転職実践記

fランの就職が悲惨すぎてブラックしかない件【だが逆転可能】

相談者
相談者

fランの就職先が悲惨すぎてブラックしかないんだがw

求人を見ても、外食業界、アミューズメント業界ばっかり・・・。

はぁ、、このままだと社畜生活まっしぐらじゃん。

これは大学4年のときにボクが抱えていた悩みです。

ともや
ともや

はじめまして、ともやです。

この記事を書いているボクはfラン卒の27歳です。

ボクは悲惨すぎるfランの就職先に絶望しニートになりました。

 

そんなボクの詳しいプロフィールは以下のとおりです。

この記事を書いた人

ともや

警察官として約2年勤務するも適応障害で退職し1年間引きこもりを経験。

ニート,フリーター,契約社員,派遣、すべての業種を経験。

メンタルが弱く、すぐに逃げてしまうため、これまでに転職5回経験した。

が、現在は転職エージェントのおかげで念願のホワイト企業へ転職を成功させた。

【2022年5月25日現在】このサイトからの転職成功者は二桁を超えており、アクセス数は1万を超える。

今回はこんな背景のあるボクが『fランの就職が悲惨すぎてブラックしかない件』について語っていきます。

もちろん、あなたを不安な気持ちにさせるだけでなく、fラン卒が就職を成功させる方法についても解説していきます。

fランの就職が悲惨すぎてブラックしかない件

fラン卒のボクの悲惨すぎる就職先は以下のとおり。

・アミューズメント業界

・投資用不動産の営業

・外食チェーン店

・スーパーなどの小売業

こんなカンジです。

もちろん、これらの業界すべてがブラック企業とはいいませんが、これらの業界はブラックが多いと言われています。

なので当時22歳のボクは、自分の悲惨すぎる就職先に絶望し、ニートという道を選びました。

相談者
相談者
じゃあ、ボクたちfランは諦めるしかないの??

そんなことはありません。

fラン卒でもホワイト企業に入る方法は存在します。

ただし、間違った方法で就職活動をしてしまうと、ブラック企業に入社することになるので要注意です。

というわけで、ここからはfランがやってはいけない就職方法について解説していきますね。

fランがやると悲惨になる就職方法

結論:スカウトメールを待つタイプの就職サイトに登録するのはNGです。

理由を説明しますね。

fランは転職サイトに登録してはいけない

理由は、fランにスカウトメールを送る企業なんてたかが知れているからです。

ともや
ともや

じっさい、ボクはスカウトメールをもらった企業に入社した経験があります。

しかし、入社したらブラック企業で、わずか2ヶ月で退職しています。

これは例えるなら、イケメンや美女が、わざわざナンパをしないようなものです。

イケメン・美女であれば相手から勝手に近づいてきますからね。

だから、スカウトメールを待つタイプの就職サイトに登録するのはNGです。

相談者
相談者
でも、他のサイトでは、スカウトが届くサイトをオススメしているけど、、、。

それは、fラン卒の人が登録することで紹介料がもらえるからです。

ようするに、スカウトメールが届くタイプの転職サイトを紹介している人はカネ目当てということです。

 

なので、fランが、スカウトメールが届くタイプの転職サイトに登録するのはNGです。

では、fランが就職するにはどうすればいいのか、解説していきますね。

fランが就職する方法【ブラックしかないなんてウソ】

結論:fランをサポートしてくれる人を見つけることです。

どういうことか、説明していきますね。

fランをサポートしてくれる人を見つけること

具体的に言うと、転職エージェントを使うことです。

でも、fランは大手のエージェントのサポートを受けることができないんですよね。

だから、ボクたちfランは、大手のエージェントではなくて、fランをサポートしてくれるエージェントを使う必要があります。

例えば、第二新卒エージェントneoJAIC(ジェイック)ウズキャリはfランだけでなく、ニート・フリーターをサポートしています。

じっさい、ボクはこれらのエージェントを利用して内定をもらうことができ、2022年5月25日現在も働いています。

相談者
相談者
でも、自分で求人を探した方が良くない?好きな仕事を見つけられるし…。

では、なぜfランが就職を成功させるために、転職エージェントを使うべきなのか、解説しますね。

fランが悲惨な就職をしないため

なぜfランが就職を成功させるために、転職エージェントを使うべきなのか。

理由は、fランが悲惨な就職をしないためです。

どういうことかというと、転職サイトは企業がカネを払えば求人を掲載することができるので、ブラック企業でもサイトのトップページに求人を掲載できます。

そのため、転職サイトは大量採用をしたい企業が使うことが多いです。

そして、大量採用をしたい企業というのは、大きく2つのパターンに分かれます。

・業績が好調で人が足りない

・人がすぐ辞めるのでいつも人が足りない

『業績が好調で人が足りない企業』が大量採用をしているのであればホワイト企業です。

しかし、ほとんどの場合、fランが内定をもらえるのは『人がすぐ辞めるのでいつも人が足りない』パターンの企業です。

ともや
ともや
ボクは転職サイトをつかって就職をしたことがありますが、そこはゴリゴリのブラック企業でした。(2ヶ月で退職しています)

