上京ノウハウ

【実話】東京で暮らしたいと思ったので、とりあえず上京しました。

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約80

 

 

ともこ
ともこ

今の生活も悪くない。

でも、20代という若いうちに、とりあえず東京で暮らしてみたい。

とりあえず、ムズカシイことは置いておいて、とりあえず上京しても大丈夫かな?

 

今回は、このようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

こんにちは、トモヤです!

この記事を書いているわたしは、2020年4月に東京に上京しました。

上京したときの年齢は25歳でした。

上京する前に暮らしていた地域は、北海道の人口2万人の田舎町です。

(参考:40年後には、5人に1人が65歳以上になると言われている地域です)

こんな田舎町の出身のわたしですが、東京で暮らしたいと思ったので、とりあえず上京しました。

今回はそんな田舎者の私から、東京に上京するか迷っているあなたへ向けてメッセージを贈りたいと思って、記事を書いています。

 

 

この記事は、こんなアナタにオススメ

・20代という若いうちに、とりあえず東京で暮らしてみたい。

・ムズカシイことは考えないで、とりあえず上京したい

・まいにち、同じことの繰り返しをする生活を変えたい

 

この記事を読むことで、

なにも考えずに上京しても、なんだかんだ生活できるようになります。

 

【結論】とりあえず上京して大丈夫?→大丈夫です。

結論から言いますね。

とりあえず上京しても大丈夫です。

わたしが大丈夫と断言する理由は下記の5つの理由があるからです。

①もし、仕事が見つからなくてもUber Eatsがある

②東京には「家賃3ヶ月タダ+就職サポート付き」の無料サービスがある(〜31歳まで)

③東京には「家賃6ヶ月タダ+食費タダ+就職サポート付き」の無料サービスがある(17〜24歳まで)

④雇用保険をもらえない人向けの「求職者支援訓練」の講座がたくさんある。(毎月10万円もらえる)

⑤東京には、仕事がたくさんある。

ここから先の内容では、この5つの理由を1つずつ解説してきます。

 

①もし、仕事が見つからなくてもUber Eatsがある

とりあえず東京に上京しても大丈夫な理由の1つ目は、

「もし、仕事が見つからなくてもUber Eatsがある」

です。

 

じっさい、わたしも東京に来たばかりのとき、Uber Eatsで生活費を稼いでいました。

Uber Eatsのいいところは、始めたいときにすぐに始められるところです。

Uber Eatsには面接もいらないので、ヤル気さえあえば誰にでもできます。

なので、もし東京に上京して、もし仕事が見つからなくても、Uber Eatsをすれば生きていくことは可能です。

でも、最近はUber Eatsをやる人が増えて稼げないって聞いたけど?

いいえ、稼げますよ。

じっさい私が2020年7月にUber Eatsをしていたときは、時給1200円くらいで稼げました。

まあ、それほど大きな金額ではありませんが、生きていくには十分です。

 

Uber Eats

 

②東京には「家賃3ヶ月タダ+就職サポート付き」の無料サービスがある(〜31歳まで)

とりあえず東京に上京しても大丈夫な理由の2つ目は

「東京には「家賃3ヶ月タダ+就職サポート付き」の無料サービスがある(〜31歳まで」

です。

 

このサービス(ネットビジョンアカデミー(NVA))は、大まかに言うと、下記3つの内容のサービスです。

・3ヶ月間、ITエンジニアになるための授業を受ける。

・授業をクリアしたら就職サポートを受けられる

・最大3ヶ月、家賃がタダ。

という内容のサービスです。

ともや
ともや

家賃タダで、しかも、ITエンジニアになるための授業を受けられる。

ということで、ココ最近、応募する人が、とても増えています。

 

また、ネットビジョンアカデミー(NVA)は、毎月、20名までの募集となっております。

無料相談や無料体験会も、オンラインで完結できます。

なので、少しでも気になった人は、体験会に参加してみることをオススメします。

 

ネットビジョンアカデミー(NVA)

③東京には「家賃6ヶ月タダ+食費タダ+就職サポート付き」の無料サービスがある(17〜24歳まで)

とりあえず東京に上京しても大丈夫な理由の3つ目は

東京には「家賃6ヶ月タダ+食費タダ+就職サポート付き」の無料サービスがある(17〜24歳まで)

です。

 

このサービス(ヤンキーインターン)は下記のような内容のサービスです。

・家賃タダ+食費タダ+就職希望100%

・かならず就職しなくてもOK

という内容のサービスです。

 

②で紹介したサービスネットビジョンアカデミー(NVA)とのいちばんの違いは、「かならず就職しなくてもOK」という点です。

 

ぶっちゃけ、かならず就職しなくてもOKという点は、かなりおすすめポイントです。

なぜなら、このようなサービスのほとんどは、紹介先の企業に就職しないと、違約金が発生するケースがあるからです。

そしてブラック企業で人生を消耗していくパターンにハマってしまいます。

ですが、ヤンキーインターンなら、ブラック企業に飛ばされる心配がありません。

 

なので、人生を棒に振るリスクなしで東京に挑戦することができます。

ただし、こちらのサービスは、17歳から24歳までの人しか受けられません。

なので、24歳をすぎてる人は、さきに紹介した②のサービスネットビジョンアカデミー(NVA)を利用することを考えてみてください。

ぎゃくに、17〜24歳の人なら、ヤンキーインターンを活用するのがオススメです。

 

