うつ病ライフ

【人生のモチベUP】私がメンタルを強くした方法

 

どうも、皆さんこんにちは!

今回の記事では、メンタルを強くするための思考法であったり練習方法をまとめています。

私自身は精神的に病んで会社を辞めた経験があります。

 

ですが、そんな私も今ではすっかり元気になって、普通に社会生活を送れております。

いちど精神的な落ち込みを経験すると、なかなか回復できないのですが、私はメンタル改善のために、たくさん勉強してきたので、何とか元気を取り戻すことができました。

今日はそんな私の知識の一部分を、あなたにお届けできたらと思い記事を執筆しています。

 

ぜひ読んでみて下さい。

 

『なぜ?』よりも『何を?』を考える

 

例えばあなたが職場を変えたいとします、転職とかそういったことですね。

転職の際に、なぜ自分が職業を変えたいのか?よりも何を変えたいのかを考えるようにすることが大切です。

なぜ転職をしたいのか、どう考えてしまうと自分を責めてしまう思考に陥りがちです。

一方で、何を変えたいのか考えることで具体性を考えることができるので自分を責める必要はなくなるのです。

 

ようは抽象的な考え方ではなくて具体的に物事を考えるようにすることが無駄に精神をやまなくて済むようにするコツなのです。

 

漠然とした不安よりも、課題が明らかになっている不安の方が、不安を解消するために、努力しやすいので、何を、と言う考え方よりもなぜ?と言う考え方をして細かく課題を分割していくのがオススメなのです。

 

正反対の質問を投げかける

 

2つ目は、正反対の質問を投げかけると言うことです。

例えば、あなたが仮に会社をクビになったとします。

会社をクビになった際、会社をクビになったら落ち込みますよね、もちろん私も落ち込むと思います。ですが反対に考えると、会社を辞めたことにより時間が増えます。

時間が増えたことにより副業が軌道に乗る可能性もあります。

会社に行っていた時間を資格取得の勉強の時間に当てたり、未来の自分がうまくいくきっかけになるかもしれませんよね。

このように正反対の質問を自分に投げかけることにより、うまくいっているときには見えないリスクを気にかけることができ、うまくいってない時はポジティブな側面を見いだすことができるのでとてもオススメの方法の1つです。

 

うまく自分を客観的に見れてない人と言うのは、

物事がうまくいっているときは過剰に自分を評価してしまい、うまくいっていない時は過小に自分を評価してしまうので、このように正反対の質問を常に自分に投げかける癖を身に付ける事はとても良いことです

 

コントラストを意識する

 

3つ目はコントラストを意識すると言うことです。

これは簡単に言うと、

今週はやる気があるけど先週は全然やる気が出なかったな〜〜。

と、このように過去の自分と今の自分を比較することで本当の自分が見えてくるのです。

 

他人と比べてしまうと気分が落ち込んでしまうことがあるので、あくまで自分自身と比べてみるようにしてください。

 

自分の集中力の傾向を掴むことができると、やる気の出し方がわかってくるのでとてもお勧めです。

 

ちなみに私は朝ご飯食べるとやる気がなくなってしまうので、朝ご飯は抜いて昼ごはんを楽しみにすることで仕事がとてもはかどります(笑)

 

1日の終わりに自分の行動を確認する

 

1日の終わりに、今日の自分の行動はどうだったのか?とチェックする癖をつけるようにしましょう。

このチェックの際は、あくまで第三者の目線でチェックするようにしてください。

うまくいったこと、失敗したこと、今日の自分の物事の選択はどうだった?

この3点をチェックすることで、仕事のパフォーマンスが23%もアップすると言う研究結果もありますのでやらない手はないと思います。

 

私も、自分の食事のタイミング、起きるタイミング、寝るタイミングお風呂に入るタイミング、歯を磨くタイミング、休憩をするタイミング、、、などなど。

事細かく、自分の選択をチェックすることでより生産的な1日を過ごすようになりました。

最初は面倒ですが2週間ぐらい続けると、自然なことになります。

 

自分のこれまでの人生を小説のようにまとめる

5つ目は、今までの自分の人生を小説のようにまとめると言う方法です。

 

この方法は

  1. 10個くらいの最高、最低の体験を書く
  2. その体験が起きた時期、
  3. 内容
  4. 関わった人間
  5. その経験が今の自分にどんな影響与えたのか?
  6. その経験から、どんな教訓がいたのかということを書くのです。

