転職ノウハウ

【仕事辞めたい…】怖いから言えない人へ【2つの方法】

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約537

 

仕事やめたいけど、こわくて言えない。

「やめたい」って、伝えたあとのことを考えると、会社にいづらくなるだろうから、怖くて伝えられないよ…。

 

これは3年前、23歳だったときのぼくが悩んでいたことです。

 

どうもトモヤです。ぼくは今から3年前に適応障害になりました。

この当時は公務員としてはたらいていました。

適応障害になってから、すぐに仕事をやめたかったのですが、上司が怖くて「仕事を辞めたい」と言えませんでした。

 

今回はぼくのじっさいの経験をもとに、「仕事を辞めたいけど怖いから言えない」と悩んでいる人にむけて記事を書きました。

 

この記事はこんな人にオススメ

仕事を辞めたいけど、怖くて言えない人

【仕事辞めたい…】怖いから言えない人へ【2つの方法】

仕事を辞めたいけど、怖くて言えない人にオススメの方法は次の2つです。

 

・親や兄弟におねがいして代わりに手続きをしてもらう

・退職代行を利用する

 

1つずつ解説していきます。

 

・親や兄弟におねがいして代わりに手続きをしてもらう

 

ぼくは親におねがいをして退職の手続きをしてもらいました。

 

代わりに手続きをしてもらった理由は「職場に行くと、冷や汗と吐き気が止まらなくなるから」です。

なので、親は仕方なく手続きをしてくれました。

 

しょうじき、親に代わりに手続きをしてもらうのは、「情けない、恥ずかしい」と思う人もいるでしょう。

 

ぼくもそう思います。

でも、今の仕事をやめられずに、時間だけが過ぎていくことはもっと恐ろしいことです。

なぜなら、20代のうちにした失敗は、がんばれば取り返すことができるからです。

 

たとえば、これが30代になってからの転職となると、つぎの仕事が見つからない可能性すらあります。

じっさい、転職エージェントは18歳〜29歳までのひとしかサポートをしないことが大半です。

なので、20代のうちにした失敗はかんたんに取り戻すことができます。

職場のひとにバカにされるんじゃないの?

親に代わりに退職の手続きをしてもらうと、バカにされるんじゃないか?

と思うかもしれません。

そして、この答えとしては、「バカにするひとはいるでしょう。」

 

しかし、バカにされたところで何なのでしょうか?

どうせ辞める職場でわるぐちを言われようが、もうなにも関係ないですよね?

なので、バカにされようが、何されようが気にする必要は1%もありません。

・退職代行を利用する

親やきょうだいに退職の手続きをおねがいするのは「ちょっと…」というひとは退職代行をつかうと良いですよ。

なかでも退職代行ガーディアン は以下のメディアでも紹介されていますので、安心して利用することができると評判です。

今のしごとをやめたあと、次のしごとが決まるか不安な人へ

今のしごとを辞められない理由の1つとして

「次の仕事がちゃんと決まるか、不安で今のしごとを辞められない」

というものもあるでしょう。

 

じっさい、ぼくは仕事をやめてから2ヶ月ほど無職でした。

無職で収入がない状態はほんとうに不安です。

貯金が減っていく恐怖はもう二度と体験したくないです。

【無収入】仕事をクビになって人生終わりかけた話【25歳で無職】 この話は2020年4月にじっさいにぼくに起こった出来事です。 【無収入】仕事をクビになって人生...

 

では、どうすれば退職したあと、再就職へのふあんを減らすことができるのか?

 

答えは、「他人から転職のサポートを受けること」です。

たとえば、先ほど紹介した退職代行ガーディアンでは費用タダで就職支援をしてくれます。

 

退職代行ガーディアンからの就職支援には以下の3つのメリットがあります。

 

1.独自の審査基準でブラック企業を徹底排除している

2.専任の就職エージェントが優良求人を厳選して紹介する

3.労働問題を取り扱う当組合からの紹介なので親身に対応してもらえる

 

じっさい、ぼく自身、退職をしたあとに転職サポートを受けてから、21日でつぎの仕事を見つけることができました。

なので、ぼくの実体験から言えることは「他の人からの転職サポートを受けることはマジでオススメ」ということです。

ぼくが退職したあと2ヶ月ニートだった理由とは?

