ニート・フリーター時代

田舎生まれがかわいそうと言われる理由6つ【ハンデのある人生】

ともや
相談者
相談者
都会の人がうらやましい、、、。

バイトの数も多いし、お店もたくさんある。

渋谷とか新宿に行ける都会の子がうらやましい、、、。

あなたはこう思ったことはありませんか?

ともや
ともや
はじめして、ともやです。

僕は人口2万人の田舎町出身の人間です。

そして、そんな田舎がイヤだったので2020年に上京しました。

今回は、こんな背景のある僕が”田舎がかわいそう”だと考えられる理由について考察しました。

この記事を読むことで

田舎がかわいそうだと言われる理由について理解することができます。

田舎から抜け出す方法をご紹介していきます。

田舎生まれがかわいそうと言われる理由6つ【ハンデのある人生】

以下のとおり

・仕事が少ない

・コミュニティがせまい

・交通の便が悪い

・学校を選べない

・お店が少ない

・病院が少ない

1つずつ解説していきますね。

仕事が少ない

田舎は仕事が少ないです。

都会であれば、IT系やクリエイター系の仕事の求人がありますが、田舎にはありません。

別にIT系とかの仕事に興味ないし、、、

と、思う人もいるかもしれません。

ですが、少ない職種の中から仕事を探すよりも、多くの職種の中から仕事を探した方が、より自分に合った仕事を見つけることができると思いませんか?

例えるなら、5人の中から結婚相手を選ぶよりも、30人の中から結婚相手を選んだ方が、自分と性格の合う人を見つけられるようなものです。

つまり、田舎に生まれ、田舎で仕事を探すということは、自分に合う仕事と出会うチャンスを逃していると考えることができるハズ。

僕たちは、生きている時間の半分以上を仕事につかうわけですから、より自分に合った仕事と出会うことができない田舎に生まれた人は”かわいそう”と言えるでしょう

コミュニティがせまい

田舎コミュニティがせまいです。

なので、気の合わない人がいても、仲良くしておかないと生活しずらくなります。

都会であれば、気の合わない人とは関わらなければよいのですが、田舎ではそうはいきません。

もちろん、都会でも他人と仲良くすることは大切です。

 