④東京には、雇用保険をもらえない人向けの「求職者支援訓練」の講座がたくさんある。(毎月10万円もらえる)

とりあえず東京に上京しても大丈夫な理由の4つ目は

東京には、雇用保険をもらえない人向けの「求職者支援訓練」の講座がたくさんある。(毎月10万円もらえる)

からです。

どういうことか、ざっくり解説していきますね。

 

求職者支援訓練というのは、

月に10万円をもらいながら、仕事に必要なスキルを身につけられる

訓練のことです。

 

訓練を受けるには、ハローワークに行って、かんたんな手続きをする必要があります。

くわしい流れ・手順については下記の記事で解説しています。

なので、気になる方は下記の内容を参考にしてくださいね。

【無料】職業訓練を受講するための申し込み方法と流れ【怪しい?】 今回はこのような疑問にお答えしていきます。 この記事を読むことで ・職業訓練校を受講するにはどう...

 

じっさい、わたしの知っている人も訓練を受けていました。

そして、訓練を終えたあとに、転職を成功させていました。

 

⑤東京には仕事がたくさんある。

とりあえず東京に上京しても大丈夫な理由の5つ目は

東京には仕事がたくさんある。

です。

ともや
ともや
それでは、じっさいに東京と、わたしのふるさと、北海道の求人数を比べてみましょう。

 

 

まずは私ふるさと北海道(札幌)の求人数をみていきましょう。

 

 

つぎに私の第二のふるさと東京の求人数をみていきましょう。

 

画像出典:マイナビ転職

 

北海道:1,011

東京 :4,762

求人の件数はこのような差があります。

東京都と北海道(札幌市)だと、だいたい5倍の違いがあります。

1つのサイトしか参考にしてませんが、東京のほうがたくさん仕事がありますね。

 

ただ、北海道と札幌の求人数に、5倍の差があるとはいっても、あなたが東京で、希望のお仕事につけるかは、保証できません。

とはいえ、東京では仕事の数が多いので、

上京したはいいけど、仕事が見つからずに、無職になってしまった‥。

となるリスクは、ほぼ0%です。

 

とはいえ、無職になるリスクは、かぎりなく0%にしたいですよね、

できれば仕事が決まってから、上京できたら…。

という、気持ちは痛いほどわかります。

 

だって、お金の心配があると、落ち着かないですもんね。

 

じつは、はずかしながら、わたしは仕事を決める前に上京してしまいました。

なので、毎日がお金のことで不安でした。

そして、お金の心配をするあまり、あげくのはてには、不眠症になってしまいました。

 

このような経験があるので、あなたには、わたしと同じ失敗をしてほしくありません。

ですので、なるべく、転職先のメドが付いてから、上京することをオススメします。

いまなら、コロナの影響で、リモートで面談をしてくれる企業も増えています。

なので、できれば、リモートで面接を済ませておくのがいいです。

そして、次の仕事が決まって、心が落ち着いた状態で上京しましょう。

 

でも、できるだけ早く上京したい。

 

という人は、上京支援サービスを活用するのがオススメです。

 

MIYACO TICKET というサービスでは、20〜30代の人を対象に、東京での仕事探しと、家探しを完全にサポートしてくれます。

しかもMIYACO TICKETは、中卒、高卒、フリーターでもサービスを利用することができます。

 

ちなみに、MIYACO TICKETでは、はじめて上京するひとの不安を減らすために、以下の2つの取り組みをしています。

 

・「家賃・初期費用」の一部をMIYACO TICKETで負担

・社宅付き求人の紹介

※東京の家賃・初期費用の相場は、家賃10万円程度で初期費用が20~40万円程です。

 

また、MIYACO TICKETでは、東京でのお仕事が決まってから、上京することも可能です。

そのため、MIYACO TICKETを使えば、上京でお金がなくなって、失敗するリスクを0%の状態にすることができます。

なので、もしあなたが、なるべく安全に上京したいと思うのであれば、、MIYACO TICKETを利用してみてくださいね。

 

 

迷ってるなら、とりあえず上京するのがオススメです。

 

ここまで読んでいただき、ほんとうにありがとうございます。

ここまで読んでくれたということは、あなたは、上京するかどうか、とても悩んでいるのでしょう。

もし、悩んでいるのであれば、とりあえず上京してから考えたらいいですよ。

だって20代なら、もし仮に失敗しても、いくらでも踏ん張れる年齢じゃないですか。

 

これが逆に、30代、40代だったら、一回の失敗が命取りになります。

 

だから、20代で上京したいと思ったら、とりあえず上京してしまって大丈夫です。

 

じっさい、私がそうなので。

 

それでは今回の内容はコレで終わります。

いつも応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

こんかいの内容が「参考になった」「おもしろかった」

と思っていただけたら、していただけると嬉しいです。

 

では、また次回の内容か、Twitterでお会いしましょう。

ABOUT ME
ともや
人口2万人の北海道の町出身( ͡° ͜ʖ ͡°) WEBライター/プログラミング/フリーランスWebライターです。 新卒公務員→体調崩し退職→転職のため上京→緊急事態宣言→貯金0円→ブログ収益6桁とWEBライターで生活してます💻 都内のシェアハウスでブログ書いてます。 取材やWEBライターのお仕事の依頼はお問い合わせフォームからお願いします🙇‍♂️

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です