人は、警察官にならない方がいいです。

③飲み会が嫌いな人

警察組織には飲み会が好きな人が多いです。

そのため定期的に飲み会が開催されており、新人・若手は絶対参加です。

しかも警察組織の飲み会はクソつまらないです。

なぜなら上司に酒を注ぎながら、説教を受けることになるからです。

だから飲み会が嫌いな人は、警察官にならない方がいいです。

④体調を崩しやすい人

体調を崩しやすい人は警察官にならない方がいいです。

なぜなら小中高で皆勤賞だった僕ですら、警察官になって体調を崩したからです。

ゆうや
警察官の仕事で体調を悪くしたボクは半年休職し、自主退職しました。

それに警察官は24時間勤務なので、夜中の通報でもすぐに駆けつけなければなりません。

とくに夜中の真冬に現場へ駆けつけたときは、手足の感覚がなくなりました。

なので体調を崩しやすい人は、警察官にならない方がいいです。

⑤体育会系のノリが苦手な人

警察官にならない方がいい人の特徴4つ目は「体育会系のノリが苦手な人」です。

警察官はTHE体育会系の組織です。

たとえば警察学校では入校式(学校でいう入学式)を行うのですが、この練習がゴリゴリの体育会系です。

具体的にどんな練習をするのかというと、ひたすら起立と着席をくり返すということを9時〜17時30分までやります。

そしてこの練習では、当たり前のように「バカ、アホ」などの罵声が飛び交います。

入校式の練習で警察官を辞める人も多いです。

なので体育会系のノリが苦手な人は、警察官にならない方がいいです。

メンタルや気が弱い人

メンタルや気が弱い人も、警察官にならない方がいいです。

なぜなら警察官はメンタルを追い込まれるような出来事にたくさん出くわすからです。

たとえば人の命が左右されるような場面も多いですし、勤務も不規則です。

また上下関係も厳しく、パワハラ上司も多いです。

なのでメンタルや気の弱い人は、警察官にならない方がいいです。

【元警察官が語る】警察官になったほうがいい人

【元警察官が語る】警察官になったほうがいい人

警察官になった方がいい人の特徴は以下のとおりです。

警察官になった方がいい人

  1. 警察官になってからどの部署に入りたいか明確に答えられる人
  2. 家族や恋人など、自分以外に守りたいものがある人
  3. 睡眠時間が短くても平気な人
  4. 集団行動が得意・慣れている人

1つずつ解説していきますね。

警察官になってからどの部署に入りたいか明確に答えられる人

警察官はさまざまな部門から成り立っており、大きく以下の部門から成り立っています。

  • 地域課
  • 交通課
  • 刑事課(強行犯・盗犯・知能犯)
  • 生活安全課
  • 警備課
ゆうや
この中でどの部署に行きたいかハッキリ答えられる人は、警察官になっても大丈夫です。

