転職ノウハウ

【真面目な人は不利?】就職できない理由と解決策|元ニートが語る

 

やばい、就職がきまらない…。

まわりのチャラいやつらは内定をもらっているのに。

マジメにがんばってきたぼくがどうして就職決まらないんだ…。

 

このようなお悩みにお答えしていきます。

どうもトモヤです。まずは、かんたんに自己紹介だけさせてください。

ボクは大学4年のときに就職がきまらずにニートを経験したことがあります。

けっして授業をサボっていたわけではなく、マジメに大学に行っていたにもかかわらずです。

そこで今回は、ぼくの実体験をベースに、真面目な人が就職できない理由と解決策をまとめました。

 

なお、こんかいの記事をつくるにあたって、じっさいに採用担当をしたことがある知人のはなしを聞いてきました。

なので、就職活動をするにあたって、かなり参考になるはずです。

この記事を読むことで

なぜマジメな人が就職できないのかを理解できます。

そして、マジメなあなたも内定を手に入れることができます。

【真面目な人は不利?】就職できない理由3つと解決策【採用担当に聞いてみた】

真面目な人が就職できない理由ですが、今回はぼくの友人でじっさいに採用担当をしているひとがいるので、直接はなしをきいてきました。

 

マジメな人が就職できない理由とは以下のとおりです。

 

ストレスに弱そうなイメージがある

すぐに辞めそう

会社になじめなさそう

 

それではこの3つについて1つずつ解説していきます。

ストレスに弱そうなイメージがある

採用担当者に聞いたところ、まじめな人はストレスに弱そうなイメージがあるそうです。

おそらく、このようなイメージがある理由は。「真面目な人は、飲み会やスポーツのような、すぐにストレスを解消できる活動に参加している姿がイメージしにくい」からだと、ぼくは考えています。

もちろん、まじめな人の中にも、飲み会が好きで、仲間といっしょにスポーツを楽しむのが好きな人もいるでしょう。

ですが、採用者側からすると、面接のシーンでマジメでガチガチな人をみると「この人大丈夫かな?」「ストレスに負けてしまわないかな?」という不安をあたえてしまうと考えられます。

ストレスに強そうなイメージを与えるには?

うそでもいいので、面接ではなせる趣味のはなしを用意しておくといいです。

なぜなら、趣味をもっているとストレス解消方法をもっている印象を相手にあたえることができるからです。

たとえば、ランニング、スポーツ、カラオケ、読書なんかの趣味は面接ウケがよいとされています。

しかし、ぎゃくにゲームや家でゴロゴロという趣味は面接ウケが悪いとされています。

この理由としては「友達がいなさそう」というネガティブなイメージを与えてしまうからだと、ぼくは考えています。

もちろん、ゲームも家でゴロゴロも、休日の過ごし方としてはなにも悪いことではありません。

ですが、面接のシーンで話すにはふさわしくない趣味です。

面接は面接官に「この人なら大丈夫そう」と思わせるようにすることが目的です。

なので、ありのままの自分をさらけだす必要はありません。

話を盛りすぎるのはよくありませんが、キレイに盛り付けるくらいはぜんぜんOKです。

すぐに辞めそう

まじめな人はすぐに辞めそうなイメージがあるんだとか。

理由としては、まじめがゆえに「自分はこんなことをしていていいのだろうか?」と悩みすぎて、すぐに転職をしてしまうからだと、ぼくは考えています。

じっさい、ぼくも前の会社で働いているときは「このままでいいんだろうか…」「もっといい仕事があるんじゃないか」とか考えてしまう時期がありました。

とはいえ、まじめな人は、仕事をキチンとやるし、コツコツとものごとに取り組むので、ちゃんと結果を出すと思います。

しかし、マジメすぎてゆうづうが効かなかったり、まわりの社員とうまく馴染めなくてストレスを抱えてしまう可能性もあります。

まあ、これに関してはマジメな人がすぐやめるのではなくて、あくまでも職場の雰囲気にマッチするかどうか?が重要なきがします。

たぶん、マジメな人は「もっとがんばらなきゃ…!!」と、肩のちからを入れすぎてしまい、疲れてしまうから、仕事が長く続きにくいのでしょうね。

長く勤務しそうなひとってどんなひと?

会社のしごと内容を理解しているひとです。

なぜなら、会社のしごと内容を理解して面接に来てくれている人は、面接官からすると「おお、わかってんじゃん」ってなるからです。

これは恋愛にたとえると「年収、ルックス」だけを見て告白してきた人「性格や相性」を理解したうえで告白してきた人をくらべるとわかりやすいでしょう。

この両者を比べて、どっちがパートナーになりそうでしょうか?

まちがいなく「性格や相性」を理解している相手ですよね。

これと同じで、就職活動も、あいてのことを理解して、その会社のどこが気に入って、面接を受けようと思ったのか?を伝えましょう。

とはいっても、ぶっちゃけ「働ければどこでもいい」っていうのがホンネだと思います。

しかし、ここはグッとこらえて、面接のシーンではバレないようにしましょう。

面接はあくまでもじぶんをよく見せるためのステージです。

ホンネで語り合う場所ではありません。

会社になじめなさそう

まじめな人は会社のメンバーとなじめなさそうなイメージがあるそうです。

なぜこのようなイメージがあるのでしょうか。

理由は、まじめな人は話していてつまらないからだと、ぼくは考えています。

ともや
ともや
ぼくの経験だと、まじめな人って、会話をしていてもはなしが続かないことが多いです。

なぜ会話が続かないのか、ぼくなりに考えてみたのですが、マジメな人って圧倒的に質門をしてこないんですよね。

どういうことかといいますと、こんな感じです。

ぼく「きょうのランチなにたべるんですか?」

あいて「そばです」

〜終わり〜

 

会社になじむためにはどうすればいいの?

ありきたりですが、会社の仲間との会話をふやしましょう。

つまり面接のシーンでは面接官に逆質問をうまくすることが大切になってきます。

 

じゃあ、どうやって逆質問すればいいますと、、、

たとえば、さきほど紹介した会話の例でも、いちおう会話は成立しているので悪くはないんですが、あえて付け加えるならこんな感じです。

「きょうのランチなにたべるんですか?」

「そばです、ともやさんは何を食べるんですか?

 

こんな感じで、ほんのすこし質門をくわえるだけで、相手との会話のかずが増えます。

とはいっても、会社の人とはなすのってダルいんですよね。笑

なにせ、貴重な昼休みがムダ話で削られていくわけですから。

だから、ぼくもできるだけ、人と話したくないと思っています。

ですが、はたらく上で会社の人とと仲良くしておくことは、自分のためになります。

だから、ホンネでは人と仲良くしたくないと思っていても、技術としてコミュニケーション能力は身につけておいても損はしません。

なので、ここは仕事だとわり切って、相手との会話をつづける意識をもってみることをオススメします。

まとめ

マジメな人が就職できない理由はいかの3つ。

ストレスに弱そうなイメージがある

すぐに辞めそう

会社になじめなさそう

そして、この3つの解決策はいかのとおり。

面接ではなせる趣味のはなしを用意しておく。

→趣味がある人はストレスを解消できる

会社のしごと内容を理解して面接に参加する。

→面接官はしごとの内容をわかったうえで応募してくれると安心できる

会社の仲間との会話をふやす。

→面接官のはなしに逆質問をすることで聞き上手になろう。

 

こんなかんじです。

 

マジメなひとは相手のきもちを考える力があります。

だからコミュニケーション能力をいちど身につけてしまえば鬼に金棒です。

 

というわけで今回の内容はこれでおわります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です