うつ病ライフ

【全部コロナのせい】転職活動に疲れた20代ボクの独り言

 

はあ、転職活動が全然うまくいかない、、、。書類選考すら通らないし、面接もぜんぜんうまくいかない、、、。

交通費を支払うのもシンドくなってきた。もういっそのことフリーターでいいかな。

情けないけど、田舎の実家に帰って親のスネをかじろうかな。

ともや
ともや

どうもこんにちは、トモヤです。冒頭の文章はつい先日までのボクの頭の中です。

今回の記事では、コロナの転職活動でシンドかったときの話をしていきます。

今まさに転職活動をしていてシンドイ思いをしている人は、この記事を読むことで心がラクになるはずです。ぜひ最後までごらんください。

 

コロナで起こった悲劇4つ

ボクがコロナによってダメージを受けた出来事はつぎの3つ

就職のために上京するも、同時に緊急事態宣言

求人数の減少

履歴書の空白期間が1年になる

テキトーな企業に就職→2ヶ月で辞める

1つずつ解説していきます。

 

就職のために上京するも、同時に緊急事態宣言

ボクが北海道から上京してきたのは2020年4月です。この時期は緊急事態宣言(1回目)が発令された時期でもあります。

そのため、外出はほとんどできず、就職活動も思うようにできませんでした。

さらに、上京してきたばかりで知り合いが一人もいないこともあり、メンタル的にもかなり落ち込んでいました。

求人数の減少

緊急事態宣言が初めて発令された時期は求人数が激減しており、ボクの就職活動はきびしい状況でした。

もちろん、緊急事態宣言のなかでも募集のある企業もありました。が、あまり乗り気になることができずに、ダラダラと貯金を切り崩す生活をしていました。

履歴書の空白期間が1年になる

気がついたら無職の期間が1年になっていました。1年も働いていなかったら、企業の面接に応募してもなかなか受からないんですよね。

もちろん、空白期間でもきちんとした理由があれば、企業側も理解してくれて採用してくれことがあるかもしれません。

ただ、その理由をしっかりと面接本番で話せるか?というとなかなか難しい部分がありました。

なぜなら、ボクの場合は上京してから知り合いが居なかったからです。そのため、人と話す機会がめっぽう減っていました。

なので、面接では人と会うだけで緊張してしまって、言葉がうまく出てこず、面接では落ち続けていました。

テキトーな企業に就職→2ヶ月で辞める

貯金もなくなりそうだったので、とりあえず働ける場所を探しました。

ボクは少しだけプログラミングとデザインをかじっていました。なので、デザイン関連の仕事につくことができました。

が、入社してみたらぜんぜん違う業務をすることになり、じっさいにボクはやる仕事はコールセンター業務でした。

なので、ボクはすぐにでも辞めようと思い、辞めたいと伝えたところ「すぐに辞めると賠償金を請求する」と言われたので、2ヶ月は働きました。

もちろん、テキトーに就職してしまったボクが悪いのですが、これからはテキトーに就職するのは絶対にやめよう。と、心に固く誓った出来事でした。

1年の空白&短期離職(2ヶ月)の最悪コンボが完成する

こんな感じでボクの経歴はボロボロになっていきました。

1年の無職+短期離職(2ヶ月)ということで、転職活動が厳しくなっていきました。

面接では、経歴についてツッコまれることが増えましたし、少し強い口調で質問をされることも多くなりました。

なので、転職活動が怖くなり、身も心もボロボロになっていきました。

相変わらず東京には知り合いもいないし、相談できる人もいなかったので、ボクは何度も生きるのを辞めてしまおうかと思いました。

一人で転職活動をすることを諦める

これまで一人で転職活動をしてきて、失敗ばかりだったので、ボクは転職エージェントを使うことにしました。

転職エージェントを使おうと思ったキッカケはYouTubeです。

YouTubeで両学長(チャンネル登録者数は100万人以上)が

転職サイトではなく、転職エージェントを使うべき理由

という動画をUPしていたので、この動画を見て、ボクは転職エージェントを使うことを決意しました。

 

 

 

具体的になにをしたのか?

