生活の知恵

【実家でダイエットできない理由】結論→親がうるさい【解決策】

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約426

 

ともこ
ともこ
ダイエットをしたいのに親がちゃんと食べなさいってうるさい。痩せたいのに全然痩せられない。どうしたらいいの…

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

はじめましてトモヤです。

この記事を書いている僕は24歳から25歳のあいだ、田舎の実家で引きこもりニートをしていました。 引きこもりニート時代は体重が10キロも増えてしまい、残念な姿になってしまいました。

ですが、そんな僕も、簡単な工夫だけで、無事にダイエットを成功させました。そして今では周りからもスタイルがいいねと褒められるまでになりました。

今回はそんな僕から、実家でダイエットを成功することができないあなたに向けて記事を書いています。

いま実家で暮らしていて、なかなかダイエットできない方はぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

実家でダイエットできない理由

実家でダイエットができない理由はつぎの通り。

・親が食べなさいとうるさい。

・ダイエットの知識不足。

・暇でつい食べちゃう。

この3つについて1つずつ掘り下げていきますね。

・親が食べなさいとうるさい。

これは定番のですね。親がうるさくてダイエットができないと言う人はたくさんいます。僕もそうでした。

これに関しては、親はあなたのことが心配で言っているだけなので、わかってあげてほしいです。とはいえ、痩せたい人側からすると、親の意見はうるさいだけなんですよね::

親としては、そのままのあなたでも魅力的だよ、ダイエットなんかしなくて大丈夫だよ。と言うことを伝えたいだけなのかもしれません。ですが、ダイエットを成功させたいこっちからするとうるさいですよね。

この問題に対する解決策は、しっかりと自分の意見を伝えると言うことです。

でも、どうやって意見を伝えたらいいのかわからない、、、という人が大半だと思いますので意見を伝えるときのコツをお伝えしますね。

ダイエットを成功させる!正しい意見の伝え方④ステップ

 

①まずは結論から先に言う。

②その結論に対する理由をつたえる。

③さらに具体例を交える。

④そして最後にもう一度結論を言う。

どういうことか分かりにくいと思うので具体例を出していきますね。

結論:痩せたい

理由:着たい洋服がある

具体例:好きな人がいてその人にアタックしたいから

結論:だから痩せたい。

このような感じで親御さんに意見を伝えてみましょう。 あなたがしっかりと意見を伝えれば親もちゃんとわかってくれるはずです。

これでもわかってくれないのであれば、無視して自分の意見を貫きましょう。 ちゃんと伝えた上で話を聞いてくれないのであれば、あなたは何も悪くないです。

 

・ダイエットの知識不足

ダイエットの知識不足で痩せられないと言う人もたくさんいます。

理由は、無理なダイエットによりリバウンドしてしまうからです。この問題に対する解決策は、 ダイエットに対する正しい知識を身に付けることです。

例えば、カロリーを制限してもタンパク質をしっかり取らなければ。筋肉が落ちてしまい、 メリハリのない体になってしまいます。

なので、最低でも体重の1.5倍はタンパク質を摂るようにしましょう。

あとは、食べたものをノートやA4用紙に記録すると言う方法もお勧めです。これは実際に私もやっていますが、メモを取るだけで、食べたものをちゃんと意識するようになります。結果として食べ過ぎを防げます。

たしか、科学的にも食べ物を記録するだけで痩せると言う研究結果があったはずです…

そして、メモを取るのに慣れてきたら、摂取カロリーも記録すると良いでしょう。摂取カロリーを記録することによって、食べ過ぎも防げますし、逆に食べなさすぎも防ぐことができます。

食べなさすぎると、筋肉が減少してしまい痩せにくい体になってしまうので、ちょうどいい適正カロリーを摂取することが、ダイエット成功のためのカギとなります。

食べ過ぎてもいけないし、食べなさすぎてもいけない…ダイエットは本当に奥が深いです。

 

・暇でつい食べちゃう。

暇だとついつい食べ物に手を伸ばしてしまいがちです。これに対する解決策は、そもそも食べ物を近くにおかないと言う方法が良いのですが、実家に暮らしているとなかなかそうもいかないですよね。

家族が買い置きしているお菓子があると、ついつい食べてしまう人も多いはずです。 そういう人は、あえて忙しくすることで、食欲を消すと言う方法がお勧めです。

この方法は実際に私もやっていたのですが、食欲に負けそうになったら、勉強や読書、運動をする時間を作ることで、食欲を抑えることができました。

あと、私はプログラミングスクールに通っていたのですが、プログラミングスクールで知り合った友人も、プログラミングスクールで忙しいから体重が3ヶ月で5キロも落ちたと言っていました。

なので、ついつい暇で食べ物に手を伸ばしてしまいがちと言う人は、何かしらの趣味を見つけるのがお勧めです。

参考までにですが、私が受講していたプログラミングスクールのリンクも下記に掲載しておきますのでよかったら。

プログラミングにはあまり興味がないと言う人は、英会話なんかもオススメです。メンタリストのDaiGoさんも実際に受講している英会話スクールは非常に評判が良いのでお勧めです。

プログラミングも英会話にも興味がないと言う人は、お腹がすいたら散歩をしたりするのがお勧めです。

私は、散歩するときにオーディオブックを聴きながら散歩をするのですが、オーディオブックに夢中になっていると食欲もいつの間にかどっかに消えているので、とてもお勧めです。

 

色々とテクニックを紹介してきましたが、こんな感じでダイエットは工夫次第で成功できます。

ようするに、食欲とは真正面から戦うのではなくて、注意をそらすのが大切です。

たとえば食欲がわいたら勉強する、読書する、英会話をする、、、、という感じでマイルールを作っておくと、頭も良くなるし痩せるし、良い事ばっかりです。

ぜひ試してもらえればと思います。

 

それでは。

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です