上京転職

上京しない方がいい人&東京が合わない人【上京で後悔しないために】

  • 上京しようか迷っている。
  • 上京して失敗したくない。
  • 自分の性格が東京に向いているか知りたい。

このようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

はじめまして、ともやです。

この記事を書いているボクは、 2020年の4月から東京で暮らしています。

東京に上京する前は、北海道にある人口20,000人の田舎で生活をしていました。

今回はこのような背景のあるボクが、上京しない方がいい人・東京が合わない人の特徴をまとめました。

この記事を読むことで、

  • 上京しない方が良い人
  • 東京暮らしが合わない人

この2つのパターンに当てはまるタイプをチェックすることができます。

本記事を最後まで読めば、上京してから後悔することがなくなります。

ともや
ともや

最高の上京ライフを満喫するためにも、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

それでは前置きはここまでにして、本題に入っていきます。

上京しない方がいい人&東京が合わない人【上京で後悔しないために】

上京しない方がいい人&東京が合わない人

上京しない方が良い人の特徴は以下の通りです。

上京しない方が良い人の特徴
  1. 今の生活に満足している人
  2. のんびり暮らしたい人

この2パターンです。

そして東京が合わない人の特徴は以下の通りです。

東京が合わない人
  1. 人見知りな人
  2. 人混みが苦手な人

以上の2パターンです。

では、今紹介した4つのパターンについて順番に解説していきますね。

上京しない方が良い人の特徴2つ

上京しない方が良い人

上京しない方が良い人は下記の2パターンでしたね。

上京しない方が良い人の特徴
  1. 今の生活に満足している人
  2. 目的がない人

では1つずつ解説していきます。

今の生活で満足している人

もしあなたが今の生活に満足しているのであれば、わざわざ上京する必要はありません。

理由は、上京することで多少なりともリスクを背負うことになるからです。

例えば上京することで以下のリスクが発生します。
上京するリスク
  1. 収入が減るリスク
  2. 東京に馴染めないリスク
  3. 出費が増えるリスク

以上のようなリスクがあります。

ぶっちゃけ大したリスクではありませんが、あなたが今の生活に満足しているのであれば、わざわざリスクを取る必要はありません。

逆に言えば、上京は良くも悪くも100%人生が変わるアクションです。

なので今の自分の生活を変えたいと思っている人には、上京することをオススメします。

ともや
ともや
上京で人生が変わる理由については『上京意味ない』が嘘である7つの理由【迷ったら上京しろ】で解説しています。

目的がない人

目的がないなら、上京しないほうがいいです。なぜなら上京後の生活には多くのお金がかかるからです。

たとえば東京の家賃は高いので、目的がない状態で上京すると貯金だけが減っていきます。

ともや
ともや
だから上京するのであれば、何かしらの目的を持って上京すると良いです。

ただし「やりたいことを見つけるため」に上京するのはアリです。

なぜなら東京には多くの求人や、いろんな人との出会いがあるからです。

なので「やりたいことがない」という人は、上京すれば自分のやりたいことに出会える確率がアップします。

ともや
ともや
実際ボクは26歳のニート時代に上京して今の仕事に出会うことができ、人生が変わりました。

ボクのように26歳でニートというクソ人間でも上京で人生が変わったので、この記事をここまで読んでいるマジメなあなたなら必ず上京を成功させることができますよ。

ボクがニートで上京した時の話は以下の記事からどうぞ。

東京が合わない人2つの特徴

東京が合わない人2つの特徴
先ほど説明した、東京が合わない人の特徴は以下2つでしたね。
東京が合わない人2つの特徴
  1. コミュ障
  2. 人混みが苦手な人

それぞれ解説していきます。

コミュ障

コミュ障に東京は合いません。なぜなら東京では人の助けを必要とする場面が多いからです。

たとえば東京で暮らして最初のうちは、駅の乗り換えの仕方がわからなくて困ります。

この場合、駅員さんや通行人に道を聞く必要があるので、コミュ障だといつまでたっても目的地にたどりつけません。

なので人見知りな人には東京は合いません。

ただしコミュ障を克服するために、あえて自上京するのはアリです。

なぜならコミュ障で人と目を合わせて喋れないタイプだったボクが、上京して2年たった今では人と普通にコミュニケーションできるようになったからです。

ともや
ともや
この経験からコミュ障に東京は合いませんが、自分のコミュ障を治すためにあえて上京するのはアリだと断言します。

人混みが苦手な人

東京が合わない人の特徴2つ目は「人混みが苦手な人」です。

なぜなら東京は人が多いからです。たとえば朝の満員電車は、人混みがニガテな人にとって地獄です。

ともや
ともや
ボクもよく満員電車(小田急線)に電車に乗るのですが、控えめに言っても地獄です。

だから人混みが苦手な人に東京生活は合わないです。とはいえ人は良くも悪くも慣れる生き物です。

ともや
ともや
例えるなら小学生のときに味わったツラいことを、昨日のことのように思い出せないのと一緒です。

だから人混みが苦手な人でも少しずつ慣れていくので、上京したい人はぜひチャレンジしてみてください。

上京に対するよくある質問

上京に対するよくある質問

ここでは上京に関するよくある質問にお答えしていきます。

夢がないけど、とりあえず上京しても大丈夫?

