ニート・フリーター実践記

Re:バイトから始めるニート社会復帰生活

 

ワケあってニートをしているけど、社会復帰したいな。でも、人に会うのが怖い、、、果たして自分は社会復帰できるのだろうか?ニートから社会復帰した人の話が聞きたいな。

こういったお悩みにお答えしていきます。

 

この記事の内容

・ニートはバイトから社会復帰をするのがオススメな理由

・どんなバイトをするのがオススメ?【実体験】

・社会復帰の準備でやっておくべきこと。

ともや
ともや
この記事を書いている僕は、半年間ニート&引きこもりでした。引きこもり時代は朝に寝て、夜に起きる生活をしており、恥ずかしながら、今よりも10キロ太っていました。

実際に半年間ニートをやってみて思ったのが、”働きたいけど、人に会うのが怖くて働けない…”ということです。

ニートはだらしない人間だと思われるかもですが、実際には働きたいけどメンタル的な問題で働けない人もたくさん存在します。

では、どうすればニートが社会復帰できるのか?

私の実際の体験談をベースに解説していきます。

ニートはバイトから社会復帰をするのがオススメな理由

いきなり、正社員を目指すとメンタルへの負担が大きすぎるからです。

バイトであれば、責任感が少ないので心理的なハードルも低いですし、メンタルへの負担が少ないです。

いきなり正社員をオススメしない理由

メンタルへの負担が大きいからです。

正社員になろうとすると、多くの場合、面接などを何回かする必要があります。これは普通のことですが、ニートを1度経験した者から言わせてもらうと、しんどいです。

なに甘えたこと言ってるんだよ。

と、思われるかもですが、ニートを1度経験してしまうと、話している相手が、心のなかで”このクソニートが”とか、バカにしてるんじゃないか?とかムダなことを考えてしまい、人と話すことが怖くて仕方なくなります。

もちろん、ただの考えすぎなのですが、ニートの思考は複雑なのです。

どんなバイトをするのがオススメ?【実体験】

 

私はじっさいに下記のようなバイトをしました。

・リゾートバイト(家賃と食費ほぼタダ)

・UberEats(人と合わなくて済む)

・カラオケのホールスタッフ(昼夜逆転していた時代)

・本屋さん(時給がよかった)

上記は私が実際にやってきたアルバイト一覧です。これがそっくりそのままあなたにオススメというわけではありません。

あくまでも、あなたの生活リズムや性格に合わせてアルバイトを選んでみてください。

コミュ障なら無理に頑張らなくていい。

 

人にはいろいろな性格があります。人と話すのが好きな人もいれば、できるだけ一人で居たい人も居ます。

コミュ障の人の中でも、マジメな人だと無理に頑張ってコミュニケーション能力を高めようとしてしまいがちです。

でも、コミュ障の人って1人でコツコツ何かに取り組んだり、集中力が高いって言われているんです。なので、無理にコミュニケーション能力を高めようと苦しむ必要はないです。

んなこと言ったって、コミュ力ないと働けないでしょ!

もちろん、最低限のマナーをもってないと、社会人として生活することは難しいです。とはいえ、社会人になってからのマナーに関しては、社会に出てから実践で身につけるしかないかと思っています。

もちろん、社会に出る前から本屋さんで売っているようなマナー本で、マナーを身につけることもできます。ですが、そこまで頑張る必要なんてないと個人的には思っています。

マナーは身につけておくことに越したことはありません。ですが、その前に自分自身の強みはどこなのか?ということを考えて、自分の長所を伸ばすという選択肢もアリだと思っています。

コミュ障にオススメな働き方

コミュ障は1つの物事をコツコツできるという強みがあります。

実際、私の身の回りにも、人とコミュニケーションを取るのがニガテな人は、裏方業務をして働いていました。具体的にどんなお仕事をしていたのかというと、“ホテルの清掃”とか”ホテルの布団をキレイにする”といった業務をしていました。

では、どうやってこのような仕事を見つけるのか?ということも解説していきますね。

 

裏方業務の探し方・手順

まずはアルファリゾートのサイトにアクセスします。

するとTOPページにアクセスできるので、左側にある「職種一覧」というボタンをクリックします。

すると、業務一覧を見ることができます。その中から今回は「裏方業務」を選択してください。

すると、全国のアルバイトの中から「裏方業務」にフォーカスした検索結果が表示されます。

今回の例ではアルファリゾートを例として紹介しました。その他にもリゾバ.comといったサイトでも同様にバイトを探すことができます。

いちおう、こちらの探し方も紹介しておきますね。

 

裏方業務の探し方・手順その2

 

