ニート・フリーター実践記

【質問】正社員経験がなく、派遣でしか働いた事がない男はヤバイ?

 

 

今日は、いただいた質問にお答えしていきます。

 

質問

私は正社員として働いた経験がなく、派遣でしか働いたことがない男です。

コレってやばいですか?

今回はこのような質問にお答えしていきます。

ともや
ともや

この記事を書いている私は、実際に4カ月間派遣社員として働いた経験があります。

派遣社員として働いているときは、同僚に男性の社員もいました。

今回は、実際に派遣社員として働いていた私から、派遣社員として働くことに疑問を感じているあなたに向けて記事を書いていきます。

 

この記事では、

『正社員経験がなく派遣でしか働いたことない男はヤバいのか?』

という質問に対して僕なりの答えを用意しています。

結論から言うと僕は、正社員経験がなく、派遣でしか働いたことがない男はヤバいと思ってます。

 

では、なぜ、正社員経験がなく派遣でしか働いたことない男がヤバいのか?

と言う点について深掘りして解説していきます。

派遣社員として働いた事しかない人が、正社員として就職する方法もあわせて解説していくのでぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

正社員経験がなく、派遣でしか働いた事がない男はヤバイですか?

正社員経験がなく、派遣でしか働いたことのない男性がヤバいと思う理由

 

正社員経験がなく案件でしか働いたことのない男性がヤバいと思う理由は、派遣として働いていても将来に役立つスキルが身につかないからです。

一般的な仕事であれば、年数とともに、スキルが身に付いて地位あがっていきます。

そして地位が上がっていくとともに、年収も増えていきます。

例えば、営業職の人は、年数とともに管理職に就いて、部下をマネジメントする立場にはありますよね。

マネジメントする立場になれば、営業職として歩きまわっていた時よりも、収入が増えることが多いはずです。

ですが一方の派遣社員は、ずっと同じ仕事を続けて、何年たっても同じ作業を繰り返すことになる可能性が高いです。

もちろん、職種によっては、派遣社員でも好待遇を受けられる職種もあります。

例えばエンジニアとかですね。エンジニアであれば、派遣社員でも、良い待遇で仕事ができる可能性があります。

実際、エンジニアの場合だと、派遣社員であっても時給2000円くらいの案件はたくさんあります。

なので派遣社員であっても、エンジニアなど、特定のスキルを必要とする派遣社員であればヤバくないと思います。

ですが、誰でもできるような、単純作業の仕事をずっと続けていても、将来に役立つスキルは身に付きません。

以上の理由から私は、正社員経験がなく、派遣でしか働いたことのない男性がやばいと思います。

 

派遣でしか働いた事がない男が、派遣から抜けだすには?

 

派遣でしか働いたことがない男が、派遣から抜け出すには、何かのスキルを身につけることが1番だと考えています。

なぜなら、一度スキルを身に付けてしまえば、もし会社が潰れても食いっぱぐれることはありません、

なぜなら、あなた自身がスキルを持っているからです。

なので、もし会社が潰れても、他の会社で採用してくれる企業があるはずです。

もちろん、スキルを身に付ける事は簡単なことではありません。

ですが、スキルを身に付けることが簡単ではないからこそ、スキルを身に付ける価値があると私は思います。

なぜなら、スキルを身に付ける事はとても面倒だし、手間がかかるからこそ、多くの人がやりたがりません。

多くの人がやりたがらないからこそ、スキルを身に付けてしまえば、レアな存在になれると考えることができます。

スキルを身に付けてレアな存在になれば、他人から必要とされる存在になります。

他人から必要される存在になれば、収入も増えていきます。

収入を増やすためには、他の人と同じことをやっていては難しいです。

 

スキルを身に付ける以外の方法としては、YouTubeやブログで1発当てると言う方法もあります。

ですが、ブログやYouTubeは運の要素もあるので、あまり現実的ではありません。

なので、より現実的かつ確実な方法として、やはりスキルを身に付けるのが1番だと思います。

以上の理由から、派遣でしか働いたことがない男が、派遣から抜け出すには、何かスキルを身に付けることが1番だと思っています。

派遣でしか働いた事がない男が、スキルを身につけるには?

