その他

部屋の内見行けないから物件を見ないで決めた話【後悔してない】

ともこ
ともこ

引っ越すから、あたらしく家を探している。

でも田舎に住んでるから内見に行けない。

内見に行かずに、部屋を見ないで決めるのは危険かな?失敗するかな?

地方に住んでいるから、できれば内見せずに部屋を決めたい。

内見せずに部屋を決められる不動産サイトでオススメが知りたい。

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

 

ともや
ともや

この記事を書いている私は、2020年の4月から北海道→東京へ引っ越しをしています。

引っ越しをするときは、内見を一度もせずに部屋を決めました。

そこで、今回は内見を一度もせず、部屋を決めた私から、アナタへ

・内見をせずに部屋を決めても後悔しないコツ

・部屋探しでオススメな厳選サイト5つ

この2つの内容を紹介していきますね。

 

この記事を読むことで、

内見をしなくても後悔しない部屋探しをすることができます。

・めんどうな内見をしないで部屋を決められます。

・部屋探しでオススメの厳選サイト5つを知ることができます。

 

物件の内見に行かずに、部屋を見ないで決めるのは危険?失敗する?

 

内見に行かずに、部屋を見ないで決めるのは危険ではないし、失敗もしません。

なぜなら、物件動画360度のパノラマビューがあるからです。

また、不動産サイトにお願いすればビデオ通話で対応してくれることもあります。

あとは、Googleアースを使って、家の周りのコンビニとかを調べるのも良い方法ですよ。

もちろん、直接、現地に行くことが一番安全です。

でも、今はリモートワークが流行していることもあり、リモートでお部屋の情報を確認できる不動産サイトは増えています。

なので、わざわざ内見しなくても、部屋選びで失敗することはありません。

危険な目にあうことも、ほぼ0%です。

地方に住んでいるから、できれば内見せずに部屋を決めたい人へ。

地方に住んでいるから、できれば内見せずに部屋を決めたい人は不動産に行かなくても大丈夫です。

理由は、2017年10月1日から直接、不動産にいかなくても部屋の契約ができるようになったからです。

このことをIT重説(あいてぃーじゅうせつ)といいます

なので、地方に住んでいる人はわざわざ、交通費と時間をかけて、不動産に行かなくても大丈夫なんです。

【厳選5選】内見せずに部屋を決められる不動産サイト

内見せずに部屋を決められる不動産サイトのオススメは下記のとおりです。

イエプラ

シェアドアパートメント

ビレッジハウス

オークハウス

部屋まる。

この5つを1つずつ紹介していきますね。

イエプラ



画像出典:イエプラ

イエプラはチャットでやりとりできる不動産サイトです。

イエプラは私もじっさいに使いました。

イエプラを使ってみた感想は、『チャットの返事はやっ!』です。

どうやらチャット対応は深夜0時までやっているとのことです。

深夜0時まで対応してくれるので、日中は忙しくて、なかなか不動産と連絡を取れない人はとくにオススメです。

イエプラのGoogleレビューはあまりよくありません。

ですが、私がイエプラを使った感想は、非常によかったです。
まあ、イエプラに限らず、担当者の当たりハズレがあるのは仕方のないことです。

申し訳ありませんが、担当者の良し悪しはどうしようもできません。

なので、良い担当者にめぐり会えることを祈って使ってみてください。

シェアドアパートメント



画像出典:シェアドアパートメント

シェアドアパートメントはシェアハウスを取り扱っている不動産サイトです。

シェアドアパートメントでは、東京なのに家賃が3万円〜の物件を取り扱っています。

しかも、水道光熱費がコミコミの物件も多いです。

さらに、家具家電も完備されています。

なので、初期費用をおさえて一人暮らしを始めたい方にオススメです。

でもシェアハウスなんでしょ?他人と暮らすのはちょっと…。

と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

シェアドアパートメントは、全室個室で、鍵もついてます。

なので、プライベートな空間も確保されています。

しかも、新築や築浅の新しい家ばかりです。

シェアするのは水回りだけです。

なので、水回りくらいならシェアしても平気な人にオススメです。

ビレッジハウス



 画像出典:ビレッジハウス

ビレッジハウスは2016年に設立された会社で、全国に1000物件以上あります。

ビレッジハウスの強いポイントは下記の2つです。

・家賃は2万円〜

・敷金・礼金・手数料・更新料・鍵交換が全て無料

この2つのポイントだけでもかなり強いのですが、さらに現在はフリーレント1ヶ月のキャンペーンをしています。

フリーレント1ヶ月とは?

