転職実践記

【2020年9月現在】未経験エンジニア(25歳男性)転職の記録

 

どうも友哉です。このブログを読んでくれている方なら知っているかもしれませんが、私は2020年の5月からDMM WEBCAMPと言うプログラミングスクールに通い始めて、2020年の8月に無事卒業しました。そして2020年の8月から転職を始めました。

今日はそんな私の転職活動の記録をまとめていきます。

【コロナで変更】DMM WEBCAMPの転職保証と返金について どうも友哉です。今日は私が実際に通っていたプログラミングスクール”DMM WEBCAMP”について質問をいただいたので回答してい...

この記事が

今からエンジニア転職を考えている方

これからプログラミングスクールに通うとしている方

これらの方々のお役に立てれば幸いです。それでは早速やっていきましょう。

【2020年9月現在】未経験エンジニア(25歳男性)転職の記録 結論

 

まず結論から先に行きます、

私は約1ヵ月の転職活動の中で、書類選考通過は3社です。

そしてつい先日、書類選考を通過した会社の中の1社と面談をしたのですが、その企業からは採用を見送るとの連絡が来まして、残念ながら落選しました。

残る2社とはこれから面談が待ち構えているので、引き続き頑張りたいと思います。

2020/09/13追記

1社最終面接確定しました。

この記事を読んでくれている方には、私のように悔しい思いをして欲しくないので、私の反省点などを踏まえて実体験をまとめていくので、続きを読んでみてください。

落選理由1 志望動機が弱い

落選した企業からは、求める人物像の不一致落選理由とのお話をいただきました。ここからは私の考察となるのですが、おそらく面接の際に聞かれた志望動機が弱かったのかなと個人的に思っています。

私が、面接の際に答えた志望動機は、企業のホームページを見て経営理念等を読み込み、その経営理念と自分の将来のビジョンを絡めたものだったのですが、志望動機としては、私個人のメリットを優先しすぎたのかなと思います。

どういうことかもう少し噛み砕いて説明しますね。

採用する企業側としては私を取ることで、会社にとってどのようなメリットがあるのかを感じたいと思います。

にもかかわらず、私は自分のことを中心として考えて志望動機を作ってしまったので、その辺が面接官にとっては悪印象だったのかなと反省しております。

以下が実際に私が面接で答えた志望動機です(多少内容は違うと思いますが大体同じです)

今振り返ってみればとても薄っぺらい内容となっており恥ずかしくなります。

Q なぜうちの会社を受けようと思ったのですか?

A はい私は御社の企業のホームページを拝見させていただき、経営理念にある〇〇〇〇〇〇〇〇と言う経営理念に感銘を受けました。

ですので私もそのような企業の一員として御社の発展に貢献したいと思いましたので、このたび志望させていただきました。

これは言い訳になってしまうのですが、最近はコロナウィルスの影響で、WEB面接を採用する企業が多くなっており、会話の際にタイムラグがあるので、話すスピードが若干難しいなと感じました。

また相手の方に、きちんと会話が届いているのか?という、気にしても仕方がないことを気にしてしまい、志望動機をダラダラ話し続けるのはまずいのでは??

不安を感じてしまったのも事実です。その結果として1番大切な志望動機と言う部分をかなり短くお伝えしてしまいました。

採用する側としては、この人を取ることでうちの会社にはどんなメリットがあるのかを知りたいはずなので、志望動機はもう少し作り込まなければ内定を獲得するのは今後も難しいのかなとは個人的に反省しています。

落選理由2 WEB面接に慣れていなかった

一応SkypeやRemo、Zoomなどのオンライン通話サービスの扱いには慣れているつもりだったのですが、いざ面接となると相手の方との間合いの取り方が難しいなと感じました。

会話の間に、無言の時間が何度かあり、この無言の間は果たしてタイムラグなのか、それともこちらの話が短くて相手の方がもう少し話すように促しているのか?という判断がつきにくいと感じました。

この問題に対しては、私の方からこまめに話を区切って、「引き続きお話しさせていただいてもよろしいでしょうか」などのように相手の方にきちんと聞こえているのかどうか、確認を挟むと良いのかなと感じました。

未経験エンジニア転職から1ヶ月経って感じたこと

未経験エンジニア転職を目指して、1ヵ月が経ちました。

感想としては、面接を受ける企業さんについて、もう少し研究をしないといけないなと猛省しています。

私は25年間生きてきた中で、比較的、面接は得意だと思っていたのですが、WEB面接となると若干話は変わってくるのかなと個人的に感じています。

それに加えて、現在は固定の収入がないため、貯金を切り崩す生活をしています。なので若干ですが無意識のうちに心理的にも焦りなどが生まれているのかなと自分で分析しています。

この記事を読んでくれている方は、エンジニア転職を目指している方や、今まさに私と同じように転職活動中の方もいるかと思います。

そのような方が、この記事を読んで自分は1人じゃないんだと勇気づけられてくれたなら嬉しいです。

今転職市場は少し厳しい状況かもしれませんが、決して諦めることなく、自分のできることを1つずつ分解してこなしていこうと思いました。

 

一緒に頑張りましょう!!

 

それでは今回の記事はここで終りにします。

 

引き続き転職活動に関する内容を書いていきますので、またぜひ遊びに来てください。

この記事が少しでも役に立った、面白かったと感じてくれた方は、ぜひ下記のシェアボタンからシェアしていただけるとうれしいです。

 

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です