なぜなら警察になることではなく、なったあとの姿をイメージできているからです。

このような人は、多少の困難にも負けずに職務を全うできるでしょう。

どの部署に行きたいのか決まっていない人は、いったん立ち止まり、自分が警察官になって何を成し遂げたいのかをハッキリさせたほうが良いです。

ちなみにボクが警察官になった理由は

  • 「世間体がいいから」
  • 「モテそうだから」
  • 「給料が高いから」

という理由だったので、すぐに退職するハメになりました。

家族や恋人など、自分以外に守りたいものがある人

繰り返しになりますが、警察官はキツい仕事です。

なので家族や恋人など、自分以外に守りたいものがある人は辞めずに続けることができるでしょう。

人は『自分ではない大切な誰かのために頑張るとき、大きなパワーを発揮する』と言われています。

ゆうや
実際ぼくが見てきた警察官の中でも、家族や恋人がいる人は出世する傾向がありました。

ですが大切な存在のために頑張りすぎて、うつ病になって退職した人も見たことがあります。

ボクの知り合いのように、うつ病になるまで頑張る必要はありませんが、大切な人のためなら警察官というツラい仕事でも頑張れます。

なので家族や恋人など、自分以外に守りたいものがある人は警察官になるべきです。

睡眠時間が短くても平気な人

先ほども言いましたが、警察官の睡眠時間は最大で4時間ほどです。

なので睡眠時間が短くても平気な人は、警察官に向いています。

ただし交番によっては1秒も眠れないところもあるので、これに関しては運です。

ゆうや
僕の知っている交番では『一番下の後輩は寝てはいけない』という厳しいルールがありました。(実際に僕も体験しました)

集団行動が得意・慣れている人

警察官は採用されてから、警察学校に入校し集団行動をします。

たとえば警察学校のモーニングルーティンはこんな感じです。

  • 朝6:45分に点呼
  • ランニング1キロ
  • 学食で朝ごはん
  • 1時限目の授業に向けて準備

警察学校では、授業の開始5分前に全員が着席している必要があります。

そのため1人でも遅れてしまうと、クラス全員に迷惑をかけてしまいます。

ゆうや
それから教官に自分たちの部屋のチェックをされることがあり、部屋が汚かった人はペナルティーを受けます。

ペナルティーを受けると連帯責任でランニングをさせられたり、反省文を書かされることになります。

以上のように、警察学校では集団行動を基本とした生活をすることになります。

なので集団行動が得意な人・慣れている人は警察官に向いています。

ゆうや
集団行動に慣れていない人でも、警察官になれば勝手に慣れるので安心してね!

警察官によくある質問

警察官によくある質問

ここでは警察官に関するよくある質問にお答えしていきます。

警察官になってよかった?

ここまで色々書きましたが、警察官になってよかったです。

理由は以下のとおりです。

警察官になってよかったこと
  1. 24時間勤務の大変さがわかった
  2. 人間関係でのうまい立ち回りを覚えることができた、
  3. 健康のありがたさを再認識できた。
  4. 警察官に心から感謝することができるようになった。
  5. 新しい職場でも会話のネタに困らない。

以上のとおりでして、キツい経験をしたからこそ普通の生活ができる喜びがわかるようになりました。

ゆうや
なので警察官を退職した今は最高に幸せです。

警察の仕事はやっぱりキツい?

キツいです。

ただし一度警察官の仕事を経験しておけば、転職先の仕事をラクに感じることができます。

なので若いうちに警察官の仕事を経験しておくのはオススメです。

警察官で1番ツラいことは?

眠れないことです。

実際に経験していないと信じられないかもですが、睡眠不足になるとメンタルが弱くなり、些細なことで落ち込んだりイライラします。

また睡眠不足は肥満の原因とも言われており、実際に警察官の肥満率は高いというデータがあります。

だから警察官にとって1番ツラいことは眠れないことです。

ゆうや

夜勤のデメリットは以下の記事で解説しているよ!

警察官から転職するのは厳しい?

いいえ簡単です。

なぜならボクが警察官を退職してから4回転職しているからです。

ゆうや
警察官の経験を評価する企業はたくさんあります。

なので警察官から民間企業へ転職するのは難しくないです。

警察官から転職を成功させる方法はこちら

20代後半で警察官になるのは厳しい?

