次の仕事決まってないけど辞めるには貯金いくら必要なの?

当サイトのリンクにはプロモーションを含む場合がありますが、私が責任を持ってリサーチしています。
次の仕事決まってないけど辞めるには貯金いくら必要?
悩む人

次の仕事決まってないけど辞めるには貯金いくら必要なの?

このようなお悩みにお答えしていきます。

はじめまして、20代で6度の転職したゆうやです。

今回は次の仕事決まってないけど辞めるには貯金いくら必要なの?という質問にお答えします。

結論

次の仕事が決まってないけど辞めるには貯金60万円あると安心です。

なぜなら総務省統計局の調査生活費の平均額は12万9,556円+家賃と言われており、リクナビの調査転職にかかる期間は3~6ヶ月と言われているからです。

なので次の仕事が決まってないけど辞めるには貯金60万円あると安心です。

もし貯金が60万円に満たないなら、第二新卒エージェントneoを使って就活するといいですよ。

第二新卒エージェントneoなら最短6日で内定を獲得できるからです。

僕も利用しましたが、本当に6日で内定を獲得できました。

第二新卒エージェントneo次の仕事が決まってないけど辞める貯金のない人全員にオススメしたいサービスです。

最短6日で内定獲得 /

では前置きはここまでにして本題に入ります。

目次

次の仕事決まってないけど辞めるには貯金いくら必要なの?

次の仕事決まってないけど辞めるには貯金いくら必要?
次の仕事決まってないけど辞めるには貯金いくら必要なの?

次の仕事決まってないけど辞めるには貯金60万円あると安心です。

理由を説明していきます。

生活費の平均額は12万9,556円+家賃

総務省統計局の調査によれば単身世帯(全年齢)の生活費平均額は12万9,556円+家賃といわれています

ただしこの数値は、生活費の高い関東エリアも含まれているので平均額が上がってます。

なので「あなたのお住まいの地域+生活費」で検索してみるといいですよ。

転職先が決まるまでの平均期間は3~6ヶ月

リクナビの調査によれば転職先が決まるまでの平均期間は、一般的に3~6ヶ月と言われています。

単身世帯(全年齢)の生活費平均額は12万9,556円なので以下の公式が成り立ちます。

生活費平均額(12万9,556円)×3から6ヶ月=約40から72万円

ただし転職先が決まるまでの平均期間はバラつきが大きいです。

たとえば冒頭で紹介した第二新卒エージェントneoなら最短6日で内定を獲得できます。

なので極論を言えば貯金がなくても気にせず仕事を辞めてもOKです。

貯金ない人が次の仕事決まってないけど辞めるには?

貯金ない人が次の仕事決まってないけど辞めるには?
貯金ない人が次の仕事決まってないけど辞めるには?

貯金のない人が次の仕事決まってないけど辞めるときは、以下の方法を使えばリスクを減らせます。

  • 失業保険をもらう
  • 一時的にフリーターやギグワークをする
  • 転職エージェントを利用する
  • 家族のサポートを受ける

順番に解説していきます。

失業保険をもらう

1つ目は失業保険をもらうことです。

失業保険は前職の給料およそ7割が給付されます。

たとえば手取り20万円の人は約14万円の失業保険が支給されます。

なので失業保険をもらえば、次の仕事決まってないけど辞めるときに貯金額をあまり気にしなくて済みます。

関連記事

ギグワークをする

2つ目の方法はギグワークをすることです。

ギグワークとは、雇用契約を結ばず単発の仕事を請け負う働き方です。

たとえばUberEatsの配達員が有名です。

ギグワークなら好きなタイミングで働けます。たとえばスキマ時間に1時間だけ働いたりです。

ギグワークで最低限の生活費を稼ぎつつ転職活動すれば、貯金がなくても次の仕事を決めずに退職できますよ。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するのもオススメです。

理由は以下の表をご覧いただくと分かるかと思います。

各種サービスの違い

スクロールできます
就職エージェント就職サイトハローワーク
気軽さ面談が必要面談なし面談と手続きが必要
選択肢
就職率
サポート体制面接対策や書類作成サポートあり基本的になし担当によって質が左右
求人の質ブラック企業は排除ブラック企業も掲載可能無料で掲載可能
就職エージェントとその他サービスの比較

ご覧のとおり、エージェントを利用すると手厚いサポート高品質な求人を紹介してもらえます。

転職サイト・ハローワークを使っても転職できますが、サポートが手薄で自分で求人選定しなければならないデメリットがあります。

なので転職サイト・ハローワークを使うと、次の仕事が決まるまで時間がかかってしまい、貯金が底をつくリスクがあります。

なので貯金ない人が次の仕事を決めずに退職するなら、転職エージェントを使うのがオススメです。

おすすめのエージェント

家族のサポートを受ける

貯金のない人が次の仕事決まってないけど辞めるときは、家族のサポートを受けるのもオススメです。

なぜなら家族のサポートを受けて、一時的に実家で生活すれば食費や水道光熱費をかけずに転職活動できるからです。

貯金なしで次の仕事決まってないけど辞めるとどうなる?

