生活の知恵

家の中でできるイライラ&ストレス発散方法!充実させて楽しもう!

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約510

 

どうもカエルです!

 

自粛期間中、長時間も家の中にいると、わけもなくイライラしたり、ストレスを溜め込んでしまう人もいるのではないでしょうか?

 

実は私も、この自粛期間で、かなりストレスを溜め込んでいました。

おそらく、この自粛期間は今後も続くと思われます。

 

そんな、自粛期間が長く続く中で、ストレスを溜めずに家の中で充実して楽しい時間を過ごすことができなければ、ますます辛い状況に陥っていくでしょう。

 

そこで、今回は私が様々な書籍を読み漁っていた知識を皆さんにお伝えできればと思い記事を執筆することにしました。

ぜひ、この自粛期間の過ごし方のバイブルとしてこの記事を読んでいただけるとうれしいです。

 

この記事は

 

家の中でイライラしてしまう人

 

家の中でストレス発散するためにできる事を知りたい人

 

での生活を充実させて楽しく過ごしたい人

 

 

こんな方々に読んでいただくと、とても参考になるかと思います。

 

それではやっていきましょう!

 

家の中でできるイライラ&ストレス発散方法!充実させて楽しもう!

 

家の中でできるイライラ&ストレス発散方法!

ここから始まります!

イライラ&ストレスの発散方法を知っておく

 

逆説的ではありますが、イライラやストレスをなくすためには、イライラとストレスを発散する方法を知識として持っておくだけでも効果があると言われています。

 

転ばぬ先の杖とか、備えあれば憂いなし、といった言葉が当てはまる感じですね。

 

では実際に、いくつか私が実際にやっている、イライラとストレスを軽減させる方法を紹介していきます。

 

ストレスホルモンのコルチゾールを減らそう

 

コルチゾールはストレスを感じた時に分泌されるホルモンです。

 

このコルチゾールの分泌を抑える方法としてあなたに紹介するのは、

「いい気分になれる思い出を思い出す」と言う方法です。

 

イライラやストレスを感じたときに、あなた自身が過去に感じた楽しかった友人との思い出や家族との思い出、過去の成功体験などを数秒間だけ思い出してみましょう。

ほんの数秒でもいいので、やってみてください。

 

いい気分になれる思い出を思い出したグループと、思い出さなかったグループとでは、コルチゾールの分泌量が大きく異なっており、いい気分になれる思い出を思い出したグループの方がコルチゾールの分泌量が少なかったと言う研究があります。

 

脳みそを騙す

 

今現在、あなた自身が抱えているイライラやストレスの原因を、3分程度で構わないので紙に書いてみてください。

そして3分間かけて書いた、イライラとストレスの原因を書き起こした紙をビリビリにやぶいてゴミ箱に捨ててしまってください。

 

イライラやストレスの原因というのは、形として目の前に現れにくく、あなたの頭の中で考えてしまっている場合が多いです。

イライラやストレスの原因が、形として現れておらず、頭の中で考えてしまっている場合は、頭の中の情報を紙に書くことで、イライラやストレスの原因を物質として脳が認識し、さらにその物質をゴミ箱になげることでストレスが軽減されると言う研究結果があります。

私自身もやってみたのですが、非常に効果がある方法の1つなのでぜひ試してみてください。

 

 

参考までに私は

収入が上がらない

体重が減らない

プログラミング学習がうまくいかない

筋トレしたい、ウェイトトレーニングしたい!!

と紙に書き起こしてビリビリに破いて捨てました(笑)

 

自分のイライラやストレスを感じたときの体の変化に注目する

 

裏技のような方法を紹介できなくて申し訳ないのですが、私自身はこの方法が1番効果的に感じました。

自分がイライラした時、ストレスを感じた時に体にどんな変化が起こるのかどうかを知っておくことで、自分が今ストレスを感じたな。ということを理解できるので、感情的になることが減ります。

また、ストレスを感じていることを理解することで、自分を客観的に見つめることもできます。

私の場合は、イライラすると目の奥が熱くなるような感覚に襲われ、肩や首に力が入ってこわばる感じがあります。

反対に、悲しい思いや、辛い思いをすると背中が丸まってきます。

このように、自分がイライラやストレスを感じたときの、自身の体の変化を理解しておくことで、それ相応の対処もできるようになります。

イライラやストレスに弱い人は、感情をうまく整理できずに、「何となく嫌な感じ」「なんとなく悲しい気持ち」と言ったように自分の感情を大雑把に捉えてしまいがちなのです。

自分自身の感情に、明確に気づくことができれば、不快な感情への対処も簡単になりますよね。

感情に名前をつける

 

嫌な気分になったら、自分の今感じている気持ちに名前をつけてあげましょう。

ストレスに弱い人ほど自分の感情を言葉にするのが下手で、ストレスに強い人ほど自分の感情を言葉にして整理するのが上手だと言われています。

ですので、ストレスに強くなりたいと思うのであれば、不快な感情を感じたら以下の言葉で自分の感情を整理するようにしましょう。

 

  • 悲しい
  • 恥ずかしい
  • 怖い
  • 辛い
  • むかつく
  • 申し訳ない
  • 腹立つ

 

これは、実際に私が不快な感情に名前をつけるときに使っている、ほんの一例なので、あなた自身で使いやすい言葉があればそちらを使っても構いませんからね。

 

自分と同じ状況の辛そうな人を見る

 

イライラやストレスを感じたら自分と同じ状況に置かれた人をみると良いでしょう。

小説や電気映画、ドラマ、アニメ、漫画などでもいいでしょう。

オススメは実在する人物のお話です。自分と同じような状況から這い上がった人を見ると人間はポジティブな気持ちになれます。

私自身も、自分のメンタルが弱ったときは、Yahoo!知恵袋で同じような状況の人を探したり、Twitterでキーワード検索をして自分と同じ辛い状況の人を探してメンタルを落ち着かせています。

 

HuluやFOD、Netflixなんかで無料期間を使えば、簡単にいろいろな作品を見れるのでぜひ試してみてください。

1ヵ月以内の無料期間で退会すれば料金も一切かからず、0円で見放題なので、この自粛期間のお供に登録してみてもいいかもしれませんね。

念のためリンク貼っておきます。

 


 

おわりに

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今回の記事はいかがだったでしょうか?

 

この自粛期間、家にいてじっとしているとイライラする気持ちもわかりますが、イライラを解消する手段を知っておけば、心が少しばかり楽になると思います。

ぜひ、今回紹介した方法を試して、少しでもイライラやストレスを解消して楽しくおうちライフを過ごしていただければと思います。

 

それでは、今日はこの辺で失礼します。

 

ありがとうございました!!

 

ABOUT ME
ともや
人口2万人の北海道の町出身( ͡° ͜ʖ ͡°) WEBライター/プログラミング/フリーランスWebライターです。 新卒公務員→体調崩し退職→転職のため上京→緊急事態宣言→貯金0円→ブログ収益6桁とWEBライターで生活してます💻 都内のシェアハウスでブログ書いてます。 取材やWEBライターのお仕事の依頼はお問い合わせフォームからお願いします🙇‍♂️

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です