上京ノウハウ

家族から離れて一人暮らしをしたい大学・社会人が両親を説得するコツ

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約727

 

ともこ
ともこ

両親から離れて一人暮らしをしたい。

でも、両親の反対を説得できない…。

どうすれば両親を説得できるだろうか…。

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや
この記事を書いている私は、2020年の4月から東京に上京しています。

東京に上京する前は北海道に暮らしていました。

そして、私が東京に上京したときは、コロナウィルスが大流行していました。

なので、両親からはとても反対されました。

ですが、私は両親を説得して東京に来ることに成功しました。

なので、私の説得スキルはかなり高い、と自信を持って言えます。

そこで、今回はそんな私から、あなたに両親を説得する方法を紹介していきます。

こんかい紹介する説得スキルを使うことで、

あなたは両親を説得して、一人暮らしを始めることができます。

 

この記事を読むことで得られるスキル

あなたの一人暮らしを反対する両親を説得できます。

快適な一人暮らしライフを満喫することができます。

音声版はこちら▼

家族から離れて一人暮らしをしたい大学・社会人が両親を説得するコツ

家族から離れて一人暮らしをしたい大学社会人が両親を説得するコツは以下の4つです。

この4つのコツだけ!

口出し、反論、評価はゼッタイにしない

相手の呼吸のタイミングでうなずく

『要するに、つまり』というコトバは禁句

バックトラッキングをフル活用

この4つのポイントを1つずつ解説していきますね。

口出し、反論、評価はゼッタイにしない

両親を説得するときにゼッタイにしてはいけないことは3つあります。

・口出し

・反論

・評価

この3つはゼッタイにしてはいけません。

なぜなら、人は承認欲求を誰もがかならず持っているからです。

承認欲求とは自分を認めて欲しいという欲求です。

人はかならず承認欲求を持っているので、

 

両親が話をしている最中に、

・口出し

・反論

・評価

この3つをされると、両親は不快になります。

 

なので両親を説得しようとするとき、

・口出し

・反論

・評価

この3つはゼッタイにしないでください。

なぜやってはいけないのかというと、

説得の場面で、相手を不快にさせてしまうと、アナタの話すら聞いてもらえなくなる可能性がグッと高くなるからです。

 

そして、この

・口出し

・反論

・評価

が、どれくらいやってはいけないのか、というと

好きな子に告白する日に、ニンニク料理を食べるのと同じくらい、してはいけないことです。

相手の呼吸のタイミングでうなずく

相手を説得しようと思うのであれば、

相手が話をしていて、呼吸をするタイミングでうなずきましょう。

なぜなら、適切なタイミングでうなずくことで、

話している側からすると「この人はちゃんと話を聞いてくれてるんだな」と、思わせることができるからです。

もしかしたら、この話を聞いて

 

相手の話をちゃんと聞いてあげるんだろ?

いや、今更そんなこと言われなくても知ってるよ。

と思われるかもしれません。

思われるかもしれませんが、だいたいの人は、タイミングを気にせずに、適当にうなずいています。

単純にうなずく回数を多くすれば良い、というわけではありません。

むしろ、逆にテキトーにうなずいていると、相手に、はなしを聞いていない最悪な印象与えます。

なので、うなずくタイミングはめちゃくちゃ大事です。

ちなみに、具体的なオススメのうなずくタイミングとしては、下記の3つタイミングがオススメです。

・相手がひと呼吸おいたとき

・相手が水を飲んだとき

・相手がひとまず話おわったとき

この3つです。

この3つのうなづくタイミングを意識して、説得相手に気持ちよく話をさせましょう。

説得の場において、アナタの意見を聞き入れやすい状態にまで相手をコントロールすることは、説得の場においてめちゃくちゃ大事です。

『要するに、つまり』というコトバは禁句

相手を説得する場面では『要するに・つまり』と言うコトバは禁句です。

なぜなら、『要するに・つまり』というコトバを使うと、相手の会話を奪うことになるからです。

『要するに・つまり』というコトバを使って、相手の会話を奪ってしまうと、相手は気分が悪くなります。

相手の気分が悪くなると、アナタの説得は相手に聞いてもらえなくなる可能性がとても高くなります。

ハッキリ言って、相手の気分を悪くさせると、説得は失敗します。

なので、もし相手の話をまとめようとするなら、

『このはなしって、〇〇ってことだよね?』

というかんじで、あくまでも相手に気持ちよく話をさせてあげましょう。

話している相手からすると、ハナシの途中で良いかんじで確認をはさむと、

「ちゃんと聞いてくれてるんだな」

嬉しくなります。

すると、相手はアナタの説得を聞き入れやすくなります。

なぜなら、人間は良いことをされたらお返しをしたくなる心理法則があるからです。

これを返報性の原理と言います)

