転職ノウハウ

いまなら26歳のニート生活に終わりを告げられます

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約52

ぼくは今26歳でニートをしている。もう人生終わりだ。

この年齢で正社員として採用してくれる企業なんてあるわけない。

じっさい、面接も5連続で落ちてる。もう人生終わりだ。

これは過去のぼくです。

 

ともや
ともや

この記事を書いているぼくは転職回数5回(ニート、フリーター、、引きこもり、公務員、派遣、契約社員、民間)経験してきた26歳です。今回はこんな経歴のぼくが、26歳でニートになったときの話をしていきます。

この記事を最後まで読めば、あなたは26歳のニート生活に終わりを告げることができます。

【結論】26歳のニート生活に終わりを告げる方法

まずは結論から。26歳のニート生活に終わりを告げる方法は以下のとおり。

・ニート、フリーターに特化した転職エージェントを活用する

はい、これで今日の記事は終わりです。

と言ってもいいのですが、これだけだと、あまりにも押し売り感が強すぎるので、きちんと理由を解説していきますので安心してください。

ニート、フリーターに特化した転職エージェントを活用する

26歳でニートだと、採用する企業側からすると「こいつはヤバい人間なんじゃないか?」という先入観を持たれる可能性が高いです。

いちど先入観を持たれたら、そこから挽回するのは難しいです。

だって、あなたも「この人、なんか苦手だな〜」って思っちゃったら、その第一印象ってしばらく続くじゃないですか。

これと同じで、転職面接において26歳ニートという肩書は、スタートの時点でマイナスです。

だから、普通の転職エージェントを使うのはやめておいた方が良いです。

だって、普通の転職エージェントはあなたよりも経歴がキレイで、若くて将来性のある人達が使っているんですから。そんな若くて将来を期待できる人間と同じステージで勝負しても勝ち目は少ないです。

もちろん、勝ち目がゼロというつもりはありません。でも、勝つ確率の低い戦いをしてメンタルを消耗してしまうくらいなら、自分の有利なステージで戦ったほうが人生はラクに生きられます。

でも転職エージェントはどれを使えばいいの?

ぼくが実際に使ったのは以下の5つのエージェントです。

JAIC(ジェイック):僕は最終的にジェイックの紹介企業で就職を決定しました。マンツーマンの親身なサポート。紹介される企業の質の高い。

第二新卒エージェントneo:仮に不採用でも、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ます。悪い点を改善し続ければ、勝手に結果は付いてきます。

reフレッシュ転職:引っ越しを伴う就職の場合は、家探しまでサポートしてくれます。

DODA:取り扱っている求人は、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。自分では見つけられなかった求人をエージェントサービスに登録するだけで見つけることができます。

マイナビエージェント:人事&採用担当との太いパイプがあるので、内定率が非常に高いです。各企業の人事担当者と直接会って、求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気情報を入手しています。

他にも良いエージェントはありますが、ぼくが実際に使っていないものをオススメするのは、この記事を読んでくれているあなたに失礼だと思うので、ぼくが実際に使ったエージェントのみを紹介させていただきます。

いまならニート生活を抜け出せる理由とは?

いまならニートをしている理由はコロナのせいにできます。

だから、いまならニート生活を抜け出せます。

数年前であれば、26歳のニートなんて、ただのだらしないヤツと思われていましたが、今は状況が違います。コロナの影響で失業をした人が増えました。

そのため、いまニートをしていてもだらしないヤツというレッテルを貼られずにすみます。

じっさい、ぼくはコロナ関係なくニートをしていたワケですが、面接官からは「コロナで大変だったでしょ?」という言われることが多かったです。

ですが、このボーナスタイムも令和3年までだと考えられます。理由はワクチンの普及と会社がコロナに対応した働き方を確立し始めているから。

だから、このチャンスを逃したら、またニート生活をダラダラと続ける羽目になります。

つまり、行動するなら今しかない、という結論に至ります。

PS:やりたい仕事がない、そんなあなたに朗報です。

自分にはやりたい仕事がない、、、。この悩みって誰しも1度は抱えたことがあると思うのですが、そんな気持を抱えていても大丈夫。

なぜなら海外のある研究によると、天職を見つけた人は「たまたま」と答えたんだとか。

つまり、やりたい仕事なんてなくてもいいから、とにかく働いてみよう、ってことです。

たしかに、この意見にはボクも納得しています。

なぜなら、最初からガチガチにやりたいことを固めて転職活動するよりも、すこしゆとりを持って仕事してたほうが、結果的に仕事を好きになれそうな感じがするから。

むしろ、この仕事は天職だ!って期待値をガンガン上げて入社したほうが、入社後のギャップで仕事を嫌いになりそうな気もしますし。

働きたくない人がやる気を出す方法

ぶっちゃけ言うと、ぼくは働きたくない。

でも、なんで働いているのかというと、モテたいし、欲しい物を我慢する生活をしたくないから。

こんな感じで、仕事を頑張ったら何が手に入るのか?ってことをイメージすると、仕事に対するモチベーションが少しは出てくるんじゃないですかね。

別にやる気なんてなくったって良いじゃないですか。だって、やる気があろうが、なかろうが結果は大した変わらないんだから。

大切なのは行動です。どれだけ頭の中で良いこと考えていたところで、行動をしなければ何もしていないのと同じ。だから、やる気なんてゼロでいい。でも、行動だけはする。

今の世の中ってSNSで優秀な人の生活が見えちゃうから、仕事にやりがいを見つけないとダメなんだ、、、、。とか、人生はポジティブじゃなきゃダメ、って苦しんでいる人が多いように思えます。

人間なんだから、誰でも落ち込む日や、ダルい日はあります。SNSは自分のいい場面だけを切り取って発信しているだけです。だからSNSの投稿を信じちゃダメですよ。自分らしく、もっとテキトーに生きちゃいましょ。

 

それじゃ今回はこんな感じで終わります\(^o^)/

 

紹介リンクまとめ

JAIC(ジェイック):僕は最終的にジェイックの紹介企業で就職を決定しました。マンツーマンの親身なサポート。紹介される企業の質の高い。

第二新卒エージェントneo:仮に不採用でも、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ます。悪い点を改善し続ければ、勝手に結果は付いてきます。

reフレッシュ転職:引っ越しを伴う就職の場合は、家探しまでサポートしてくれます。

DODA:取り扱っている求人は、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。自分では見つけられなかった求人をエージェントサービスに登録するだけで見つけることができます。

マイナビエージェント:人事&採用担当との太いパイプがあるので、内定率が非常に高いです。各企業の人事担当者と直接会って、求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気情報を入手しています。

 

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です