いいえ。ボクの同期には30歳で警察官になった人がいるので問題ありません。

警察官はやめとけ!5つの理由

まとめ:警察官はあまりオススメしない

警察官になろうか迷っているのであれば、ならない方がいいです。

理由を説明していきます。

警察官の平均寿命は62歳

日本警察官の平均寿命は62歳と言われており、中国警察官の平均寿命は48歳です。

ちなみに令和4年における日本人の平均寿命は男性81.47歳、女性:87.57歳です。

このことから警察官は短命であることがわかります。

だから警察官になるか迷っているのであれば、ならない方がいいです。

金があっても使う時間がない

警察官はそれなりに給料をもらえる職業ですが、使う時間がありません。

なぜなら旅行をするにも届出を提出しなければいけないし、彼氏・彼女の身辺調査をされるからです。

ゆうや
なので手軽にストレス解消ができる、飲酒やギャンブルにハマってしまう警察官が多いです。

ストレスで頭がおかしくなる

警察官はストレスが多い仕事です。

休日も携帯は常につながる状態にしておく必要がありますし、交通違反なんてもってのほか。

このようなストレスフルな生活を続けた結果、せっかく警察署長になった人が万引きしてクビになる事件が起きたりします。

参照:朝日新聞『北海道警の副署長、万引きの疑い

嫌われることの多い職業

消防士は感謝されることが多いですが、警察官は嫌われることの多い職業です。

たとえば交通違反を取り締まっていると、嫌味の1つや2つを言われることはザラです。

市民から悪口や嫌味を言われ続けると、人間不信になります。

なので警察官になるか迷っているなら、なるのはやめておいた方がいいです。

職業をバラしてはいけない

警察官は職業を他人にバラしてはいけません。

なぜなら警察官を恨んでいる人に襲われるリスクや、捜査情報を聞き出そうとする人がいるからです。

そのため警察官であることを他人にバラすことができません。

なので仕事の悩みを他人に打ち明けにくく、ストレスを溜めやすいです。

警察官にならない方がいい人がすべきこと

おわりに:警察官にならない方がいい人にオススメの職業

警察官にならない方がいい人の特徴に当てはまった人は、以下の行動を起こしましょう。

警察官以外の仕事を目指す

警察官を目指す人は責任感が強いです。

なので営業職や製造業のように、ノルマや締め切りがある仕事も向いています。

キャリアコーチングを受ける

キャリアコーチングを受けて、向いてる仕事を教えてもらうのも良いでしょう。

僕は警察官を辞めてから、人生の目標を見失っていたのですが、キャリアコーチングのおかげで新たな目標を見つけられました。

警察官をあきらめて別の道に進みたいけど、何をすれば良いのかわからない

という悩みを抱えている人は、キャリアコーチングを受けてみるといいですよ。

ITスキルを身につける

ITスキルを身につけるのもオススメです。

2030年には、約70万人のエンジニアが不足すると言われているので、高年収が期待でき、未経験からも就職しやすいです。

ちなみに僕はプログラミング未経験の文系ですが、プログラミングスクールに通い、IT業界に転職しました。

未経験からプログラミングを学ぶのは大変ですが、警察官の仕事よりは楽です。

合わせて読みたい!

警察官にならない方がいい人の特徴7つ【まとめ】

警察官にならない方がいい人の特徴7つ【まとめ】

これから警察官を目指す方へ

警察官は休みも不規則で、肉体的・精神的にシンドイことが多い仕事です。

強い正義感を持っていれば乗り越えられるかもしれませんが、あまり無理はしないでくださいね。

少しでも辞めたいと思ったら、すぐに転職を検討してください。

うつ病の再発率は60%なので、一度でもうつ病になると、死ぬまで再発のリスクと戦わねばなりません。

なので、これから警察官を目指す片は、くれぐれも無理をしないでください。

いま警察官の人へ

この記事を読んでいる時点で、かなりメンタルがボロボロなはず。

であれば、すぐに転職とまではいかなくても、エージェントに登録して相談してみることをおすすめします。

エージェントは相談だけでも利用できますからね。

JAIC(ジェイック)第二新卒エージェントneoなら、しつこい勧誘もなく評判もいいので使ってみるといいですよ。

ゆうや

というわけで今回は以上です。

他にも警察官のキャリアに関する記事を書いているので、下記からご覧になってみてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
就職成功に欠かせない3つのサービス

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

    • 土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

    • 残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。




転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なときに、すぐ行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

タップできるよ

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道〜東北地方

北陸〜甲信越地方

関西〜近畿地方

東海地方

四国地方

中国地方

九州〜沖縄地方

目次