ひとりで転職活動をしていたからです。

 

ひとりで転職活動をしていると「マイペースで就職活動ができる」「自分の気に入った求人だけに応募できる」

などのメリットがありますが、

「ブラックな求人を見分けることができない」「面接で落ちる理由がわからない」

などのデメリットがあります。

 

ですので、よっぽどじぶんに自信があるひとでなければ、他人から転職サポートを受けることをオススメします。

他人から転職サポートを受けることで、じぶんでは気が付かなかったじぶんの弱点や強みがわかってきます。

なので、転職サポートを受けることは、転職にかぎらず、人生全体でかんがえてもプラスになること間違いないです。

じっさいぼくは、心の底から転職サポートを受けてよかったと思っています。

 

ちなみに、ぼくがじっさいに使っていたエージェントは下記の4つ。

JAIC(ジェイック)僕は最終的にジェイックの紹介企業で就職を決定しました。マンツーマンの親身なサポート。紹介される企業の質の高い。

第二新卒エージェントneo:仮に不採用でも、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ます。悪い点を改善し続ければ、勝手に結果は付いてきます。

DODA:取り扱っている求人は、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。自分では見つけられなかった求人をエージェントサービスに登録するだけで見つけることができます。

マイナビエージェント:人事&採用担当との太いパイプがあるので、内定率が非常に高いです。各企業の人事担当者と直接会って、求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気情報を入手しています。

20代であれば、この4つの転職エージェントに登録しておけば、間違いなしです。

 

【まとめ】

ここまで読んでいただきありがとうございます。

最後にまとめです。

 

退職したいと伝えるのが怖いなら、次の2つの方法がおすすめというお話をしました。

①親や兄弟に代わりに手続きをしてもらう

②退職代行をつかう(オススメ:退職代行ガーディアン

そして、退職したあと、すぐに仕事をきめるために、他の人からの転職サポートをうけることがオススメというお話をしました。

 

ちなみに、ぼくがじっさいに使っていたエージェントは下記の4つ。

JAIC(ジェイック)僕は最終的にジェイックの紹介企業で就職を決定しました。マンツーマンの親身なサポート。紹介される企業の質の高い。

第二新卒エージェントneo:仮に不採用でも、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ます。悪い点を改善し続ければ、勝手に結果は付いてきます。

DODA:取り扱っている求人は、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。自分では見つけられなかった求人をエージェントサービスに登録するだけで見つけることができます。

マイナビエージェント:人事&採用担当との太いパイプがあるので、内定率が非常に高いです。各企業の人事担当者と直接会って、求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気情報を入手しています。

 

というわけで、こんかいの内容はこれで終わります。

 

仕事をやめることは勇気のいることです。

でも「辞めるは一瞬のストレス、辞めないと一生のストレス」があなたの身体へのダメージとして与えられつづけます。

なので、少しのあいだ、ツライし苦しいと思いますが、がんばって乗り越えていきましょう。

応援しています。

 

それでは。

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール
\転職回数5回のぼくのおすすめエージェント/
⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約042

 

1位: JAIC(ジェイック)僕は最終的にジェイックの紹介企業で就職を決定しました。マンツーマンの親身なサポート。紹介される企業の質の高い。

2位:DYM就職 DYM就職では、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。 経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。

3位:第二新卒エージェントneo 仮に不採用でも、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ます。悪い点を改善し続ければ、勝手に結果は付いてきます。

4位:未経験ナビ:学歴が低く、大手人材紹介会社の転職サービスを登録したとしても、手厚いサポートは受けられず、サービス利用満足度が低い方向け。

5位:DODA 取り扱っている求人は、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。自分では見つけられなかった求人をエージェントサービスに登録するだけで見つけることができます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です