ですが、田舎はもっと人間関係を大切にします。

例えば田舎で、AさんがBさんの悪口を言っていたとします。

そして、このBさんとあなたが仲良しだったとします。

それでも、あなたはAさんの悪口に合わせておかなければ、逆にあなたがAさんに嫌われて悪口を言われる立場になってしまいます。

これは嘘のような話ですが、本当にあった話です。だから僕は田舎の人間関係がキライです。

【関連記事】

26歳の僕が田舎を捨て、都会で転職した理由【人生変わる】

交通の便が悪い

田舎ではバスが2時間に1本というのはザラです。そのため、移動には車が必要となります。

近くのスーパーに買い物に行こうと思っても、車がなければ気軽に買い物に行くことができません。

また、田舎は人口が少ないため、車を見ただけで誰が乗っているのかわかります。なので、休日も気が休まることがありません。

休み明けに『昨日イオンにいたでしょ!』みたいなことを言われるのはザラなので、プライベートが筒抜けになります。

学校を選べない

僕の田舎には高校が2つしかありませんでした。一方、都会であれば複数の高校の中から自分に合った学校を選ぶことができます。

なので、都会の人は自分の学力に合った環境で勉強をすることができます。

そのため、頭のいい人は学力が向上し、頭の悪い人は自分のペースで勉強をすることができるでしょう。

しかし、僕の田舎の高校の場合ですと、頭のいい人も悪い人もごちゃ混ぜだったので、お世辞にも勉強をしやすい環境とはいえませんでした。

むしろ、マジメに勉強をしている人間がバカにされるという環境でした。

なので、都会に生まれていれば、もっと頭のいい高校に進学して、いい大学に行けたんだろうなぁと思います。

もちろん、田舎に生まれた人でも、高校進学と同時に、田舎から出て行く人もいますが、僕の家はお金がなかったので、田舎を抜けるのはムリでした。

ですので、やはり都会の人は生まれた時点で恵まれています。田舎生まれはかわいそうです。

お店が少ない

お店が少ないと価格が高くなります。

例えば、都会であれば複数のスーパーやドラッグストアがあるので、安いお店を見つけることができます。

ですが、田舎ですと”町の中心にイオンが1つあるだけ”というパターンがありがちです。この結果、田舎の人は都会の人よりも高い値段でモノを買うことになります。

病院が少ない

僕は痔になったときに、隣の町まで行かないと治療ができませんでした。

なので、片道2000円かけて通院していました。

その他にも、何かしらの治療、たとえば歯列矯正をしたいと思った時、田舎だと少ない選択肢から病院を選ぶことになります。

なので、田舎だと、より良い治療を受けることができないリスクがあります。

しかし、都会であれば、たくさんの選択肢から病院を選ぶことができるので、より安い病院を選ぶことができますし、通院にかかる時間も節約することができます。

実際に、僕は上京してから

・歯列矯正

・レーシック手術

・二重整形

という手術をしております。

これらは田舎に暮らしている時にはゼッタイにできなかったことです。

 

やりたいと思った時にスッと行動に移せるのが都会の強みですね。

田舎だと、移動にかかる時間や費用のことを考えてしまい、つい足踏みしてしまいますからね。

なお、今回紹介した『田舎のかわいそうなところ』の他にも、田舎のデメリットを紹介した記事もあるので、よかったらこちらもどうぞ。

田舎暮らしはデメリットしかないからやめとけ【11個の理由】

かわいそうな田舎生まれの方へ

結論:上京しましょう。

都会には選択肢がたくさんある

都会には仕事もたくさんあるし、いろんな性格の人がいます。

それに、僕のように田舎でイジメられていた人間でも、都会で気の合う仲間に出会えたりもします。

もちろん、田舎にもいいところはあるのですが、ここで紹介してしまうと話がズレてしまうので、『田舎暮らしはデメリットしかないからやめとけ【11個の理由】』という別の記事にまとめておきました。

人生を変えられる無限の可能性がある

僕は都会に来て人生がガラッと変わりました。

たとえば、、、

・ブログで生活できるようになった

・整形をした

・レーシックをした

・歯列矯正をした

・ホワイト企業に転職した

上京してから、これらのことをしてきました。

田舎に暮らしていたときは、お金があっても使う場所がなかったので、行きたくもないムダな飲み会に使っていました。

今思えば、もっと早く上京して、自分の人生が少しでも良くなることにお金を使っておけばよかったなぁと思っています。

田舎の方が向いている人もいる

ここまでは都会のメリットを力説してきました。

ですが、田舎の生活の方が向いている人もいます。

例えば、

・今の生活に満足している人

・やりたいことがない人

・人混みがニガテな人

ってカンジの人は田舎の生活の方が向いています。

詳しくは下記の記事にまとめたので、上京しようか迷っている人は下記の記事を読んでみるといいですよ。

上京しない方がいい人&東京が合わない人【上京で後悔しないために】

とりあえず上京しましょう

若いうちの失敗なら取り返せます。

もし上京してみて”合わないな”って感じたら、田舎に戻ればいいだけです。

一番よくないのは『田舎に生まれた自分かわいそう』って思いながら田舎で生活を続けることです。

18歳を超えたら、自分の1つで人生を変えられるのに文句ばかり言っているのはダサいです。それに、文句を言いながら生きている時間ってムダの極みです。

悲劇のヒロインを気取っている時間があるなら、

『どうすれば現状を変えられるか?』

といった部分にフォーカスしたほうが生産的です。

簡単に言うなよ。

上京にはお金がかかるんだぞ!