具体的にボクは3つのエージェントをつかいました。

3つも使うの!?と思われるかもしれませんが、エージェントによって紹介される企業が全然違うし、担当者の当たり外れもあるので、エージェントは必ず複数使ったほうがいいです。

ボクが使ったエージェント3つは下記の3つです。

 

じっさいに使ったエージェント3つ

JAIC(ジェイック):厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定されています。(※東証一部上場企業です)

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

※全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。72項目に及ぶ国の審査基準に合格しないともらえない証。

 

就職Shop:書類選考がないので、履歴書で落とされることはありません。 学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。

 

第二新卒エージェントneo:10時間ほどの手厚いサポートをしてもらいました。

ボクは経歴に不安があったのですが、10時間もサポートしてもらっていると、自然と自信がつくし、人と話すことにも慣れて、自分に自信が持てるようになりました。

また、第二新卒エージェントneoでは、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ました。(普通は教えてくれない

そして、スタッフは全員第二新卒なので、ボクの気持に寄り添ってくれたのが本当に嬉しかった。転職は孤独な戦いでツライけど、第二新卒エージェントneoの担当者のおかげでくじけずに頑張れました。

 

これらの3つを使って、最終的にボクはJAIC(ジェイック)で転職を決めました。

 

ぶっちゃけエージェントを使ってみてどうだった?【本音】

エージェントを使ってホントに良かったです。なぜなら、ボクには相談相手がいなかったから。

これまで一人で抱え込んでいたストレスや不安を聞いてくれる人がいるだけで、心がこんなにラクになるんだな。と思いました。

じっさいエージェントを使ってから20日ほどで内定を獲得できましたし、サービスにもとても満足しています。

お世辞抜きで、もっとはやくエージェントに頼っておけばよかった。と、本気で思っています。

 

というわけで、今回はこのあたりで失礼します。

 

じっさいに使ったエージェント3つ

JAIC(ジェイック):厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定されています。(※東証一部上場企業です)

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

※全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。72項目に及ぶ国の審査基準に合格しないともらえない証。

 

就職Shop:書類選考がないので、履歴書で落とされることはありません。 学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。

 

第二新卒エージェントneo:10時間ほどの手厚いサポートをしてもらいました。

ボクは経歴に不安があったのですが、10時間もサポートしてもらっていると、自然と自信がつくし、人と話すことにも慣れて、自分に自信が持てるようになりました。

また、第二新卒エージェントneoでは、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ました。(普通は教えてくれない

そして、スタッフは全員第二新卒なので、ボクの気持に寄り添ってくれたのが本当に嬉しかった。転職は孤独な戦いでツライけど、第二新卒エージェントneoの担当者のおかげでくじけずに頑張れました。

 

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

2021年9月29日

ニート・フリーター転職の最新情報 

 

 

今月は転職活動をするのにバッチリなタイミングです。なぜなら、日本の会社は4月を年度始まりとしている企業が多く、10月は下期の始まりになります。

そのため、10月は会社の経営方針に沿って「中途採用でどんな人材が必要か」が明確になっています。

つまり10月は企業が中途採用に熱心な時期ということです。

実際にぼくが利用した転職サイトでオススメなのが『第二新卒エージェントneo』と『DYM就職』です。

ぼくは東京に暮らしているので一番やくに立ったのが『第二新卒エージェントneo』でした。

東京以外にお住まいの方におすすめなのは『DYM就職』です。DYM就職は、全国に対応した転職サイトです。

『第二新卒エージェントneo』『DYM就職』は求人サイトでは見ることができない“非公開求人”もあります。

転職を考えている方はもちろん、今は転職できない方も登録だけしておいて最新の情報を見逃さないようにしておくことをオススメします。

第二新卒エージェントneo


スタッフは全員第二新卒。

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る!

取引企業は約1万社

DYM就職

求人は全国32箇所に対応

正社員求人100%

書類選考なしなので履歴書で落ちない

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です