1ヶ月分の家賃がタダということです。

さらに2020/11/10〜

最大3万円の引越しサポートのキャンペーンが行われています。

お住まいの地域にビレッジハウスの物件がない場合もあります。

そこがビレッジハウスのデメリットです。

なので、お住まいの地域の近くに、ビレッジハウスの物件がある人は、ビレッジハウスがオススメです。

オークハウス



画像出典:オークハウス

オークハウスはTV番組の『マツコ会議』でも放送されたの知っている人も多いかもしれません。

オークハウスの一部の物件では下記の設備を利用できます。

ジム

シアタールーム

大浴場

岩盤浴

防音室

カフェラウンジ

オフィススペース

 

これだけでもスゴいですが、さらにTV番組の「マツコ会議」では

「出会い」がメインで放送されていました。

 

じつは、オークハウスで出会った男女は結婚したカップルもたくさんいます。

なので、

友人作りをしたい

・良い人がいれば恋人になりたい

楽しく暮らしたい

このどれかに当てはまる人はオークハウスがオススメです。

部屋まる。

画像出典:部屋まる。

部屋まる。は取り扱っている物件すべて6万円以下です。

しかも、デザイナーズの部屋がたくさんあるので、安くオシャレな家にすみたい人にオススメです。

さらに現在は上京応援キャンペーンをしており、

地方から引っ越す場合12000円のキャッシュバック

そしてさらに、もし3週間以内に家を決めたときは

10000円のキャッシュバック

この2つのキャッシュバックを利用すれば22000円もおトクにお部屋を決めることができます。

 

ですので、下記の2つのポイントを満たす人は、部屋まるでのお部屋探しがオススメです。

地方から東京に上京する人

3週間以内にお部屋を決めたい人

この2つのポイントを満たしているのであれば、部屋まるでの部屋探しがオススメです。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

最後にこの記事のまとめをしていきます。

この記事のまとめ

物件の内見に行かずに、部屋を見ないで決めるのは危険?失敗する?

失敗しない。(理由4つ)

・物件動画を見れる

・360度のパノラマビューを見れる

・Googleアースで近くの建物とかを確認できる

・不動産にビデオ通話で対応してもらえる

 

地方に住んでいるから、できれば内見せずに部屋を決めることはできる?

できる

・2017年の10月1日からは、不動産に行かなくても部屋の契約ができるようになった。

 

【厳選】オススメの部屋探しサイト5つ

イエプラ

深夜0時までチャット対応してくれるので、日中は忙しくて、なかなか不動産と連絡を取れない人はとくにオススメです。

 

シェアドアパートメント

東京なのに家賃が3万円〜の物件を取り扱っています。

しかも、水道光熱費がコミコミの物件も多いです。

さらに、家具家電も完備されています。

なので、初期費用をおさえて一人暮らしを始めたい方にオススメです。

 

ビレッジハウス

家賃は2万円〜

・敷金・礼金・手数料・更新料・鍵交換が全て無料

さらにフリーレント1ヶ月のキャンペーン中。

・全国に物件があるが、一部の地域には物件がない場合もある

なので、お住まいの地域に、ビレッジハウスの物件がある人は、ビレッジハウスがオススメです。

 

オークハウス

TV番組の「マツコ会議」で放送されていました。

オークハウスで出会った男女は結婚したカップルもたくさんいます。

なので、

・友人作りをしたい

・良い人がいれば恋人になりたい

・楽しく暮らしたい

このどれかに当てはまる人はオークハウスがオススメです。

 

部屋まる。

上京応援キャンペーンを中

・地方から引っ越す場合は12000円のキャッシュバック

そして、もし3週間以内に家を決めたときは

・10000円のキャッシュバック

この2つのキャッシュバックを利用すれば22000円もおトクにお部屋を決めることができます。

なので、

・地方から東京に上京する人

・3週間以内にお部屋を決めたい人

この2点を満たしているのであれば、部屋まるがオススメです。

以上が今回の内容のまとめです。

ともや
ともや
この記事がアナタのあたらしい生活の、お役に立てていたら本当に嬉しいです。

新生活、大変なこともたくさんありますが、楽しいこともたくさんあります。

新生活、きっとうまくいくハズです。

頑張ってくださいね。

 

それでは、今回の内容をおわります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です