上京物語

【東京に上京した僕が教える】心配する家族の反対を説得する方法!

 

 

ともえ
ともえ
田舎から東京に上京したい。

でも家族が反対してくる。心配なのはわかるんだけど、東京に上京して夢をつかみたい。

どうすれば家族を説得できるだろう、説得する方法を知りたい

 

今回の内容はこういった方々に向けて書いた内容となっております。

 

この記事の内容

家賃を援助して仕事探しをサポートしてくれる企業の紹介

東京で部屋を探すときににオススメな格安不動産サイト

家具をレンタルして初期費用を下げる

 

ともや
ともや
この記事を書いている私は北海道の人口20,000人の小さな田舎町から東京に上京しました。もちろん私が東京に上京する時も親の反対はありました。

ですが親の反対を説得することに成功し何とか東京に上京しました。

親の説得をする方法は1つです。それは東京に上京して安定した生活ができることを証明することです。

では具体的にどのように『東京で安定した生活できる』ということを証明するのか?ということを今回の記事で詳しく解説していきますね。

 

【東京に上京した僕が教える】心配する家族の反対を説得する方法!

 

東京に上京することを家族が反対するのは当たり前のことです。その理由は、あなたのことが心配だからです。

という事は、家族が考えている心配事を解決してあげられれば反対を説得することができます。

ではここで考えてみましょう、家族は何が心配なのでしょうか??

具体的には以下のような心配事があると考えられます。

 

生活費をちゃんと払えるのだろうか

・ちゃんと食べていけるのだろうか

・ちゃんと仕事に就けるのだろうか

 

おそらく、これらのことが心配だからあなたの上京に対して反対しているのでしょう。では家族の心配事がわかったところで、どのようにこの心配事を解決していけばよいか考えていきましょう。

企業に住居と仕事探しをサポートしてもらう

 

10代から20代の若者であれば上京支援サービスを使うことがお勧めです。上京支援サービスでは家賃を補助してくれるのはもちろん、仕事探しもサポートしてくれます。

ですので上京支援サービスを使えば、生活にかかる固定費を極限まで下げて、安心してお仕事を探すことができます。

上京支援サービスには年齢制限があるのが残念ですが、10代から20代であれば利用しない手はありません。

とはいえ、10代から20代であれば誰でも使えると言うわけではありません。サポートを受けるにはサービス会社と面談を行い、就労意欲(働く意思)があるとみなされた場合のみ使用することができます。

もちろん相談は無料です。なので気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ともこ
ともこ
無料でのサポートって怪しいのではないですか??
ともや
ともや
その気持ちはよくわかります。ですが無料でサポートを運営できているのは、紹介先の企業から研修費としてお金をいただいているからです。

企業が新人研修を行う代わりにサポート会社が新人研修を行っています。なので無料で若者のサポートをすることができるという仕組みになっています。

ともこ
ともこ
そうなんですね!!具体的にどういった企業がサポートを行っているんですか??
ともや
ともや
具体的には下記の企業が若者への支援を行っています。

ヤンキーインターン

画像出典元:ヤンキーインターン公式ホームページ

 

ヤンキーインターン

ヤンキーインターンは17歳から24歳の年齢の方を対象に衣食住を全面サポートした上で転職まで面倒を見てくれます。私は現在26歳になってしまったので対象外です。ですがもし若ければヤンキーインターンを使って東京に上京して仕事を探しますね。

地方から東京に上京するまでの詳しい流れは下記の画像を参照ください。

 

ともこ
ともこ
17歳から24歳であれば私も参加したかったなぁ。

 

ともや
ともや
若さっていうのは最大の資格ですからね。面談は無料で行っていますので、少しでも気になる方はぜひ無料面談を申し込んでみてくださいね。

 

ネットビジョンアカデミー

画像出典:ネットビジョンアカデミー公式サイトより

 

ネットビジョンアカデミーは地方在住者でも東京都内でエンジニア転職を目指す方に向けた上京支援サービスです。

受講する資格を得ると、最大で3ヶ月のあいだ家賃無料でエンジニアとしての学習をすることができます。紹介される住居は家具家電が付いているのでキャリーバック1つで上京することができるのが魅力です。

ともや
ともや
個人的には公式サイトの画像に使われている女性が全員美人なので受講したいです。
ともこ
ともこ
いや、それは何も関係なくないですか??

