ニート・フリーター時代

就活失敗してよかった3つの理由|引きこもりになった原因

新卒で就活に失敗してしまった。

自分にはルックスもトーク力もないし、企業は若い人を好むから自分はもう就職できない。

まわりの友達は内定をもらって旅行に出かけているのに、自分は何をやっているんだろう。

新卒で就職失敗した人間が、既卒で就職できるわけないよな…。

ともや
ともや
このようなお悩みにお答えしていきます。

はじめまして、トモヤです。

この記事を書いているボク大卒で就活に失敗し、ニート→引きこもりになりました。

大卒でニートになったときは自殺願望も芽生えるなど、メンタル的にかなり不安定でした。

ですが、今は新卒で就活失敗してよかったと思っています。

とはいえ、現在内定をもらえず苦しんでいるあなたの立場からすると、就活失敗してよかったなんてウソのように聞こえるでしょう。

しかし、この記事を読むことで、就活失敗してよかったと思える理由を知ることができます。

また本記事では、就活失敗した人が就職を成功させる方法についても紹介していきます。

就活失敗した人・失敗しそうな人は、ぜひ最後までご覧ください。

【前提】新卒で就活失敗した人はどれくらいいる?

【前提】新卒で就活失敗した人はどれくらいいる?

まず初めに、新卒で就活失敗した人の割合をチェックしていきましょう。

令和2年:就活失敗した人は約4万人

文部科学省発表の「令和2年度学校基本調査」によると、大卒で就活失敗した人の割合は7.1%です。

同時期の卒業者が約57万8千人なので、約4万人が就活失敗していると考えることができます。

以上のことから、新卒で就活失敗したことに対して、それほど落ち込む必要はないと言えるでしょう。

2019年の転職者数は過去最高の351万人

それに、もし無事に新卒で就職できたとしても、転職をする人だってたくさんいます。

総務省統計局の調査によると2019年の転職者数は”過去最高”の351万人です。

じっさい、ボクは26歳で5回転職をしています。

にもかかわらず、今こうして平和に働くことができているのは、転職が当たり前の時代になりつつあるからです。

ですので、就活失敗したくらいじゃ人生は終わりません。

もし就活失敗が人生終わりなら、就活失敗だけでなく、転職すら失敗しているボクの人生は何回終わったか数え切れません。

なので、就活失敗しても大丈夫です。

ともや
ともや
転職失敗しても大丈夫な理由は下記の記事からどうぞ。

ボクが就活失敗して引きこもりになった理由

就活失敗して引きこもりになった理由

冒頭にも少し話をしましたが、ボクは就活失敗→引きこもりという人生を歩んでいます。

この章では、ボクが就活失敗して引きこもりになった理由と原因について解説していきます。

理由①:そもそも就職意欲が低かった

ボクはそもそも就職意欲が低かったです。

なぜなら、働きたいと思える企業もなかったし、どの会社に入社しても残業ばかりでツラい人生を歩むんだろうな、、、とネガティブになっていたからです。

なので、就活がうまくいかないと、すぐにやる気を失ってしまい、結局1つも内定をもらうことができずにニートになりました。

理由②:自分に自信がなかった

2つ目は、自分に自信がなかったことです。

というのも、ボクは中途半端な学生生活をおくっていたからです。

ボクの学生生活は以下のようなカンジでした。

  • 体育会系に所属していない
  • ボランティア活動をしていない
  • 勉強ができるわけでもない

上記のように、ボクは自分に自信をもてるような学生生活をおくっていませんでした。

そのため、就活をしても

  • 『自分なんか内定もらえるわけないよな』
  • 『内定もらえたとしても、ブラック企業だよな』

という心理状態になり、就活に本気で取り組むことができませんでした。

例えるなら、自分のルックスに自信のない人間が、好きな子にアプロートできないようなものです。

自分に自信がないと、あらゆる面で行動力が減ってしまうので、成功する確率が減ってしまうのです。

