転職ノウハウ

仕事から逃げたい20代へ送る解決策4つ【転職のプロ直伝】

【転職のプロ直伝】仕事から逃げたい20代へ送る解決策4つ
  • 仕事めんどくせー。
  • 仕事行きたくない。
  • 仕事から逃げたい。
  • 働きたくない。

このようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

はじめまして、ともやです。

ボクは仕事から逃げ続けた結果、26歳で5度の転職を経験したクズ人間です。

また転職だけでなく、2年間のニート期間と1年間のフリーター経験し、大卒で就職できずに引きこもりをしていました。

さらに仕事がイヤすぎてうつ病になり、1年間休職していた時期もあります。

今回はこのような背景のあるボクが、仕事から逃げたい20代へ向けて解決策を4つご用意させていただきました。

本記事を読むことで、仕事から逃げたいという気持ちを解消することができるでしょう。

それでは前置きはここまでにして、本題に入っていきます。

【転職のプロ直伝】仕事から逃げたい20代へ送る解決策4つ

【転職のプロ直伝】仕事から逃げたい20代へ送る解決策3つ

仕事から逃げたい20代へ送る解決策4つは以下のとおりです。

仕事から逃げたい20代へ送る解決策4つ
  1. 『いざとなったら早退する』という気持ちで出社する
  2. 病院に行く
  3. まとめて有給を取る
  4. 受け入れる