であれば、以下の記事を参考にしてみてください。

地元離れたい→上京したら人生変わった【お金がなくても可能】

お金がなくても上京するための方法をまとめた記事です。

田舎に生まれたかわいそうな悲劇のヒロインを気取るのはもうやめよう

文句を言っても人生は1ミリも良くなりません。

人間は”行動しない理由”を探す天才

ここまでの内容では、『田舎のかわいそうな点』から『上京するための方法』までをご紹介してきました。

26歳の僕が田舎を捨て、都会で転職した理由【人生変わる】

(僕が上京して就職するまでの全手順をまとめています)

 

地元離れたい→上京したら人生変わった【お金がなくても可能】

(お金がない人が上京する方法をまとめています。)

ここまで読んだあなたは、すでに田舎から抜け出すための方法は知っています。

ですが、この記事を読んだ大半の人は田舎から抜け出さないでしょう。

 

なぜなら、人間は変化を恐れる生き物だからです。

これは”現状維持バイアス”と言われている性質が原因です。これがどういう性質かというと、例えば何か新しいことをするとき、

『上京して失敗したらどうしよう』

『今のままの方が安全なんじゃないか』

『田舎もなんだかんだ悪くないよな』

という思考が思い浮かぶのが”現状維持バイアス”です。

これは、人間が古くから持っている脳の性質ですので、あなたが悪いわけではありません。

ただ、この脳の性質を理解した上で、どう行動するのかはあなた次第です。

ただし、田舎で幸せな人もいる

本記事では田舎のかわいそうな点を紹介してきました。

ですが、田舎でも幸せに暮らしている人がいるのも事実です。

ようするに、人には向き不向きがあるということ。

田舎の生活が向いている人がいれば、都会の生活が向いている人もいる。

どちらが正しいとかはなくて、人それぞれ正しいと思った選択をすれば良いだけです。

なので、僕は田舎に暮らしている人をディスっているわけではありません。

あくまでも、僕には田舎での生活が合わなかっただけです。

まとめ:田舎生まれがかわいそうと言われる理由6つ【ハンデのある人生】

最後にサクッとまとめをしていきますね。

 

田舎のかわいそうな点

・仕事が少ない

・コミュニティがせまい

・交通の便が悪い

・学校を選べない

・お店が少ない

・病院が少ない

 

上京すべき理由

・都会には選択肢がたくさんある

・人生を変えられる無限の可能性がある

・ただし田舎の方が向いている人もいる

 

人間は変化を恐れる生き物。

これは”現状維持バイアス”と言われている性質が原因。

『上京して失敗したらどうしよう』

『今のままの方が安全なんじゃないか』

『田舎もなんだかんだ悪くないよな』

という思考が思い浮かぶのが”現状維持バイアス”。

 

紹介した関連記事

26歳の僕が田舎を捨て、都会で転職した理由【人生変わる】

田舎暮らしはデメリットしかないからやめとけ【11個の理由】

地元離れたい→上京したら人生変わった【お金がなくても可能】

 

以上が今回の内容のまとめです。

 

ともや
ともや

それでは以上で今回の内容を終わります。
この記事があなたのお役に立てたら嬉しいです。

はなちゃん
はなちゃん
この記事を読んでくれたあなたに幸あれ!

ABOUT ME
ともや
ともや
社会不適合者ブロガー
北海道出身の20代。
大卒フリーター▶︎警察官(適応障害になり2年で退職)
1年間引きこもりニート▶︎元ホームレス▶︎ネットカフェ難民▶︎転職5回(短期離職3回)▶︎面接20連敗
ブログが恋人❤︎
ニート・フリーターおすすめ転職エージェント 1位
JAIC(ジェイック)
遼学長もおすすめの転職エージェント

JAICはフリーター・未経験の就職成功率81.1%で、書類選考なしで優良企業20社(全て正社員求人)と面接できるのが強み。最短約2週間で内定ゲットできるスピード感も魅力。

ニート・フリーターおすすめ転職エージェント 2位
第二新卒エージェント
手厚いサポートが売り

第二新卒エージェントneoは手厚いサポートが売りのエージェント。1人あたり平均8時間のサポートをしているので、就活での悩みや不安をすぐに解消できるのがポイント。転職回数5回のボクに対しても親身になってくれたアットホームなエージェント。

ニート・フリーターおすすめ転職エージェント ランキング 3位
Re就活エージェント

累計180万人が利用した20代専門実績No.1の転職サイト

20代登録比率No.1の転職エージェント(東京商工リサーチ調べ調査機関2022.01~03)で年間5000名以上の20代就職・転職サポート実績あり
ただし中卒・高卒は利用できないデメリットあり

47都道府県別

エリア別おすすめ転職サイト

記事URLをコピーしました