生活の知恵

【私がやってる時間術】仕事や勉強を効率よくするたった1つのコツ

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約50

 

どうも友哉です。このブログを何度か読んでくれている方なら知っているかもしれませんが、私は高校時代にオール後と言う輝かしい成績を取った過去があります。まぁ今ではその輝かしい成績も跡形もないのですが。(笑)

と言うわけで今回は何度か質問をいただいていた、私が実際にやっている時間管理術について説明していきます。

まぁ結論から先に言ってしまうと、私は勉強や仕事をするときに、ポモドーロテクニックと言う25分間集中して5分間休憩を取ると言う方法を採用しているので、ポモドーロテクニックを既に知っていると言う方はここから先は読まずに、別の記事を読んでもらえるとうれしいです。

反対に、ポモドーロテクニックを知らない、初めて聞いたと言う方はこの先を読み進めて、ぜひポモドーロテクニックをマスターしてください。

【私がやってる時間術】仕事や勉強を効率よくするたった1つのコツ(ポモドーロテクニック)

 

ポモドーロテクニックとは25分間集中して5分間の休憩を取る、これを1ポモドーロとして4ポモドーロをしたところで30分間の休憩を取る。ということを繰り返すテクニックのことです。

 

あとちなみにですが、ポモドーロと言うのはトマトと言う意味です。

 

少し話がそれてしまいましたが、ポモドーロテクニックを行うことによってダラダラと勉強することがなくなりますし、時間が有限であるものだと言うことを再認識できますので、集中力が切れやすい方にはとてもオススメの方法です。

その他にもポモドーロテクニックを行うことによって得られるメリットも解説していきます。

メリット1 やる気がない日でも作業できる。

ポモドーロテクニックはたったの25分間だけ作業すれば良いので、極めて勉強や仕事に対するハードルを下げることができます。

私たちが勉強や仕事にめんどくささを感じるのは、何時間も集中をしなければいけないと言う大きなハードルを感じるからです。したがって、その大きなハードルを極限まで下げてあげることで、勉強や仕事に対するモチベーションを保つことができます。

メリット2 仕事や勉強の効率が上がる

勉強や仕事は何時間やったと言うことが注目されてしまいがちですが、勉強や仕事で大切なのは結果を出すことです。結果を出せるのであれば勉強や仕事をする時間は短い時間でも構わないのです。

反対に、結果や成果を出せなければ、どれだけ時間をかけても世間から評価される事はありません。

ポモドーロテクニックでは、25分経過すると強制的に休憩を取るので、その25分間で集中して物事に取り組むようになります。

 

25分間集中して物事に取り組むと思った以上に物事が進みます。計画的に休憩を取ると言うのは本当に大切なことなんだなと実感できます。

今まで、1時間とか2時間ダラダラ作業していたと言う方は、ぜひ計画的に休憩を取り入れる、このポモドーロテクニックを採用してみてください。

メリット3 シングルタスクができるようになる

この記事を読んでくれているような意識の高い人であれば、マルチタスクと言うのは非常に非効率で、シングルタスクが効率的に物事を進める上で非常に大切なことである事はご存知だと思います。

シングルタスクの反対であるマルチタスクをしてしまうと、人間の集中力は分散されてしまい物事がなかなか計画的に進まなくなります。

人間の集中と言うのは一度切れてしまうと元に戻るのに20分ほどかかると言われていますから、いかにマルチタスクが効率的ではないと言うことがわかると思います。

ですが安心してください、ポモドーロテクニックを使えば25分間と言う限られた時間でしか作業ができないので、嫌でもシングルタスクに切り替えざるをえなくなります。

ついついダラダラやってしまっていたメールチェックや電話応対等も時間を区切ってメリハリをつけてやることでいつもよりも素早く終わらせることができるようになるはずです。

ポモドーロテクニックを使う上で気をつけるべきこと

ここまで読んでくれたあなたであれば、今からでもポモドーロテクニックを使って勉強や仕事がしたくなったのではないでしょうか。

ですが少し待ってください、ポモドーロテクニックを使う上で気をつけて欲しい点があります。

以下では、ポモドーロテクニックを使う上で気をつけなければならないことについて解説していきます。

注意点1 5分間の休憩中にスマホなどを使わないこと。

ポモドーロテクニックの5分間の休憩の時にスマホなどを使うのはご法度です。

なぜスマホを使ってはいけないのかと言うと、人間の疲労と言うのは大半が目からの疲労だと言われているからです。つまり目からの疲労を軽減すれば、我々は仕事に対する疲れを軽減することができるのです。

と言う事はつまり、5分間の休憩時間にスマートフォンを使ってしまうとせっかくの休憩時間なのに全く休憩の役割を果たさないと言うことになります。

ポモドーロテクニックの5分間の休憩の時間は、じっと座って目を閉じるか軽く外を散歩するのをお勧めします。

実際に、勉強や仕事の合間に、意図的に何もしない時間を作ることで記憶の定着率が向上すると言う研究結果もあります。

人間の脳というのは何もしていないような時でも、常にフルで働き続けているので意図的に何もしない時間を作ってあげて、脳を休ませてあげましょう。

注意点2 休憩中に仕事をしてはいけない

ついつい調子が良いと、5分間の休憩を取らずに仕事をしたくなるところですがそこはぐっと我慢してください。長期的な視点で見れば、5分間の休憩を取らない事は大きなダメージとなります。

確かに調子が良い時は何時間も勉強ができそうな気がしますが、人間の集中力と言うのは4時間が限界と言う研究結果があります。

短期的に見れば、調子が良い時にざっと仕事を終わらせてしまいたい気持ちはわかりますが、受験勉強や仕事と言うのは長期戦です。

長期的に見たときに、こまめに休憩を取った方が長い時間勉強や仕事ができるので、ぜひ積極的に休憩を取り入れてください。休憩を取ると言うのは決して悪いことではなく、集中して仕事に取り組むための準備です。

 

おわりに

 

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。ポモドーロテクニックを使えば比較的集中力を高い状態に保ったまま仕事や勉強に取り組むことができます。

人が挫折してしまうのは、自分の集中力が他人よりも劣っていると感じた時に発生する自己嫌悪などが原因となっていることが大半です。

ですがもう大丈夫です、人間の集中力と言うのはそもそもそんなに長時間保てるものでは無いのですから、それを理解することが、挫折による自己嫌悪をなくす1つのポイントです。

ぜひポモドーロテクニックを活用してあなたの目標や夢に向かって努力を積み重ねていきましょう。

私自身もまだまだ夢半ばです。一緒に頑張りましょう。

 

それでは、今回の記事はここで終わります。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました、この記事が少しでも役に立ったと思っていただけたのであればTwitterやSNSなどでシェアしていただけるととてもうれしいです。

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です