もちろん、転職サイトにもホワイト求人はあるのですが、ボクたちfランは相手にされず、書類選考で落とされます。

だからfランは転職サイトを使ってはいけません。

fランを相手してくれる就職先はブラック企業しかない

なぜfランが就職を成功させるために、転職エージェントを使うべきなのか。

理由2つ目は、『fランを相手してくれる就職先はブラック企業しかない』からです。

どういう意味かというと、fランは就職サイトを使ってエントリーをしたところで、大企業から相手にされず、書類選考で落ちます。

例えるなら、ブサメンが美女にアプローチしても相手にされないようなものです。

つまり、fランが就職サイトを使って就活するのは時間のムダということです。

もちろん、運良く大企業のフィルターに引っかかることもあるでしょう。

ですが、面接に行っても90%以上の確率で不採用になります。

そして結局、就職につかれてブラック企業へ入社→入社したら想像以上のブラック→早期退職をする→以下無限ループ。

こんなカンジで、fランのキャリアはボロボロになっていき、年を重ねるにつれて正社員になることができず、非正規雇用にしかなれない人生を歩みます。

ともや
ともや

なにを隠そう、これはボクのことです。

ボクは現在27歳で、転職を5回していますからね。

まさに”The・fラン”という人生を送ってきました。

だから、fランは就職サイトを使うのではなく、エージェントのサポートを受けて就活したほうがいいです。

fランは転職サイトを使うな【悲惨な就職をしないために】

ここからは、なぜfランは転職サイトではなく、エージェントのサポートを受けるべきなのか解説していきますね。

求人の質が高い

転職サイトではなくエージェントを使うべき理由1つ目は『求人の質が高い』です。

どういう意味かというと、先ほども説明した、第二新卒エージェントneoJAIC(ジェイック)ウズキャリという3つのエージェントはニート・フリーターを専門的にサポートしているからです。

そのため、これらのエージェントを利用する会社は、あなたの経歴がボロボロであることをすでに知っています。

なので、fランだろうがニート・フリーター関係なく、人柄だけを見てくれます。

ともや
ともや
じっさい、これらのエージェントが紹介してくれる求人の選考は書類選考なしです。

なので、転職サイトを使って就活をするよりも、時間効率が良いです。

時間効率よく就活をすすめることができるので、モチベが下がりにくいですし、自分の悪いポイントを修正して、次の面接にサクサク進めるので内定がもらいやすいです。

だって、『悪いポイントを修正→面接→修正→面接、、』このサイクルが早いほど良いですからね。

ともや
ともや
ちなみにボクはエージェントを使ってから1ヶ月かからずに内定をもらっています。

長く勤務しやすくなる

fランが転職サイトではなくエージェントを使うべき理由2つ目は『長く勤務しやすくなる』です。

たとえば、先ほど紹介したJAIC(ジェイック)入社後の定着率が91.5%という発表がされています。

つまり、就職したら『ハイおしまい』ということではなく、就職決定後〜勤務開始〜定着までをサポートしてくれるということです。

ともや
ともや
じっさい、ボクは最終的にJAIC(ジェイック)から紹介してもらった会社で働いているのですが、2022年5月25日現在もLINEでサポートしてもらっています。

いっぽう、転職サイトからの就職だと『求人と書いてあること違うぞ??』みたいなことになっても相談できる相手がいません。

そして、一人で悩みを抱えることになり、最悪のばあい早期退職をすることになります。

ともや
ともや
じっさい、ボクは転職サイト経由でブラック企業に入社し、2ヶ月で退職をしています。

なので、fランは転職サイトではなくエージェントを使うべきです。

fランの就職が悲惨すぎてブラックしかない?んなワケないだろ。

大企業はムリかもしれませんが、中小企業なら余裕で入社できるからです。

理由を説明していきますね。

fランでも中小企業なら余裕で入社できる

帝国データバンクが報告した人手不足に対する企業の動向調査(2021年10月)によると、企業の正社員の人手不足割合は43.8%とのこと。

つまり4社のうち1社は正社員が欲しいということですね。

大企業だと学歴フィルターがあるので、書類選考で落とされますが、中小企業はこのデータのとおり、喉から手が出るほど正社員がほしい状況です。

なので、ボクたちfランでも正社員になることは余裕です。

ただし、何度も言っているように、fランが普通に就活すると、ブラック企業に入社することになるので、正しい方法で就職活動をしましょう。

そして、正しい就職活動とは第二新卒エージェントneoJAIC(ジェイック)ウズキャリのようなエージェントを活用することでしたね。

ブラック企業にしか就職できないfランの悲惨な末路

最悪のばあい死にます。

なぜなら、

ブラック企業に就職→すぐ辞める→次の仕事が見つからない

→ブラックしか入れない→すぐ辞める→正社員になれない

→非正規雇用→年をとってクビになる→引きこもる。

といった具合に、歳をとるにつれて孤独になっていくからです。

例えば、NHKのクローズアップ現代によると、横須賀市で56歳の引きこもり男性が、栄養失調で衰弱死しています。

この方は両親が亡くなったあと、遺産を切り崩して生活していたそうです。

 