 

東京で部屋を探すときににオススメな格安不動産サイト

東京に上京することを支援してくれるサービスを使えば、住む場所を確保できますが、20代を過ぎている方はサービスを受けられない可能性があります。

ですので賃貸を安く探すことができるサイトも紹介しておきますね。

東京近辺に特化した不動産サイトは下記の通りです。敷金礼金0円の物件や、築年数が浅い物件が多数取り揃えられています。

 

ietty (イエッティ)

イエッティは首都圏エリアを対象にした賃貸情報サイトです。直接店舗に出向かなくても、チャットだけでおうちを探すことができます。

ともこ
ともこ
チャットだけでおうちを探せるのは、コロナウィルスの影響もありますから、とても嬉しいですね。
ともや
ともや
そうですね。わざわざ東京に足を運ばなくても、東京で暮らす場所を探すことができるのはとても助かりますね。

◆オススメポイント◆

使用ユーザは50,000人を突破しています。さらに月間で2,500,000件以上の物件を提案しています。スマホで物件をチェックできるので外出先でもお家を探せます。(10時から23時までチャット対応しています)

お仕事で忙しい方地方から上京する方直接お店に足を運ぶことができない方にお勧めです。

部屋まる。

画像出典:部屋まる。公式サイトより

多少の初期費用はかかっても大丈夫だからシェアハウス以外ワンルームなどの安い物件を探している方は”部屋まる。”というサイトがお勧めです。

東京エリアに特化した不動産サイトで、掲載されている物件はすべて6万円以下です。

ともこ
ともこ
公式のホームページを見てみたんですけど、東京都内のデザイナーズマンションに6万円以下で暮らすこともできるんですね!!
ともや
ともや
そうなんですよね。実は僕は来月あたりに引っ越しを考えていて『部屋まる。』でお部屋探しをしています。きれいな物件ばかりで、つい時間を忘れてお部屋の間取りをチェックしちゃってます(笑)
ともこ
ともこ
シェアハウスだと暮らしている住民の質でその物件の良し悪しが決まってしまうという運の要素があるので、多少の初期費用は払ってでもワンルームで安全かつ快適に暮らすという選択肢もありですね。
ともや
ともや
そうですね。とにかく安く初期費用を抑えて暮らしたいと言う方はシェアハウスを選んで、多少の初期費用はかかっても大丈夫だと言う方はワンルームなどで暮らすのがオススメですね。

 

 

イエプラ

画像出典元:イエプラ公式サイトより

 

先に紹介した 部屋まる。の他にはイエプラがオススメです。

ともこ
ともこ
イエプラはどんな賃貸情報サイトなんですか??
ともや
ともや
イエプラは自分の希望の賃貸条件を入力して、担当の方とチャットor通話でやりとりをして賃貸情報を提供してもらうスタイルの賃貸情報サイトです。

つまりどういうことかと言うと、自分で賃貸を探すのではなくて、担当の方があなたの希望の条件に合う賃貸を探してきて提案をしてくれるということです。

ともこ
ともこ
と言う事は、希望の条件を伝えたら後は待ってるだけで大丈夫なんですか??
ともや
ともや
その通りです。

口で説明するよりも画像で見せたほうが早いと思うので、私が実際に使ったときの様子をお見せしますね。

こんな感じでリアルタイムでチャットをしておうち探しを助けてくれます。

ともこ
ともこ
コンピューター対応ではなくて本当に人間が対応してくれるんですね!!
ともや
ともや
そうなんですよね、てっきりAIが対応してるのかと思っていたんですけど、本当に人間が対応してくれているので安心です。

しかもチャットの返信がとても早いので聞きたいことをすぐに聞けるのも魅力です。

イエプラはめざましテレビでも紹介されてます。

ともこ
ともこ
友哉さんに紹介していただいた複数の物件情報サイトを参考にして、その中から気に入った家を見つけてみますね!
ともや
ともや
はい。楽しい新生活に期待を膨らませながら物件情報サイトを見るのはとても心がワクワクするので、ぜひ楽しみながら探してみてくださいね。

家具をレンタルする

どうせなら家具にもこだわりたいという方は、家具をレンタルするという選択肢もあります。家具をレンタルすると初期費用を抑えることができます。

ともこ
ともこ
レンタルをすることで、普通に揃えると何万円もする家具をお家に揃えることができます。
ともや
ともや
今回は、2社の家具レンタルサービス会社を紹介しますね。

CLAS

家具のレンタル CLAS(クラス)

CLASという家具のレンタルサービスは、月々440円からレンタル可能なので、もし仮に東京に来てみて、東京での生活が合わないなと感じたら、家具を返却してすぐに地元に帰れます。

レンタルする際は、最低のレンタル期間(3ヶ月)があるのでご注意ください。

 

具体的にCLASでは、ベッドを月々900円台からレンタル可能だったり、生活に最低限必要なものを格安でレンタルすることが可能です。見てるだけでも楽しいので興味のある方は是非サイトを見てみてください。

一応公式サイトはこんな感じになってます。

出典元:CLAS

 

ともこ
ともこ
壊れたり汚れたりした家具は交換してもらえるんですか??
ともや
ともや
はい交換できますよ。1年以上継続して使用していた場合は無料で交換していただけます。

CLASではもし傷や汚れがついた場合でも通常の使用の範囲内であれば追加料金は一切かからないので安心してレンタルできますよ。

 

 

subsclife

画像出典元:subsclife

subsclifeという会社も家具のレンタルサービスを行っています。subsclifeでは月額500円からレンタル可能です。

さらにsubsclifeでは気に入った家具があればそのまま購入することも可能です。

日本全国どこでも1個から利用可能なのでお気軽に利用することができるのがポイントです。利用期間は3ヶ月から24ヶ月の範囲で選ぶことができます。

利用期間が終了したら回収に来てくれるので処分方法について悩む必要がありません。

ともこ
ともこ
傷や汚れをつけてしまった場合は追加料金は取られるのですか??
ともや
ともや
問い合わせてみたところ、『お客様の不注意による破損でも弊社は修理を承ります』との事でした。

