上京ノウハウ

【実話】田舎でのんびり暮らしたいと思った人の末路【やめとけ】

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約532

 

ともこ
ともこ
人間関係とか出世競争とかライバルとか、がんばるとか、、、そういう考えに疲れた…。お金なんて最低限でいいから、田舎でのんびり暮らしたい…。

実はこの悩みは過去の僕の悩みです。

ともや
ともや
こんにちは、トモヤです。この記事を書いている僕は現在26歳で、2年間公務員として勤務していました。しかし、メンタルを壊してしまい(適応障害)、公務員を退職しました。公務員を退職後は、実家のある田舎(人口2万人)に帰ってのんびり暮らしていました。

今回は、こんな背景のある僕が、田舎でのんびり暮らしてみてわかったことをまとめました。

ちょっと人生に疲れてしまった人だったり、田舎の暮らしに憧れている人にとって参考になる内容となっております。

この記事を読むことで、田舎暮しに対しての幻想を捨て去ることができます。幻想を捨て去ることができれば、冷静な判断でものごとを判断できるハズです。

【実話】田舎でのんびりなんてやめとけ【理由2つ】

僕が田舎でのんびり暮らすことを”やめとけ”という理由は次の2つの理由から。

・人間関係が閉鎖的

・人間関係が濃い

・人間関係が閉鎖的

田舎は良くも悪くも人間関係が閉鎖的です。例えば、近所のスーパーやコンビニへ買い物に出かけると、70%くらいの確率で知り合いに出くわします。

いや、それくらい別によくない?

と思われる人なら大丈夫かもですが、休日に知り合いに会うのが面倒だと感じる人にはデメリットでしかありません。たまたま町で出くわした知人に飲み会なんて誘われてしまったら断りにくいですし、、、。

というか、この記事を読んでくれている読者さんって、人間関係とか競争社会に疲れてしまったから、田舎で暮らしてのんびりしたいと考えていると思うんですね。

であれば、人間関係が閉鎖的な田舎での暮らしは向いてないと考えられます。

・人間関係が濃い

田舎は人口が少ないので、自然と人間関係が濃くなります。例えば、中学や高校などの学生時代のシーンを思い浮かべてください。学生時代ってクラスメートが30〜40人くらいだと思うんですけど、それくらいの人数だから自然とクラスメート全員が仲良くなっていきましたよね?

一方で、大学って人が多いし、中学高校と違って、クラスという制度もないので、あんまり濃い人間関係って作られないんです。

これと同じ原理で、中学高校のときのように、1つの世界に少人数が閉じ込められると、自然と仲良くなりやすいんですけど、大学などのように広い世界でたくさんの人が自由でいると、特定の人同士でしか仲良くならないんです。

まとめると、つぎのようになります。

中学高校=田舎

大学=都会

どっちが良いとか、悪いとかはないんですが、人間関係がダルいとか面倒だと思う人は都会で暮らした方が幸せに生きられると思いますよ。だって、田舎だと嫌いな人とかニガテな人とも、うまい感じで付き合っていかないといけないですから。

僕の場合はニガテだな〜って思う人と付き合うのをガマンできるタイプではないので、間違いなく都会ぐらしが向いているタイプです、、、。まあこのへんはご自身の性格で向いている生活スタイルを選んでいただければと思います。

そもそも、なぜのんびり暮らしたいのか?を考えてみる。

あなたはなぜ、「のんびり暮らしたい」と思ったのか、冷静に考えたことはありますか?考えたとしたら、どんな理由でしたか?

僕の場合は次のような理由です。

・人間関係につかれた

・ラクな仕事がしたい

・もっと自由な時間がほしい

・ワーク・ライフ・バランスを整えたい

・ぼーっとしたい、何も考えたくない

どうですかね?あなたと一緒の理由はありましたか?

