転職実践記

【地元を離れたいあなたへ】地元嫌いなら上京して転職すれば?

 

 

ともこ
ともこ

地元の人間関係に疲れた。

人のウワサ話ばかりだし、このまま地元で、年齢を重ねていくことを考えるとゾッとする。

とはいえ、地元を離れる勇気も、お金もない。

 

今回は、このようなお悩みにお答えしていきます。

 

ともや
ともや

はじめまして、トモヤです。

わたしは現在、東京で暮らしています。

しかし、東京で暮らす前は、北海道の人口2万人の田舎町で暮らしていました。

田舎町で暮らしていたのですが、地元が嫌いで、離れたかったので上京しました。

 

今回は、こんな私から

「地元が嫌いで、離れたいと思っているあなた」へ記事を書いています。

 

 

この記事を読むことで、

地元を離れて、上京して転職することができます。

 

【地元を離れたいあなたへ】地元嫌いなら上京して転職すれば?

地元を離れたいなら、上京して転職すれば?

と言っても、そんな簡単に上京できるワケないですよね。

引っ越しにかかるお金の問題もあるし、いまの時代は仕事を見つけるのも難しいですからね。

 

でも、お金の問題とか、仕事探しの問題って、ほんとうに問題なんですかね?

 

もしかすると、世間とかテレビの

上京=大変

という一方的なイメージで、判断してしまっている可能性もありますよね。

 

たとえば、このコロナの影響で、売上を伸ばしている企業だってあります。

具体的にいうと、マクドナルドはコロナの影響で過去最高の売上を記録しています。

なので、少し視点をズラせば、いくらでもポジティブな面を見つけることが可能です。

 

さて、マクドナルドのエピソードで、あなたは、世間のイメージに流されない正しいメンタルを身につけたと思います。

あなたの心の準備ができたところで、ここからは、withコロナの中でも「地元を離れて、上京して就職するノウハウ」をお伝えしていきますね。

 

上京して転職するロードマップ

 

【地元を離れたいあなたへ】上京して転職するためのロードマップは下記の通りです。

 

①住む場所を確保する

②仕事を決める

 

ハッキリ言って、この2つのポイントさえガッチリと決めてしまえば、地元を離れて生活するのは簡単です。

でも、この2つをガッチリ決めるのが難しいんですよね。

だからこそ、地元を離れたくても、離れられなくて苦しんでいるんですよね。

でも、もう大丈夫です。

なぜなら、ここからの内容では、この2つのロードマップを達成するための具体的な解決策を提案していくからです。

 

①住む場所を確保する

 

地元を離れて、上京して転職するためには、まずはじめに「住む場所を確保」しないとなにも始まりません。

とはいえ、東京は家賃が高いです。

なので、東京でふつうに家を探すと、貯金の減るスピードがえげつなくなります。

そこで私がオススメするのがシェアハウスに暮らすという選択肢です。

 

私がシェアハウスをオススメする理由は下記の3つです。

・水道光熱費がタダ

・洗剤、調理器、トイレットペーパーがタダ

・敷金・礼金が0円

この3つの点から、わたしはシェアハウスをオススメしています。

 

じっさい、わたしはシェアハウスで、この記事を書いています。

 

ちなみに、東京都内には複数のシェアハウスの管理会社があります。

その中でも特にオススメなのがシェアドアパートメントです。

 

シェアドアパートメントをオススメする理由は下記の4つのポイントからです。

 

・1ヵ月から契約可能

・保証人不要

・清掃サービスあり

・ 物件間の移動無料 (とくにオススメなポイント)

 

 

シェアドアパートメント物件間の移動が無料なので、勤務先に合わせて引っ越しができます。

それに、もし仮に、住んでみて気に入らなかったとしても、気軽に引っ越せるのが最高です。

 

 

②仕事を決める

 

住む場所が決まったら、つぎは仕事を決めましょう。

仕事に関しては、とりあえず高望みせず、手取り20万円とかでもいいです。

とりあえず、仕事をして、必要最低限のお金を稼ぎながら、ウラでコッソリ転職活動を継続するのがメンタル的にも優しいです。

 

ともこ
ともこ
トモヤさんは、どうやって東京で仕事を探したんですか?
ともや
ともや
わたしは、とりあえず大手の転職サイトに登録して探しました。

・リクナビ

・マイナビ

・DODA

このあたりの有名サイトに登録しておけば間違いないです。

 

番外編 仕事も住む場所もダブルで手に入れる方法

ここまでの内容では、住む場所を確保して、仕事を確保する方法をまとめてきました。

ここまでの手順を踏めば、地元を離れて、生活をすることが可能になります。

 

ですが、ここまで紹介したロードマップの他に、裏ワザ的な方法もあるので、番外編として紹介しておきます。

その裏ワザは「上京サポート」を活用するという方法です。

上京サポートっていうのは、地方出身の人が、東京で生活することを、無償でサポートしてくれるサービスのことです。

 

具体的なサービス名を挙げさせてもらうと、下記の3つのサービスがオススメです。

ヤンキーインターン(17~24歳まで利用可)

MIYACO TICKET(30代まで利用可)

ネットビジョンアカデミー(〜31歳まで利用可)

 

それぞれのサービスについて解説していくと、別の記事が1つ作れてしまいます。

なので、この記事とは別に、それぞれの解説記事を用意しておきました。

よろしければ、下記の記事を参考にしてみてください。

 

上京支援サービス(ヤンキーインターン)の紹介を最後の方で紹介しています。
【実話】就活が泣くほど嫌だった時の話をしよう【黒歴史】就活が嫌で仕方なかった、周りと同じことをするのが嫌だった。 そんな私の黒歴史を、ありのまま、包み隠さずお伝えしています。...

 

MIYACO TICKETについて、くわしく見てみる!

https://www.kaerudakero.blog/miyaco-ticket-review

 

ネットビジョンアカデミーについて、くわしく見てみる!
【北海道から東京に上京した僕が教える】未経験エンジニアの転職支援 今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。 こんなうまい話があるのかと疑問に思わ...

 

 

それでは今回の内容はコレで終わります。

いつも応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

こんかいの内容が「参考になった」「おもしろかった」

と思っていただけたら、していただけると嬉しいです。

 

では、また次回の内容か、Twitterでお会いしましょう。

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です