なので安心してレンタルできますよ。

 

シェアハウスなら初期費用0円で入居できる可能性大

賃貸を契約するときに1番気になるのは初期費用です。初期費用と家賃を合わせると大体200,000円はかかると思います。

ですので初期費用は極力かからないようにしておきたいですよね。

実際に私は初期費用を下げるために、初期費用がかからないシェアハウスと契約をしました。

シェアハウスとはいっても他人と共同で生活すると言うわけではありません。なのでフジテレビのテラスハウスみたいなキラキラした生活ではないのでご了承ください。

私の暮らしているシェアハウスは個室で鍵付きなので、ワンルームとほとんど変わらない生活です。

ワンルームとほぼ変わらないのですが、洗濯機、冷蔵庫、キッチン用品は全部取り揃えられています。なので、一人暮らしを始めるときにかかる初期費用0円にできます。

ともこ
ともこ
家具家電にこだわりがない人はシェアハウスでも良さそうですね!!
ともや
ともや
そうですね!!

ではここからは具体的にシェアハウスを取り扱っている不動産会社を紹介していきますね。

オークハウス

オークハウスは通常のシェアハウスに加え、アパートタイプのシェアハウスホテルに暮らすタイプのシェアハウスなど、いろいろな形態の暮らし方を提供しています。

気になるお部屋があれば自宅でパノラマビューを見て下見をすることができるので、賃貸を探すときにかかる時間の短縮移動にかかるお金を節約できます。

画像出典:オークハウス公式サイトより

ともこ
ともこ
オークハウスの公式サイトを見てみたのですが、女性用の物件を1つのカテゴリにしていますね。カテゴリー分けがとても丁寧で見やすいサイトですね。
ともや
ともや
いろいろな暮らし方があるので見ているだけで楽しいですよね。私もついつい見入ってしまって1時間ほど費やしてしまいました(笑)

 

シェアドアパートメント

シェアドアパートメントと言う名前の由来シェアハウス+アパート=シェアドアパートメントからです。

全室個室で鍵が付いており、シェアするのは水回りのみという形態の暮らし方を提供しています。

画像出典:シェアドアパートメント公式サイトより

ともこ
ともこ
水回りを共用にすることで、賃料を抑えているんですね。
ともや
ともや
シェアハウスですが、個室なのでワンルームの生活様式とほぼ変わりありません。
ともこ
ともこ
水回りぐらいならシェアできる人にはオススメですね。

 

 

 

GGハウス

GGハウスは私が実際にお世話になっている管理会社です。

実際に使っている私が言うのはなんですが、GGハウスをGoogleで検索すると口コミ評価が星2つほどなのであまり口コミが良くありません。ですが、管理会社の口コミはあまり参考にならないです。

あくまでもシェアハウスの質は暮らしている住民の質に左右される部分が非常に大きいです。(私は毎朝共用のトイレの掃除をしています。)

なので管理会社の口コミはあまりあてにならないのかなと思います。実際に私がGGハウスを使ってみての感想としては、可もなく不可もなくという感じです。

 

肝心の生活面に関しても1週間に1度清掃会社が来て掃除をしてくれているので特に問題なく暮らせています。

ただGGハウスとやりとりをしていて感じたのは電話応対があまりよろしくないなということです。

何が良くなかったのかというと、電話応対のうしろで社員同士の笑い声とか話し声がうるさくて話を聞き取りにくいと感じました。

電話応対が良くなかったとはいえ、普通に生活する上では何も問題がないので満足しています。

 

まとめ

 

それでは最後に、これまでの内容をおさらいしていきましょう。

 

上京する家族を説得するには以下のポイントを押さえる必要がありますね。

・家族がどうして反対するのかということを考える。

 

家族が反対する理由

①あなたが東京で暮らしていけるかどうか心配。

②ちゃんと食べていけるのかどうか心配

③ちゃんと仕事ができるのかが心配。

 

この3つの心配事を解消してあげます。

 

この3つの心配事を解消してあげるためには

 

①住居を安く確保できることを証明する。

┗シェアハウスや物件サイトを見せる

 

②就職をサポートしてくれる企業があるということを親に教えてあげる。

┗ヤンキーインターン ネットビジョンアカデミー

 

③シェアハウスや提供される住居には、冷蔵庫や洗濯機、キッチン用品も最初から備え付けられているので出費が抑えられるということを教えてあげる。

┗家具のレンタルもできる

 

この3つの心配事を解消してあげられれば、きっと親御さんの反対を説得することができるでしょう。

 

ぜひ、親御さんの反対をうまく説得して楽しい東京生活を満喫してくださいね。

 

それでは今回の内容は以上で終わります。
私のブログではこのように田舎から東京に上京したお話や、プログラミングスクールに通ったお話を中心に発信しています。よかったら他の記事も読んでみてくださいね。

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です