この心理法則をうまく利用してアナタの説得を聞き入れやすい状況を作りましょう。

バックトラッキングをフル活用

バックトラッキングとはかんたんに言うと質問のことです。

 

例えば、バックトラッキングは以下のような場面でチカラを発揮します

アナタが一人暮らしをすることについて、反対する両親に対しては以下のような質問をしましょう。

「一人暮らしだと食事面が心配だよね?」

「一人暮らしだとちゃんと生活できるのかが心配だよね?」

「一人暮らしだとセキュリティーが心配だよね?」

あらかじめ、両親が聞いてきそうな質問を、アナタからするかんじです

これをすることで、両親には

・きちんと一人暮らしのメリットとデメリットを理解している。

・これなら一人暮らしさせても大丈夫かも。

という印象を与えることができます。

この印象を与えることができれば、アナタの説得は99%成功します。

まとめ

ともや
ともや

ここまで読んでいただきありがとうございます。

最後にこの記事のまとめをしていきます。

この記事のまとめ

両親を説得するためには以下の4つのコツを抑える

 

口出し・反論・評価はゼッタイにしない

→口出し・反論・評価をすると、話している側が不快になり、あなたの説得が聞き入れにくくなる。

 

相手の呼吸のタイミングでうなずく

→ちゃんと話を聞いてくれると、話している側は、気持ちよくなる。

なので、あなたの意見を聞き入れやすくなる。

 

 

「要するに・つまり」というコトバは禁句

「要するに・つまり」というコトバは相手の会話を奪う。

なので、相手は不快に感じる可能性がある。

その結果、あなたの意見が受け入れられない可能性が高くなる。

 

バックトラッキングをフル活用する

→相手が聞いて欲しいことを聞いてあげる。

 

バックトラッキングの例

一人暮らしを反対する両親には下記のような質問がオススメ

 

「一人暮らしだと食事面が心配だよね?」

「一人暮らしだとちゃんと生活できるのかが心配だよね?」

「一人暮らしだとセキュリティーが心配だよね?」

 

事前に、このような質問をしておくことで、両親はあなたが、ちゃんとした考えを持っていると理解する。

その結果、あなたの説得は99%成功する。

 

以上が今回の内容のまとめです。

PS 両親を説得できても、家探しにはお金がかかります。

おめでとうございます。

ここまでの内容を読んでくれたアナタならきっと、ご両親を説得できたはずです。

さて、両親を説得できたら、次は家を探す必要があります。

家を探すには、不動産に行って、気になる家を内見しないといけません。

内見するときは、地方に住んでいる人なら、移動費がかかります。

ぶっちゃけ、移動費ってムダだと思いませんか?

ともや
ともや
ハッキリ言ってボクは、北海道に住んでいるというのもあって、内見はムダだと思うタイプなんですよね。

ボクが内見をムダだと思う理由は以下の2点からです。

・今の時代はネットで部屋の雰囲気ってだいたいわかる

360度のパノラマビューでなんとなく部屋の中がわかる

以上2点の理由から、ボクはお部屋探しで内見がムダだと思っています。

もちろん、内見をしておくに越したことはないです。

内見をせずにお部屋を決めたら、ボロボロの家だった…。

なんてことに、なりかねませんからね。

でも、地方に住んでいる人は、内見をするためだけに、数万円のお金を支払わなければなりません。

なので、

ネットでお部屋の情報を確認できる

のであれば、内見は行く必要はありません、金と時間のムダです。

じっさいに私が北海道から東京に引っ越したときは、内見を一度もしないでお部屋を借りました。

そこで、アナタにも内見をしなくても、お部屋を探せるサイトをいくつかピックアップしておきました。

下記の記事では、ネットのみでお部屋探しを完結できるサイトを集めておきました。

・内見にかけるお金がもったいない

ネットだけでお部屋探しを完結させたい

このように思っている人は参考にしてみてくださいね。

部屋の内見行けないから物件を見ないで決めた話【後悔してない】 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。 物件の内見に行かずに、部屋を見ないで決め...

お部屋探しはサイトを見ているだけでワクワクしちゃいますよね(笑)

 

PPS 17〜24歳なら住む場所をタダで提供してもらえます

もしアナタが17〜24歳であれば住む場所をタダで提供してもらえます。

タダで住む場所を提供してくれるサービスを運営しているのは

ヤンキーインターンというDMM.comの子会社が行っている事業です。

タダで住む場所を提供している、ヤンキーインターンについては下記の記事でまとめました。

ヤンキーインターンは費用0円で怪しい?卒業生のその後の進路は? 今回はそんなお悩みや疑問にお答えしていきます。 この記事を読む終える頃には、 ・ヤンキー...

よかったら参考にしてみてください。

 

 

 

それでは、今回の内容はコレで終わりますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう( ^ω^ )

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です