リゾートバイト

【2021年の現状】リゾートバイトはコロナでどうなる?

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約316

 

ともこ
ともこ

リゾートバイトをしようか迷っている。

でもコロナウイルスの影響が心配…。

 

 

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

この記事を書いている私は、2019年10月〜2020年4月までリゾートバイトをして生活をしていました。

今回は、そんなリゾートバイト経験者の私から

「2021年現在のリゾートバイトはどうなる?」

と、不安を抱えているあなたに向けて記事を書いています。

 

この記事を読むことで、

2021年現在のリゾートバイトの現状を知ることができます。

 

今回の記事を作成するにあたって、じっさいにリゾートバイトを扱っている担当者の方に、リゾートバイトの現状を聞いてみました。

これから、リゾートバイトをしようとしている人の参考になるはずです。ぜひじっくりとご覧ください。

2021年2月現在、リゾートバイトの求人数は回復しつつある。

なぜなら、コロナウイルスが落ち着いてきているから。

当たり前ですが、コロナが流行すると自宅で待機する人が増えます。そのため、リゾートバイトの求人数も減っていきます。

じっさい、私がリゾートバイトをしていた2019年10月〜2020年4月のあいだは、ちょうどコロナウイルスが流行り始めた時期でした。

そのため、わたしの知人でリゾートバイトをしている人は、途中で契約を打ち切られていました。

まあ、いまは、一時期よりも状況が良くなっています。しかし、まだ感染が爆発する可能性が0ではないので、様子を見たほうがいいです。

今はリゾートバイトをするのは辞めておいたほうがいい?

やめておいたほうがいいです。

なぜなら、まだ完全にコロナが収まっていないからです。

とはいえ、働かないと生活ができない人もいるかと思います。そういった方は、リゾートバイトをしながら次の仕事を探すことをオススメします。

リゾートバイトが休み→就職活動

こんな感じで、休みを有効活用して就職活動をすればいいかと思います。

 

いきなり契約をきられてクビになる?

それはないです。

わたしの知人は1ヶ月前に伝えられていました。なので、いきなり生活に困ることはありません。

それに、リゾートバイトを紹介してくれるエージェントは、すぐに、つぎの働き口を探してくれるので、「いきなりクビになって、お金がなくなって生活ができない…。」なんてことになる可能性はほぼ0です。

じっさい、わたしの知人もクビになったあと、すぐに次の働き口を見つけていました。

 

もし仮に、クビになってニートになってしまったら…。

失業保険をもらいましょう。

コロナの影響でクビになってしまった場合は、6ヶ月のあいだ雇用保険に加入していた実績があれば、雇用保険をもらうことができます。

そして、コロナでクビになってしまった人の場合は、雇用保険をもらうことができる期間が、通常の3ヶ月から5ヶ月へ延長してもらうことができます。

 

まとめ;リゾバをうまく活用して、次の仕事を見つけるべし。

 

記事内のポイントをまとめます。

この記事のまとめ

・2021年2月現在、リゾートバイトの求人数は回復しつつある。

・今リゾートバイトをするなら、あらかじめ転職準備をしておこう。

・いきなり契約をきられてクビになることはない。

・もし仮に、クビになってニートになってしまったら失業保険をもらおう。

こんな感じです。

 

最後の1文が一番大切で、ぶっちゃけ、日本の社会保障はかなり恵まれているので、お金がなくなって途方にくれるなんて心配はしなくていいです。

ただし、社会保障の存在を知らなければ、なに1つメリットを受けることができないので要注意です。

こんな感じで、リスクを管理しつつ、行動していけば大ダメージを受けることなく、新しいチャレンジができるはずです。

なので、よかったらリゾートバイトも1つの経験として、挑戦してみてくださいね。

さんこうまでに、わたしが実際にお世話になっていた、リゾートバイトのエージェントを下記に掲載しておきます。

登録は完全タダなので、よかったら使ってみてください。




アルファリゾート

 

それでは今回の内容はコレで終わります。

いつも応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

こんかいの内容が「参考になった」「おもしろかった」

と思っていただけたら、していただけると嬉しいです。

 

では、また次回の内容か、Twitterでお会いしましょう。

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です