上京ノウハウ

上京しない方がいい人&東京が合わない人【上京で後悔しないために】

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約438

 

 

 

ともこ
ともこ
上京しようか迷っている。

はじめての東京で不安ばかり。

自分の性格が東京暮らしに向いているか知りたい。

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

 

ともや
ともや

この記事を書いている私は、 2020年の4月から東京で暮らしています。

東京で暮らす前は、北海道にある人口20,000人の、とある田舎で生活をしていました。

 

この記事を読むことで、

この記事を読むことで、

・上京しない方が良い人

・東京暮らしが合わない人

この2つのパターンがどんな人なのかを理解することができます。

この2つのパターンを理解することで、じっさいに上京する前に、上京してから後悔することがなくなります。

 

ぜひ今回の内容を最後まで読んで、

上京してから後悔しない選択をするためにお役立てください。

 

上京しない方がいい人&東京が合わない人【上京で後悔しないために】

まず、上京しない方が良い人は、

・別に今の生活で満足している人

・やりたいことが特にない人

この2パターンです。

 

そして東京が合わない人は、

・人見知りな人

・人混みが苦手な人

この2パターンです。

 

では、ここからはこの合計4つのパターンについて順番に解説していきます。

上京しない方が良い人

上京しない方が良い人は下記の2パターンでしたね。

・別に今の生活で満足している人

・やりたいことが特にない人

1つずつ解説していきます。

別に今の生活で満足している人

別に今の生活に満足しているのであれば、わざわざ上京する必要はありません。

理由は、上京することで多少なりともリスクを背負うことになるからです。

もちろんリスクとは言っても、大したリスクではありません。

たとえば考えられるリスクとしては、

・収入が少し減ったり、

・東京生活に馴染めなかったり、

・出費が増えたりする

これくらいです。

今の私がざっと考えられるリスクはこれぐらいです。

ぶっちゃけ大したリスクではありませんが、もし今の生活に満足しているのであれば、

わざわざリスクを取って、その生活を捨ててまで上京する必要はありません。

やりたいことが特にない人

やりたいことが特にないのであれば、上京しないほうがいいです。

理由は東京での生活は、生活費がわりと高めだからです。

なので、やりたいことが特にないの状態で上京したら、貯金だけが減っていき、生活が苦しくなります。

ですので、おおまかでいいので、東京でやりたいことを事前に決めてから上京しましょう。

 

ただ、もちろん、東京にはいろいろな仕事があるので、

東京に来てから、やりたいことを探す。

という選択肢もアリだと思います。

ともや
ともや

ですが、この記事を読んでくれているあなたには、できるだけ安全に東京生活をしてほしいと思っています。

なので、できれば上京する前にやりたいことを、あるていど絞ってから上京することをお勧めします。

ムダなリスクはできるだけ避けましょう。

東京が合わない人

東京が合わない人は、

・人見知りな人

・人混みが苦手な人

この2パターンでしたね。

順番に解説していきます。

人見知りな人

人見知りな人に東京は合わないです。

理由は、東京では人の助けを必要とする場面が意外と多いからです。

たとえば、東京で暮らしていると、最初のうちは、どうしても駅の乗り換えが分かりにくかったりします。

このような場合には、駅員さんに道を聞く必要があります。

こんな時に人見知りを発揮していたら、いつまでたっても目的地にたどりつけません。

 

ともや
ともや
じっさいに私は、東京に来てから数え切れないほど他人に道を聞いてきました。

東京では、地方とは違って、いろいろなシステムが複雑です。

なので、困ったときに人に聞けるくらいの最低限のコミニケーション能力がないと厳しいです。

人混みが苦手な人

人混みが苦手なのであれば、東京暮らしは合わないでしょう。

理由は、 たんじゅんに東京は人が多いからです。

朝の満員電車なんかは、その最たる例ですね。

私もよく満員電車に電車に乗るのですが、満員電車の気持ち悪さは、できれば味わいたくないです。

まぁ私が田舎出身だから、満員電車に慣れていないという理由もあるかと思います。

とはいえ、普段から人混みで具合が悪くなる人は、東京での生活に馴染めない可能性は高いです。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

最後に今回の内容のまとめをしていきます。

この記事のまとめ

東京に上京しない方が良い人

・別に今の生活で満足している人

・やりたいことが特にない人

この2パターンです。

 

そして東京が合わない人は

・人見知りな人

・人混みが苦手な人

この2パターンです。

20代のうちに上京しておいたほうがいいですよ

別に煽るつもりはないのですが、20代のうちに上京を経験しておいた方が良いですよ。

理由は、30代や40代になってからだと転職しづらいからです。

もちろん優秀な人材であれば30代40代でも転職ができるかと思います。

ですが、20代の頃のように未経験でも転職可能な分野は限られてきます。

ですので、できれば20代のうちに上京を経験しておくことがお勧めです。

まぁもちろん、上京にはリスクもありますから、最終的にはご自身の判断になります。

 

ですが、20代のうちは、20代のうちにしかできないことをやって、

30代や40代になったら、30代や40代のうちにしかできないことをやったほうが、人生はコスパよく楽しめるのかなー。

と個人的には考えています。

まぁ上京するとはいっても、最低限のお金はかかります。

なので、誰しも簡単に上京できるわけではありません。

ですが、私のブログでは10代や20代の貧乏な若者でも、できるだけお金をかけずに上京する方法を発信しています。

なので、よかったら他の記事も読んでみてください。

 

きっと東京に上京することに対してのハードルがめちゃくちゃ下がると思います。

それでは、今回の内容は以上で終わります。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

ヤンキーインターンは費用0円で怪しい?卒業生のその後の進路は? 今回はそんなお悩みや疑問にお答えしていきます。 この記事を読む終える頃には、 ・ヤンキー...
【田舎に生まれたら人生終了?】不利な点をまとめる【脱負け組!】 今回はこのような疑問にお答えしていきます。 これらの4つの...
ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です