ほかにも、厚生労働省自殺対策推進室 警察庁生活安全局生活安全企画課が令和3年3月16日に発表した資料によると40〜49歳の自殺者数が最も多くなっています。(下図参照)

 

つまり、ブラック企業にしか就職できないfランの末路は”死”です。

 

だから、fランは1日でも早く良い職場を見つけるべきです。

fランでも、20代であれば欲しがる企業はいくらでもいます。

ともや
ともや
じっさい、ボクはfランで転職回数5回というクズ人間ですが、2022年5月25日現在、正社員としてはたらくことができています。

これが30代のfランとなれば話は別です。

歳をとってスキルも何もない人間なんて、企業からしてみれば、採用してもデメリットしかありませんからね。就職できる可能性はかなり低いでしょう。

だから、fランは20代のうちに、1日でも早く良い職場を見つけるべきです。

そして、良い職場を見つける方法は、何度も言っているように第二新卒エージェントneoJAIC(ジェイック)ウズキャリのような、経歴にキズがある人をサポートしてくれるエージェントを活用することです。

【まとめ】入社しちゃえばfランとか関係ない

会社に入ってしまえばfランだろうが関係ありません。

fランでも仕事で結果を出せば認められます。

 

逆に、高学歴でも仕事ができなければクビになります。

実際に、ボクは高学歴でも仕事ができない人間をたくさん見てきました。

勉強は答えを見つけるのがうまい人が勝ちますが、ビジネスは問題を見つけるのがうまい人が勝ちます。

たとえば、元プロ野球選手のイチローさんはドラフト4位ですが、野球を知らない人でも知っているプレイヤーになりました。

そのほかにも”青汁王子”こと三崎優太さんは高卒です。

つまり、社会は実力さえあれば認めてくれるので、あなたがfランだろうが関係ありません。

大切なのは結果を出すことです。

fランの悪いところは言い訳がうまいこと

・自分はバカだから。

・学歴がないから。

・fランだし…。

・何をやってもムダ

過去のボクはこのような、fラン特有のネガティブ思考だったので、人生をあきらめていました。

しかし、過去を悔やんだところで、未来は何も変わりません。

今から、プロ野球選手にはなれないし、東大に入学することもできないですからね。

このことに気が付いてからは、過去を悔やむのではなく、未来を変えるための努力をするようになりました。

 

それからは人生がドンドン良い方向に進むようになりました。

年収は500万を超え、ずっと憧れていた東京生活を始めることができました。

 

もちろん、fランが人生で不利なのは間違いありませんし、努力をしても報われるとは限りません。

ですが、fランであることを悔やんでも、人生は1ミリも変わりません。

このままfランであることを悔やみ続ける人生を選ぶのか、fランであることのくやしさをバネにして努力する人生を選ぶのか。

どちらの人生を選ぶのかはあなたの自由です。

 

ともや
ともや
それでは以上で今回の内容を終わります。
この記事があなたの人生のお役に立てたら嬉しいです。
はなちゃん
はなちゃん
この記事を読んでくれたあなたの人生を心から応援しています!!

 

この記事で紹介したリンクまとめ

第二新卒エージェントneoスタッフが訪問済みの企業のみを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

初回の面談を最大2時間してくれる充実のサポートが売りであり、1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

 

JAIC(ジェイック)全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、現在人気急上昇の優良転職サイトです。

 

ウズキャリ第二新卒:日本で唯一キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒。

エントリーや入社を強要するような行為は一切ナシ!

離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設けており、全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認している。

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

リクルートが運営するフリーター向けサービス!

就職shpは『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染み、 リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。

《書類選考なし 》人柄や意欲を評価する企業が集まっているため、履歴書で落とされることはありません。 営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数!

おすすめ度
名前就職Shop
ポイント《書類選考なし》履歴書で落とされることはありません。 学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。
対応エリア関東・関西(地方在住でもZOOMやSkypeで対応可能)
ともやからコメント利用者の4人に3人は正社員未経験!企業は100%取材しており職場の雰囲気や具体的な働き方などを知ったうえで就職可能!

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。