派遣でしか働いたことがない男がスキルを身に付けるには、スキルを身に付けられる環境に飛び込むのが1番だと思います。

なぜスキルを身に付けられる環境に飛び込むのが1番なのかというと、人は環境を作ってしまえば、やらざるを得ない環境を作ることができるからです。

もちろん、自宅でも、参考書やテキストを読んで自分の力だけでスキルを身に付けられる人もいます。

ですが、大体の人は家だと集中ができないし、途中で挫折してしまいます。

挫折を繰り返してしまうと、自分は何をやってもダメなんだ、と劣等感だけが大きくなっていきます。

このように、自分が何をやってもダメなんだと思ってしまう感情は、学習性無力感といいます。

学習性無力感によって、自分は何をやってもダメなんだという感覚を覚えてしまうと、今後の人生で挑戦することを諦めてしまいます。

挑戦することを諦めてしまうと人生がつまらないものになります。

学習性無力感によって、人生がつまらないものにならないためにも、なるべく挫折をせず、効率的な方法でスキルを身に付けるべきだと思います。

挫折をせず、効率的にスキルを身につけることは、時間の節約にもなります。

以上の理由から、私はスキルを身に付けるには、挫折しにくい環境を作ることが大切だと思っています。

挫折をしにくい環境とは、やらざるを得ない環境に飛び込むことだと思っています。

 

派遣でしか働いた事がない男は、どんなスキルを身につければいいのか?

派遣でしか働いたことがない男は、需要のあるスキルを身に付けるのが良いかと思います。

理由は、重要のないスキルを取ったとしても、収入の増加にはつながらないからです。

 

例えば…

プログラミングのスキルを身に付けた人

漢字検定を取得した人

どっちの年収が上がると思いますか?

 

この質問は極端な例ですが、答えはプログラミングスキルを身に付けた人ですよね。

 

これは極端な例ですが、時代の流れを読んでスキルを身に付けなければ、せっかく身に付けたスキルが全く役に立たないものになります。

せっかく身に付けたスキルを無駄にしないためにも、しっかりと時代に合ったスキルを身に付けるように意識してみてくださいね。

例えば、今最も人気があるスキルの1つでもある、プログラミングスキルであれば、今はコロナウィルスの影響でリモートでも学べる環境が整っています。

 

プログラミングはリモートで学習できる環境が整っているので、仕事終わりやスキマ時間に学習することも可能です。

 

リモートのスクールだとモチベーションの管理が難しいのでは?

と思われるかもしれませんが大丈夫です。

リモートの学習とはいえ、プログラミングスクール側で学習の管理をしてくれるので、モチベーションの低下を防ぐことが可能です。

実際に私は、派遣社員を4ヶ月勤めた後、DMM WEBCAMPというプログラミングスクールを受講してプログラミングを習得しました。

 

私は、DMM WEBCAMPを受講する前は、独学でプログラミング学習していました。

 

独学でプログラミング学習をしていた時の私は

『今日は仕事で疲れたからまた明日やればいいか。』

といった感じで、プログラミング学習を結構サボっていました。

 

ですが、DMM WEBCAMPを受講してからは、スクール側で学習スケジュールを管理してくれるので、プログラミングをやらざるを得ない環境に飛び込むことができました。

 

まあ正直、スクールでの学習はツラかったです。(笑)

 

学習はツラかったですが、今振り返ってみれば、DMM WEBCAMPを受講した事は本当に良かったと思います。

 

なぜなら、今こうしてブログやTwitterで情報発信ができているのはプログラミングを学んだおかげだからです。

もしプログラミングを学ばなければ、私は今も派遣社員として文句を言いながら単純作業を繰り返す日々だったと思います。

 

過去の私が、今のようにブログで情報発信をしているなんて考えもしませんでした。

 

それもこれも、プログラミングを本気で学んだおかげだと思っています。

なので、プログラミングスクールを受講した事は正解だったと思います。

 

プログラミングに限らず、何かスキルを身に付けることで、人生で見える景色はガラッと変わります。

 

もし、あなたが今の自分の現状を変えたいと思っているのであれば、ぜひ何かスキルを身に付けることを考えてみてくださいね。

 

日本の社会人の平均勉強時間は6分と言われています。

なので、たった少しの努力で日本人の上位数%に入ることができるはずです。

この記事を読んでくれるほど、勉強熱心なあなたなら絶対にできます。

 

【元受講生が違いを比較】DMM WEBCAMPのオススメコースは? この記事を書いている私は、2020年の5月にDMM WEBCAMP短期集中講座を受講していま...

プログラミング以外のスキルを身につけたい人へ

プログラミング以外のスキルを身に付けたいという人もいると思います。

そのような人は、就職支援サービスを活用すると良いでしょう。

就職支援サービスでは、就職サポートはもちろん、住居をサポート、さらには食費までもサポートしてくれる企業もあります。

 

17歳から24歳であれば、ヤンキーインターンという就職サポートと、住居、食費をサポートしてくれる企業さんがオススメです。

ヤンキーインターンは費用0円で怪しい?卒業生のその後の進路は? 今回はそんなお悩みや疑問にお答えしていきます。 この記事を読む終える頃には、 ・ヤンキーインターンに闇は...