1つずつ説明していきますね。

『いざとなったら早退する』という気持ちで出社する

仕事から逃げたい20代へ送る解決策1つ目は「いざとなったら早退する」という気持ちで出社することです。

いざとなったら早退すると思うことで、出社へのハードルを下げることができます。

そして出社さえしてしまえば、気分が乗って仕事がサクサク終わることがあります。

もし出社してからも気分が乗らず、帰りたくなったら「具合が悪いので早退したい」と伝えて早退しましょう。

早退なんてしたら、体調管理のできないヤツだと思われるのでは?
ともや
ともや
確かにそうかもしれません。

ですが早退すれば病院に行くことができ、うまくいけば診断書をもらえる場合があります。

診断書をもらえば、給料をもらいつつ休むことができるので、長期的に見るとお得な作戦だったりします。

実際にボクは診断書をもらって合計1年休職した経験がありますが、早退→病院→診断書のルートは仕事から逃げるための黄金ルートです。

病院に行く

仕事から逃げたい20代へ送る解決策2つ目は「病院に行く」ことです。

ちなみに病院ならなんでもいいです。

ボクの知人は肌荒れがヒドくて病院にいったところ、

『仕事のストレスが原因だと思うから1週間くらい休んだ方がいい』

とお医者さんから言われ、診断書をもらっていました。

ともや
ともや
またボクもお腹が痛くて病院に行ったところ、仕事のストレスが原因かもしれないから少し休んでみましょうと言われ、1週間休むことができました。

この経験から、仕事から逃げたいのであれば何かしらの理由を探し、病院に行ってみることをオススメします。

まとめて有給を取る

仕事から逃げたい20代へ送る解決策3つ目は「まとめて有給を取る」ことです。

意外かもしれませんが、人は休みが続くと働きたくなる生き物です。

ともや
ともや
例えるなら学生時代の夏休みで暇な日が続くと、学校に行きたくなるようなもの。

仕事もこれと同じでして、休みが続くと働きたくなります。

それでも働きたい気持ちが湧いてこないのであれば、転職エージェントに登録して求人だけ紹介してもらうのがオススメです。

なぜなら他の会社の求人と自分の会社を比較し、自分の会社が意外とマシな会社なんだと知ることができればモチベーションが復活するからです。

ともや
ともや

どちらにせよ、仕事から逃げたいという感情になって、いきなり退職してしまうと無収入になり生活が苦しくなってしまいます。

なので、一旦まとまった休みを取って様子を見てみましょう。

受け入れる

仕事から逃げたい20代へ送る解決策4つ目は「受け入れる」ことです。

そもそも仕事でお金がもらえる理由は、人がやりたがらないことをするからです。

ともや
ともや
なので仕事から逃げたいという感情が湧くのは当然のことです。

もちろん『仕事から逃げたい』という感情の強さは個人差があります。

しかし99%の人は仕事をしているときよりも、家でダラダラしている方が楽しいと感じるはずです。

だから仕事から逃げたいという感情を無理に抑え込もうとせず、当たり前のことなんだと理解して受け入れてみましょう。

ともや
ともや
ようするに仕事で受けるストレスへの対価が給料ってことです。

仕事から逃げたい20代がバックレても良い理由

仕事から逃げたい20代がバックレても良い理由

ここまで説明した3つの解決策を使っても、仕事から逃げたい気持ちが解消されないのであれば、そんな仕事バックレてしまいましょう。

いやいや!さすがに仕事をバックレるのはやばいでしょ!
ともや
ともや
いいえ大丈夫です。

実際にボクは仕事をバックレた経験がありますが、すんなり退職することができました。

というわけで、この章では仕事から逃げたい20代がバックレても大丈夫な理由を解説していきます。

退職代行を使えば問題ない

仕事から逃げたい20代がバックレても大丈夫な理由は「退職代行を使えば問題ない」からです。

退職代行を使えば、退職に必要な手続きをすべてやってくれるので、転職先の会社に提出する書類も問題なく手に入れることができます。

もし仮に退職代行を使って問題が起きても、弁護士が監修している退職代行を利用すれば全て解決してくれます。

ともや
ともや
退職代行を使うと2万円ほどの費用がかかってしまうのがデメリットですが、翌日から会社に行かなくて良いので、仕事から簡単に逃げ出すことができます。
ちなみにボクが実際に利用した退職代行は『辞めるんです』という、退職できなければ全額返金してくれるサービスです。
退職代行使ったらトラブルに巻き込まれそう…。
ともや
ともや
という不安がある人は、下記の記事で仕事をバックレるデメリットを解説しているので参考にしてみてください。

20代が仕事から逃げたくなる理由

20代が仕事から逃げたくなる理由
突然ですが質問です。

あなたは、どうして仕事から逃げたいという感情になるか理解していますか?

ともや
ともや
もし理解していないのであればボクのように、転職をくり返して仕事から逃げ続ける人生になります。

そして最終的には転職できなくなり、一生フリーターとして生きていくことになります。

なので自分が仕事から逃げ出したくなる理由を知ることは大切なことです。

というわけで、この章では20代が仕事から逃げ出したくなる原因を解説していきます。

理由①:20代は選択肢が多すぎるから

20代が仕事から逃げたい気持ちになる理由の1つ目は「20代は選択肢が多すぎるから」です。

20代は転職をしようと思えばできる年齢なので、迷いが生まれやすいです。

中国のことわざでも、40代は不惑=迷いがなくなる年齢とされ、30代は而立=自立する年齢と呼ばれています。

つまり20代は自立できておらず、迷いのある年齢ということ。

だから20代は仕事から逃げたいという感情になるわけです。

理由②:他にやりたいことがあるから

20代が仕事から逃げたい気持ちになる理由の2つ目は「他にやりたいことがあるから」です。

今の20代は仕事以外にもTwitterやInstagram、TikTok、LINE、Youtubeなど、、やりたいことがたくさんあります。

なので仕事をしなくても暇な時間を潰すことができます。

そのため仕事から逃げ出して、ひたすらSNSやゲームに没頭したくなってしまうのです。

理由③:ライフワークバランスを充実させたいから

20代が仕事から逃げたい気持ちになる理由の3つ目は「ライフワークバランスを充実させたいから」です。

今は大企業のトヨタですら終身雇用を保証できない時代なので、20代が会社のために頑張る理由はありません。

ともや
ともや
会社のために頑張っても給料が上がらないなら、プライベートを充実させたいと思うのは当然のことです。

にもかかわらず会社から残業をさせられるわけですから、仕事から逃げたい気持ちになるのは当然です。

仕事から逃げたい20代のよくある質問

仕事から逃げたい20代のよくある質問

ここでは、仕事から逃げたい20代のよくある質問にお答えしていきます。

入社1ヶ月で仕事から逃げたいのはおかしいですか?

入社1ヶ月だと判断が早すぎます。最低でも3ヶ月は勤務することをオススメします。

ともや
ともや
と言いつつ、ボクは1ヶ月で退職したことがあります。

1ヶ月で退職するのはオススメしませんが、ムリに働き続けて体調を壊すくらいなら退職しても大丈夫です。

1ヶ月で会社から逃げ出すためのポイントは【言いづらい】会社を1ヶ月で辞める方法や流れ【プロ直伝】で解説しているので参考にしてみてください。

1ヶ月で退職したら転職に不利なんじゃないの?
ともや
ともや

確かにその通りです。

ボクも1ヶ月で仕事を辞めてからの就活では、20社から不採用になってしまいました。

ですがJAIC(ジェイック)第二新卒エージェントneoといったート・フリーターに強い転職エージェントを使えば転職することが可能です。

実際にボクはJAIC(ジェイック)と第二新卒エージェントneoを利用して内定を5個もらうことができました。

ともや
ともや
なのでボクのように短期離職の経験がある人や、経歴に自信がない人にはJAIC(ジェイック)第二新卒エージェントneoがオススメです。

20代が仕事から逃げ続けたらどうなりますか?