貯金なしで次の仕事決まってないけど辞めるとどうなる?
貯金なしで次の仕事決まってないけど辞めるとどうなる?

貯金なしで次の仕事決まってないけど辞めると、ブラック企業に就職しやすくなります。

理由を解説します。

ブラック企業に入社しやすくなる

貯金なしで次の仕事決まってないけど辞めると、ブラック企業に入社しやすくなります。

なぜなら貯金がないと、焦って転職先を探すからです。

また海外の研究によれば、お金の心配をしている人はIQが下がると言われています。

なので貯金なしで次の仕事が決まってないけど辞めると、ブラック企業に入社しやすくなります。

貯金ない人が次の仕事決まってないけど辞める前にやってほしいこと

貯金ない人が次の仕事決まってないけど辞める前にやってほしいこと3選
貯金ない人が次の仕事決まってないけど辞める前にやってほしいこと3選

貯金なしで次の仕事決まってないけど辞める前には、キャリアコーチングを受けてほしいです。

理由を説明します。

転職の失敗リスクを減らせる

貯金なしで仕事を辞めようとしている人に、キャリアコーチングを使って欲しい理由は以下のとおりです。

  • 今の仕事を続けた方がいい場合もある
  • 転職以外の選択肢があるかもしれない
  • 今転職すると年収が下がるかもしれない

などなど…。転職には色々なメリット・デメリットがあり、これらを踏まえて、正しい選択をすることが転職成功のコツです。

またキャリアコーチングのコンサルタントは、最新の転職情報を教えてくれますし、エージェントのように求人紹介をしてきません。

なのでキャリアコーチングを利用すれば、転職をゴリ押しされることなく、中立的なアドバイスをもらえます。

なので貯金なしで仕事を辞めようとしている人には、ぜひキャリアコーチングを使って欲しいです。

ゆうや

転職の相談ならポジウィルキャリアがおすすめだよ!

20代-30代の相談実績No. 1

45分の無料相談実施中!!

無計画に転職しても意味がないから

貯金なしで次の仕事が決まってないけど辞める人は、無計画に転職するのでキャリアに一貫性がない人が多いです。

たとえば僕のように公務員→ホテルマン→ITエンジニア→商社の営業マンみたいなキャリアは一貫性がないです。

このようなキャリアを歩むと、転職しても年収が変わらないどころか下がることすらあります。

なので貯金なしで退職する前にポジウィルキャリアを利用し、自分の決断が本当に正しいのかアドバイスをもらった方がいいです。

僕自身、ポジウィルキャリアのおかげで計画的に転職する重要さを理解し、大幅な年収アップを実現しました。

なので貯金なしで次の仕事を決めずに退職する前に、ポジウィルキャリアでアドバイスをもらっておくことを強くオススメします。

現職で給与交渉するのもアリ

どうせ退職するなら、現職で給料アップの交渉をしてみましょう。

ボクは「給料が安いから転職する」と伝えたところ、給料を5万円アップしてもらいました。

ボクがどのように給料を5万円アップさせたのか、詳しい方法は以下の記事からどうぞ。

スキルを身につけてから転職するのもアリ

ノースキルで仕事を辞めると、転職しても年収が変わらず、死ぬまで低賃金で働くことになります。

なので次の仕事が決まってないけど辞めるなら、転職に有利なスキルを習得してから辞めるといいです。

オススメのスキルはITスキルです。

なぜなら経産省の調査によれば2030年にはIT人材が最大78万人不足すると言われているからです。

なのでITスキルを身につけておけば、食いっぱぐれることはないし、給料アップを期待できます。

ENたまエンジニアズゲートを使えば、無料でIT学習ができ、転職先の紹介もしてくれます。

興味のある方は相談だけでもしてみるといいですよ。

結論:次の仕事が決まってないけど辞めるには貯金が60万円必要

結論:次の仕事が決まってないけど辞めるには貯金が60万円必要

次の仕事が決まってないけど仕事を辞めるには60万円必要です。

しかし60万円必要というのは、あくまで一例です。

家賃を安くしたり、自炊を心がければ貯金が少なくても仕事を辞めることは可能です。

いずれにせよ早く転職先を見つけるに越したことはないです。

本記事で紹介したエージェントを使って1日でも早く、次の職場を見つけてくださいね。

それでは。

この記事で紹介したリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
就職成功に欠かせない3つのサービス

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

    • 土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

    • 残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。




転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なときに、すぐ行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

タップできるよ

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道〜東北地方

北陸〜甲信越地方

関西〜近畿地方

東海地方

四国地方

中国地方

九州〜沖縄地方

目次