転職実践記

会社の口コミがあてにならない理由とは?【転職失敗しないために】

 

ともこ
ともこ
転職を考えているけど、希望の会社の口コミが悪い…。何を信じればいいんだろう。

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

どうもトモヤです。ボクは現在26歳で、これまで4回の転職をしてきました。転職をする時にはネットの口コミを参考にしたりしていましたが、実際に入社してみると口コミとは全然違った、、、なんて経験はザラにあります。

というわけで、今回は転職を4回経験したボクだからこそ語れる、会社の口コミが当てにならない理由を紹介していきます。

これから転職を考えている人の参考になるはずです。

 

会社の口コミがあてにならない理由とは?【転職失敗しないために】

さっそく結論からです。会社の口コミがあてにならない理由はつぎの通り。

・ネットに書き込む人はそもそもネガティブな人が多い

・会社に満足している人はそもそも口コミを書き込まない

1つずつ解説していきますね。

・ネットに書き込む人はそもそもネガティブな人が多い

そもそもネットの掲示板に口コミを投稿する人はネガティブな人が多い、というのはあなたも納得していただけるのではないでしょうか?

もちろん、ネットを使う人の中にも健全なマインドの人もいることは確かです。しかし、ネットの匿名性ゆえに、リアルの世界だとなかなか自分を出せない人が、ここぞというばかりにしゃしゃり出やすい環境だということは紛れもない事実です。

そのため、ネットの口コミはあてになりません。じっさい、私が入社した会社も口コミと全然違って、どれもいい会社でした。

じつは会社の人たちも口コミはエゴサしていて、誰が書いた口コミなのか?ということは大体わかるんだそうです。

・会社に満足している人はそもそも口コミを書き込まない

会社に満足している人はそもそも口コミサイトに口コミを書きません。なぜなら、今の仕事に満足しているから。

そもそも、口コミサイトに書き込みをしよう!と思うときってどういう時だと思いますか?

辞める時とか、不満を感じた時ですよね。

なので、口コミサイトの投稿っていうのは自然とネガティブな意見が集まりがちです。だからあてになりません。

じゃあどうやって会社を知ればいいの?

実際に面接を受けに行ったり、説明会に参加するのが一般的です。

あとは、転職エージェントを使うのもオススメです。じっさい、私は転職エージェントを使って14社の会社の説明を聞かせてもらいました。

そして、納得した形で今の会社に。入社することになりました。

一人で転職活動するのは危険な理由

ブラック求人と、ホワイト求人を見分けられないからです。

私はリクナビNEXTを使って転職した経験があるのですが、求人票の内容を全く違う業務をやることになり、すごく後悔したことがあります。

ですが、エージェントでは、エージェント側が求人票をしっかりと審査したうえでボクに紹介をしてくれました。

なので、満足のいく仕事に就くことができました。もっと早くエージェントに頼っておけばよかったと思っています。

ハローワークと転職エージェントどっちがいい?

転職エージェントです。理由はハローワークは無料で求人を出せる一方で、転職エージェントは企業がお金を払って求人を出しているからです。

また、転職エージェントは求職者を企業に紹介することでお金をもらうシステムのビジネスです。そのため、エージェントの人はとても親身になって就職相談に乗ってくれます。

一方、ハローワークの方はエージェントとは違い、求職者を企業に紹介したところで、給料が変わるわけでもありません。そのため、転職エージェントとハローワークでは熱意が違います。

もちろん、ハローワークの人の中にも親身になって相談に乗ってくれる人もいます。ただ私の場合は、ハローワークでは満足のいく転職活動ができませんでした。参考まで。

転職エージェントってたくさんあるけど、どれを使えばいいの?

ボクが実際に使っていたエージェントはJAIC(ジェイック)というエージェントです。

なぜJAICを選んだのかというと、リベ大の両学長がおすすめしていたからです。

 

▼下記の動画で紹介されています。

 

 JAIC(ジェイック):厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定されています。(ちなみに東証一部上場企業です)

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

※全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。72項目に及ぶ国の審査基準に合格。

エージェントって怪しい。ブラック企業に飛ばされるんじゃないの?

 JAIC(ジェイック)ではブラック企業を徹底的に除外する取り組みを行っています。なので、安心して転職活動をすることができます。

実際に、厳しい審査基準を基に社員が何度も訪問し、安心して働ける企業か確認しているとのことです。

ちなみに、紹介される求人はすべて正社員求人でした。

どんな人がサポートを受けられるの?

39歳までであればサポートを受けることが可能です。具体的には下記のコースが用意されているので、ご自身の状況にあったサポートを受けることが可能です。

未経験、フリーター、第二新卒向け就職講座「就職カレッジ®」
中退者限定の就職講座「セカンドカレッジ®」
女性限定の就職講座「女子カレッジ®」
30代限定の就職講座「就職カレッジ® 30代コース」

ともや
ともや
ボクは、未経験、フリーター、第二新卒向け就職講座「就職カレッジ®」 を受講していました。

相談は無料で、変な押し売りもされないので、1度相談だけしてみることをオススメします。

短期離職したら転職決まらないはホント?【経験者が語る】26歳時点で短期離職を3回繰り返した僕が、転職できなかったときの話をしています。 結論から言うと、転機離職をしても転職することができます。...

 

 JAIC(ジェイック):厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定されています。(ちなみに東証一部上場企業です)

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

※全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。72項目に及ぶ国の審査基準に合格。

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

最短1週間のスピード入社ができる!

DYM就職では、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。

経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。

スタッフがあなたとの個別相談で希望にマッチした求人を紹介してくれます。

おすすめ度
名前DYM就職
ポイント最短1週間でのスピード入社も可能です。
対応エリア全国
ともやからコメント経歴や学歴に不安があっても正社員になれるのはDYM転職ならでは

詳細ページ公式ページ

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です