リゾバ.comへアクセスします。

こだわり検索をクリック

下の方に画面をスクロールすると、「職種」という欄があるので、その中から「裏方」をクリック。

チャリがあればできるUber Eats

Uber Eatsは有名ですが、チャリ1つで始められるアルバイト(個人事業主)です。

(なおUber Eatsこのリンクから登録すると、私とあなたに紹介サービスが与えられます、ボクのことが嫌いな人は、別の人のリンクから登録してください…。)

Uber Eatsといえば、あのリュック(通称;ウバック)が有名ですが、実はあのバックでなくても配達をすることが可能です。

いまAmazon見たら、7,416円 なんですけど、ぶっちゃけクソですね。

僕が買ったときは4000円だったので、ホントにアコギな商売している人っているものですね。

 

見た目は気にしないから、ちゃんとした機能だけ兼ね備えていれば良いという人は下記の2つのバックがオススメですよ〜。

 

 

 

PS いま探してたら安いウバックもあったので紹介しておきます。

 

ちなみにUber Eatsって何回か配達するとボーナスで4000円もらえたりします、なのでバック代なんてすぐに取り戻せます。じっさい僕は40回くらい配達してバックも売ったので、わりと稼げました。

Uber Eats

(なおUber Eatsこのリンクから登録すると、私とあなたに紹介ボーナスが与えられます、ボクのことが嫌いな人は、別の人のリンクから登録してください…。)

社会復帰の準備でやっておくべきこと。

 

食事、運動、睡眠を整えることです。

睡眠は6〜8時間は寝るようにして、運動は、朝のうちに散歩をしたり、軽いストレッチをすることをおすすめします。食事はインスタント食品や加工食品を避けてください。

だるっ、と思われるかもですが、1週間で良いのでこの生活を続けてみてください。マジで人生が変わります。もちろん、強制はしません。ただ、じっさいにやってみると、本当に体調がよくなるのでやってみてほしいです。

転職の準備(ゆっくりでいい)

食事、運動、睡眠を整えたら、いよいよ転職の準備をしていきます。具体的には転職エージェントにいくつか登録して求人をテキトーにスキマ時間に見てみるのがいいかと。

例えば、ウズキャリなんかは10〜20歳のニート、フリータに向けてサポートをしてくれるのでニート民にオススメの転職サイトです。

 

ウズキャリのほかだと、フリーター向けの正社員チャレンジ事業である、TOKYOインターンなんかもオススメです。

TOKYOインターンUP to 29  若者正社員チャレンジ事業

TOKYOインターンの参加条件は、29歳以下で以下いずれかの条件を満たす方
・就職したことがない方
・アルバイト、派遣、契約社員など非正規での就業経験のみの方
・直近2年間で、正社員としての勤務が1年未満の方

TOKYOインターンの特徴は以下の3つ

1.働きたい企業でしごとを体験してから就職できる
2.参加企業はすべて若者の就職応援企業
3.最大10万円の奨励金で就職活動を全力サポート

TOKYOインターンはこんな人へおすすめです、

・どんな会社で働くことが向いているのかわからない
・自己PRできる経験なんてない
・会社の事じっくり見てから働きたい
・正社員として働くイメージがわかない
・経歴にブランクがありすぎて不安

TOKYOインターンUP to 29:若者正社員チャレンジ事業

命より大切な仕事はない

なんか熱いことを言ってますが、命より大切な仕事なんてないですからね。実際に私の知人はマジメで責任感の強い人間だったのですが、仕事でメンタルを壊してしまい退職してしまいました。

あと、ついでに言っておくと私も2年間公務員として働いていましたが、うつ病で退職しています。

もちろん、すぐに逃げ出すのはよくないんですけど、ある程度ガマンしてもダメだなーって感じたら、あんまり自分を責めずに、転職とかアルバイトとして働くことを考えたほうがいいと考えています。

生きるために仕事をしているのに、死んだら元も子もないです。

まとめ:ニートはとにかく、自分を責めないこと

自分を責めることほど愚かなことはないです。だって、ただでさえ今の世の中、他人から責められるのに、自分まで自分のこと責めたらメンタル壊れるじゃないですか。

だからせめて、自分だけは自分のこと認めてあげてもいいんじゃないかなーって思っています。甘い考えかと思われるかもですが、自分に厳しくしすぎると、完璧を求め過ぎちゃって、何も行動できなくなっちゃうんですよね。

なので、とりあえず、小さなことから、今できることをマイペースでやっていくのが人生をラクに生きるコツなのかなーとか思っています。

それでは終わります\(^o^)/

 

いつも応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

こんかいの内容が「参考になった」「おもしろかった」

と思っていただけたら、していただけると嬉しいです。

 

では、また次回の内容か、Twitterでお会いしましょう。

 

 

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です