うつ病ライフ

もういいや!疲れた人生なんて終わらせてやる!と思った男の末路

 

もういいや、人生疲れた、終わらせてやる。

僕は24歳のときに人生に疲れてしまい、自ら人生を終わらせようとしました。

自暴自棄になって、睡眠薬とストロングゼロをいっしょに飲んで気を失ったことや、タバコを一箱いっきに全部吸って気を失ったこともあります。

今回はこのような経歴のぼくが『もういいや!疲れた人生なんて終わらせてやる!』と思っているあなたに向けて記事を書きました。

この記事を読むことで

『もういいや!疲れた人生なんて終わらせてやる!』という気持ちから開放されてラクに生きられるようになります。

もういいや!疲れた人生なんて終わらせてやる!と思った男の末路

『もういいや!疲れた人生なんて終わらせてやる!』と思った僕は、冒頭にもお話したとおり以下の行動を起こしました。

では、なぜこんな行動を起こしてしまったのか?

解説していきます。

不眠症→うつ病へ

なぜ睡眠薬とお酒をいっしょに飲んで気を失ったり、タバコを一箱いっきに吸って気を失ったりと、自分のカラダをボロボロに追い込んでいたのか?

その答えを1つだけピックアップするとしたら『不眠症』です。

というのも、ぼくは警察官だったので、24時間勤務をしていました。

過去にこんなツイートもしています。

警察官として働いているときは、1日も寝ずに仕事をすることも何度かありました。

そして、そんな生活をしているうちに、休日もうまく眠れなくなってしまい、耳鳴り・吐き気・めまいという症状に苦しめられるようになりました。

ともや
ともや

こんな状態だったので、当然、仕事もうまくいかなくなり、小さなミスを連発。

そして上司・同僚との関係が悪くなっていき、挨拶を無視されたり、少しずつ人間関係が崩壊していきました。

仕事を辞めるのが怖くて言い出せない→死のうとする

警察官時代は、健康も人間関係も最悪な状態だったので、仕事に行くのがイヤで仕方ありませんでした。

とはいえ、上司が怖かったこともあり、自分の口から『退職したい』と伝えることができずにズルズルと働き続けました。

ですが、ある日『こんな苦しい毎日を過ごすくらいなら、死んだほうがラクなんじゃないか』という発想にたどりつきます。

そして、睡眠薬+アルコールを組み合わせて飲み、タバコ1箱をいっぺんに吸うという行動を起こしました。

人間はかんたんに死ぬことはできないんだと知る

ともや
ともや
睡眠薬+アルコールを組み合わせて飲み、タバコ1箱をいっぺんに吸うという行動を起こしましたが、残念ながら死ぬことはできずに、気を失っただけでした。

この経験を通じてボクは「こんな方法じゃ死ねないんだ…」と残念に思いました。

かといって確実に死ねるであろう、高いところから飛び降りるなどの行動を起こす勇気はなかったので、死ぬことはいったんあきらめました。

この頃すでに『人生なんてクソどうでもいい』と思っていたので、仕事を休職したいことを上司に伝え、心療内科を受診。

そして、お医者さんに、うつ病の診断書を書いてもらい休職することになりました。

6ヶ月休職して退職する

警察官を6ヶ月休職しましたが、職場に復帰することはできずに退職しました。

休職しているあいだも、どうやったらラクに死ねるのかを考えてばかりいましたが、ビビリなので実際に行動に移すことはできませんでした。

警察官を退職後→ニート・フリーター・契約社員・派遣を転々とする。

警察官を退職したあとは5回転職しました。

なぜ5回も転職したのかというと、テキトーに仕事を選んできたからです。

テキトーに仕事を選ぶ→イヤなことがあったらすぐに辞めて、次の仕事を探して、また辞めて、、、というのをくり返しており、気がついたら5回も転職をしていました。

転職をくり返して人生オワコンになる

転職をくり返していると『なぜ転職をくり返しているのか?』と面接官にツッコまれます。

最初のうちは耳障りいい言葉を並べることで、ごまかしてこれましたが、さすがに5回も転職をくり返していると、ヤバイやつだと思われます。

そして、面接通過率がガクッと落ちてしまい、ボクは26歳にして、ニートになりました。

26歳でニートはさすがにイタい

26歳でニートになったボクですが、さすがに26歳でニートはヤバいな…、と思って焦ります。

ともや
ともや
焦りますが、これまでフラフラと転職をしてきたツケが回ってきてしまい、書類選考ですら落ちることが多くなっていました。

この頃は「まじで人生おわった」と思いました。

日本は正社員にならないと生きづらいと実感する

日本は今でこそフリーランスという生き方が認められつつありますが、いまだに正社員が美徳だとされる風潮があります。

じっさい、女の子には正社員じゃないとフラれるし、彼女の両親からは交際を反対されるし、信頼がないからローンを組むことができません。