大丈夫です。なぜなら東京にはたくさんの求人があるからです。

実際ボクは計画を立てずにキャリーバック1つで上京しましたが、今は正社員として東京ライフを楽しむことができています。

それに万がいち上京に失敗しても実家へ戻ればいいだけなので実質ノーリスクです。

なので、とりあえず上京しても大丈夫だと断言します。

ともや
ともや
とりあえず上京することのメリット・デメリットについては下記の記事で詳しく説明しています。

20代後半で上京しても転職できますか?

いいえ、遅くありません。なぜならボクが26歳で、しかもニートのときに上京して転職できているからです。

ただし20代後半が上京して転職するのは、ややハードルが高いのが現実です。

ともや
ともや
実際ボクは上京してから20社の面接を受けて不採用になっています。

そんなボクが転職を成功させることができたのは転職エージェントを利用したからです。

上京してからボクが利用した転職エージェントは以下の3つです。

以上3つのエージェントを利用したボクは、20社連続で不採用だった状況から1ヶ月かからずに5つの内定をもらうことができました。

ともや
ともや
3つとも無料&オンラインで利用できるので、上京する前に相談することをオススメします。 
転職エージェントに相談することで、上京してからの仕事探しに関する不安がやわらぎますよ。
20代後半で上京して転職するのが不安な人はこちらの記事もどうぞ。

おわりに:迷うなら上京すべき3つの理由

迷うなら上京すべき2つの理由

本記事では、上京しない方がいい人&東京が合わない人の特徴について解説しました。

記事の中でゴチャゴチャ言いましたが、上京するか迷っているなら上京すべきです。

理由を説明していきます。

20代を過ぎると転職しにくい

平成29年に総務省が行った調査によると、20代が非正規雇用から正社員になった割合は32.7%ですが、35〜39歳の就職成功率は15.5%です。

つまり転職成功率は、若ければ若いほど高いということです。

なので迷っている時間があるなら、1日でも早く上京すべきです。

人生で1番若いのは今である

ありきたりな言葉ですが、人生で1番若いのは今です。

だから少しでも上京を迷うなら、試しに上京してみるべきです。

ともや
ともや
もし仮に上京に失敗したら多少のお金と時間を失いますが、上京に対する未練を断ち切ることができます。

しかし上京に迷っているときは、時間だけを永遠に失っていきます。

上京するか迷っている状態をゲームに例えるなら、ダンジョンの分かれ道のどちらにも進まない状態と同じです。

ともや
ともや
こんな状態だと、いつまでたっても先のステージに進めないですよね。

だから上京するか迷っているなら、とりあえず上京してみるべきです。

それでもし上京が向いてないと思ったら、また元の生活をすれば良いだけです。

上京失敗しても死ぬわけじゃない

3つ目の理由は「上京失敗しても死ぬわけじゃない」ということ。

もちろん失敗しないに越したことはありませんが、人生で一度も失敗しないことは不可能です。

例えば発明家のエジソンは、研究所を火事で全焼させる失敗をしていますし、夏目漱石は引きこもりでした。

ともや
ともや
このように、どんな偉人でも何かしらの失敗をしてます。

なぜ偉人が失敗しているのかというと、たくさん行動をしているからです。たくさん行動するから、そのぶん失敗も増えていくワケです。

なので『失敗=悪いこと』という考え方を捨て、『失敗=行動した証』と考えてみると、上京する勇気が湧いてくるはずです。

ともや
ともや
ボクは20代で5回転職をして失敗だらけの人生ですが、今は普通の生活ができています。

だから少しくらい失敗しても問題ないです。

まとめ:人生で1度は上京すべき

まとめ:人生で1度は上京すべき

本記事では、上京しない方がいい人&東京が合わない人の特徴について解説しました。

ともや
ともや
東京はあなたが思っているよりも、すごい場所です。

例えばニューヨークの人口は2104万人ですが、首都圏の人口は3805万人で、世界一のメガシティと呼ばれています。

つまり上京すれば、世界一の雰囲気を肌で感じることができるということ。

世界一のメガシティだから何だよ。人が多くてウザいだけじゃん。

と思われるかもしれませんが、人は無意識のうちに周りの人間からの影響を受けます。

例えば図書館に行くと集中して勉強ができたり、会社に行くと仕事のスイッチが入ったりするのと同じです。

だから上京することで人生が大きく変わることを約束します。

ともや
ともや

この記事を読んでくれたあなたが、新しい一歩を踏み出してくれることを願って本記事を終えたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事で紹介したリンクまとめ

JAIC(ジェイック):全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者

YouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』がオススメし、人気急上昇の優良転職サイト。

第二新卒エージェントneoスタッフが訪問済みの企業のみを紹介している。

初回の面談を最大2時間してくれる充実のサポートが売りであり、1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

ウズキャリ第二新卒日本で唯一キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒。

離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで、きびしい基準を設けており全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認している。

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

リクルートが運営するフリーター向けサービス!

就職shpは『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染み、 リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。

《書類選考なし 》人柄や意欲を評価する企業が集まっているため、履歴書で落とされることはありません。 営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数!

おすすめ度
名前就職Shop
ポイント《書類選考なし》履歴書で落とされることはありません。 学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。
対応エリア関東・関西(地方在住でもZOOMやSkypeで対応可能)
ともやからコメント利用者の4人に3人は正社員未経験!企業は100%取材しており職場の雰囲気や具体的な働き方などを知ったうえで就職可能!

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。