ぶっちゃけクソみたい理由ですが、僕はこんな理由で田舎でのんびり暮らしたいと思っていました。が、じっさいに田舎に暮らしてみてわかったのは、けっきょく田舎に暮らしてみたところで、この悩みは解決しないということでした、、、。

例えば、人間関係は田舎でも都会でも変わらないし、ラクな仕事とはいっても、田舎だろうが仕事はダルかったです。

自由な時間がほしいと思ってはいたものの、いざ自由な時間が増えると、変にネガティブな思考にハマってしまってメンタルがまた壊れそうになりました。

ワーク・ライフ・バランスが大事なんていいますけど、結局のところ休日はネットサーフィンやマッチングアプリで知り合った女の子とデートして休日を潰すというクズっぷりを発揮しました。

田舎では、自分の人生と向き合う時間が増えましたが、結局思い浮かぶのは、自分の想像の範囲のことばっかりなので、人生が変わるような発想なんて生まれる気配すらありませんでした。

つまり何が言いたいのかというと、田舎で暮らそうが都会で暮らそうが、いちばん大切なのは”自分の心のあり方”だということです。なんか自己啓発クサいですがマジです。

悪いのは環境で、あなたは悪くない

田舎で暮らそうが、都会で暮らそうが”自分の心のあり方”が大切という、自己啓発クサイことを言ってきましたが、たまに今の職場とか、住んでる場所が合わなくてメンタルを病む人もいます。

たとえば僕の場合だと、公務員のような職場が全然あわなくてメンタルを壊しました。あと、マイペースで人に興味がないので田舎の狭い人間関係だと、協調性のないやつだとみなされます。こんなわけで僕は中学1年生のときに軽いイジメに遭ったこともあります。

それと、ここだけの話ですが、僕は中学〜高校くらいの時まで、生きてる意味がわかんなくて、なんで生まれて来たんだろうな。とかずっと考えていました。

あと、次のような悩みもずっと抱えてました。

なんで皆と一緒のことができないんだろう。

なんで自分は人と合わせて行動できないんだろう。

って。

都会の人は自由に生きてることを知る

でも田舎から出て、大学に進学して色んな人と会ったら他人の顔色を気にして生きている人なんて全然いなかったです。だから今までの自分ってすごくムダな努力というか苦労をしていきたんだな。って心の底から思いました。

まあ、僕がこんなこと言っても、今まさに現実問題で人間関係とか人生について悩んでいる人からしたら、僕のコトバなんてなんにも心に響かないんですよね。

わかります。じっさい僕も悩んだり苦しんだりしているときに他人から説教されたりアドバイスされても、「は?あなたに何がわかるんだ」とか思ってましたから。だから結局は自分で思ったとおりに行動して、自分の目とか体で感じるしかないんですよね。

田舎で暮らしてみたいと思ったら実際に暮らしてみればいいし、転職してみたいと思ったらしてみればいい、それでもし仮に失敗したとしても、死ぬほどのダメージを受けるわけでもないです。

というか、むしろ何もしないで、アタマのなかでウダウダ同じことを悩んでいるほうがよっぽどヤバいです。なんか焦らせていたらスミマセン。

あなたの悩みは過去に他の人も体験している

でも、今の世の中の悩みってググれば解決できることばっかりです。だから、もしあなたが今、何かしらの悩みを抱えているのであれば、一人で抱え込まないでググってみてください。まあググると、たまに変なアフィリエイトサイトに飛ばされるかもしれませんが、悩みの解決に役立つヒントは得られるハズです。

何かしらのアクションを起こせば、必ず何かしらの結果が返ってきます。その結果が悪い結果だったとしても、同じ失敗を繰り返さないようにするだけです。ここまで読んでくれたあなたなら大丈夫、、、、!!!(゜-゜)

それでは今回の内容はコレで終わります。

いつも応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

こんかいの内容が「参考になった」「おもしろかった」

と思っていただけたら、していただけると嬉しいです。

 

では、また次回の内容か、Twitterでお会いしましょう。

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です