だから、日本で生活するのであれば正社員になったほうが生きやすいです。

ただ、例外として年収1000万円くらい稼いでいるフリーランスであれば、正社員にならなくてもいいでしょう。

ですが、年収200万くらいのフリーターが調子こいて『いまは個人の時代だから』と、ほざいたところで、意識高いだけのイタいやつでしかありません。

だから、個人で稼げない人は、つべこべ言わずに正社員になるべきです。

フラフラしてきた人間は正社員にしてもらえないのか?

会社はいちど正社員にした人間をクビにしにくくなります。

なので、ぼくのようにフラフラした経歴の人間は正社員にしてもらいにくくなります。

これはボクの実体験として感じたことです。

ただ、100%の絶対が存在しないのと同じように、100%の不可能も存在しません。

なので、ボクのようにフラフラした経歴だろうが、正社員になることは可能です。

念願の正社員になる。しかもホワイト企業に。

じつは2022年1月26日現在、ボクはホワイト企業の正社員として勤務しています。

フラフラしてきた僕が、どのようにホワイト企業の正社員になったのか?

その答えは簡単です。

 

転職エージェントを使っただけです。

なぜ転職エージェントを使ったのかというと、転職エージェントを使う会社はお金がある企業だからです。

なぜ転職エージェントを使う会社はお金があるのか?

その理由は、企業は転職エージェントで人を採用すると100万円以上のお金がかかるからです。

なので、転職エージェントを使う会社は、お金がある会社だと考えることができます。

そこから、さらに『お金がある会社は業績が良い→会社の雰囲気がよい→ホワイト企業』と考えることができます。

なので、ボクは念願の正社員になることができ、2022年1月26日現在も勤務しています。

なおボクが実際に使ってよかった転職エージェントは以下の3つです。

第二新卒エージェントneo

JAIC(ジェイック)

ウズキャリ

参考にしてみてくださいね。

まとめ:日本で人生を終わらせることは意外とムズカシイ

人生って、しぶといですよね。

『もういいや!疲れた人生なんて終わらせてやる!』とヤケになって、睡眠薬とアルコールを一緒に飲んで、タバコを一箱いっぺんに吸っても終わらない。

5回転職してフラフラしたクズ人間でもホワイト企業に就職できてしまう…。

それに、もし就職できなかったとしても生活保護をもらえば、餓死することもありません。

ほんとに日本は良い国です。

ともや
ともや
ってなわけで今回の内容を終わります。
この記事があなたの人生を変えるキッカケになったら嬉しいです。
はなちゃん
はなちゃん
この記事を読んでくれたあなたの人生が良くなることを心から願っています!
この記事で紹介したリンクまとめ

第二新卒エージェントneoスタッフが訪問済みの企業のみを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

初回の面談を最大2時間してくれる充実のサポートが売りであり、1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

 

JAIC(ジェイック)全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、現在人気急上昇の優良転職サイトです。

 

ウズキャリ第二新卒:日本で唯一キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒。

エントリーや入社を強要するような行為は一切ナシ!

離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設けており、全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認している。

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

最短1週間のスピード入社ができる!

DYM就職では、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。

経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。

スタッフがあなたとの個別相談で希望にマッチした求人を紹介してくれます。

おすすめ度
名前DYM就職
ポイント最短1週間でのスピード入社も可能です。
対応エリア全国
ともやからコメント経歴や学歴に不安があっても正社員になれるのはDYM転職ならでは

詳細ページ公式ページ

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です