 

こうすることで客観的に自分を見ることができます。

 

参考までに、私の場合をやってみましょう。

最高の体験 = 憧れの職業に就けた(2017年)筋トレをしてモテるようになった(2015年から)ネットビジネスで稼げるようになった(2013年)欲しかった車を買えた、憧れだった上京ができた(2014年)

関わった人間

  • 家族
  • 筋トレ仲間
  • 当時のアルバイト先の同僚

 

最悪の体験 = ネットビジネスのコンサルに騙されて40万円とられたこと(2014年)

レンタカーをぶつけて7万円出費したこと(2020年)コロナウィルスが流行したこと(2020年)ダイエットがんばりすぎて拒食症気味になったこと(2013年)憧れだった仕事を体調不良で退職したこと(2018年)

関わった人間

  • ネットビジネスのコンサルタント
  • レンタカー会社と保険会社、ぶつけてしまった相手
  • 中国
  • 当時の職場の同僚
  • 病院の先生

 

これらの経験は自分にどんな影響与えているのか?

努力をすれば、結果は出るということを学んだ。だが頑張りすぎると体は悲鳴をあげてしまう。

健康を大切にしなければ、いくらお金があっても幸せではない。

家族を大切にすることの大切さ。職場で相手の意見ばかりに従う事は長期的に見て良くない結果をもたらす。自分の言いたいことを我慢すると精神的に良くない。

自分がどんな教訓を得たのか?

これからは、できるだけリスクを減らして行動するようにする。

適切な睡眠、適切な食事、適切な運動をして健康管理に気をつける。

ざっとこんな感じです、自分でやってみてわかるのですが、改めて自分を客観的に見れるようになりますね。少し面倒なのですがぜひやってみてください。

 

 

原因じゃなくて問題に目を向ける

 

6個目はソリューションフォーカスと言う、原因ではなくて問題解決に目を向ける方法です。

例えば、このソリューションフォーカスを身に付けると

お金がない人はお金を節約するのではなくて、収入を増やす方法を考えたりすることにつながります。

簡単に言うと犯人探しをするのではなくて、原因探しをしようと言うことです。

 

仕事で何かミスが起きたときに、誰がこのミスをしたのかではなくて、なぜこのミスが起きたのか考えた方がよほど生産的な時間を過ごせますよね。

それと同じで、なぜ節約するのか?を考えたとき、

自分の収入がもう少し多ければ良いのではないか?

等々いろいろな解決策が浮かんでくるので、いろいろなアイディアが浮かぶきっかけにもなります。

 

同じことを何度も考えない

 

7個目は、同じことを何度も考えないと言うことです。

とは言っても、神経質な人は同じことを何度も考えてしまいがちなので、ここでは何度も同じことを考えないためのコツをお伝えします。

  • 自分のミスなんて周囲は気にしていない、ということを理解する
  • その行動から何を学べるのか、を考える癖をつける
  • 気分向上できる活動する、すぐできるものとしては掃除、筋トレ散歩など。
  • もうおしまい!と叫ぶ。

(くだらないですが、おしまいと叫ぶことで精神的ストレスが軽減すると言う研究結果があります)

  • 360度評価をする

上司・友人・パートナーから見て、あなたはどのような評価をされているのか?を知る

様々な視点から自分を評価してもらうこともとても大切なことです。

例えば友人に、俺は性格が悪いと思うんだけどお前はどう思う?

のように、自分は〇〇だと思うんだけどお前はどう思う?と聞いてみることがお勧めです。

ちなみに聞くタイミングとしては、夕食を食べている時がお勧めです。

なぜなら食事をしているときの人間は心を開きやすいからです。

 

おわりに

 

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます!

今回の記事はいかがだったでしょうか?

 

今回の記事を読むことで、あなたは自分自身をより客観的に見つめることができる、自分に何が足りないか?をわかることができたと思います。

 

成功への対抗は、まず自分の性質をよく理解することです。

自分の性質をよく理解することで、自分には何が必要で、何がいらないのか、考えることができます。

自分を客観的に見つめる事は、自分の今後の人生の生き方を示す道しるべとなるので、今回の記事は、よく読んで、実際に紙とペンを用意して行ってみることをお勧めします。

 

今回の記事が、あなたの人生を良くするために少しでもお役に立っていただけるならうれしく思います。

それでは、今日はこの辺で失礼します、ありがとうございました!!

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です