 

他のサービスとしては下記の4つのポイント、どれか1つを満たしている人にオススメのサービスがあります。

・29歳以下の求職者

・就職、就業経験が無い人

・非正規でしか働いたことのない人

・最近2年で、正社員として1年以上働いたことのない人

これらの4つのポイント、どれか1つを満たしている人『東京インターンUP to 29』というサービスがお勧めです。

東京インターンUPto29は東京財団法人東京都仕事財団より委託を受けて運営されているサービスです。

東京財団法人東京都仕事財団は、昭和50年10月25日から続く財団なので、安心して利用できるかと思います。

 

東京インターンUP to29の就職先は下記のようになっております。

 

寝具メーカー

ITインターネット関連会社

物流貿易関連会社

設備工事メンテナンス会社

生還メーカー

会計事務所

システム開発ITコンサルティング

OA IT機器のリユース事業

 

東京インターンUP to29では、コロナウィルス感染拡大予防策の一環として、オンラインでの事業説明会も行っています。

この機会に、手に職をつけたいと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

まとめ

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

最後にこの記事のまとめをしていきます。

 

この記事のまとめ

・正社員経験がなく、派遣でしか働いたことのない男性がヤバい理由

→誰でもできるような、単純作業の仕事をずっと続けていても、将来に役立つスキルは身に付かないから。

ただし例外がある。例外はエンジニアなどのスキルを持った人材。

エンジニアであれば派遣社員でも時給単価2000円くらいの案件は珍しくない。

 

・派遣でしか働いたことがない男が、派遣から抜け出すには?

→需要があるスキルを身につける(例:プログラミングスキル)

 

・スキルを身に付けるためのお勧めの方法は?

→やらざるを得ない環境を作ること。

独学でも可能だが、効率が悪く、挫折する可能性が高い。(私はスクールに通った)

 

・就職支援サービスを活用すれば、正社員として働ける企業を紹介してくれる可能性が高い。

→いづれのサービスも年齢制限があるので注意。

東京インターンUP to29は29歳以下

ヤンキーインターンは17歳から24歳

 

 

以上が今回の内容のまとめとなります。

今回の内容がきっかけで、あなたの人生が少しでも良い方向に変わるきっかけになったら嬉しいです。

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう٩( ‘ω’ )و

 

PS どんな仕事だろうと、上も下もありません。

1つだけお伝えしておきます。

どんな仕事だろうと、上も下もありません。

仕事をしている本人が、その仕事に対してプライドを持って、しっかりと目的意識を持って取り組んでいるのであれば、どんな仕事であっても素晴らしい仕事です。

 

実際、私の友人には水商売をしている友人が数人います。

一般的に見ると彼らは、誇れる仕事をしているとは、言えないかもしれません。

ですが、彼らは本当にプロ意識がすごいです。

お客さん全員の趣味や性格などの情報を細かくメモして、しっかりと頭に入れてますし、マメな連絡を欠かしません。

もちろん、水商売という職業柄、イメージはあまり良くないかもしれません。

ですが、ちゃんと話を聞いてみると、彼らのプロ意識には本当に驚かされます。

ですので、どんな仕事をしようとも、世間からどのような評価をされていようとも、大切なのは、その仕事をしている本人の気持ち次第だと私は思っています。

なので、正社員として働いたことがなく、派遣でしか働いたことがない男でも、自分の仕事に誇りを持っているのであれば、全然恥ずかしいことではありません。

もちろん、世間の大半の人は、派遣社員に対してあまり良いイメージを持っていません。

ですが、大切なのは、世間からの評価ではなくて、自分が自分の仕事に対してどのような評価を持っているかだと私は思います。

 

今回の記事の内容では

『正社員として働いたことがなく、派遣社員でしか働いたことがない男はヤバい』

という表現を使いました。

 

ですが、この表現は、あくまで、世間一般的な視点から見た評価です。

私自身は、派遣社員であろうが、自分の仕事にプライドを持って取り組んでいる人であれば、全然ヤバいと思いません。

しかし、中立的な立場から考えると、将来に役立つスキルが身に付かない働き方を続けるのはデメリットであると考えています。

どうか勘違いなさらぬよう、お願いいたしますm(._.)m

 

それでは、今回の内容は以上で終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今回の内容が、あなたの人生を変えるきっかけになってくれたらうれしいです。

 

また次回の記事でお会いしましょう(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

今回紹介した就職支援サービスはこちらです。

・29歳以下向け

TOKYOインターンUP to 29  若者正社員チャレンジ事業

 

・24歳以下向け

ヤンキーインターン
ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です