理由③:プライドが高かった

①②でお伝えしたとおり、ボクは自分に自信がありませんでした。

にもかかわらず、プライドだけは高い人間でした。

というのも、就活しているときのボクは

・『営業職だけはイヤ』

・『あの業界だけはムリ』

と、決めつけて就活をしていました。

なので、企業説明会や就職セミナーのような就活イベントに参加していませんでした。

今ふりかえってみると『企業説明会だけでも聞いておくべきだった』と思います。

なぜなら、興味のない企業の話でも、聞いてみると『あれ、この会社意外といいかも』と思うことが、よく起きるからです。

例えるなら、子供のときに嫌いだった食べ物が、大人になってから食べれるようになるようなものですね。

なので、就活がうまくいかない人は、特定の業界にこだわったり、特定の分野を毛嫌いするのをやめてみると、就活がうまくいくかもです。

【本題】就活失敗してよかったと思うこと

【本題】就活失敗してよかったと思うこと

前置きはここまでにして、さっそく本題に入っていきます。

ボクが新卒で就活失敗してよかったと思うことは3つあります。

①人の痛みを知ることができた。

ボクは就活失敗したおかげで、自分と同じように就活失敗した人の気持ちがわかるようになりました。

そして、就活失敗の経験があるおかげで、こうしてブログを書くことができています。

また、会社に入社してみるとわかるのですが、キレイな経歴を持っている人なんて、ほとんど居ません。

ほとんどの人は、ニート・フリーター経験があったり、受験に失敗している人ばかりです。

落ち込んでいるときは、自分が世界で一番不幸になったような気がしますが、ほとんどの人が何かしらの失敗をしています。

たとえば、ボクなんて就活失敗だけじゃなくて、26歳時点で5回も転職していますし、1年間の引きこもり経験があります。

にもかかわらず、現在は正社員として働くことができています。

だから、就活失敗くらいじゃ人生は終わりません。

むしろ、失敗経験があるからこそ、他人の気持ちを理解できる優しい人間になれます。

②努力するキッカケになった。

2つ目は、努力するキッカケになったことです。

たとえば、ボクはルックスもトーク力も人より劣っているので、筋トレを頑張りました。

おかげで、ベンチプレスを100kg挙げることができるようになり、見た目に自信をもつことができるようになりました。

また、ブログで情報発信するようになったのも、新卒で就職失敗した経験があり、人とは違うことをしないと差を埋められないと思ったからです。

このように、ボクは新卒で就職できた人間よりも劣っている人間という自覚があるので、人よりも努力するようになりました。

人生100年時代と言われているこの時代に、努力する習慣が身についたのは、自分にとって大きな財産だと言えます。

以上の理由から、ボクは新卒で就活失敗してよかったと思っています。

③ハングリー精神が身についた。

3つ目は、ハングリー精神が身についたことです。

ボクは北海道出身ですが、今は東京で暮らしています。

このような行動ができたのは、就職失敗して失うものがない状態だったからです。

そして上京してからは、ありがたいことに良い企業から内定をもらうことができました。

もちろん、就活失敗してヤケになって行動すると傷口を広げてしまう可能性もあります。

しかし、何かを変えるには行動するしかありません。

就活失敗して落ち込む気持ちは痛いほどわかりますが、落ち込んでいても内定はもらえません。

なので、たくさん落ち込んで、気持ちが落ち着いてからでいいので、どうやったら内定をもらえるのか?ということに気持ちを切り替えて行動を起こすべきです。

とはいえ、就活失敗したあとに行動する気力やモチベーションなんて湧いてこないですよね。

できることなら、家でジッとして、引きこもっていたいと思うのがふつうです、

ですので、ここから先の内容では、就活失敗した人が内定をもらうための方法について具体的に解説していきます。

就活失敗した人が就活を成功させるには?

就活失敗した人が就活を成功させるには?

