転職ノウハウ

20代派遣のボク、転職で不採用ばかりで疲れた件【解決策アリ】

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約452

 

ともこ
ともこ
転職したいけど、不採用ばっかりで疲れた。なんか自分なんて、社会に拒絶されているんじゃないかな。もう一生、派遣として働いていくしかないのかな。

これはボクが実際に抱えていた悩みです。

ともや
ともや

どうもトモヤです。ボクは1年間の引きこもり生活と1年間のニートを経験してきた人間です。そして、派遣社員を4ヶ月していました。

そんなボクは転職活動では書類選考すら通らず、通ったとしても大量採用をしているブラックな企業でした。こんなボクですが、今は都内のホワイト企業で働くことができています。

そこで今回は、派遣時代に抱えていた悩みを共有し、その解決策についてもお話していきます。

 

20代派遣のボク、転職で不採用ばかりで疲れた【6つの理由】

20代派遣のボクは、転職で不採用ばかりで疲れた理由は下記のとおり。

  1.  社会不適合者だと言われているような気がした。
  2.  なぜ派遣?と聞かれて圧迫面接されているような気がして怖くなった
  3.  もしかして顔がブサイクなのかな?と考えて自分が嫌いになる
  4.  なんで面接官ってちょっと上から目線なの?と内心イラッとして疲れた
  5.  交通費がムダになるので、金銭的に心が消耗した
  6.  Zoom面接は目が疲れる

 

1つずつ解説していきます。

 社会不適合者だと言われているような気がした。

お祈りメールが届く度に、「やっぱりな」と思うようになって、自信もクソもなくなっていきました。自分なんか生きている意味ないんだな。と思うようになって、どうせ受からないんだし、もう転職諦めようかな。って何度も思いました。

このときのボクは完全に負けグセが付いてしまっていました。

 なぜ派遣?と聞かれて圧迫面接されているような気がして怖くなった

面接官の質問攻めが怖すぎてトラウマになりました。

なにこれ、イジメ?え、なんか怒ってます?

っていう面接が何度かあったので何回か泣きそうになりました。今思えばボクの面接準備が足りていなかったんだと思うことができますが、当時はただの圧迫面接にしか感じませんでした。

 もしかして顔がブサイクなのかな?と考えて自分が嫌いになる

面接は第一印象が大事って言われます。たしか会って3秒で決まるとかなんとか。(メラビアンの法則)

なので、もしかして自分が面接に落ち続けるのは顔がブサイクだからかな?と思って、自分の顔が嫌いになりました。

当時は鏡を見るのもイヤだったし、電車のガラスに映る自分の顔がブサイクに見えて仕方ありませんでした。本気で整形を考えていました。

 なんで面接官ってちょっと上から目線なの?と内心イラッとして疲れた

面接で落ち続けると、人間不信になります。そして「面接官」という名称の人間を嫌いになります。

面接官は、面接ではニコニコしているのに、内心では「コイツ無理だわ〜」「こいつは要らない」とか考えているんだろうな、、。と勝手に考えるようになり、面接官に対して内心イラッとし始めます。

そして、こんな自分が嫌になってつかれました。(自己中)

 交通費がムダになるので、金銭的に心が消耗した

面接に落ちる度に交通費をムダにした感じがして金銭的にも消耗し始めました。

今思えば、交通費をムダにしないためにも、きちんと面接対策をしておくべきだったと、反省しております。

 zoom面接は目が疲れる

zoomの面接は目が疲れます。どこを見れば良いのかわかんないし、自分の顔がキモすぎて相手の話が耳に入ってこないし、、ってな感じでzoom面接は苦手です。

あと、ボクの場合はマンションの壁が薄いので、よそ行きの声が隣人に聞こえる恥ずかしさもありました。(くだらないプライド)

解決策:結論→転職エージェントでアドバイスをもらう

面接で落ち続けてメンタルがズタボロになったボクは、わらにもすがる思いで転職エージェントの門をたたきました。

正直に話すと、「転職エージェントなんてボクみたいな底辺をブラック企業に売り込んで稼いでるんだろ?」って勝手な偏見をもっていました。

でも使ってみると全然ちがいました。

ボクの黒歴史についても親身になって話を聞いてくれるし、面接対策も一緒にしてくれるし、無料でこんなにサポートしてくれるの!?って感じで、いい意味で驚きました。

もっと早く転職エージェントに頼っておけばよかった…。って心の底から反省しました。

今までの自分が面接で落ちまくっていた原因がハッキリとわかったので、すごく恥ずかしい気持ちになるのと同時に、「もう面接余裕じゃん」という明確な自信も持つことができるようになりました。

そして、結果としてエージェントを使ってから23日で内定をGETすることができました。

ボクがリアルで使った転職エージェント一覧

JAIC(ジェイック):厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定されています。(※ついでに東証一部上場企業です)

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

※全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。72項目に及ぶ国の審査基準に合格しないともらえない証。

 

reフレッシュ転職:仕事をなかなか辞めることができない私の相談に1時間も乗ってもらいました。

reフレッシュ転職は弁護士と連携しているので、労働問題も転職先を探しながら解決してくれたので、不安なく仕事を辞めることができました。また、転職による転居サポートあるため、金銭的に不安のあるボクでも安心して転職活動をすることができました。

 

第二新卒エージェントneo:10時間ほどの手厚いサポートをしてもらいました。

ボクは経歴に不安があったのですが、10時間もサポートしてもらっていると、自然と自信がつくし、人と話すことにも慣れて、自分に自信が持てるようになりました。

また、第二新卒エージェントneoでは、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ました。(普通は教えてくれない

そして、スタッフは全員第二新卒なので、ボクの気持に寄り添ってくれたのが本当に嬉しかった。転職は孤独な戦いでツライけど、第二新卒エージェントneoの担当者のおかげでくじけずに頑張れました。

 

おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございます。

転職で落ち続けるとメンタルがボロボロになって、生きているのが辛くなります。ボクの場合は生きている理由すらもわからなくなって、何回も生きるのを辞めようと思いました。

でも、こんな豆腐メンタルのボクですら転職することができたんだから、こうやって情報収集を頑張っているあなたなら、ボクよりも簡単に内定をGETできるハズです。

なので、もう少しだけ頑張ってみてください。もし、1人で心が折れそうなら他人の力を借りることをオススメします。

それでは、またどこかでお会いしましょう。

コロナで転職が決まらない20代後半のボクが内定を勝ち取った方法 このようなお悩みにお答えしていきます。 https://www.kaerudakero.blog/reha...
ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です