転職のハードルが上がります。

ともや
ともや
冒頭でも言いましたが、ボクは20代で仕事から逃げ続けた結果、26歳で5度の転職をしています。

この経験からわかったのは、転職回数が増えるほど内定がもらいにくくなるということです。

それもそのはずですよね。転職をくり返す人間を採用するのは企業にとってリスクがあります。

なので20代が仕事から逃げ続けると、転職のハードルが上がります。

ともや
ともや

ただし逆に言えば、転職回数5回目までなら転職を成功させることは可能ということです。

だから5回までなら、仕事から逃げても大丈夫です。

まとめ:20代が仕事から逃げたいのは当たり前

まとめ:20代が仕事から逃げたいのは当たり前

総務省統計局の調査によると2019年の転職者数は”過去最高”の351万人です。

またマイナビが2022年3月25日、正社員として働いている20~50歳代の男女1500人を対象に行った調査では、20代の男女の転職率が最も高いことが明らかになっています。

データ元:マイナビ転職動向調査2022年版

なので20代が仕事から逃げたいのは当たり前です。

20代のうち30%が非正規雇用

また厚生労働省の若年者雇用実態調査の概況(平成30年)によると20代の正社員割合は約70%とのこと。

つまり20代のうち3割は非正規雇用ということです。

なので仕事から逃げ出して、アルバイト生活しながら転職活動するのもアリです。

おわりに:20代は人生で1度くらいは転職すべき

おわりに:20代は人生で1度くらいは転職すべき

本記事では、仕事から逃げたい20代へ4つの解決策を紹介しました。

もし今回紹介した4つの解決策を実践しても、仕事から逃げたい感情が解消できないのであれば転職すべきです。

最後にその理由を説明して、本記事を終わりにします。

視野が狭くなるから

20代が人生で1度は転職すべき理由は「視野がせまくなるから」です。

例えばあなたの地元には「地元サイコー!」と言って、SNSで飲み会の写真をアップしている陽キャがいると思います。

そんな彼らは地元以外で生活したことがないのに、『地元サイコー』と言っていることがほとんどです。

これっておかしいですよね?地元以外で生活したことないのに『地元サイコー』って…、いったい何と比較して最高なのか…。

ともや
ともや
視野が狭いとしか言いようがありません。

転職を経験していない20代もこれと同じです。

1つの職場しか経験していないと、自分の会社がブラックなのか、それとも恵まれた環境なのかわからないので、自分の職場へ対する正当な評価ができません。

ともや
ともや
なので20代のうちに1度は転職を経験しておくべきです。

今しか経験できないことだから

20代が人生で1度は転職すべき理由は「今しか経験できないことだから」です。

平成29年版「職業構造基本調査」によると、過去1年間に非正規から正社員になった人の年齢別割合は以下のとおり。

過去1年間に非正規から正社員になった人の割合
  • 15〜19歳 =29.9%
  • 20〜24歳 =32.7%
  • 25〜29歳 =25.5%
  • 30〜34歳 =18.1%
  • 35〜39歳 =15.5%
20代の転職成功率が1番高いことがわかりますね。

もちろん30代でも転職することは可能ですが成功率が低いです。

なので転職するなら20代の方がいいです。

転職しろなんて簡単に言うなよ…。
ともや
ともや

確かに転職はハードルが高いと思う気持ちはわかります。

しかし先ほども紹介したように、転職エージェントを使えば1人で転職活動するよりもラクに転職ができます。

なので少しでも転職に興味のある方は、まずは相談だけでも転職エージェントにしてみるといいですよ。

先ほど紹介した転職エージェントは以下の2つでしたね。

というわけで今回の記事はこれで終わります。

この記事を読んだあなたが、嫌な仕事から逃げ出してラクな人生を歩めることを願っています。

それでは!

この記事で紹介したリンクまとめ

JAIC(ジェイック):全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者

YouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』がオススメし、人気急上昇の優良転職サイト。

第二新卒エージェントneoスタッフが訪問済みの企業のみを紹介している。

初回の面談を最大2時間してくれる充実のサポートが売りであり、1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

リクルートが運営するフリーター向けサービス!

就職shpは『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染み、 リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービスです。

《書類選考なし 》人柄や意欲を評価する企業が集まっているため、履歴書で落とされることはありません。 営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数!

おすすめ度
名前就職Shop
ポイント《書類選考なし》履歴書で落とされることはありません。 学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。
対応エリア関東・関西(地方在住でもZOOMやSkypeで対応可能)
ともやからコメント利用者の4人に3人は正社員未経験!企業は100%取材しており職場の雰囲気や具体的な働き方などを知ったうえで就職可能!

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。