就活を失敗し、ニート・フリーターになってしまった人でも、正しい手順と方法で就活をすれば内定をゲットすることは可能です。

では、正しい手順と方法とは何なのか?それは以下の2つです。

就活の正しい手順と方法
  1. 1人で就活しない
  2. 既卒やニート・フリーター専門の就職支援サービスを活用する

1つずつ説明していきますね。

手順①:1人で就活しない

まずはじめに大切なのは、1人で就活しないことです。

なぜなら、1人で就活していると不採用が続いたときにモチベーションが維持できないし、やることが多くて大変だからです。

たとえば就活では以下のことをする必要があります。

就活ですることリスト
  • 自己分析
  • 履歴書作成
  • 面接対策
  • 企業選び・研究
  • 面接スケジュールの調整

これらのことを全部ひとりで行わなければいけません。

ただでさえ大変な就活なのに、これらのことを全部ひとりでやらなければいけないなんて、想像しただけでイヤになりますよね。

そこでオススメしたいのが、就職エージェントを活用することです。

就職エージェントは無料で利用することができ、就活のプロからのアドバイスや面接のコツを教えてもらうことができます。

じっさい、ボクは5回目の就活で第二新卒エージェントneoJAIC(ジェイック)、2つのエージェントを利用し、無事に就活を成功させました。

手順②:既卒やニート・フリーター専門の就職支援サービスを活用する

①で少しだけ説明した第二新卒エージェントneoとJAIC(ジェイック)は既卒やニート・フリーター専門の就職支援サービスです。

ボクは2つ利用しましたが、最終的にはJAIC(ジェイック)で紹介してもらった企業で働くことになりました。

JAIC(ジェイック)は書類選考なしで面接に進むことができる選考会を行なっているので、就活失敗した人や経歴に不安がある人でも面接まで進むことができます。

ちなみに、JAIC(ジェイック)は両学長の動画でもオススメされているので、評判もバッチリです。(下にリンク貼っておきます。)

オススメの就職支援サービス

まとめ:就活失敗してよかったと思える日は必ず来る

まとめ:就活失敗してよかったと思える日は必ず来る

記事の中でも説明しましたが、令和2年に就活失敗してニートになった人は4万人います。

あなたは、この就活失敗した4万人全員が人生終了だと思いますか?

ボクの答えはNOです。

なぜなら、就活失敗してニートになった4万人のなかには

  • 公務員試験に向けて勉強をしている人
  • スキルを身につけるために勉強を始めた人
  • 家族と過ごせる時間が増えた人
  • 自分を変えたくて筋トレを始めた人

などのように、いろいろな人が存在するからです。

なので、就活失敗=人生終了と考えるのは、あまりにも短絡的な思考です。

見方を変えれば、就活失敗したことからポジティブな面を見つけることができます。

もちろん、就活失敗はメンタルに大きなダメージがあるので、立ち直れないほど落ちこむでしょう。

しかし、どんな成功者でも何かしらの失敗をしています。

たとえば、全アメリカ大統領のトランプ氏は、過去に4回も自己破産をしていますし、ケンタッキーフライドチキンの生みの親である、カーネルサンダースがケンタッキーを作ることができたのは65歳のときです。

ほかにも、明石家さんまさんは火事で弟を亡くしています。

このように、どんな人でも何らかの失敗や挫折を経験しているものです。

なので、就活失敗しても人生は終わりません。

いまは人生100年時代と言われる時代です。

なので、20代での失敗は大きな財産となって、残りの人生であなたを大きく成長させてくれるはずです。

就活は孤独な戦いですが、本記事で紹介したJAIC(ジェイック)第二新卒エージェントneoといった就職支援サービスを使えば、手厚いサポートを受けることができます。

ですので、就活に不安や心配があるときは、1人で悩まずに相談してみることをオススメします。

ボクはあなたの就活を心から応援しています。

ともや
ともや
それでは以上で今回の内容を終わります。
この記事があなたのお役に立てたら嬉しいです。
はなちゃん
はなちゃん
この記事を読んでくれたあなたの人生に幸あれ!
この記事で紹介したリンクまとめ

第二新卒エージェントneoスタッフが訪問済みの企業のみを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

初回の面談を最大2時間してくれる充実のサポートが売りであり、1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

JAIC(ジェイック)全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、現在人気急上昇の優良転職サイトです。

 

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

リクルートが運営するフリーター向けサービス!

就職shpは『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染み、 リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。

《書類選考なし 》人柄や意欲を評価する企業が集まっているため、履歴書で落とされることはありません。 営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数!

おすすめ度
名前就職Shop
ポイント《書類選考なし》履歴書で落とされることはありません。 学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。
対応エリア関東・関西(地方在住でもZOOMやSkypeで対応可能)
ともやからコメント利用者の4人に3人は正社員未経験!企業は100%取材しており職場の雰囲気や具体的な働き方などを知ったうえで就職可能!

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。